不倫相手の家庭の事情で気になる事とあの人の家庭事情を絶対に知れる方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

不倫相手の彼はいつも優しくて私のことを本当に愛してくれていると言ってくれるけれど、実はその言葉に少し不安、といった浮気女性も多いはずです。

男女の恋愛において不安はつきものだけど、不倫恋愛においては既にパートナーがいる状態からのスタートとなります。

浮気女性にとって彼の家庭事情というのは気にしないようにしていても気になって仕方がないものです。

パートナーとの関係が実際のところどうなのか、不倫相手は私を愛しているって言ってくれるし、彼の言葉だけを信じたいけどやっぱり本当のことを知りたい!

そんな不倫相手の家庭事情について悩んでいる女性に、どうして家庭事情について気になるのかその女性心理や家庭事情の気になる事をお伝えします。

そして既婚男性が不倫中の女性によくつく嘘とその男性心理やその嘘を本当かどうか見抜くテクニックを詳しくご紹介しますので「不倫相手が家庭事情のことを話してくれない」と悩んでいる女性も男性心理を知れば納得できるはずです。

不倫相手がつく嘘が本当かどうか見抜くテクニックを活用して、不倫恋愛で起こる家庭事情についての不安を解消してくださいね。

彼の事は信じてるけど…やっぱり不倫相手の家庭事情が気になる女性心理とは?

私だけを見て欲しい

彼にはパートナーがいると知っていながらも惹かれあって始まった不倫関係では、不倫相手の言葉が愛情の全てであり不倫相手の言葉は浮気女性にとっての安心感そのものです。

愛情に溢れている不倫相手の言葉を信じていたいけど、恋愛というものはいつでも不安がついてまわります。

奥さんとの関係や子供との様子など聞いてみたいけど、実際聞くことはやはり勇気が必要です。

浮気女性は不倫相手が話す「愛しているよ」という言葉の対象は「私だけ」であってほしいと願います。

不倫相手が結婚していても、今愛されているのは不倫をしている自分だけなのだと信じたいのです。

家庭事情も聞きたい、けど聞けないという迷いを繰り返しながらそれでも不倫相手の家庭事情の本当のところが気になってしまうのは、不倫相手にとってのたった一人の恋愛対象が自分自身でありたいと願っているからになります。

不倫をしている女性は、愛する彼との関係を誰にも話すことができないことで余計に不倫相手に対しての愛情が大きくなっていくことが悩みです。

二人だけの秘密の関係が嬉しいけれど、楽しかったデートの話も彼について悩んでいることも誰にも話せないため苦しくなってきます。

女性は嬉しいことも苦しいことも話すことで気持ちを整理し、共感してもらえることで自己肯定につながっているのです。

誰にも話すことができない不倫恋愛では、普段なら友人がしてくれるその役割を全て不倫相手で満たすしかありません。

しかし、不倫相手の家庭事情という悩みに関しては本人を目の前に聞いたところで自分の不安を解消するのは不倫相手の話すことが真実かどうかを見定めることのみです。

浮気女性の願いは、不倫相手には家族がいても自分のことを一番に愛していて欲しいということただ一つになります。

自分の知らない顔を持っている

不倫をしている二人は、当然ですが恋愛関係です。

不倫恋愛中の既婚男性には、夫の顔でも父親の顔でもない一人の男性としての顔を見せてくれています。

既婚男性は家に帰れば夫であり父親であるので、恋愛の表情を妻に見せることもなくなってしまうため、その点では浮気女性の方が現在の既婚男性の“男の魅力”を知っているということになるのです。

しかし、浮気女性は不倫関係が続いてくると恋愛の顔しか知らないことにだんだんと不安を抱くようになります。

自分の知らない顔が確実にある、ということをひしひしと感じることが目の前で繰り広げられるのです。

例えば休日に家族と出かける予定があると聞かされているとデートが出来なくて寂しい思いをするだけでなく、その日が来ると朝からずっと家族でいる既婚男性のことを想像してしまいます。

家族のために準備をして子供と手をつないで奥さんと笑いながら話をしている既婚男性の姿を思い浮かべてしまい、どうしても苦しい時間を過ごすことになるのです。

楽しいデートの帰るときにも同じように家族のもとへ帰ることを痛感します。

「これから彼は夫になり父親になるんだ。私の知らない顔になっていく」と考えてしまい家庭では不倫相手がどんな顔をしているのか知らない自分が悲して虚しいのです。

不倫恋愛する女性は通常の恋愛より想いが一人で募っていくため、愛する男性の全てを知りたいと願うようになっています。

自分の知らない顔を見ることができる家族が羨ましくもあり、自分の頭の中でも家に帰ったあとの既婚男性の姿を想像しているのです。

家庭がどんな状況なのか知ることで、より不倫相手の日常を知ることができると思うと家族と一緒の姿は悲しいけれど知りたいという欲望が大きくなっていきます。

奥さんとのセックスが許せない

「不倫相手はいつでも私のことだけを愛してくれているはず」そう願っている浮気女性にとって奥さんとのセックスはありえないことだと思っています。

そもそも女性が体の関係を許すのは愛する人ただ一人という考え方が多いので、男性にも同じ感覚でいてほしいのが浮気女性の願いです。

自分のことを愛してくれている既婚男性は奥さんとはセックスしていないはず、と願いながらも「やっぱり夫婦だから奥さんから求めることだってあるよね」と頭ではわかっているつもりでいます。

それでも奥さんから誘われても断って欲しいというのが乙女心です。

この考え方は既婚男性から誘うという前提は頭になく、好きな男性をそそのかす悪い女として奥さんのことを敵対視しています。

「本当のところはどうなのだろう?」と聞きたいけど、絶対に聞きたくないプライベートゾーンですが、愛するがゆえに気になってしまったら頭から離れません。

デート中に奥さんとは別に仲が悪いわけではない、という現実が垣間見えたものなら体の関係もあって当然という結論に至ります。

既婚男性には自分という本当に愛している女性がいながら、妻という立場で一緒に住んでいたとしても他の女性と体を重ねることは許せません。

家庭事情から垣間見える夫婦の会話の回数、会話の内容、ベッドは一緒なのかどうか、食卓は一緒に囲んでいるのかなど家具の配置や生活リズムまで知りたくなってしまいます。

既婚男性にとっても、自分と同じように愛情を自分一人に絞って欲しいと願っているのです。

浮気女性が介入することの出来ない“家庭”という特殊環境に、浮気女性は日々モヤモヤを募らせています。

少しでも家庭事情を知ることで実際の奥さんとのセックス事情を知りたいと思うのです。

彼の言ってる事は嘘?本当?不倫相手の家庭の事情で気になる事

妻とセックスレス

不倫をしている既婚男性はパートナーとのセックス事情について聞かれると「妻とはもう長いあいだセックスレスだよ」と答える人が大半です。

しかし、ひとつ屋根の下に男女が暮らしていてそんなことが本当にあるのか浮気女性は疑問になります。

「だけど彼の言葉を信じたい」という思いが強く確認したくないという思いです。

既婚男性にとってパートナーとのセックスは愛情表現だけではなく、コミュニケーションや生活の中の成り行きということも実際にはあります。

時には「暇だから」という理由でも夫婦間のセックスは成り立つのです。

しかし、浮気相手の女性にとっては不倫相手とのセックスは愛情そのものであり、繋がりたいという思いが強くある象徴となっています。

家庭での空気感は浮気相手には到底理解できないものであり、既婚男性にとっては浮気女性には知られたくない部分です。

既婚男性にとって夫婦間のセックス事情を知られることで浮気女性に責め立てられることは面倒なことだと思っています。

妻とのセックスは浮気相手とのセックスとは別物と考えている人がほとんどです。

正直に答えると面倒なことになることくらいはどんな既婚男性にもわかります。

しかし、実際には本当にセックスレスの夫婦もたくさんいるため日本の性事情の大きな問題です。

奥さんが子供を産んでから夫は妻のことを「女性として見られなくなった」、妻は「夫を受け入れられなくなった」と訴える夫婦はたくさんいます。

セックスレス大国日本では、夫婦間のセックスレスはごく当たり前のことです。

しかし、不倫関係にある既婚男性が本当に奥さんとセックスレスなのかどうかということは浮気女性には当然わかりません。

ただ、好きになった既婚男性の言葉を信じる他ないのです。

家では別居状態

既婚男性が浮気女性に家庭のことを聞かれると「家に帰ったって妻とは別居状態だ」と言う人も多くいます。

家で別居状態と聞かされると浮気女性は、既婚男性が家に帰っても奥さんとはほとんど顔を合わすこともなく会話も少ない状態が頭の中の想像です。

既婚男性が話す“別居状態”が本当だとして、この”別居状態“には二通りの事実が隠されています。

一つ目のパターンとして、本当に夫婦仲が悪く離婚が近い状態にあることです。

別居をする直前の状態で、住居を分ける前に家庭内で別の生活を送ることをいいます。

夫婦間に愛情はなく、会話も少ないと考えられるのです。

または離婚に向けて話し合いが行われていることも考えられます。

そして二つ目のパターンは、夫婦の生活時間のすれ違いが起こっており、そのことを便宜のいい言葉を使って表すと“別居状態”と言っている場合です。

既婚男性が遅くまで仕事をして帰ると妻も子供も寝てしまっていて、朝はそれぞれの準備の時間帯が異なるため顔を合わせない生活が多くあります。

妻が普段何をして過ごしているのか、子供が今どんなことに夢中になっているのか仕事ばかりの日本人男性は知らないまま過ごしている人が実に多いのです。

そんなライフスタイルのすれ違いで顔を合わせていないだけで実は家族のことをとても大切にしていて、妻も頑張る夫のことを応援している可能性があります。

しかしすれ違いの生活が続いているため“別居状態”と表現している場合、不倫をしている既婚男性にとってはとても都合のいい言葉です。

そのどちらなのか、浮気女性が判断するのもまた困難なことになります。

日本語の解釈は人それぞれの言葉がたくさんあるので、表面上の言葉を信じるには現実が伴っていない場合があると知っておくことが必要です。

お小遣い制

既婚男性のお財布事情は家庭によって様々です。

家計を全て既婚男性が握っている場合、全て奥さんに任せている場合、財布はすべて分けている夫婦といろいろな形があります。

不倫恋愛をしている既婚男性が「うちはお小遣い制だからお金がないんだよ」とデート代金を渋る場合には、本当に必要最低限のお小遣いだけをもらっていてお金に余裕がない場合と浮気女性にお金を使わせる遊びの不倫の場合とが考えられるのです。

後者の方は浮気女性にとっては考えたくもないことなのですが、お小遣い制の既婚男性は実際本当に多くいます。

不倫相手のパートナーがかしこい妻であれば夫が自由に使えるお金はほとんどないことがありますが、これは夫の必要な金額を妻が細かく理解し計算した金額を渡している場合です。

毎日の昼食代、飲み物、と本当に必要最低限だけ夫に渡して飲み会や緊急資金はその都度渡すというスタイルもよく聞きます。

お小遣い制の既婚男性は「不倫をしようにもお金がなくて出来ない」といった声があることも現実です。

一方、考えたくもない後者の遊びの不倫の場合ですが「お小遣い制だからお金がない」という口実で女性にデート代を支払ってもらい、浮気女性との関係を続けながら楽しく体の関係を持てる相手をキープしたいという考えを持っています。

浮気女性は愛する既婚男性の言葉を信じているため「本当にお金がないんだから仕方がない、デート代くらい私が支払うわ」とデート代を支払うことに疑問を持たないまま関係が続いていくのです。

お小遣い制という事実があるかないか、これは家庭事情を実際に知ること以外には真実がわからないことでもあります。

既婚男性にとって遊びの不倫でも、浮気女性は本気そのものの恋愛であれば不倫相手の言葉は絶対的効力を発揮しているのです。

既婚男性が不倫中の女性に良くつく嘘とその男性心理

君だけを愛している

不倫恋愛をしている既婚男性は浮気女性に対して「君だけを愛している」と言います。

もちろん本当に既婚男性は浮気女性だけを愛していることもあるのです。

夫婦仲は悪く離婚間近で、愛情とはかけはなれた結婚生活を送っている既婚男性にとっての不倫は浮気女性が癒しであり、愛しているただ一人の女性となります。

しかし、不倫をしている既婚男性の「君だけを愛している」は嘘であることも多いです。

この言葉の裏には浮気女性にとって自分が唯一の恋人でありたいという欲望が込められています。

妻の存在とは比べていないほど浮気女性の存在が大きいことを示すことで愛情表現の一つとして言葉にしているのです。

つまり、本当に浮気女性「だけ」を愛しているかどうかは既婚男性にとってはどうでもいいことになります。

嘘か本当かといえば嘘をついていることになりますが、既婚男性の愛情が浮気女性に向かって存在していることは確かです。

遊びの不倫の場合でも悲しいことにこの言葉は使われます。

言葉はどうにでも言えるということを既婚男性は知っているのです。

結婚という契約をしている立場を経験すると、恋愛関係の曖昧さがよく身にしみて理解しています。

浮気女性を自分のそばに置いておくための言葉です。

しかし、愛している既婚男性に「君だけを愛している」なんて言われたら浮気女性は嬉しくて仕方がなくなります。

既婚男性が本当に浮気女性のことを好きかどうかは、言葉だけでなく普段の行動やそのほかの言葉の端々にまで気にしたほうがいいと言えるのです。

既婚男性が「君だけを愛している」と嘘をつくのは、妻との関係にこれ以上言及して欲しくないという防波堤でもあると言えます。

離婚が近い

不倫中の既婚男性が「うちの夫婦はもう離婚が近い」という場合には、既婚男性の感覚的なものも大きく含まれていることが多くあります。

事実とは異なるためやはりこれも不倫中の女性によくつく嘘です。

既婚男性は浮気女性に対して「妻とは夫婦関係が破綻している」「妻に恋愛感情がない」という大きな意味を含めて“離婚”という言葉を出すことがあります。

しかし、感情で動く女性とは違い男性はかなりの慎重派と言えるので実際に離婚が近いとなると簡単に言葉には出せません。

不倫中の既婚男性がさらりと言葉に出す“離婚が近い”という言葉は、事実とは遠いと考えたほうがいいと言えます。

浮気相手に妻とうまくいっていないと匂わし浮気相手に自分のことを本当に好きでいてもらうことで、浮気相手との恋愛に集中して楽しむのです。

「夫婦仲がいい」とわざわざ浮気相手に伝える既婚男性はいませんが、浮気女性が既婚男性の夫婦仲を気にしているカップルは多くいます。

家庭に戻れば普通の夫婦でも、浮気女性と一緒にいるときには既婚男性も妻の姿を思い出したくないものです。

夫婦関係は終わっている、と浮気女性に伝えておいたほうが不倫恋愛はしやすくなります。

伝えられた浮気女性も「奥さんとは近いうちに離れてくれる」と思っていたほうが、帰り際のさみしさやどうしようもない独占欲が軽くて済むのです。

浮気女性に夢中になってもらっていたほうが、既婚男性にとっては充実した不倫恋愛になっていきます。

不倫をする既婚男性は家庭円満であっても、時には妻以外の女性に癒されたいし体の関係を持ちたいと思うものなのです。

離婚が近いと伝えておくことで、浮気女性と会うことに「癒しの場所の提供」という意味を持たせようとしています。

君と結婚したい

既婚男性が浮気女性に「君と結婚したい」と言葉に出すことは、完全に嘘とは言い難いのですが真実を伴うかどかと言えばやはり嘘ということになります。

不倫恋愛中の既婚男性は浮気相手のことを本当に好きです。

ただ、結婚している妻と比べることをせず浮気相手との不倫を一つの恋愛として成立させていることが多くあります。

独身男性であれば二人の女性と同時に交際することは、交際中のふたりにとって大きな問題になりますし女性にとっては許せるはずがないのです。

しかし、既婚男性と不倫をするということはどちらが先に恋愛に誘ったかは別としても浮気女性が恋愛対象者である人が「既婚男性」だということを受け入れることによって不倫が始まっているという点があります。

既婚者だと知りながらも好きになっていった浮気女性にとって、妻である女性の存在を今更否定することもなかなかできない事です。

「結婚している彼を好きになった私が悪い」「奥さんとは別れてほしいけど家庭の事情があるだろうし無理は言えない」そう考えることで浮気女性は常に奥さんの存在を受け入れながら不倫恋愛をしています。

既婚男性が不倫恋愛において「君と結婚したい」というのは「君と結婚したいぐらい好きだよ」という気持ちの度合いを示す程度のことであることが多いはずです。

実際に離婚を進めることはよほどの覚悟が必要であり、奥さんとの話し合いも簡単には進まないことは既婚男性には容易に想像できます。

浮気女性は「君と結婚したい、すぐには無理だけど」という意味合いを持っていることを理解しておく必要があるのです。

既婚男性が不倫において“言葉“自体をあまり重要視していない人が多いのは、その特殊な恋愛形態そのものにあります。

不倫をすること自体、家庭に帰れば浮気相手との時間は全て嘘で埋め尽くしているはずです。

既婚男性が不倫において一番嘘をついている相手は浮気女性ではなく奥さんといえます。

既婚男性の言う今の家庭事情を嘘か本当か見抜くテクニック

帰る時間をチェック

既婚男性の家庭事情で夫婦間がうまくいっていないという内容を話すのであれば、夫婦間のやりとりがどの程度あるのかこっそりチェックする方法があります。

それは浮気女性とのデートに費やしている時間が大きく関係するのです。

デートの頻度はどのくらいか、曜日は決まっているか、など会いたいときにいつでも会える恋愛ではないだけに、浮気女性とのデートは頻度に偏りが出てきます。

仕事のことだけでなく、子供の習い事の関係、妻の予定に合わせて早く帰る日など既婚男性の家庭事情が大きく関係するのでしょう。

特に帰る時間をチェックすると分かりやすいことがあります。

デートをしてもいつも帰る時間は同じ、日付を超える前には帰宅する、などの行動は奥さんとの約束事があるか、奥さんに対して「妻の機嫌を損ねたくない」という配慮が見られるのです。

家庭において妻の機嫌は家庭全体に大きく影響します。

不機嫌な妻がいる家庭は自分自身も子供も息が詰まってしまうはずです。

そこで、家庭に愛着がない既婚男性であれば「家に帰らない」という選択肢が出てくるのですが、家庭を壊したくない円満な場合には奥さんのご機嫌とりが第一優先で行われます。

同じ屋根の下で暮らす妻は夫の行動の変化に敏感です。

同じ曜日にいつも遅くなるようであれば、妻はすぐに夫の変化に気づきます。

デートの終わりにやんわりと時間を気にして帰るようであれば、奥さんとの間で浮気を疑われる会話があり、チクリと釘を刺されている可能性があるのです。

釘を刺されて奥さんとの約束を優先するようであれば、夫婦仲はまだそこまで険悪にはなっていないと言えます。

本当にコミュニケーションのなくなった夫婦であれば、夫の帰る時間くらいでいちいち口出ししないものです。

結婚指輪を外させる

運命的な出会いから素敵な恋をして大好きな人と結婚をすることは女性の憧れです。

結婚は女性にとって恋愛の最大のゴールであり、夢でもあります。

特に恋する乙女の独身女性にとっては結婚してから夫婦間の恋愛ムードがガラリと変わることなど知る由もなく、最高の恋愛が続く夢の生活のスタートと考えているのです。

しかし実際には結婚という契約で恋愛モードから愛情モードへと切り替わり、毎日の生活を共にする人生のパートナーとしての新たなスタートとなります。

結婚指輪はその家族を守るための契約の証であり、責任の証です。

妻との繋がりを示す結婚指輪は男性と女性でも捉え方が違います。

妻となった女性は彼との繋がりを示す物的証拠であり、見つめるだけで夫は自分のために一生を捧げてくれたと感じるものです。

夫にとって結婚指輪はとても重要な妻との鎖となっています。

もし無くしてしまったら妻からどんなことを言われ問い詰められるかわかりません。

彼の家庭事情を知りたいのならば、その夫婦にとって大事な結婚指輪を外してもらいます。

何度もしていると既婚男性も慣れてしまうので最初がチェックポイントです。

「結婚指輪を外して欲しい」と言ってビックリするようであれば、家庭は通常通りの円満であると言えます。

浮気相手に結婚指輪を外して欲しいと言われた時の心境は「なくしたらどうしよう?!」と出てきたからこそビックリしたのです。

家庭円満な夫婦にとって、結婚指輪がなくなることはありえない自体といえます。

指輪がないことによって一瞬で浮気がバレてしまうものです。

浮気がバレる可能性があるということは、夫婦の会話も行われているでしょうし当然家庭内別居でもなく通常通り共に生活をしているということになります。

奥さんとの電話を横で聞く

こちらは浮気女性にとってはかなり勇気の必要な行動になりますが、既婚男性と奥さんとの関係がどの程度なのか家庭事情を知るには一番早い方法になります。

実践するには相当心が強くないとその後不倫関係を続けることが辛くなりますので最終手段にしてもいいくらいです。

それはズバリ既婚男性と奥さんとの電話の会話を横で聞くこと、につきます。

これは何も既婚男性に不倫のことを奥さんに話をさせる、といったことではなくて本当に何気ない会話をしてもらうのです。

出来ればスピーカーフォンで奥さんの口調も聞けるとよりよく夫婦間の家庭事情がわかります。

「今どこ?」「何時に帰ってくる?」「○○買って帰ってきて」などの会話がされているようであれば、家庭は通常運転を続けていると判断できるのです。

むしろ、夫の行動を把握するという妻の話の内容は夫の心配も含まれているし妻が家事をする都合を考えているためでもあります。

家庭内別居では考えられない会話の内容ですが、セックスレスかどうかまでは話の内容では判断できません。

しかし、ここで女の勘の出番です。

妻と会話する既婚男性の口調、そして夫と会話をする妻の口調、間合い、親密度これらは女性には会話を聞くだけでわかるものだといえます。

妻と会話をする既婚男性は自然と家の中にいる状態と同じ口調になっていることに気がつかずに話をするのです。

明らかに浮気女性と二人の時とは違うトーンか、少し似通ったトーンかによってそこに夜の営みがあるのかどうかの判断ができます。

もちろんこの時点では離婚が近いかどうか、などはとっくに嘘だと分かっているのです。

浮気女性に対しての甘い口調が妻に対しても出てくるようであれば、セックスレスではないといえます。

せっかく勇気を振り絞って妻との会話を聞く決断をしたのであれば、この際だからしっかり女の勘も働かせてチェックすることです。

不倫しているあの人の家庭事情を絶対に知れる方法

SNSをチェックする

今では当たり前のように使われているSNSですが、既婚者は家族のことを投稿している人も多く見かけるものです。

不倫恋愛をしていて、既婚男性の家庭事情を知ることはタブーと言われてきましたが実はSNSを利用することで簡単に知ることができます。

男性は家族の投稿やあまりプライベートなことを公表する人は少ないですが、実はSNSには便利な機能があり、その機能を使うと知り合いの知り合いまで辿ることが可能です。

既婚男性本人は家庭事情を公表していなくても、奥さんが子供との写真をアップしていたり家族旅行の写真をアップしていたりすることも多くあります。

様々なつながりからたどり着けるSNSは、ページを開きたい人の細かい情報を知らなくても知り得ることができる媒体でもあるのです。

奥さんのSNSを見つけ出すこともそう難しいことではないはずですので、どうしても気になる人はこういった媒体を利用することもできます。

SNSに夫婦のショットや家族で出かけた時の写真がアップされていれば、家庭の雰囲気も伺えますし投稿文章から家族の様子も十分に汲み取ることができるのです。

例えば「○○に行きました!ずっとパパが運転してくれてとっても助かりました。パパありがとう」などとSNSを通じて言葉では普段伝えられない感謝を綴っている人もいます。

こういった場合には会話では感謝を表せなくても、心から夫に感謝し愛情を持っていることが伺えるものです。

逆に「○○に行きました!いつもぶっきらぼうなパパ、いないほうがマシ」なんていう投稿であれば家族に対してサービスを普段しておらず、家庭の中に既婚男性の居心地のいい空間はないように伺えます。

不倫相手の家庭事情については、実際の当事者の言葉がなによりリアリティのあるものです。

写真を見せてもらう

今ではデジタルカメラを持ち歩く人もとても少なくなり、本格的にカメラの趣味を持っている人以外は全てスマートフォンで写真撮影を済ませる人が多くなってきました。

昔のカメラの感覚と違い、スマートフォンは肌身離さず持っている時代ですので写真を撮ることに関してもかなりハードルが低くなり、写真を取ることを比較的苦手としていた男性も手軽に写真を撮って残すようになってきたものです。

不倫相手の既婚男性のスマートフォンの中にも何気ない写真がたくさんあると思います。

写真が「記念に撮るもの」だった頃と違い、今は何気ない風景を残すことが自然な流れとなってきたのです。

若い女の子のようにインスタ映えなどを狙う既婚男性は少ないかもしれませんが、ちょっと面白いと思うもの、もう一度見たくなるものを気軽に撮影しています。

そのスマートフォンの中に保存してある写真を少し覗かせてもらうことです。

「これ見て」と話の中の説明の写真を見せられるのだけでは、浮気相手の望む家庭事情は全くわかりません。

「ちょっと他のも見てみたい」とアルバムをスクロールして見せてもらいます。

その中には子供の写真もたくさん入っているのは当然です。

夫婦仲がいい家庭では、そのアルバムの中に妻の写真も入っています。

家族の行事やプライベートな時間など、スマートフォンのアルバムには家庭事情がまるわかりの写真ばかりです。

「写真を見せて欲しい」というと既婚男性も嫌がるかもしれませんが、「最近なんか面白い写真とってないの?見せて」と可愛らしく甘えてみれば既婚男性もすんなり写真を探し出します。

スマートフォンのスクロールを一緒に見ていれば自然に写真全体を見ることができるのです。

不倫関係を険悪にすることなく既婚男性の家庭事情をさりげなくチェックしておきます。

共通の知り合いに聞く

不倫相手の家庭事情は共通の知り合いがよく知っている場合があります。

不倫関係がある友人に聞いてしまうと、既婚男性にも浮気女性にも気を使わせてしまうのでやめておくほうが大人な対応です。

二人の不倫関係を知ることのない共通の知り合いに、既婚男性の家庭事情をさりげない会話の中で聞いてみると意外とあっさり状況が分かることがあります。

浮気相手には決して自分からは話そうとしない既婚男性の家庭事情は、友人や知り合いには日常的に話していたりするものです。

仲のいい友人には夫婦の夜の生活のことでも抵抗なく話す人もいます。

家庭に帰っていったあとの彼はどんな風な夫であり父親であるのか、奥さんとの仲はどうなのか、どんなところが好きで結婚したのかまで知ることができるのです。

既婚男性は直接には絶対に教えてくれない内容を共通の知り合いは知っているという事実は浮気女性にとっては「好きな人のすべてを知らない」という事実を突きつけられる切ないことではありますが、不倫相手の家庭事情の真実を知りたいと思ってしまうこともまた切ない事実として胸を締め付けます。

男女というものは恋愛感情が絡むだけで好きな人の知らない顔がぐんと増えてしまうこともあるものです。

不倫恋愛という特殊な制限のある恋愛では、本当のことを知りたいと願うことだけでも苦しいことがついて回ります。

ただ、不倫関係のことを知らない共通の友人に不倫相手の家庭事情を聞く時にはつい色々聞いてしまいがちですが、あまりにも突っ込みすぎてしまうと関係がバレてしまいますので注意が必要です。

不倫相手の家庭事情を知るときには覚悟が必要

大好きな彼のことを何でも知りたいと思うのが恋する女性です。

しかし、不倫相手の男性の家庭事情まで知ろうとするのはかなり覚悟が必要になってきます。

彼の言う言葉を信じていれば幸せでいられることの方が多いので、今の関係をそのまま続けたいのであればあれこれ詮索せずに言葉を信じている方が幸せな気持ちのままそばにいることが出来るのです。

奥さんとの関係がどうなっているのか、家に帰ってからの既婚男性の姿はどんな風なのかどうしても気になる場合は、彼の言葉が嘘であるかもしれないという覚悟を持ってから絶対に知れる方法で調べてみるといいでしょう。

恋愛というものは誰しも知らない部分があるからこそ、知りたいという欲望が湧きそれがまた愛情へと転換されていきます。

結婚していても愛することが出来たことに希望を持って、二人だけの時間を大切に過ごそうとする姿がまた二人の愛情を深くしてくれるものです。

既婚男性を好きになってしまったのであれば、奥さんとの生活があって当然なのでいくら破綻しているときかされていても家庭事情についてはそれ以上追求しないほうが言いといえます。

不倫相手と一緒に過ごす時間の一瞬一瞬を大切にしていれば、既婚男性にとってもだんだんと浮気女性の存在が大きくなってくるはずですので気長に待ちましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG