W不倫の終わりと気持ちを切り替えられない場合の対処法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

W不倫(ダブル不倫)は忙しない日常の中の男女のオアシスです。

家庭以外の場所で恋愛を取り入れることで既婚男性・既婚女性共にウキウキする時間が増え、長続きするカップルが多くいます。

しかし、そんなW不倫が突然終わりを告げると今まで愛してきた気持ちが現実に追いつかずに心にぽっかり穴があいたように寂しさが止まらなくなるものです。

この気持ちはどうやって切り替えたらいいの?と行き場のない思いに悩んでいる女性も別れの理由を知り気持ちの切り替え方を知れば止まらない寂しさにも終わりを告げることができます。

そんな悲しみに暮れている既婚女性も、W不倫が終わる時はどんな時なのか、また不倫を終わらす理由が既婚男性と既婚女性はそれぞれどんな時なのかを知ることによって終わりを告げた恋愛の理由がわかり気持ちの整理がつきやすくなるものです。

W不倫が終わってしまってなかなか気持ちが切り替えられない場合の対処法と合わせて詳しくおつたえするので、これを読めばしっかり別れと向き合ってダブル不倫をいい思い出にして明るい明日へ踏み出すことができますよ。

目次

W不倫(ダブル不倫)が終わるのはどんな時?

W不倫の暗黙のルール、ふたりの約束が破られてしまった時

ダブル不倫では、既婚男性・既婚女性の家庭を壊さないように付き合っているうちに暗黙のルールが出来上がっていることが少なくありません。

連絡は家から離れている時だけにする、デートの間は家族の話をしない、など二人だけの約束で楽しいW不倫を続けてきたはずです。

不倫関係が続いてくると暗黙のルールが当たり前になり、不倫相手に対しての配慮がかけてくることがあります。

暗黙のルールは話し合って「こうしよう」と決めた約束でなく、最初は相手のことを思って自発的に始まったものです。

そのために暗黙のルールには相手を思いやる気持ちが溢れています。

ダブル不倫が長続きしてくると自分の思いや都合が先に走って相手に対しての配慮が少なくなり、暗黙のルールが破られてしまうことがあるのです。

家にいるときに次々に連絡が入ってきたりするとデートもしにくくなり、パートナーにバレるリスクも高くなるなどダブル不倫を続けることが難しくなってきます。

デート中に家族の話を持ち出されても、聞いている方は二人でいる時間のはずが恋愛モードにはなれません。

ふたりの約束が破られた時にはせっかく長続きしていたW不倫も急に関係の変化が起こってしまう可能性があり、終わりを告げてしまうのです。

家族の環境が大きく変化し不倫を続けることができなくなった時

ダブル不倫をしている既婚男性・既婚女性は日常の中でデートをしやすい曜日や時間、会える間隔などが徐々に決まってきます。

それは生活の中に恋愛を組み込むためには必要な作業で、変わらない生活があるからこそ成り立っているとも言えるものです。

しかし、ダブル不倫のどちらかの家族の環境が大きく変化してしまった場合は不倫恋愛が終わりを告げてしまうことがあります。

男性は単身赴任で県外に移動しなければいけない、奥さんが専業主婦から働きに出ることになったため家事を分担しなければいけなくなった、県外に家を建てることになって引越しが決まったなどがあげられるものです。

女性の場合は専業主婦から仕事を始めて時間がなくなる、子供が受験生で習い事の送迎が毎日のようにある、親の介護をするため自分の時間が使えない、など家族のために自分の時間を削らなければいけないこともたくさんあります。

大きく環境が変わってしまうと今までデートしていた曜日や時間、会える日の間隔が同じようにはいかなくなり寂しさを感じるくらいならば関係を終わらそうと結論にたどり着くのです。

こういった場合には気持ちの整理がつきにくく、それでも実際にデートをする時間が作れないため泣く泣く別れるというカップルがほとんどになります。

それを言ったらどれもお終いだけど…「飽きてしまった」時

恋愛というものは不思議なもので、一気に燃え上がり急に冷めてしまうこともある魔法です。

特に不倫に対する好奇心や興味でダブル不倫が始まった場合、付き合ってみると意外に楽しくなかった、忙しくなってしまって家庭がおろそかになってしまう、などデメリットも見えてきます。

恋愛を楽しむメリットがたくさん分かっていれば、日常へのスパイスとなり長続きするW不倫の恋愛となりますが、そうでない場合はリスクが高い関係のため長続きは難しいとも言えるのです。

特に浮気性の男性の場合は、奥さんに飽きてしまったために新鮮なトキメキを求めてダブル不倫を始めた人もいます。

新鮮なトキメキが続くのもせいぜい最初の半年。

急に冷めるなんて女性にはにわかに信じがたい感情ですが、実は男性の恋愛あるあるです。

昨日まで可愛い!と思っていた女性のことを次の日には「あれ?昨日と同じ人?」と思ってしまうような男性は急にそっけない態度に変わってしまいます。

リスクが高い恋愛なだけに、危険な香りが恋心を一気に燃え上がらせてしまうものなのです。

ダブル不倫を長続きさせたい人は一時の快楽を求めるタイプの人には不向きな恋愛だといえます。

ダブル不倫に飽きてしまった既婚男性・既婚女性は態度に出やすい人も多いためお互いにわかりやすい終わりを迎えることとなるのです。

ついにやってきた!パートナーとのバトルが起きたとき

なんといっても不倫の一番大きなリスクはパートナーに知られて全てを失う可能性があることです。

ダブル不倫ではそのリスクを既婚している男性・既婚している女性ともに背負っているため二倍となっています。

どんなに気をつけていても人間なので少しのミスは出てくるもの。

小さなほころびから一気に大バトルへと発展してしまうことがあるのです。

ダブル不倫をしている男性も女性も、普段はかなり気を使っているはず。

それでもどちらかのパートナーにバレてしまえば、いずれは相手の結婚相手にも知られてしまうことになります。

証拠を突きつけられ「これは何!?」と問い詰められる姿はまさに恐怖です。

奥さんや旦那さんと別れるかどうかはその後の話し合い次第ですが、バレてしまった時点で確実に不倫相手との恋愛は解消されてしまいます。

自分たちの気持ちを大事にしたいと願うのであれば、別れさせられるという選択肢は外しておきたいものです。

相手のパートナーとのバトル、そして自分のパートナーとのバトルを避けるためにもダブル不倫は慎重に愛を育んでいく必要があります。

ついにやってきた!という最悪な事態を招かないためにもほころびミスも起こさないように気をつけましょう。

W不倫(ダブル不倫)の終わりを既婚男性が選ぶ理由や男性心理

奥さんに子供ができて父親の自覚が芽生えた

不倫をしていても、奥さんとは普通に仲良しで夜の営みもしているという夫婦はたくさんいます。

ダブル不倫においては特に家庭は円満であることが特徴です。

また男性にとって多い不倫の始まりのきっかけの一つには“妻の妊娠”というものがあります。

妊娠したことにより奥さんの体を気遣いセックスレスになる、里帰り出産のために嫁が実家へ帰る、など体の繋がりがなくパートナー自体も身近にいないという場面で男性は魔が差し不倫を始めるのです。

そんな状況であればダブル不倫をしている男性は、不倫デート中であっても妊娠していた妻が産気づいたら真っ先に病院に駆けつけます。

そして、赤ちゃんの誕生で我が子の顔を確認するとともに「俺もついに父親だ!」と実感し感動の涙を流すものです。

男性は奥さんの妊娠中は女性とは違い、実際に姿が見えない赤ちゃんに対しての父親の自覚があまり感じません。

出産とともに自分が父親であることを自覚し、不倫をしていることに対してとても罪悪感を抱えることで別れを決意します。

既婚男性の妻が妊娠中であれば、それは父親の自覚がまだ表れてないからだと言えるのです。

ダブル不倫の相手の男性の家庭のことを聞くことは胸が苦しいことですが、今どんな状況で不倫をしているのか知っておくことも必要となります。

不倫相手のことは好きだけど守らなければいけないものがある!家庭とのバランスが崩れ始めたと感じた

ダブル不倫は家庭を壊さないように気をつけながら恋愛をしていくことが長続きするコツです。

しかし男女の気持ちは移りゆくもの。

割り切った関係だと思ってはいても、いつの間にか不倫相手の既婚女性のことを本気で好きになっていることに気がつく男性もいるはずです。

妻のことは女性として尊敬しているし、子供のことも守りたい、そう思っている男性にとってダブル不倫の既婚女性に本気で恋をしてしまう自分自身の気持ちは恐怖にもなってしまいます。

「浮気相手の女性のことは本当に大切にしたいと思っているし、これからもずっと一緒にいたい。」

そうは思っていても、ついデートの約束を頻繁に入れてしまったり家庭の予定をずらしてまで既婚女性に会おうとしたりする自分自身に対して「今の家庭の全てを失う覚悟ができているのか?」と聞かれると覚悟は出来ていないものなのです。

家庭とのバランスが崩れ始めたと感じる男性は全てを失う恐ろしさに負けてしまいます。

ダブル不倫を解消することはそんな既婚男性自身の不安の表れです。

割り切った関係で楽しんでいた恋愛だったはずなのに、既婚者の男性の心が浮気相手でいっぱいになってしまうことは不倫をする男性にとっては自分を見失う怖さを見つけてしまうことになります。

「ダブル不倫がうまくいっていると感じるのにどうして急に別れるの?」と感じる別れは男性の気持ちが大きくなったことを示しているのです。

ダブル不倫相手には女でいてほしいと願っているのに…


不倫をする男性は奥さんに対して女性の魅力を感じなくなってしまったことがきっかけとなっている人が少なくありません。

かつてはどんなに一緒にいても可愛くてセクシーで「この女性しかいない!」と思って結婚したはずなのに、結婚すると毎日一緒に生活することでパートナーとしての仲間意識の方が大きくなってしまうのです。

子供が出来ることで自然と女というよりは母親として見てしまい、夫としても“お母さん”の姿にセクシーさは感じることができません。

そのためダブル不倫で相手の女性には子供がいても、恋愛をしている彼女には女性としての魅力を感じているため一緒にいるときにはずっと女でいてほしいと願っています。

しかし女性にとって役割の切り替えというのはふとした拍子につい出てきてしまうもので、デート中に子供からLINEが入ってくるとすぐに“お母さん”モードに切り替わってしまうものです。

さっきまでセクシーで魅力的な女性だったのに、急に現れた母親の姿に男性はつい奥さんの姿を思い出します。

そして、既婚女性にはいつでも女性でいて欲しかった既婚男性はダブル不倫を終わらせようと思うのです。

こんな場合、既婚者の男性は別れの理由をハッキリ言葉で伝えてきません。

「女性として見られなくなった」なんて失礼な言葉だと自覚しています。

理由のわからない別れは、彼の前で母親を出してしまわなかったか思い出してみましょう。

仕事で転勤や忙しくなった!不倫相手に構ってあげられない

男性にとって仕事の都合で環境を変えたりプライベートの時間を削ったりを余儀なくされることは珍しいことではありません。

ダブル不倫をしている既婚男性が仕事の都合で転勤を言い渡される場合や、部署異動やプロジェクトの立ち上げで急に忙しくなってしまうなんてこともよくある話です。

しかし、恋愛を楽しんでいるW不倫カップルにとっては寝耳に水と言える出来事。

急に仕事が忙しくなった、転勤でいなくなってしまうと言われても心がついていきません。

当の既婚の男性も職場に「不倫をしているのでその仕事は請け負えません」などと言えるはずもなく、辛い気持ちを抑えながらも仕事に邁進することになります。

仕事で忙しくなってしまった場合はどうしてもデートの時間が取れなくなるものです。

ただでさえW不倫は仕事と家の予定の隙間をみつけてデートをしているものなので、忙しくなってしまうとさらに難しくなってしまいます。

不倫をしている本人たちの気持ちがいくら好き同士だとはいえ、会えなくなってしまうのであれば一旦不倫を解消してしまった方が会えないストレスを抱えなくて済むのです。

構ってあげられないことを気に病むよりは別れを選択することは不倫相手の女性のことを思っての行動だと言えます。

W不倫(ダブル不倫)の終わりを既婚女性が選ぶ理由や女性心理

子供と夫の顔を見ていたら罪悪感で苦しくなった

女性の行動は心理状況により大きく変化します。

ダブル不倫をしている既婚女性の場合は、家庭内の状況や会話が不倫関係に影響するものです。

デートから帰ってきていつもと同じように家事をしていても、家族との会話の中で「幸せだな」「家族が大切」と感じることがあれば急にダブル不倫に対しての罪悪感が大きくなっていきます。

そんな時でも子供はとても無邪気で素直です。

デートから帰ってきてまだ恋人モードが抜けていなくてもこちらのことはお構いなしに「ママいつもお家のことをしてくれてありがとうね、大好きだよ」と不意打ちで殺し文句を言ってくることがあります。

母親にとって子供の「大好き」という言葉はこの世の何よりも幸せを感じるものです。

家庭内が円満であるダブル不倫の場合は、既婚女性が主人からとても愛されていることが多く旦那からのサプライズがあることも珍しくありません。

ある日「今日は家事を休んでいいよ、全部僕がするから」など突然の母親休業提案は夫からの愛情表現です。

夫と子供から愛されていることを実感するたびにダブル不倫をしている既婚女性の心は胸を締め付けられます。

大きくなった罪悪感に耐え切れなくなりダブル不倫を解消するのです。

W不倫の彼には幸せでいてほしいから家庭を大事にして欲しい

恋愛の中の複雑な心境の一つとして、相手を思うからこそ身を引くというものがあります。

特にダブル不倫という通常の恋愛とは違う環境だと、既婚女性の家族への後ろめたさとともに不倫相手の家族への罪悪感を同時に背負っているのです。

不倫相手の男性のことを好きになればなるほど「少ない時間でも会いに来てくれて大切にしてくれて嬉しい」という気持ちと「彼には帰る場所があるのに申し訳ない」という気持ちが両方湧き上がりとてもふくざつな気持ちでいっぱいになります。

W不倫が続いていくにつれて浮気相手のことが好きになり「彼が幸せでいることが私の幸せ」と強く思うようになるものです。

最初から複雑な心境を抱えての恋愛のため、不倫相手の幸せを考えると彼の家族のもとに帰ってもらう選択をしてもらう方がいいのではないか、という結論に至る女性も少なくはありません。

その結果、彼には幸せになって欲しい、家庭に戻って欲しい、と別れを選ぶことに繋がります。

相手を大切に思うからこその気持ちですが、女性の中にはさみしさが大きく残ってしまうことがあり別れたあとの気持ちの整理に時間がかかるものです。

ごめんなさい、旦那との夫婦仲が良くなりました

ダブル不倫は家庭に不満があって始めている場合と、家庭には何も問題がなく割り切った遊びとして不倫の恋愛を楽しむ場合とがあります。

家庭に不満がある既婚女性は夫婦仲が悪いことが多く、旦那と離れたいけど子供がいるから離婚できない、離婚したら生活費を稼ぐだけの自信がない、などの理由で離婚に踏み切れないまま一緒に生活をしているものです。

既婚女性が子供を連れて生活をしていこうと思ったときに家事、子育てをしながら仕事のウエイトを増やしてお金を稼ぐことは並大抵のことではありません。

特に子供が小さい時には既婚している女性も子育てで気持ちの余裕がなく、その時期の夫も働き盛りで仕事がどんどん忙しくなり家庭に構っている余裕もないため夫婦仲が悪くなってしまう家庭が珍しくないのです。

ダブル不倫をすることで、既婚している女性には心に潤いが出てまた日常を頑張ろうと思うことができます。

しかし不倫で恋愛をすることで、既婚の女性はキレイになっていくものです。

男性に見てもらえるという意識が女性ホルモンを活発にし、子育てで手いっぱいだった表情の顔も肌ツヤがよくなり表情も女性らしさを取り戻していきます。

そして子供が大きくなるとともに、夫の仕事も少し落ち着いて家庭の中でも夫婦それぞれに余裕が出てくるようになるのです。

そうすると、今まで見向きもしなかった夫婦が嘘のように休日に二人だけでデートをするようになったり、家族で過ごす時間が増えたりしてきます。

以前にも増して綺麗になった妻を見て旦那も喜び夫婦仲が一層よくなるはずです。

ダブル不倫をする暇も必要もなくなり、女性は夫と一緒にいる時間を選ぶ決断をした時に浮気相手に別れを告げます。

子供の大事な時期、忙しくてデート出来ない

子供がいる女性にとって、子供の成長過程で必要なことに対しては手間暇を惜しみません。

子供が生まれてすぐの頃からお世話をしないと生きていけない赤ちゃんをせっせと文句も言わずに育児してきたのです。

赤ちゃんが幼児になってもご飯を食べさせトイレを覚えさせ、必要なことだからと全てやってきました。

子供が大きくなって中高生になっても母親は母親。

塾が必要になれば送迎をするし、部活動で遠征があればどんなに遠くでも連れて行きます。

ダブル不倫をしていても、子供の大事な時期は放っておくはずがありません。

受験シーズンには特に子供の志望校を決めるために学校へ足を運ぶことが増えます。

オープンスクールにも連れて行ったり、学校調べで走り回ったりと本人よりも必死になる姿も珍しくないのです。

子供が大事な時期には母親の頭の中には子供のことでいっぱいになっています。

W不倫をしていても「ちょっと今忙しくて」とデートを断ることが増えてくるものです。

デートできない日が続くと、頭の中を子供に集中するためにW不倫を解消する方が簡単だと思い別れを切り出すという結論にいたります。

W不倫(ダブル不倫)が終わって気持ちが切り替えられない既婚男性の気持ちの切り替え方

男には仕事!仕事に没頭する

W不倫に終わりを告げると既婚男性には何とも言えない気持ちが襲ってきます。

虚しさ、寂しさ、空いた時間の何とも言えない無力感。

そんな時にこそ男性には仕事に没頭するだけのバイタリティが湧いてくるものです。

心と時間の空白を埋めるように仕事を請け、自分を表現する場としてとにかく一生懸命になります。

仕事をしている時間はW不倫の相手だった女性のことを忘れられるのです。

こんな時には仕事を頑張ることにデメリットは全く考えません。

頑張りすぎて倒れる心配をすることもなく、とにかく恋愛をしていた事実を忘れてしまうためにやったことのない仕事まで積極的にチャレンジしていきます。

そのおかげで仕事場の評判は上がり、昇給から家族の雰囲気も良くなるに違いありません。

すっかり心が切り替わった頃には、W不倫の経験が仕事に邁進する原動力に変わったことに感謝するようになります。

とにかく早く家に帰る

不倫相手との別れをきっかけに家族への大切さを認識する男性も多くいます。

ダブル不倫を続けるうちにとても大切な存在になっていた不倫相手の女性は別れる時に家族との幸せを願うものです。

女性を大切にする喜びを教えてくれた不倫相手のためにも、これからは家族とちゃんと幸せになろうと決意します。

奥さんと会話をしたり、体を重ねたりする度に浮気女性のことを思い出してしまうけれど「時間が経てば忘れられるはず」と信じて家族と過ごす時間を増やしていくのです。

「とにかく家に帰ることが今一番必要なことだ」とどこかから声が聞こえるかのように足早に帰宅するようになります。

ダブル不倫が終わって一番寂しさを埋めてくれるものが家族だということに、既婚男性は気がつくはずです。

そして、家族という居場所がどれだけ心地いいものかを改めて知ることになります。

仕事が終わってとにかく早く家に帰るということが、既婚男性にとっての気持ちの切り替え方の一つとして重要になることに違いありません。

好きな女性を忘れるために、大切な女性を守ることに気持ちを切り替えるよう努力します。

他の不倫相手を探す

愛しい人を失って気持ちを切り替えるためには、何か他のことに没頭しなければ。

そうは言っても趣味が簡単に見つかるわけでもなく、仕事が急に増えるわけでもない男性は次の恋愛で気持ちを紛らわせようと考えます。

ダブル不倫の相手のことを忘れられないと悩むほど既婚男性にとって大切な人となっているため、すぐに次の不倫相手が見つかってもその人のことを好きになるつもりもありません。

ただ、大好きだった彼女のことを考えないためには彼は違うことをする必要があるのです。

新しい不倫相手を見つけることができれば、前の彼女のことを考える暇はなくなります。

新しい彼女のしたいことを満たすために忙しくなるはずです。

そうして自分のさみしい気持ちと向き合わなくていい方法を選んでいきます。

男性は自分がさみしいと自覚することがとても苦手です。

ダブル不倫の割り切った関係であれば、新しい彼女にも深くまで気持ちを求められることはありません。

心は前の不倫相手のことを思っていても、誰にも迷惑をかけることなく既婚男性は自分自身を忙しくすることができるのです。

忘れられないダブル不倫の気持ちを切り替えることが難しい男性は、こうして新しい不倫相手を探すことで気持ちを切り替えていきます。

飲みに行く!お酒は心を癒してくれる

ダブル不倫が終わってしまってショック!そんな時でも既婚男性は友人にW不倫をしていたことは絶対に言いません。

でも一人ではどうにも気持ちが切り替えることができない、という時もあります。

そんなときはお酒の力を借りているものです。

お酒は心を解放してくれるし、アルコールの力でボーッとすることができます。

お酒を飲む場には一人で行くだけでも十分気晴らしになりますが、友人がいればなおさら楽しい時間を過ごすことができるはずです。

お酒を飲むために友人を誘う時にも理由は必要ありません。

男性同士というのはお酒の場に言葉はいらないのです。

既婚男性が落ち込んでいても何も聞かずに一緒にお酒を飲むだけで気持ちが落ち着いてきます。

男性の友情はこんな時にこそ深いものを感じるものです。

心が癒えてしまうまでとことんお酒を飲みに行く男性も珍しくはありません。

そのうちにだんだんと気持ちの整理が出来てきます。

お酒で悲しい記憶を忘れることはできませんが、お酒の場で気持ちの整理をすることは可能です。

男性は一人黙ってお酒を片手に気持ちの整理をつけていきます。

特にさみしさを紛らわせたい手持ち無沙汰な時には、お酒を飲みに行くという理由で出かけられることが既婚者の男性にとっては丁度いい加減なのです。

男性は言葉に出さない分、そういった自分の気持ちの切り替え方を持っています。

W不倫(ダブル不倫)が終わって気持ちが切り替えられない既婚女性の気持ちの切り替え方

とにかく涙を流して心の浄化

女性はダブル不倫が終わった悲しみを男性のように仕事に打ち込んだりお酒に頼ったりすることが苦手です。

心を癒すためにはまずとにかく悲しみを受け入れることが必要だと心の根っこは知っています。

悲しみを受け入れることはとても辛いことですが、失恋して悲しいのに悲しくないふりをして誤魔化してしまうといつまでも心の傷が癒えることはなく気持ちを切り替えることができません。

気持ちを切り替えるためには、今ある悲しみをしっかり悲しみきって心を浄化することで次のことに移ることができます。

悲しみを受け入れるとは、とにかく涙を流すことです。

涙を流すことで気持ちがスッキリすることはたくさんあります。

それでも女性が強く生きなければいけない現代社会では涙を流すことができない既婚女性も少なくありません。

泣ける映画を見たり失恋ドラマに自分を重ねてみたりと無理やり泣いてしまってもいいのです。

涙をたくさん流すと気持ちがスッキリして忘れることはできないと思っていたダブル不倫の相手のこともキレイな思い出にすることができます。

せっかく心から愛したW不倫相手のことはいい思い出として整理していきましょう。

広がった人生経験を実感し新しい趣味を見つける

W不倫が終わって気持ちが切り替えられない既婚女性は恋愛という夢から覚めることができません。

ダブル不倫という恋愛経験は数多い恋愛ではなく、とても珍しい経験をすることができたと考えることができます。

誰もが経験するわけではないダブル不倫の中で起こった男女の微妙な心の移り変わり、時間の使い方の大切さに気づいたこと、家庭を大切に想う気持ちを育てられたこと、結婚という枠を飛び越えて人を愛することができた気持ち、それら全てが尊いものです。

人を愛するという気持ちは純粋で美しいからこそ、見える景色が普段とは違っていたはず。

人の温かさ、胸が痛むほどの愛しい想い、目に見える全てが輝いて、毎日に活気が溢れる貴重な経験をすることができました。

ダブル不倫を経験したからこそ、人生経験を広げることができたのです。

そして、その新しい人生の価値観をもって新しい趣味を見つけることでさらに人生を色鮮やかなものにしていくことが出来ます。

今まで興味のなかったことにも不倫相手の影響で好きになったものもあるにちがいありません。

浮気相手と出会う前とは確実に成長したあなたは、知らなかったことを楽しむことができるようになったのです。

気持ちを切り替えるために、その新しい視点で新しい趣味を始めましょう。

無理に忘れなくてもいい、心の中で思い出アルバムを作る

女性にとってダブル不倫の思い出はとても貴重で大切なものとなります。

不倫相手のことを大切に思えば思うほど、忘れてしまうことなんて出来ません。

そんなときは無理をして忘れようとしなくてもいいのです。

忘れようとする気持ち自体が自分の心を苦しめてしまうことに繋がります。

それでもダブル不倫というリスクが高い恋愛をしていた相手を忘れられるとは限らないのです。

女性は心の思い出アルバムを増やしていくことで、人に寄り添うことができます。

ダブル不倫の相手も、あなたの心を暖かくしてくれた大切な人です。

そっと心の中の思い出アルバムにしまっておきましょう。

でも、証拠となるメールや手紙、記念のプレゼントなどは手元に残しておくと未練となり次に進むことが難しくなってしまうので思い切って捨ててしまったほうがいいといえます。

ダブル不倫が終わってしまっても心の思い出アルバムにしまっておくことで、自然に気持ちを切り替えることができるのです。

「彼を忘れられない」といつまでも泣くこともなくなり、笑顔で前に進むことができるようになります。

空いた時間で自分と向き合える!なりたい自分リストを作って実行する

W不倫が終わってしまうと今までデートに費やしていた時間がぽっかり空いてしまいます。

その時間が苦しくて切ない時間となってしまうのですが、あなたのそばには大切な家族の存在があるはずです。

近くに大切な存在がいることを噛み締めながら、ダブル不倫で費やしていた時間を自分と向き合う時間に当てることができます。

W不倫をしていた時に発見した新しい自分の一面、新鮮な視点で発見した“人を見る判断基準”、時間の有効活用方法、自分自身に出来ること、やりたいこと、など自分自身の変化を書きおこしてみましょう。

ダブル不倫が終わってしまったからこそ始まる新しい人生。

これからはもっと人を愛することができ、人に興味を持つことができるはずです。

やりたいこと、できること、見えること、全て内なる自分自身を呼び起こし“なりたい自分”を今一度見つめてみることができます。

理想の自分を見つけた時ほど女性が輝くときはありません。

今まで考えたことのなかったあなた自身のいいところを見つけ、新しい自分開拓を始めるチャンスです。

ダブル不倫を経験して終わっってしまったからこそ見える“なりたい自分自身”のリストをつくって、一つ一つ実行していきましょう。

W不倫(ダブル不倫)が終わっても必ずあなたの魅力は上がっている

W不倫(ダブル不倫)は家庭とのバランスを取りながら心の潤いを満たすとても貴重な体験でした。

しかしそれぞれに家庭があるからこそ終わりを告げることもあります。

最初からわかっていたこともありますが、やはり別れが訪れるのは悲しいもの。

悲しみに暮れているだけでは、ダブル不倫をしていた相手も心を痛めてしまいます。

どんな理由であれ、ダブル不倫をしていた相手は別れてからも幸せになって欲しいと願うものです。

あなたが幸せになるためには何をすればいいのか今一度ゆっくり考えてみましょう。

気持ちを切り替えることが難しければ様々な切り替え方法があるので、それぞれ試してみて前を向いて幸せに向かって歩いていく姿を見せていくことが、ダブル不倫相手にも安心してもらえることになります。

今まで家庭と不倫相手とバランスを取りながら、とても素敵な恋愛をしてきました。

ダブル不倫の恋愛をしてきたからこそ、あなたの魅力は既婚者の彼と付き合う前よりも確実に上がっています。

終わってしまったことを後悔していつまでも悲しむことよりも、W不倫をして増してきたあなたの魅力を信じて不倫相手だった彼との時間で発見した新しい自分と共に、さらに人生を楽しく美しいものにしていきましょう。

【期間限定・9月23日(月曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「二人の不倫の結末が怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、【スピリチュアルチャンネル】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルチャンネル】を初回無料でプレゼントします!

不倫相手との不倫成就の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG