不倫相手に別れを告げるタイミングやコツと綺麗に別れる究極の方法

既婚男性を好きになって不倫恋愛を始めたけれど、辛いことも多いし将来のことを考えるとやっぱり別れたい、そう思ってもなかなか別れを切り出すタイミングが見つからないと頭を抱える女性も多くいます。

不倫恋愛は最初から通常の恋愛よりも制限が多くわかっていて始まったら関係だからこそ「会えない」「他に女がいる」なんて理由は別れる理由にはならないのではないか?と思ってしまうものです。

不倫恋愛はお互いにとってリスクが大きい関係だからこそ別れを考えるならば悩まず行動したほうがいいといえます。

しかし、別れを告げるタイミング次第で恐ろしいことが起こってしまうものです。

トラブルを起こすことなくきちんと別れるために、今回は別れを告げるタイミングやコツと綺麗に別れる究極の方法を詳しくお伝えします。

せっかく愛した人であれば別れる時にトラブルで嫌な思い出にはしたくないはずです。

あなたが不倫恋愛をしていたことも人生の経験として心にしまっておけるように、キレイにお別れを告げる方法で新しい一歩を踏み出してくださいね。

不倫相手に別れを告げるタイミング次第で起こりえる恐ろしい事って?

不倫相手の妻から訴訟を起こされる

不倫相手と別れようとしている時に既婚男性の奥さんがちょうど夫の身辺調査をしている時期だったら、と想像してみてください。

ちょっと考えるだけでも身の毛がよだつ思いがするはずです。

不倫恋愛というものは常にリスクが付きもので、だからこそ浮気女性も別れることを真剣に考えます。

不倫は始まった時から別れの時は頭によぎっているものです。

不倫の二人に約束された未来はなく、本当に二人が求め合ったとしても簡単に一緒になることは難しいことは誰でもわかっています。

それでも惹かれあいどうしようもなく愛する気持ちでズルズルと関係が続いていってしまうのが不倫というものです。

誰にも秘密にしているつもりでも、不倫関係というのはいつ誰に知られているか分からないものであり、既婚男性のパートナーである奥さんはいち早く気がついている場合があります。

奥さんが夫の不倫に気がついていている場合は証拠を得るために夫の周辺を調べていることがあるのです。

時には離婚話を進めていて弁護士や探偵を雇い徹底的に浮気現場を抑えようと動いている可能性もあります。

そこまでしなくても、夫の行動を怪しいと思った妻は携帯やパソコンをチェック抜かりなくチェックしているはずです。

せっかく別れようと思っているのに、ちょうど奥さんのチェックが厳しい時期に連絡をして「二人で話したい」「会いたい」「不倫に疲れたわ」などのメールを見られたら即刻証拠として押さえられます。

奥さんから訴訟なんてことも実際には多く起きてしまっていることです。

不倫は配偶者の不貞行為として慰謝料が要求されることも多く、その金額も簡単に支払い出来る金額とは言えません。

訴訟ともなると社会的にも抹消されてしまうことになりますので、今後の人生かなり厳しいものになってしまうのです。

別れ話が泥沼化する

実は不倫恋愛というものは別れることが難しいと感じている人が多くいます。

元々既婚している人を好きになり不倫することで恋愛のゴールとされる“結婚”の話が身近にないこと、浮気女性が二番手という立場から既婚男性に対して「浮気をしている」と責めることができないこと、いつでも連絡を取り合って会いたいときに会える関係ではないこと、からはっきりとした別れる理由がわからなくなる人が多いためです。

「奥さんにいつバレるか分からないしやっぱり別れたほうがいいよね」「会いたいときに会えないなんてやっぱり苦しいな」と最初から分かっていがことに対して悩み別れる理由にしようとしても、既婚男性からすれば「それは分かっていたことじゃないか」の一言で終わってしまい、本当の不倫関係の終わりにまで話が進まなくなります。

また、不倫関係は社内や近い関係の人と始まることが多いことから浮気女性が「もう会わない」と決めても会わなければいけない機会が多いことも別れが難しい理由に挙げられることです。

別れ話を切り出しても、なんとなく再び会うようになるとそれから何度別れ話を切り出しても泥沼化してしまい「本当にこの関係は何なのだろうか?」と抜け出せない事態に陥ってしまいます。

別れ話の泥沼化にはまってしまえば、それから幾度別れ話を持ちかけても既婚男性には「またその話か」と聞く耳を持ってもらえなくなるどころか、すぐ別れようとする彼女として既婚男性の中でも都合のいいように扱われる立場になりかねません。

まさに遊びで都合のいい不倫関係になってしまえば、もう抜け出すことはできなくなってしまいます。

浮気女性の心のタイミングが「別れたいけど、求められたら会いに行ってしまう」という状態であればきっぱりと別れることは難しいどころか最悪の不倫関係になってしまうのです。

逆上される

既婚男性が不倫関係の中で別れる理由がないと思っている時、また既婚男性が浮気女性とまだまだ不倫をしていたいと願っている時に、なんの前触れもなく別れ話を切り出すことは危険です。

不倫関係では周囲に知られないようにすることはお互い様ですが、よりリスクが高いのはパートナーに嘘をついてデートの都合をつけたり、家を抜け出したりする必要がある既婚男性の方といえます。

神経を使って不倫関係を続けているのに、意表をつかれて別れ話を持ち出されると既婚男性は逆上してしまう恐れがあるのです。

基本二人きりで知っている人がいない場所でデートをする関係ですので、逆上されて暴力を振るわれることになっても近くには助けてくれる人がいないと考えられます。

そんな手荒い人ではないと思ってはいても、人間怒りに触れるとどう変貌するかわからないものです。

ましてや不倫をするくらいの人ですから、外の顔と裏の顔と持っていても不思議ではないといえます。

既婚男性が浮気女性のことを本当に愛していた場合、共有する秘密があっただけに浮気女性に対しての信頼度は高く、別れ話を切り出されてしまうと裏切られた感覚が大きくなってしまうのです。

既婚男性との心の距離感覚は別れを告げるタイミングととても関係が深くなりますので、自分の頭の中で考えて結論を出すと恐ろしいことにつながってしまいます。

不倫相手が逆上して最悪の結末を迎えてしまえば、せっかく好きになって一緒にいる時間を過ごした人を大嫌いになってしまうこともあり悲しい思い出へと変わってしまうのです。

不倫関係の始まりは何気なく始まってしまった場合も終わりはキレイに終わりにしておかないと悲しい思い出はいつまでも心に残ってしまいます。

不倫相手に別れを告げてはいけないタイミング

離婚の話が進んでいる

既婚男性が浮気女性との不倫に本気になり、二人の将来を考え今の関係のままではいけないと感じて家庭では離婚話を進めている場合があります。

離婚するには結婚の時のように簡単にはいかず、話し合って決めるべきことが山ほどあるものです。

その前に、好きな人ができて離婚をして欲しいとパートナーに伝える場合には不倫の事実を伝えるか別の理由を探して離婚理由とするか自分の中でも考えることが多くあります。

既婚男性は自分の頭の整理をして、奥さんに離婚の同意をしてもらうための話し合い、また子供がいる場合には細かく決める前にもざっくりとした取り決めを夫婦で話し合う必要があるのです。

そんな離婚に向けて話を進めている間にも、まだ離婚届が目の前にない段階であれば浮気女性に離婚の話を伝えるタイミングを見ている時期であることがあります。

不倫相手が浮気女性との未来に向かって動き始めた時に別れを切り出されたら、既婚男性は途方にくれてしまい心が壊れてしまう可能制が出てきてしまうものです。

妻との離婚話を取りやめにしたところで家庭には不穏な空気が流れ今までどおりの生活とはいかなくなってしまいます。

既婚男性が奥さんと離婚に踏み出しているのかどうか、細かく教えてくれる不倫相手もいますが男性はもともと結論主義なので離婚について話を進めていても段階を追って少し具体的に決まり始めてから浮気女性に話すことのほうが多いのです。

「なんだかいつもと様子が違うな」「家に帰る時間が早くなったな」と感じたなら、奥さんとの関係が良くなったとあきらめる前に離婚話をするために奥さんとの話し合いが増えている可能性があることを考えたほうがいいと言えます。

不倫相手から愛されすぎている

不倫関係を終わりにしようと思ったきっかけが自分の心の問題か、二人の愛情の問題かにもよって別れを告げるタイミングが影響してきます。

不倫恋愛では愛情を言葉で伝えることを敢えてしていない既婚男性も多くいますが、心の底から浮気女性のことを愛してやまない人も多くいるのです。

「愛している」や「ずっとそばにいて欲しい」と言葉で伝えられていないからと言って愛されていないと思うのは悲しい勘違いといえます。

既婚男性がどんなに愛していても、気持ちのままにすぐに離婚をして浮気相手と一緒になれるわけではありません。

不倫という状況の恋愛だからこそ思いをストレートに伝えられないもどかしさを既婚男性は持っています。

言葉で伝えられないため浮気女性はあまり愛されていないと感じていても、不倫相手の浮気相手の女性に対する愛情は思いのほかとても大きなものへと育っているのです。

浮気相手の女性のことを愛しすぎている既婚男性は急に別れを切り出されても受け入れることはできず、どうにかしてつなぎとめようと必死になります。

その結果、浮気女性は別れたと思っていてもストーカー行為が始まってしまったり嫌がらせが始まってしまったりと困った事態に発展してしまう恐れがあるものです。

浮気女性を愛しすぎている時には「彼女が別れたいはずがない」という思考に切り替わってしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。

恋愛において冷静な判断が出来ない状態は何を言っても聞く耳を持ってくれないので話し合いが成立しません。

不倫恋愛では特に表面上の言葉だけを見ずに、相手の心の状態を知ることが必要となります。

お酒を飲んでいるとき

お酒は人の心を開放してくれ、楽しい気分にさせてくれるとても便利なアイテムですが時に話したことをすべてリセットしてしまう力を持っています。

別れ話というのは、非常に話しにくいものです。

お酒の力を借りて別れを告げる勇気を出したい気持ちもよくわかります。

しかし、お酒を飲んでいる時の話は忘れられても仕方がないものだと言えることです。

例えばきっかけがお酒を飲む機会から成り行きで不倫が始まってしまったとしても、別れの時にも「最後に出会った場所でお酒を飲みましょう」と言ってもそのままホテルへ直行してしまい別れてしまうつもりだったのになし崩しになってしまった、なんて話も実はよくあります。

お酒を飲むと理性がなくなり本能で動くので、別れ話もどこかへ消えてしまい体を重ねてしまうのです。

不倫恋愛自体が、二人きりになれる場所としてホテルデートとなるカップルがほとんどのためきっかけがあればすぐに体を重ねます。

お酒を飲んでいるときには別れ話はできないと考えていたほうがいいと覚えておきましょう。

本気の話し合いをしているつもりでも、相手は話半分にしか聞いていないことが多くまた「会いたい」と連絡をしてくることになります。

大人の関係なので、お酒抜きではデートは出来ないという不倫カップルも多くいますが別れを告げるときには違うプランを考えるべきです。

またお酒を飲んでいる状態で別れ話をすると感情的になってしまうことが増え、言うつもりのなかった言葉を吐き出して傷つけてしまったり、言っても仕方のないことを言ってしまって落ち込んだりといいことにはなりません。

あとで後悔しないためにも、別れを告げるときには状況もしっかりと考えます。

不倫相手に別れを告げるタイミングやコツ【メール・line(ライン)編】

確実にすぐ見られる時間

不倫相手に別れを告げる時メールやlineでは確実に見られる時間に送ることがポイントです。

不倫をする既婚男性は浮気女性を手放したくないと思っています。

それは本気で愛していても遊びの関係であってもその気持ちは同じです。

不倫関係にある浮気女性は既婚男性にとっては非日常であり癒しであり、恋愛のドキドキが味わえて気軽に妻以外の女性とセックスが出来る存在と思っています。

既婚男性にとって浮気女性はとても楽をしていい思いができる立場です。

そんな不倫相手に別れをメールやlineで伝えると「見ていない」「いつのかわからない」と言われてしまう可能性があります。

直接言葉で伝えることが難しければメールやLINEに頼ってもいいのですが、言い逃れができないほど確実に見てくれる時間を狙って完結に文章を送ることが効果を発揮するのです。

絶対に見ると分かっている時間に送られると、その日だけたまたま見ていなかったという言い訳は通用しません。

事前に「○○日の○○時に送るから絶対に見てね」と伝えておくと不倫相手はより確実にメッセージを確認出来るはずです。

メールやラインで伝える場合には、簡潔に内容がわかるようにしておくことが重要となります。

ダラダラと別れたい理由や普段の想い、これからの二人の未来のことを書き連ねているとせっかくメールやLINEを確認してくれていても「長い文章だから時間がなくて全部見られていない」と言われてしまう可能性が出てくるでしょう。

長い文章を送ってしまうと男性はそれだけで読むことを嫌がってしまいます。

ましてやその長い文章がどうやら別れを切り出したらしいぞ、と気づけばもう全部を読む気にはならないのです。

せっかく勇気を出して別れを告げても話を流されて終わってしまいます。

確実に見てもらって尚且つ簡潔に伝えることが大切です。

不満ばかりをぶつけない

既婚していることを分かっていても惹かれあって始まるのが不倫関係ですが、浮気女性にとって奥さんの存在はやはり切ないものです。

誰にも秘密で会わなければいけないことも、楽しかったデートも寂しい想いも伝えられるのは不倫相手だけとは苦しい恋愛をすることになります。

別れを考えていてもそういった寂しい関係だったことに対しての不満が出てきても仕方がないものです。

別れを切り出すときに、面と向かって伝えることが出来れば会話の中でお互いの気持ちを汲み取りながら進めることができますが、メールやLINEで伝えるとなれば自分の気持ちばかりが先行してしまいます。

一人でいるときにスマートフォン片手にどう伝えようか文章に起こしていると、だんだんと不満の文章を書き連ねてしまうことがあるのです。

不満の文章を送られた既婚男性は、そんな苦しみを抱えていた浮気相手に対して申し訳なさが大きくなってしまい、結局返信ではなんの言葉をかけてあげることもできなくなります。

「ごめん」と一言だけの返信になってしまえば、別れを告げたことを受け入れてくれたのか、文面のどの部分に対してどう思っているのかわからないままになってしまうので付き合っていた彼の気持ちはあやふやなままです。

一度告げたことは再度告げることはできなくなり、結局既婚男性の心の内はよくわからない状態になります。

これではお互いにモヤモヤしたままになってしまい「やっぱりもう一度あってきちんと話をしよう」という流れになるのです。

会って別れ話になれば、「やっぱり好きで離れられない」という気持ちが沸き起こり慰められて不倫関係は継続、となるためズルズルと不倫関係が続いていきます。

文章で別れを告げる時には二人の関係においての不満や愚痴は必要ありません。

きちんとわかりやすく別れを告げることが大切になります。

別れたいことをはっきり伝える

メールやLINEは簡単に思いを送ることが出来るため、思いついた言葉をどんどん送ってしまう人が多くいます。

特にLINEはチャット感覚でメッセージを送ることが出来るため、話が曖昧な内容になっている女性も多く存在するのです。

不倫関係に別れを告げることを決めた時に、心にあることをすべて文章に起こして送ってしまうと結局何が言いたいのかさっぱり分からなくなってしまいます。

「会って話したい」「でもやっぱりLINEで言うよ」「私不倫に疲れてしまったの」「あなたもそうじゃないかと思うんだけど」などダラダラと心に浮かぶことを送っていても、それを読む既婚男性は「これは愚痴?さみしいことを伝えたいだけかな?」と判断し、慰めモードに入るはずです。

また、スタンプばかり送っても本当の気持ちはサッパリ伝わっていないと言えます。

最近ではスタンプもメッセージ付きのスタンプが増え、それだけで会話が成立するようなものもたくさんダウンロードできますが、別れを告げる話はスタンプで済ませるほど気軽なことではないことをきちんとわきまえておく必要があるのです。

メールやlineで既婚男性に別れを告げるときには、「不倫関係を終わらせたい、別れたい」ときちんとわかりやすく伝えます。

流されてしまう可能性があるからこそ会わずにメッセージで伝えることを選んだのであれば、きちんとその役割を全うするべきです。

不倫関係を続ける意思がもうすっかりないこと、もう二度と会わない、連絡もしてこないで欲しい、と決意も込めて伝えます。

「不倫関係を終わらせたいけど時々は友達として会おうね」などのふわふわした関係を望むのであれば不倫関係は終わることはないのです。

しっかり意思を固めて別れを告げることを自分自身も受け止めて相手に伝えます。

不倫相手に別れを告げるタイミングやコツ【職場・会社編】

相手の気持ちを突き放す

不倫関係になる相手の多くは同じ会社や職場の上司や同僚という立場の人です。

不倫を終わらせようと思っても毎日顔を合わせるのであれば、今までと変わらずデートの約束も簡単にできてしまいます。

仕事の隙間を見つけてアイコンタクトをしたり、書類に紛れて手紙を渡したりと職場では不倫関係を続けやすい状況にあると言えるのです。

よっぽどの覚悟がなければ別れを告げても不倫関係を終わらせることは難しいと言えます。

本当に既婚男性との不倫関係を終わらせたいと思っているのであれば、毅然とした態度で相手に冷たくするくらいの対応が必要です。

職場不倫では、これまで自然に目が彼を追っていたり社外から帰ってきてすぐに話しかけに駆け寄ったりと意識しないところまで行動に起こしていることが多くあります。

実はその多くの行動を他の同僚は見ていると気づくべきです。

冷静になれば不倫相手にだけ不自然に近づいていたことに気づいてきます。

その全てをやり直すべく、自分の行動を一つ一つ思い起こすことで社内での行動が変わってくるのです。

別れを告げる前に自分の中で決意を固めた時から相手を突き放す行動をしていけば、既婚男性も「最近何だか様子がおかしいぞ」と別れのサインだと気づいてくれます。

例えば、社内でサッと渡してきた手紙を受け取ることを拒否したり、アイコンタクトを見なかったふりをしたり二人だけにしかわからないやりとりをやめてしまうことで社内の人にもわからないように不倫相手との距離を置くことができるでしょう。

別れのサインと気付いてくれれば、別れを告げる時にもスムーズに受け入れてくれるようになるのです。

別れのサインを送ると同時に、不倫関係を終わらせた後の二人の関係がどんな様子になるのかを既婚男性も練習することにもつながります。

いきなり別れを告げられると既婚男性もその後の対応にどうすればいいのか悩みますが、少しずつ慣れていれば「こんな状態になるのか」と頭の整理ができるのです。

連絡を一切しない

不倫関係はリスクがあることを分かっていながらも惹かれあっている二人のため、心からお互いが求め合っていると言えます。

そのため、別れたいと言いながらもなかなか別れることができなかったり別れを告げることにとても躊躇ったりしてしまうものです。

不倫恋愛をしているカップルは「このまま不倫を続けることはダメだとわかっているけど、やっぱり好き」という気持ちを常に持っています。

また、どうしようもないダメ既婚男性に恋をしてしまった浮気女性も同様に「なんでこんな人を好きになってしまったのだろう、今すぐちゃんと別れよう」と決意しても顔を合わせるとやっぱり離れられないという事態を繰り返してしまうのです。

既婚男性と不倫をしてしまう女性は甘えん坊でだらしのないダメ男が好きな女性も多く、別れを決意してしまっても「困っている」と彼から言われると浮気女性はほっとけなくなってしまいます。

ダメ男に依存してしまう浮気女性は、いつでも彼の心配をしてまるで母のように既婚男性に構ってしまうのです。

結果、お金を渡してしまったり体を受け入れてしまったりと既婚男性の都合のいいように扱われても、連絡があるとつい会いに行ってしまいます。

そんな浮気女性はまず連絡をしてこないで、とハッキリと伝え自分からは絶対に連絡をしないことが重要です。

連絡をしてこないでと言ってもダメ男の不倫相手はしてきてしまうのですが、その連絡も一切無視します。

連絡をどれだけ断つことができるかが浮気女性の別れの決意の勝負どころです。

自分から連絡してしまうと、いつまでも不倫相手は甘えてきますので厳しい態度で連絡を拒否します。

連絡さえきちんと断ってしまえば甘えん坊の不倫相手は強引には会うことが出来ずふたりの関係もきちんと終わることが可能です。

自分の幸せを心に強く決めた時

不倫相手に別れを告げるタイミングは「別れよう」と思ったときが一番のタイミングです。

キッカケがない、と悩む人もいますが不倫関係自体が続くことに対して当事者二人以外に何のメリットもありません。

当事者は恋愛を楽しむことが出来たり、毎日が楽しくなったりとウキウキすることが増えますがそれも既婚男性の家庭を犠牲にしていることを忘れてはいけないのです。

楽しかった日々に終わりを告げることは恋愛関係の二人にとってはとても辛いことですが、それも思い出にしようという決意を固めることが大切になります。

別れを告げる気持ちになったのは単純な理由ではないはずです。

苦しいことをたくさん経験して、悲しみを誰にも打ち明けることが出来ず、不倫相手の家庭に罪悪感を持ち、既婚男性が家族と楽しそうにしている休日には浮気女性はたった一人で過ごす時間がありました。

そんな全てを含めて“人生経験”だったと割り切る勇気を持つのです。

好きになることに罪はなく、たまたま好きになった人が結婚していました。

二度と誰とも恋愛をしたくないという気持ちにもなったはずです。

しかし、人のいいところを見つけることができる女性だからこそ結婚していても不倫相手のいいところをたくさん見つけてきました。

その心があればこれからも大丈夫です。

二人の関係に終わりを告げると決めた気持ちを強く持ち、流されることなく不倫関係を終わらせます。

始まりは簡単ですが、不倫の終わりは勇気が必要です。

心に強く決めた「別れる決意」を無駄にせず突き進む覚悟をもって不倫相手に別れを告げます。

二人は不倫関係を終わらせてからも職場の人として付き合わなければいけないのです。

顔を合わせても揺るがない強い意志を持ちましょう。

不倫相手と綺麗に別れる究極の方法

自分の未来の話をする

不倫相手との別れを告げる時には過去とは向き合わないことです。

二人が不倫をしてきた月日には思い出がたくさん有り、そのどれもが胸を締め付けるほど切ないものとなります。

一つ一つを思い出してしまえば、またあの頃の楽しかった時間を過ごしたくなってしまうものです。

不倫相手と綺麗に分かれるには、自分が「この先どうしていきたいのか」に焦点を当てます。

不倫を続けていれば自分自身の婚期を逃すばかりか一生独身でいる人も少なくありません。

周囲に知られてしまえば社会的信用を失い、慰謝料請求をされ恋人ができても過去の不倫をバラされて破局を迎えることだってあります。

「好きな人と結婚したい」「この先家庭を持って子供を産んで平凡に暮らしたい」そう望むのであれば、不倫相手との未来は自ずと終わりを選ぶはずです。

本気で愛しあったとしても、既婚男性が離婚をして浮気女性と結婚する可能性は極めて低く、そうなったとしても何年後の話になるのか考えてみます。

幸せになりたいと願うならば、自分自身の幸せは何なのか明確に知っておく必要があるのです。

不倫相手とただ恋愛を楽しむことが幸せの全てだとすれば、別れを選んではいないはずなので、他のところに具体的なあなたの望みがあります。

その望みを素直に不倫相手に伝えることです。

不倫相手も浮気女性には幸せになって欲しいと願っています。

ただ手放したくないという愛情があるだけで、浮気女性の幸せを不倫関係が邪魔をしていると理解することが出来れば既婚男性も何も言わず別れを受け入れてくれるはずです。

せっかく愛し合った二人ですので、二人の幸せのために建設的な未来の話し合いをします。

愛のある話し合いには不倫関係をこのまま続けるという選択肢は残らないのです。

家庭を大切にして欲しい

不倫関係が始まってからずっと見て見ぬふりをしてきた既婚男性の家庭について触れます。

既婚男性も浮気相手の女性もお互いに既婚男性の奥さんや子供に対して罪悪感を持ちながら不倫を続けてきたのです。

言葉に出してしまうことも申し訳ないくらいに、大人の二人はその罪悪感をよくわかっています。

別れを告げるときには、きちんと既婚男性の家庭について話をすることで既婚男性自身も家族と向き合うことができ冷静な判断ができるようになるものです。

浮気女性と二人で話していると、二人だけの関係のような気がして手放したくなくなってしまいますが、不倫関係のふたりにはもっと大きなきちんと向き合うべき問題があります。

家庭を捨ててまで浮気女性と一緒になるつもりがあるのかどうか、あるとしたらいつなのか、その辺りをきちんと聞いたとしても具体的に答えられる不倫相手はいないのです。

家族と幸せになることが既婚男性の本当のあるべき姿といえます。

奥さんと結婚した時に誓い合った姿を思い出してもらうべきです。

浮気女性にとって既婚男性が家庭ときちんと向き合う姿はとても辛いものといえます。

しかし、それでもきちんと向き合ってもらうことで浮気女性と別れたあとに再び他の人と不倫をすることを防ぐことにもなるのです。

家庭を犠牲にしてまで続けた不倫関係は「私で終わらせてあげるのが愛情」なのだと伝えていることを既婚男性にしっかり感じてもらいます。

せっかく悩み抜いて別れを告げてもすぐに不倫をする男性の姿を見たくはないはずです。

別れたあとにまで傷つきたくない自分のためにも、不倫恋愛を既婚男性には終わりにしてもらいます。

浮気女性が結婚した後に夫が不倫をしたことを想像すると簡単に奥さんの気持ちを理解することができるのです。

とても辛く裏切られた気持ちになることを奥さんの代わりに伝え、既婚男性にも奥さんにそんな思いをさせていたことを謝ることで別れたいという意思が伝わります。

感謝を伝える

既婚男性と不倫をしてこられたのは、奥さんという彼の日常を支えてくれる存在がいたからです。

不倫が始まるずっと前から、既婚男性が毎日身なりを整えて食事をして睡眠を取って健康に過ごせていたのは奥さんがいたからこそ、あなたの目の前には素敵な彼がいました。

不倫は恋愛ですが、結婚は生活です。

毎日の生活を既婚男性は一人で暮らしている男性よりもずっと健康的に送っています。

不倫関係を続けてこられたのは愛する既婚男性のそういった家庭の背景含めて成り立っていたものです。

そして、結婚しているにも関わらず奥さんだけではなく、一人の女性として愛情を持ってくれていた既婚男性にも感謝の気持ちを持ちます。

不倫関係はとても辛いことも多いですが、楽しくて幸せな思いをたくさん与えてもらえたはずです。

見返りを求めるわけでもなく、ただお互いに喜ぶ姿が嬉しくて楽しい時間を共有してきました。

そんな時間の全てに感謝の思いを持ち、既婚男性に伝えるのです。

不倫相手に別れを告げる時に、不満やさみしさをぶつけるだけよりも感謝を伝えた方がよっぽど別れの決意を伝えることができます。

様々なことに思いを巡らせ感謝をしているうちに、不倫をしていても本当の幸せにはたどり着けないことにも気がついたはずです。

既婚男性の家庭を犠牲にすることはやはり心の底から幸せになることはできないと身にしみてわかります。

略奪婚をするとしても、相当な覚悟とたくさんの問題を乗り越える必要が出てくるのです。

浮気女性の持っているもの全てを失う可能性もあります。

親との縁も切れてしまうことも実際には多くあるのです。

そこまでリスクを負ってまで恋愛をできた貴重な時間と体験にもありがたいと思えてきます。

そこまでいけば悟りの境地のような状態かもしれませんが、愛してくれた既婚男性がいたからこそ体験できた気持ちでもあるのです。

感謝を伝えることで綺麗に分かれることが出来る究極の方法といえます。

不倫相手に別れを告げるときには強い決意が必要

楽しい二人だけの秘密の恋愛もたくさんのリスクと犠牲の元に成り立ってきたことです。

別れを告げることを考えたときがタイミングですが、一方的に気持ちをぶつけるだけではトラブルになってしまいます。

せっかく愛し合った二人なので、綺麗に別れを告げるためには既婚男性の心理状態や環境をしっかり考慮した上で伝える時期を考えましょう。

もし既婚男性が離婚に踏み切っていたとしたら、一方的に別れを告げるのではなく様子を見ながら落ち着いた時期に二人の問題として別れを告げたほうがいいと言えます。

何事も相手を思いやる気持ちが一番大切です。

最後にトラブルとなって何もかも失ってしまう事態を避けるためにも、別れを告げたあとの二人のそれぞれの未来のこともきちんと話し合っておくほうがキレイに別れることが出来ます。

あなたは新しい未来のために、既婚男性は家族との未来のためになる別れ話にすることが一番美しい最後ですね。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG