不倫相手と結婚したい私必見!浮気相手の彼と結婚し後悔せず100%幸せになる極意

不倫関係が始まって本気になればなるほど不倫の壁にぶつかってしまって悩むことが増えている気がする!となかなか前に進めない女性は多くいます。

不倫相手と結婚したいと思っても、結婚に向かって考えると色々な悩みや不安が出てくるものです。

不倫相手との結婚に向かうには独身女性と既婚女性それぞれの立場で悩みの内容も違ってきます。

独身女性・既婚女性が不倫・W不倫している浮気相手と結婚を目指すとき何に注意して準備や心得を持てば不倫相手と結婚したい私が後悔しなくてすむのか知って損はありません!

今回は不倫相手と結婚したい私が浮気相手の彼と結婚し後悔せず100%幸せになる極意を独身女性・既婚女性の立場別に詳しくご紹介しますので不倫相手との結婚したい人が一歩進み出せるよう自分の悩みを思い描きながら読んでください。

浮気相手を略奪愛、略奪婚して100%幸せになるためには何を意識すればいいのか分かりやすく解説しますね。

不倫相手と結婚したい私(独身女性)の悩みや不安って?

本当に離婚してくれるのか不安

不倫相手との関係が濃厚であるほど、一緒にいる時間をもっと増やしたいと思います。

しかし不倫関係にある既婚男性には妻がいるのです。

家に帰る姿を見送るときの気持ちはとても悲しく、いつまで経っても慣れることはありません。

既婚男性も浮気相手の独身女性との恋愛に本気になってきました。

お互いに夢中な二人は片時も離れたくないと思うようになって当然です。

不倫相手と結婚の話が出て来た時に独身の浮気女性は「彼は本当に離婚してくれるのかな?」と不安になります。

浮気女性にとっては既婚男性が家に帰ってから奥さんとする会話を知ることはできません。

本当に離婚の話を進めてくれているのか、進捗を話してくれてもそれがどこまで本当なのか不安がついてまわります。

不倫相手の言葉を信じたいけど、実際どのくらい信用していいのか自分では判断出来なくなってくるものです。

愛しているからこそ、離婚してくれると信じたいと心に言い聞かせます。

しかし次の悩みは「待っているだけでいいの?」と自身の行動について出てくるでしょう。

不倫をする既婚男性は浮気相手の女性に「妻とは離婚する」と言ってはいるものの、なかなか行動に移さない人が多くいます。

あなたと不倫をしている既婚者の男性はどの程度本気で奥さんとの離婚を考えているのかがわかりません。

不倫相手の彼の態度や言葉から判断するしかないのです。

浮気相手の女性と本当に愛し合っている状態から急に「奥さんと話してくる」と家に帰って話をする機会が増えるようであれば、離婚に向けての話し合いが進んでいると思われます。

離婚の話かどうかは普段の夫婦関係がどの程度の距離感かを知っておくという事前準備が必要です。

普段から仲がいい夫婦であれば、離婚話は遠い話とも言えます。

夫婦の状態がどんな状況か、浮気相手が結婚を考えるときには必ず調査をするべきです。

結婚したら浮気しないか

略奪愛を果たした人は次の悩みが必ずついてまわります。

それは「私と結婚したら、彼はまた浮気をしないか」というさらなる不倫の不安です。

隣の芝生は青いといいますが、浮気をする人は自分の環境にないものを欲しがります。

「不倫恋愛の末、本当に好きになった彼は私のことをずっと好きでいるはず」と思う浮気相手の女性も多いですが、実際には不倫を繰り返す男性も珍しくはありません。

略奪婚をすることで、今度は自分が“奪われる側”になってしまい不安が次々襲いかかる状況です。

不倫相手と結婚して彼が浮気をしないかとても不安になります。

その不安は結婚する前から起きているため、実際に略奪婚を果たすとその不安はさらに大きなものへと成長するのです。

ましてや浮気相手の女性は独身であるため“結婚生活”というものを知りません。

不倫相手の彼が言っているような奥さんと上手くいってない状態にどうしてなってしまったのか、自分も今の奥さんの様に魅力を感じられなくなるのではないか、という不安も出てきます。

女性として愛されている浮気相手の女性だからこそ“妻”という立場に不安を抱くことにつながるものです。

不倫をしている最中、浮気女性は「奥さんは愛されない」という現状を見てきました。

「既婚男性とは本当に愛し合っているし、私はずっと愛される」と自信を持っていても不安が頭から離れません。

不倫相手が夫となってからもずっと愛されるために、浮気をしている女性はどう努力し続けたらいいのか考えます。

結婚はしたいけど、また浮気されないか不安という気持ちは努力だけではなかなか消えないものです。

不安な気持ちを前向きに保つために自分の気持ちの整理に時間を費やすことでしょう。

離婚しても私と結婚してくれる?

不倫相手がそもそも奥さんと夫婦仲が良くなかった場合、浮気女性と不倫することが現実逃避となっていることが少なくありません。

既婚男性が今の奥さんと別れたいために浮気相手の女性と結婚の話を進めている、という場合も考えられます。

結婚生活が破綻している既婚男性はとにかく現状から抜け出したいと思っているものです。

既婚男性は浮気相手の女性との結婚を焦っているわけではありません。

不倫相手の男性が妻に不満がある場合、浮気相手の女性とデートをしていてもその気持ちが漏れ出ている場合があります。

「家に帰りたくない」や「奥さんといても楽しくない」などの言葉を漏らしていれば夫婦の関係があまりよくない状態です。

家庭から逃げたいだけではないか、という不安がよぎるたびに浮気女性は既婚男性が奥さんと離婚しても自分との結婚はあるのか心配になります。

不倫相手は「離婚したい」「妻と離れたい」と言っているとき、次にあなたとの結婚の話が出ているか確認しましょう。

不倫関係にある二人で離婚の話が出ると次は浮気相手が結婚出来ると思いがちですが、既婚男性にとって離婚と浮気の女性との結婚は別問題です。

既婚男性と結婚したいという願望が大きすぎて、結婚している彼が離婚するということは「私結婚できる?」と勝手に思ってしまっている可能性もあります。

既婚者の彼は離婚をしたら自由な時間を満喫したいと思っていることがあるのです。

既婚している彼が今後どうしたいのかという気持ちをきちんと確認して浮気女性との結婚を考えているのか聞いておきましょう。

ダブル不倫(W不倫)相手と結婚したい私(既婚女性)の悩みや不安って?

彼と本当に結婚生活を添い遂げられるのか

ダブル不倫をしている既婚女性は、不倫相手との結婚を考えたときに今の結婚を失敗と捉えることが多い傾向にあります。

かつては愛し合った男性と結婚をしたはずの人との間に生まれてくる感情は、いつのまにか結婚生活に歪みができていたことに対する後悔です。

夫ではない人に心惹かれて不倫をしていても、心のどこかで「また失敗するのではないか」という不安が湧き上がります。

不倫相手にも家庭があり、夫の帰りを待っている奥さんのことを思うと胸を締め付けられる罪悪感が晴れることはありません。

夫を裏切っているという気持ちと、不倫相手の妻を裏切っているという気持ちで自分自身が不倫している相手との結婚を考えるとどうしても楽しみと同時に苦しみを感じてしまいます。

W不倫をしている間はお互いに非日常の恋愛を楽しむことができているけれど「結婚して夫となればまた気持ちが変わってしまうのではないか?」という不安が起きてくるのです。

不倫をしている既婚男性と結婚して「彼と一生を添い遂げられるのか」という不安が取れることはありません。

不倫をしている既婚女性自体の不安もありますし、不倫相手の既婚している男性の気持ちの変化も考え始めると心配になってきます。

「愛人だから甘い関係でいられるのではないか?」「彼もまた浮気をしてしまうのではないか」という気持ちが心の中から離れないでいるのです。

「彼だったらきっと大丈夫」と信じたい気持ちとは裏腹に、W不倫をしている既婚女性の心の中はモヤモヤがいっぱいになっています。

結婚と恋愛は違うことを体験しているからこそ、不倫相手の彼と結婚して一生を添い遂げられるかどうかという目線でしっかり彼を観察していることでしょう。

自分がちゃんと離婚できるのか

結婚するときとは違い、離婚するためにはかなりの勇気が必要です。

女性は環境によって大きく自分自身を変化していかなければいけません。

結婚をして子供が生まれて一生懸命子育てをしながら生活をしてきた既婚女性にとって、現在の環境は独身の頃とは比べ物にならないほどたくさんの責任を抱えています。

毎日の予定は妻として母親としてやらなければいけないことでいっぱいです。

子供の年齢が思春期に突入していれば、親の離婚は子供にとっても大きな問題となります。

毎日の家事など「旦那は私がいなくても大丈夫かしら?」と心配にもなるものです。

子供の受験時期には離婚なんてできないし、旦那には離婚をどう切り出そうか頭をひねります。

女性は夫に対して情が湧いているケースが多く、離婚を考える際には主人のいいところを思い出して躊躇してしまうものです。

またダブル不倫の相手と結婚したいとはいえ“バツイチ”という肩書きがついてしまうことが嫌だと思ってしまいます。

一生つきまとう“バツイチ”という体裁を自分自身が一番受け入れられません。

いろいろ考えすぎて、結局「私は本当に離婚出来るの?」という考えになってしまい心が疲れてしまいます。

いざ離婚を視野に動き始めると決めなければいけないことがたくさんあり、経済的にもどれだけ夫に頼っていたのかを知るのです。

離婚しても構わないと思っていた旦那の存在に助けられていたことを知るたびに、離婚は自分のワガママだと思い知らされます。

ダブル不倫の既婚女性は、不倫相手と結婚したいと思う反面、離婚をスムーズには進められないでいるものです。

離婚というこの一大イベントを不倫が理由と知られずに、乗り越えることが出来るかわからず不安に飲み込まれてしまいます。

不倫の代償が大きい

W不倫で不倫相手と結婚したい既婚女性が、不倫が原因で配偶者と離婚となった場合には慰謝料を支払わなければいけない場合があります。

既婚女性にとって離婚をして慰謝料を支払うことだけでも心も金銭的にも負担が大きいです。

いくら不倫相手と結婚したいという思いを持っていても、スムーズに相手の既婚男性と結婚できるとは限りません。

相手も離婚が成立している必要があります。

子供がいる場合、親権をめぐる話し合いがされ夫に親権が渡れば養育費が必要です。

その同じ内容でお相手の妻から請求される可能性もあります。

不倫で離婚となれば周囲に知れることも珍しくないため、社会的信用も仕事も失うことがあるのです。

不倫相手の男性とすぐに一緒に暮らせればまだいいですが、不倫している相手の離婚が成立しなければ一人でこの困難に立ち向かう必要があります。

とても心細くまた金銭面でも相当な負担があり、不倫からの略奪婚は簡単でないと知るでしょう。

ご近所に知られてしまえば、今のところに住むこともできなくなり知らない土地へ引越しも余儀なくされます。

友人に相談しても「自業自得」と言われ相手にされないことでしょう。

相談相手は不倫している既婚男性だけという状況で、相手の離婚話も進んでいなければ全て一人でこの重圧に耐えなければいけないのです。

不倫を始めることは簡単ですが、既婚男性と結婚したいと願っても叶えるためには代償が大きすぎると、身をもって知る日が訪れます。

母にとって不倫の代償で一番精神的苦痛になるのが、子供の親権を取れなかった場合です。

不倫が原因の離婚となると、主人に子供を育てる権利を取られてしまい会えなくなる可能性があります。

母親として子供に会えないことほど辛いものはありません。

不倫の代償を目の当たりにした時に、不倫相手との結婚に踏み切っていいのか悩むのです。

独身女性が不倫している浮気相手と結婚を目指すときに後悔しないための準備や心得

どんなことがあっても一緒にいる決意

略奪婚はどうしても罪悪感が拭い去れないものです。

大好きな人がたまたま既婚者だったばかりに、恋愛においてリスクが伴い一緒になりたいと願ってもたくさんの壁があります。

それでも貫き通した愛はとても絶大です。

独身女性が不倫している浮気相手と結婚を目指すときには「これから何があっても、どんなことがあっても一緒にいる」という決意がとても重要になります。

家庭のある既婚男性から家庭よりも自分を選んでもらうという行為は簡単にできることではありません。

不倫相手の男性もかつては奥さんと一生を添い遂げる約束をして結婚したのです。

略奪婚をしてすぐに「やっぱり無理だわ」と離婚するようでは、元奥さんとなる人の人生まで振り回すことになります。

深い愛情で繋がっているふたりだからこそ、現在の家庭よりも二人でいることを選ぼうとしていることを十分に理解することです。

不倫相手の既婚男性が結婚すれば地味に見えてしまうかもしれないし、優しくしてくれなくなるかもしれない、ということも想定しておく必要があります。

不倫恋愛というものは非日常だからこそ、ドキドキや短い時間のデートだからこその幸せがあるものです。

非日常が日常に変わった時に「ガッカリした」とならないように、不倫相手のことをしっかりと知っておく努力をしましょう。

いつも格好よく見える彼も、家では案外だらしない姿かもしれません。

それでも愛せる自信を持ち、既婚男性の離婚に伴う代償も共に背負う覚悟で結婚をする準備をしていきます。

場合によっては、彼が奥さんに慰謝料を支払うケースもあるし子供との面会日を設定する可能性もあるので、今後の二人の生活にも大きく影響するでしょう。

金銭的な面は特に生活に関わってくるので結婚する前にはよく確認するべきです。

社会から拒絶される覚悟を持つ

不倫恋愛が略奪婚に変わる時には、周囲に広く知れ渡る可能性が高くあります。

全く二人の生活自体に接点がなければ、わかりにくいものですが職場やプライベートの集まりなど共通点があればそこに属する人たちには少なくとも略奪婚だと知られるものです。

略奪婚は周囲に祝福されることなく、後ろ指を指されることも珍しくありません。

職場であれば「不倫をする人間は信用できない」と退職を余儀なくされたり左遷を言い渡されたりする場合もあります。

周囲に知られてしまえば、結婚式を挙げるという女性の夢も叶うことはないでしょう。

略奪婚というものは長い間人生に影響してきます。

時間と共に流れてくれると思っていても、自分の中の罪悪感や支払い義務がある慰謝料や養育費などで常に頭から離れないものです。

仕事を失うだけでなく、相談していた心許せる友達も離れていき、親に知られてしまえば勘当を言い渡されることも少なくありません。

社会からの拒絶を受け入れる勇気と覚悟がないと、不倫相手と結婚する準備が整ったとは言えないのです。

不倫相手と結婚してから後悔しないためにも、彼以外には全て捨てても構わないという覚悟を持ちましょう。

社会からの拒絶はとても精神的苦痛を感じます。

仕事を大事にしている女性であれば特に苦しいこととなるでしょう。

それでも、彼との結婚をするのであれば仕事はまたいつでもどこでも出来ると気持ちを切り替えることです。

社会で一人ぼっちになることが分かっていれば、自分を立ち直らせる方法も考えることができます。

この世でふたりだけのような気分になっても社会から拒絶される覚悟を持っていて、先手を打って自分を立ち直らせる方法を考えていれば二人で生きていくために必要な気力が湧いてくるでしょう。

親に説明する言葉

独身女性の結婚が決まった際には、ご両親はとても喜ぶことでしょう。

特に男親は娘の結婚は悔しさと嬉しさと寂しさが入り混じったとても複雑な気分です。

それが不倫相手との結婚と知ったときにご両親はどう思うかをしっかり考えます。

結婚は自分一人の問題でも、彼と二人だけの問題でもありません。

親にとっては大切な娘です。

妻帯者でありながら、不貞行為をしていた相手が自分の娘だと知った親は嘆き悲しむでしょう。

一生信用を得ることは難しいとも言えます。

親を悲しませないためにも、不倫相手と結婚をすると決めた時にはなれそめやどういう関係だったかしっかり彼と話し合うべきです。

親へ紹介するときに、その場しのぎで出会いや付き合っていた時の様子を取り繕っても結婚して長い付き合いになれば必ずどこかでほころびが出てきます。

不倫相手との年齢が離れていれば、尚更両親は出会いや付き合うきっかけを気にするでしょう。

「親へ嘘をつくことはできない」という正義感の強い女性も多くいますが「元々結婚していた人だけど好きになってしまったの」と正直に話す必要はありません。

嘘をつくことを勧めるわけではありませんが、親が納得するように話せる内容を整理しておくといいことです。

不倫相手がきちんと離婚が出来て、親権や養育費の話なども終わっていれば正直に「彼はバツイチなの」と話すことも出来ます。

子供がいれば「子供もいて、月に何度かは子供と会う日がある」と言っておけば今後も親に余計な心配をかけずに済むのです。

親に不倫がバレて結婚が破綻になってしまわないように、親への説明もきちんと二人で話し合って整理しておきましょう。

既婚女性がダブル不倫(W不倫)している浮気相手と結婚を目指すときに後悔しないための準備や心得

夫との離婚

既婚女性がダブル不倫している浮気相手と結婚を目指すときには、何をおいてもまず自分自身が離婚を成立させないといけません。

夫に離婚をどう切り出すのか考え、いつ話をするのか、離婚成立までの最終期日も自分の中では決めておかないとなかなか離婚話は進まないものです。

W不倫をしている相手と結婚するには、男性も女性も離婚が成立してからになります。

ただし、女性の場合は妊娠した場合の親が誰であるかの問題があるので再婚禁止期間が設けられていることをきちんと調べましょう。

以前は半年だった再婚禁止期間が現在は100日と短くなってはいますが、離婚から再婚までの期間が短ければ不倫関係にあったことが周囲に知られてしまいます。

ダブル不倫から結婚をしようとしても、すぐに再婚というには家族の反対があったり周囲の目が厳しかったりでなかなか難しいと言えるのです。

夫との離婚をなにか理由をつけて円満に進めていても、途中で不倫とばれてしまえば裁判になったり慰謝料請求されたりと大きな問題へとなります。

W不倫の既婚女性は夫との離婚話を進めることですら、かなりの勇気と覚悟が必要です。

離婚がスムーズに進んでいても、離婚後どこに生活拠点を置くかも視野に入れておかなければいけません。

今までの近くで住み続けるには不倫がバレてしまう可能性も高く、元夫との生活範囲が同じであれば住みにくいでしょう。

誰もいないところに引っ越すとしても、今の環境で成り立っている関係もたくさんあるはずです。

それらを一切手放すことができるのか、というところも考えるポイントとなります。

女性がダブル不倫している不倫相手と結婚するには、離婚する段階で考えることがたくさんあることを知っておきましょう。

子供に説明

母にとって子供の成長は生きがいとなり、自分の恋愛とはまた全く別の次元で大切にしたいものです。

ダブル不倫の浮気相手と結婚するには、子供にどう説明するのかを考える必要があります。

子供が小さすぎても「本当の父親が必要なのではないか」と悩み、大きくなって思春期であれば大人の事情に巻き込まれることをとても嫌がることがあるものです。

子供が複雑な事情を理解できる年齢であれば、正直に話をして父親と母親どちらと一緒にいたいか決めてもらうこともできます。

しかし、子供が小さいと不倫相手と結婚したときに新しいお父さんだけを知っておいて欲しいと願ってしまう既婚女性も少なくありません。

子供にとっていきなりお父さんが代わるということは混乱しますし、成長期の心の発達にどう影響するのか心配です。

既婚女性が今後の人生をしっかり決めていれば子供にもしっかりと説明することが出来ます。

子供を夫と自分とどちらが引き取るのか、親権が旦那に渡った場合子供と会わせてもらえるのか、それらを自分の言葉で説明できるほど強い心を持たなければ子供と合わせる顔がないと思ってこれからの人生を過ごすことにつながるのです。

子供の年齢と現在の夫との関係を今一度冷静に向き合って子供のことを考える必要があります。

原因はW不倫の浮気相手と結婚したいことですが、自分だけ幸せになればいいと無責任にならないように、自分の幸せと子供の幸せをきちんと考えていきたいものです。

子供は両親が大好きなので、離婚の話をすれば嫌われる可能性もあります。

もし、子どもの心が大きく傷ついて会えなくなっても既婚女性は耐えられるのかも大きなポイントとなるでしょう。

お互いに浮気する可能性を消す

W不倫の最大の問題点は二人共“浮気者”であるということです。

「現在の夫との関係がうまく行っていなかった」「女性として見られたい自分がいた」など理由はたくさんありますが、結局は浮気をした者同士という事実は消えません。

ダブル不倫の浮気相手と結婚をしたいと思ったときに、お互いが一生信用できるかどうかもきちんと確認し合うべきです。

不倫相手と再婚する場合にはどちらかの束縛が強くなるという話もよくあります。

子供と会う面会日を決めていてもやはり心の中では前の家庭の人とは会って欲しくないという欲が出てくることもあるものです。

どちらかが束縛が強くなってくると、不倫の末の結婚とはいえ「正直前の家庭の方が良かったな」「もう別れることはできないけど家に帰りたくないな」という気持ちを生んでしまう原因となることもあります。

浮気相手と結婚して、その家庭に不満が出てきて少しでも不倫相手の帰りが遅くなるとあなたは「また不倫するのではないか」と心配です。

そんな心配で新しいスタートを切った家庭を壊してしまわないように、お互いに絶対に浮気をしないという約束をしましょう。

約束をしたところで信用できるかどうかはまた別ですが、新しい家庭では今までの家庭にはなかったルールが必要です。

離婚をしてまで結婚しようとしている二人ですから、お互いを愛する気持ちは誰よりも深いと信じましょう。

その深い愛情があるからこそのルールを二人で話し合えば、お互い愛情を感じている限りは浮気をする可能性はないといえます。

ダブル不倫相手との結婚で生まれるのは強い絆です。

お互いに浮気をしないよう、これから一生愛し続けると固く誓うことが二人にとって幸せな結婚生活となります。

独身女性が不倫している浮気相手を略奪愛し100%幸せになる為の極意

とことん信用する

独身女性が不倫している浮気相手を略奪愛する時には、とことん不倫相手を信用することが必要になります。

自分が浮気相手だからと、略奪愛を果たした後も「また浮気をするかも知れない」「前の奥さんからの逃げ道としての存在だったのかもしれない」と疑心暗鬼になっていると、いつまでたっても幸せにはなれません。

100%幸せになるためには、「私が彼を幸せにする」くらいの気持ちを持って自分が幸せになる努力をすることが略奪愛を果たして後悔しない結婚となります。

彼は結婚生活に向いていない人かも知れないし、元奥さんとうまくいっていなかっただけかもしれない、そんな不安はいくらでも出てくるでしょう。

しかし、不倫相手の既婚男性が離婚をしてまで独身女性のあなたを選んで結婚まですると決めたことは彼にとって大きな決断です。

どうしてもあなたと一緒に生活したいという気持ちがなければできることではありません。

浮気相手の覚悟をきちんと受け取り、不倫相手の男性をとことん信用することが100%幸せになる極意です。

そして、周囲に何を言われても動じない心が必要になります。

略奪婚は結局不倫から始まったことが周囲に知られてしまうケースも少なくありません。

不倫相手と独身女性は結婚してラブラブな時期を送っていても周囲から「また不倫するんじゃないの?」「信用できないでしょ」と心無い言葉をかけてくる人もいるものです。

浮気相手と略奪愛から結婚を決めた時から、とことん相手を信用し周りから何を言われても気にしない心を持てば100%幸せになることができます。

不倫の略奪愛からの再婚の1・2年はラブラブ期間があると言われていますが「私たちはずっとラブラブでいることができる」と信じることが幸せになる秘訣です。

常に「本当の味方は彼だけ」と考える

独身女性が既婚男性と結婚し後悔しないためには、彼にとってあなた自身が唯一無二の存在となることが幸せへの近道です。

結婚している彼にとっての帰るべき場所である家庭から主を略奪します。

彼の帰るべき場所はあなたへとシフトしたのです。

既婚者である彼にとっての家庭は独身女性がこれから彼と共に築き上げていきます。

不倫相手が離婚をする際に、奥さんに不倫がバレて慰謝料や養育費など金銭的負担がかかってくるとしても彼には逃げ場所がありません。

全てを受け入れ、彼と結婚してともに過ごす決意を固めます。

独身女性にとって、これから一生を彼に捧げる覚悟でするのが略奪婚です。

独身女性にとって、これから社会的不利な立場になっても親から勘当されても支えてくれるのは彼一人になります。

不倫相手と結婚するためには「彼しかいない」と強く思うことで、お互いを支えあえるでしょう。

略奪婚で100%幸せになるためにはお互い支え合える関係でいられることが大切です。

「たった一人の彼と幸せになる」と強く心に決めましょう。

全てを受け入れる

既婚男性が妻と別れて浮気相手と結婚するためには、大きな困難を背負うことになります。

不倫相手と結婚したいと願うのであれば「彼には私しかいない」と彼の負担をともに背負う覚悟が必要です。

彼が辛い時には支え、彼が嬉しい時にはともに喜び、あなたが彼を幸せにするつもりで略奪愛をします。

今の家庭から夫であり父親である既婚男性を奪うには自分自身が彼を夢中にさせる努力が大切です。

全てを受け入れることが略奪婚に対する責任感を生み、罪悪感を乗り越えて幸せになることができます。

既婚男性が抱えるであるだろう大きな精神的負担も金銭的負担も受け入れ、ともに歩む決意が100%幸せになる極意となるのです。

不倫相手と結婚すれば、見えなかったことが見えてくることがあります。

それでも彼のことを愛することを強く心に決め、不倫相手の心の変化や環境の変化による不満も全て受け入れましょう。

二人で幸せになるためには、調子がいい時ばかりを見ていてはいけません。

状況が悪い時、機嫌が悪い時でもともに乗り越えることが大事なのです

既婚女性がダブル不倫(W不倫)している浮気相手と略奪婚し100%幸せになる為の極意

今夫と比べない

ダブル不倫をしている浮気相手と略奪婚する時には、今の結婚生活と比較するようなことがあってはいけません。

今の夫と比べられることほど浮気相手にとって嫌なことはないのです。

同時にW不倫の浮気相手の妻と自分を比べることもするべきではありません。

不倫恋愛をしている間は、見えなかったことも略奪愛から結婚をすれば夫という立場へと変わり、見えてくるものも違ってきます。

夫となればついつい今の夫の姿を思い出す時も出てくるものです。

しかしそれを言葉に出してしまえば、あっという間に浮気相手との結婚生活にもヒビが入ってしまいます。

W不倫で浮気相手の彼と結婚しても、新しい家庭は今の家庭とは全く別物です。

今の夫のほうがいいと思えるようなことがあったとしても、決して伝えるべきではありません。

特に男性は誰かと比べられることを嫌がります。

男性のプライドを傷つけて、せっかく手に入れた幸せを壊してしまわないように頭の中で切り替えをしましょう。

逆に前の奥さんと比べられる発言を浮気相手の男性にされたとしても、感情的にならずやんわりと「私は私だからね」と別人であることを伝え丸くおさめる方法を見つけることが100%幸せになることができます。

前家族との交流のルールを決める

ダブル不倫で浮気相手の彼と結婚する時には、それぞれの家庭との交流という問題が必ずあります。

子供がいない場合は、あまりありませんがどちらかの家庭に子供がいれば面会日や養育費の支払いなど必ず決めてから離婚の成立となるはずです。

前の家庭からの略奪婚であれば、子供との交流は分かってはいることであっても好きな人の前の奥さんとの子供と会うことは苦しいことに変わりはありません。

同様に既婚女性の子供に会えないことも苦しいことだし、会うことを不倫相手に嫌がられることも苦しいことです。

浮気相手の彼と結婚し後悔しないために、前の家庭との交流のルールをきっちりと二人でも話し合って決めておくことが幸せになる極意となります。

分かっていることを気にしてしまう自分のことを嫌になってしまう人も多くいるのです。

お互いに気持ちのいい新しい家庭を築くためにも、前の家庭の事情も受け入れることが大切になります。

二人の幸せの形をしっかり話し合う

ダブル不倫をしていたカップルはお互いに異性として惹かれ合ったわけですが、その根底にはそれぞれの家庭にはない魅力を不倫相手に感じたからだとも言えます。

夫との家庭で何を求めていたのか、奥さんとの家庭で何を求めていたのか、不倫相手と結婚することでどんな家庭を二人で築き上げることができるのかということを包み隠さず話し合うことが大切です。

せっかく浮気相手の彼と結婚して新しいスタートを切るのですからお互いの理想の家庭に向かって進んでいくために話し合いの機会を作りましょう。

そこには女性として求められることの幸せも含まれます。

自分が幸せになるための要望を言葉し、浮気相手の気持ちをきちんと言葉で受け取ることで浮気相手の彼と二人で幸せになることが出来るのです。

二人の幸せの形をお互いに共有しておくことで、これからたくさんの困難が訪れても乗り越えることができるようになります。

大人の二人はしっかりと意見の出し合いをすることが100%幸せになる極意となるのです。

不倫相手と結婚するためにはどんな困難にも負けない気持ちが大切

不倫相手と結婚するためには、たくさんの困難が待ち構えていることがあります。

相手の奥さんから略奪愛をして結婚することであなた自身も彼とともに困難を背負う覚悟が必要です。

彼と結婚すると決めたときからあなた自身が「彼と必ず幸せになる」と強く心に決め彼の全てを受け入れることが後悔せず100%幸せになれることにつながります。

例え不倫相手と奥さんとの離婚でトラブルがあったり、既婚女性が夫との離婚で大きな代償を背負ったりすることになったとしても二人で乗り越える勇気と決意を持つことで略奪婚であっても、これからの二人の結婚生活は幸せになるのです。

不倫相手と結婚したいと思った時には、しっかり今の家庭のことも頭に入れて二人ならではの幸せを求めることで未来へと進むことができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG