不倫相手と連絡をやめるだけで確実に不倫相手のほうから連絡がくる極意

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

ようやくつかんだ既婚者との不倫恋愛だけど、なんだか不倫相手からの連絡が減ってきて不安で仕方がない人も多いといいます。

不倫という関係上、あんまりしつこく問い詰めてしまうことは余計相手を苦しめてしまい、破局を迎えてしまう可能性が高まってしまうためNGです。

あなたが連絡を多く入れすぎている場合、そこには男性の変化のサインや何か連絡を減らしたくなるような理由が隠れていることがあります。

それでもやっぱり連絡が減ってくることを食い止めたいと思っている人のために不倫相手に連絡をしすぎることで男性に起こる変化や連絡が少なくなる理由、きっかけを詳しくお伝えします。

あなたが不倫相手と連絡をやめるだけでメールやLINEが彼の方からくることもあるのです。

その理由や、確実に不倫相手の方から連絡がくる秘伝の極意の流れ、またあなたがどうしても彼への連絡を我慢できなさそうな時の気持ちのコントロール術を詳しくご紹介します。

不倫相手に連絡をしすぎる事で男性に起こる変化って?

連絡が入ってきたことをすぐに確認しない


秘密の関係が始まったばかりの頃はお互いにこっそりと連絡を取り合うことが嬉しくもあり、頻繁にやりとりをしあうものです。

しかし、不倫関係にも少し慣れてくると既婚男性はあまりに頻繁に連絡が入ってくることに対して疎ましく思い始めます。

秘密の甘い恋愛関係のはずが、報告・相談・連絡を義務付けられた仕事のようになってしまい自分の心に恋愛を楽しむゆとりがなくなるのです。

頻繁に連絡を入れてしまう女性は「何してるの?」「誰といるの?」「何時に終わるの?」など、まるで世話を焼きすぎてしまう母親のような女性もいます。

甘い恋愛をしているつもりが、いつのまにか母親と思春期の少年のような関係になってしまっていて、男性は過保護な母親のような浮気女性に心の中で反発するようになるのです。

連絡が入ってもすぐに見ることはせず、気にしないふりを続けることで距離を取ろうと図ります。

「自分の時間を邪魔されたくない」という思いが、スマホを確認しないという動作につながっているのです。

一緒にいない時間まで過干渉されることを男性はひどく嫌います。

放置していてもあまりにも頻繁に連絡が入ってくるようであれば、スマートフォンの電源を切ってしまうこともあるのです。

わざと断ち切った連絡手段でも「電源が切れていた」と言ってしまえばそれ以上追求されることがないので、あまりにも連絡が取れない時には彼はそんな対応をしていると考えられます。

不倫相手からの連絡をサイレントにする


電話やメール、LINEが入ってきた時には誰しも音かバイブレーションですぐにわかるようにしている人がほとんどです。

しかし、あまりにも浮気相手からの連絡が多くそのどれもが「どうでもいい」と感じるような内容であれば、送られてくる不倫相手からすればうんざりしてしまいます。

「これは返信が必要?」と思えるような、ランチの写真が送られてきたり「これから出かけてきます」とプチ報告が頻回にあったりすれば男性としては「お好きにどうぞ」と思ってしまって当然なのです。

連絡を頻繁に入れる女性はつい共感を求めてしまうメッセージを送ってしまいますが、男性の脳には「共感してほしい」という考えは通用しないと覚えておきます。

不倫相手から見て、返信が必要と思えない内容が続くと不倫相手は一つ一つに返信をしなくなり、連続して鳴り止まないお知らせ機能も邪魔に思えてくるため浮気女性からの連絡のみサイレントモードに切り替えてしまうのです。

そうすれば、いちいち反応する手間がなくなり空き時間に一気に見て必要な部分のみ返信をするようになります。

疑問文にしか返信がない、一日に一回まとめてしか返信がないなど心当たりがある女性は男性側がそんな対応を行っていることが、極端な返信数の減少の背景にはあるのです。

不倫相手から返事が来なくなった浮気女性からは「なんで返事をくれないの?」「これ見たらメッセージください」などの催促のメッセージも増えているはずなので、それでは不倫相手も余計に嫌になってしまいます。

連絡はお互いが幸せになるようなやりとりにしておくことが恋愛においては大切です。

飲み会などの予定を詰め込む


浮気相手からの連絡が減ってきた、LINEをしても既読スルーされる場合はとにかくあなたからの連絡に対して反応をしたくないという意思表示です。

あまりに多くなっている浮気女性からの連絡に、返信することも電話でやりとりをすることも嫌になっている状態になっています。

すでに浮気相手の存在が重たく感じており、別れを考えている場合もあるのです。

そんな不倫相手はあなたからの連絡を受け流していても平気なように、ほかの予定を詰め込んでいきます。

仕事終わりにすぐ同僚や友人と飲み会に行くなど「連絡出来なかった」「スマホを見ていなかった」と言い訳ができる状況をあらかじめ作っているのです。

すでに不倫相手はストレスが極度に高まっている状態に有り、ストレス発散のためにも誰かと一緒にいることを望みます。

誰にも言えない関係の彼女に対するストレスだからこそ、お酒の力で忘れようとするのです。

男性は自由を奪われることを嫌います。

いつも見られているかのような連絡の頻度に、彼はいつも浮気女性がそばにいるような気分になっているのです。

自分の時間を楽しみたい、との心理から飲み会などに明け暮れる行動へとなっていきます。

これは、浮気女性と距離を置きたいという意味を含んでいますので「今日は飲み会だから返事できない」とLINEが来たらそれは「今日はもう連絡してこないでね」と解釈すべきです。

不機嫌になる


もともとメッセージの返信が少ない男性であれば問題ありませんが、最初はよく電話やメッセージをくれていたのに少なくなってきた、という男性の場合は浮気女性との距離を取ろうとしているサインです。

デートで会った時にも浮気女性との距離感を取ろうと態度に出てしまいます。

男性は言葉で女性を傷つけることを嫌いますので、直接「あんまりメールしてこないで」とは言いにくいものですが、自然と不機嫌な態度として気持ちが出てしまうのです。

取り繕うことが苦手な男性ですので、不機嫌の原因がどこにあるのか浮気をしている女性は一度しっかり考えてみます。

仕事で疲れていたり、家庭がうまくいっていなかったりと原因は様々かもしれませんが浮気相手の女性が連絡を入れすぎていることが原因とはなかなか気がつかないものです。

また、たくさん入れている連絡の中に男性の話題がなかったか見直してみることも必要になります。

もしかしたら、頻繁に同じ男性の話題が出てきていることに腹を立てている可能性もあるのです。

浮気女性は仕事の上司の話題や友人の話題を聞いて欲しくて男性の名前を入れているだけだとしても、不倫関係にある既婚男性からすれば他の男性の名前は聞きたくありません。

男性は不機嫌になる理由を明かさないことが多いですが、もしかすると浮気女性に対するヤキモチから不機嫌な態度をとっていることもあるので、気をつけるべきです。

不倫相手から連絡の頻度が少なくなる理由やきっかけ

連絡を返す時間がもったいない


思いが通じ合った男女はお互いに会えない時間を埋めるように連絡を取り合うことで二人にとっての空白の時間を埋めようとします。

しかし、その連絡があまりにも頻繁になってくると一つ一つ丁寧に返信をしていく作業がだんだんと苦痛になってくるものです。

「おはよう」と「おやすみ」の連絡は絶対に送らなければいけない、などルールになってくると愛の証であるメールもさすがに業務的な行動に変わってきます。

二人で話し合って決めたわけではないけれど、毎日連絡を取り合ううちにルール化してしまうことはよくあることです。

行動を随時報告しなければいけない、などの暗黙のルールはただの業務命令のように変化し「なぜこんなにたくさんのことを報告しなければいけないのか?」という疑問が生まれます。

一つ一つの連絡に丁寧に返信していた自分が急にバカらしくなってしまい、全てのメールに返信していく作業にかける時間がもったいないと感じてくるのです。

「なぜこんなに逐一連絡をチェックして返信しなければいけないのだろうか?」と思うと同時に「楽しい不倫関係をしていたいのにこれでは業務の一環だ」と不倫恋愛している浮気女性との関係自体を楽しめなくなってしまいます。

「そんなに返信に時間を費やすくらいなら自分の時間を楽しんだほうがいい」と連絡を返すこと以外のことに時間を使うようになっていくのです。

束縛されている感じがする


恋愛中の男性は束縛されることを嫌う人がほとんどです。

不倫恋愛は堂々と会ったり人に紹介したりすることがない分“束縛”というワードには縁がなさそうな気もしますが、実は二人だけで過ごす時間が限られている分不倫相手を束縛する気持ちが強くなることがあります。

二人でいる時間だけの束縛であれば、通常の恋愛と変わらず可愛らしいものとなるかもしれませんが一緒に過ごしている時間以外にもずっと一緒にいるような感覚を受けたり監視されている感じを受けたりすることは不倫相手にとって”束縛”されている感じを強く受けるのです。

不倫関係にある相手から”束縛”されるということは、男性にとってとても窮屈で苦痛になってしまいます。

頻繁に入り続ける連絡は、常に一緒に行動しているような気持ちになるのです。

不倫恋愛は会う時間を作ることも難しい場合もあり、ずいぶん久しぶりにデートをすることになるとその間逢いたくて浮気相手の女性は頻繁に「会いたいよ」「離れていても感じていたい」と連絡をし続けます。

しかし、それが逆効果となり久しぶりに会った時の感動も薄れてしまい、ついさっきまでも一緒にいたような感覚になるためせっかくのデートも不完全燃焼で終わってしまうのです。

不完全燃焼のデートは逢いたくて仕方が無かった浮気女性にとっては、とても残念な時間を過ごすことになり再び会えない時間に連絡を入れまくるという悪循環に入ってしまいます。

妻にバレそうで怖い


不倫相手にとって一番のリスクは妻に不倫がバレてしまうことです。

浮気相手との将来を真剣に考えている本気の愛情を持っていれば「いつかは妻にも話す時が来る」と覚悟をしている男性もいますが、そこに至るまでに決意は相当なものとなります。

多くの不倫関係は妻にも周囲にも知られることなく、二人の不倫恋愛を続けていきたいと考えているのです。

そんな男性心理をよそに、浮気女性から1時間起きのLINEに毎日の電話とくればふたりの関係がバレてしまうリスクがかなり高まってしまいます。

しょっちゅうスマートフォンを片手に連絡を取り合っている旦那を怪しいと思わない妻はいないのです。

女の勘が鋭いことは浮気女性もよく知っているはずですが、恋愛に夢中の女性は周囲の何も見えなくなってしまいます。

自分自身は気をつけていても、離れている場所で自分が原因で不倫相手の周囲にふたりの関係が知られてしまうことなど考えつきもしないのです。

毎日妻の勘の良さにヒヤヒヤしながら、連絡の証拠を残さないように何度消しても次々に入ってくる連絡は恐怖へと変わってしまいます。

自分のことを考えてくれていない思いやりのない浮気女性の行動に腹が立っているのです。

妻にバレないようにすることは不倫関係をする最低限の暗黙のルールですので、約束を破られたような気分になります。

連続して連絡が入っていて返信を強要された


連絡を頻繁に入れてくる浮気女性はとにかく不倫相手のことが大好きで仕方がありません。

自分自身が常に不倫相手と繋がっていることを感じていたいがために、ついつい目の前の出来事や嬉しかったこと、思いついたことをなんでも不倫相手にメッセージとして送ってしまいます。

そして、愛してやまない不倫相手に相手をして欲しいと願っているため、いつでも彼からの返事を待っているのです。

不倫相手には着信履歴が溜まり、LINEを開けばなんでもない内容のメッセージが連なっています。

彼からの返信が欲しい浮気女性は「これを見たら必ずメッセージください」「何しているの?早く返信下さい」「必ず電話すること」など連絡を強要するメッセージも頻繁に入れてしまうのです。

お互い好きで付き合い始めた不倫恋愛ですが、連絡を強要されると男性はとたんに付き合いが苦しくなります。

最初は「俺からの連絡を待っているなんて可愛いなあ」と返事をしていても、毎回返信を強要されることが続くと返信することが嫌になるものです。

不倫相手は「彼女のことは好きだけど、彼女の行動が重い」と思うことにもなります。

返事を強要されることは、愛情ではなく義務に変わってしまい恋愛ではなくなってしまうのです。

楽しい恋愛をするためには、不倫相手のことを思いやる気持ちを大切にします。

不倫相手と連絡をやめるとメールやline(ライン)が彼の方からくる理由

何かあったのか心配になる


頻繁に連絡が入ってくる浮気女性は不倫相手にとってはとても重いと感じますが、ふいに連絡が入ってこなくなると不倫相手は急に心配になってきます。

「浮気相手の女性の身に何かあったのではないか」「思いつめてしまったのではないか」「事故にでもあってしまったのではないか」憶測は様々な方向に広がり、不倫相手の男性はいてもたってもいられなくなるのです。

あんなにうんざりしていたスマートフォンを片手にソワソワしはじめます。

誰かに様子を聞くことも出来ない秘密の関係で、浮気相手の彼女のことを知るすべは連絡をとることだけだと身にしみて感じることになるのです。

もし浮気女性の身に何かあったとしても、不倫相手には外部から連絡が入るはずがありません。

二人が繋がるためには連絡を取り合っていたスマートフォン一本だということを知るのです。

このとき、連絡を入れることを辞める前に「旅行に行ってきます」や「しばらく連絡するのをやめておきます」など前置きをしてしまうと、何の不安もなく心境の変化もないまま連絡がない日々を過ごしてしまうので意味がありません。

むしろ「少し静かになってよかった」と思われて終わりになってしまうのです。

何かあったのか心配になって連絡を取る手段がひとつしかないと知った不倫相手はすぐさま浮気相手の女性に連絡を入れようとします。

身を案じた不倫相手の心は一気に浮気女性へと寄り添いはじめるのです。

追われるより追いかけたい


元々男性は狩猟民族で、獲物を狩ることを生業として生きてきました。

それは時代が変わっても本能として男性の中で残っており、「自分のものにするために追いかける」ということを好んで行動するのです。

恋愛においても同じで「自分のものにしたい」という本能から女性を振り向かせる努力をすることも少なくありません。

不倫恋愛をしている既婚男性は、恋愛を経て結婚した妻との間に「追いかける努力」というものが必要なくなります。

そのため、不倫という新たな恋愛の形でハンティングをしたくなるのです。

しかし、不倫恋愛が始まり浮気女性からの連絡がしょっちゅう入ってくる関係になってしまえば、たちまち男性は「追われる立場」となってしまいます。

追われる立場の男性は、燃え上がる恋心も小さくなってしまうのです。

追われる身であればあるほど、男性は逃げたくなってしまいます。

狩猟で言えば、追われている状態は命の危険にさらされている状態です。

不倫恋愛で追われている既婚男性は、何とも言えない恐怖心が顔を出してくるのです。

連絡の頻度が増えるだけで、立場は一転してしまい逃げ出したくなる状態へと変化してしまうのです。

男性は恋愛においていつでも追われるより追う立場でいたほうが、心地いいものなのだと言えます。

しょっちゅう連絡が入って追われる立場だった男性は、急に浮気相手から連絡が来なくなると追う立場へと変わり再び、恋心も燃え上がってくるのです。

放置されたようで寂しい


男性は、他人との距離感を一定距離とっておきたくなるものです。

恋愛においても、近すぎると衝突し遠すぎると別空間にいるような感じがします。

今まで暇さえあれば連絡が入ってきていた浮気相手の心の距離感は、とても近すぎると感じていたのです。

あまりに近いと感じる距離感は、少し距離をとるために離れたくなる心理が働きます。

しかし、急に浮気相手からの連絡が途絶えてしまうと今度は一定の距離まで戻そうと近づきたくなるものなのです。

突然訪れた、突き放すような距離感は、今までかまってばかりだった幼児が急に巣立ってしまったような孤独感を感じてしまいます。

「自分は放置されている」と感じることでとてもさみしい気持ちになるのです。

人は一人では生きていけない、と言われるように心の孤独感が最も辛いものでもあります。

放置されているかのような浮気相手の急変ぶりに、不倫相手の心はついていけず慌てて追いかけようとするのです。

「一人にしないでくれ」「おいていかないでくれ」と不安が大きくなってきてしまいます。

多くの男性は、心にある本当のさみしさは隠して生きているのです。

男性が寂しいと口に出すことは格好が悪いことだと思っています。

あまりに近づいてくる浮気相手には、少し距離をとって欲しいけれど放置されることは寂しいと感じるのです。

急に連絡がなくなることは、不倫相手にとって寂しいことといえます。

反省したと感じる


毎日毎日連絡が入ってきていると、不倫相手は既に何度かは浮気相手に対して注意をしてきているはずです。

何も言わずに不満だけ募らせている不倫相手もいますが、浮気女性のことを好きだという気持ちがあれば少なからず口頭での注意を一度は試みます。

浮気女性が不倫相手のことを好きすぎるために連絡を入れすぎているときは、浮気女性の心に全く響かず注意自体もうやむやに忘れられることもあるのです。

しかしそんなやりとりが一度でもあれば、男性の頭の中には「連絡が多すぎると伝えた」と記憶に残っています。

そして浮気相手の女性からの連絡がなくなったときにまず不倫相手の頭には「反省してくれたのかな」という言葉が浮かぶのです。

自分が伝えたことを素直に行動に移す女性を愛しいと想うため、愛情が深まります。

たとえそれが「連絡が多すぎる」と話をされてから時間が経っていたとしても、あまり影響することはなく「時間はかかったけれどわかってくれた」と捉えられるのです。

反省したと思ってもらえるということは、二人の不倫関係を続けることは可能となります。

相手を思いやる気持ちが、恋愛においては一番重要な部分ですので男性から浮気相手の行動に対して要望があった場合には素直に聞いておいたほうが賢明です。

確実に不倫相手の方から連絡がくる極意の流れ

「待ってます」と入れたあとは送らない


不倫関係において、愛が深いがゆえに起きることであっても連絡を頻繁に入れすぎてしまうという行為は不倫相手を遠ざけてしまう行動です。

浮気している女性からの連絡を入れすぎないようにしようと思っても、全部伝えたいことである浮気女性本人には、減らしていく連絡の線引きがわかりません。

全部聞いて欲しいし、全部返事が欲しい、と願うことは当然の気持ちです。

しかし、自分の中の一定のルールを決めてしまうとうまくいきます。

伝えたいことはたくさんあるけれど、一回の連絡につき題材を一つ決めておくのです。

そして、伝えたいことや意見を求めたいことを簡単に頭の中でまとめます。

頭の中でまとめた文章をさらにわかりやすく簡潔にメッセージに落とし込むのです。

そして最後には意見を聞きたいことを添えるなどして最後に「お返事待ってます」と入れておきます。

そして、そのあとは別件であっても一切メッセージを送らないことがポイントです。

最後の一文の前に「お時間ある時でいいので」と付け加えるとより謙虚な姿勢を表すことができ、受け取った不倫相手もプレッシャーを感じることがありません。

プレッシャーを感じることのない文章は、返信もしやすくなる上送られてきているメッセージも内容が一つなので返す内容も分かりやすいので確実に返信が来るのです。

体を気遣うメールで終わる


頻繁に連絡を入れていた浮気女性はまずは一日の連絡上限を決めることから始めるのです。

本当なら周囲に知られてはいけない恋人関係ですので、毎日連絡を取り合うこともリスクが高い行為といえます。

どうしても連絡をしたい女性は一日多くても3回まで、というところが不倫関係にはベストです。

2~3日に1日いくらのペースでもいいくらいと言えます。

メッセージや電話の内容はどんなものでも最後は不倫相手の体を気遣って終わると浮気女性に対しての印象がとてもいいものになるのです。

どんな関係においても女性が男性に対して優しい態度を取ることは、男性にとって非常に嬉しいものといえます。

不倫関係における男女にはお互いを思いやる優しさが、より愛情を深めてくれるのです。

「無理しないでね」「休憩しながら頑張ってね」「倒れたら私、心配するよ」など押し付けがましくなく彼の体を労う言葉を伝えると優しさが上手に伝わります。

いつも応援してくれていると感じることの出来る労いは、男性の励みとなり不倫相手のほうから連絡を入れたくなる相手へとなるのです。

いつだって男性は自分のことを労って褒めてくれる女性のことを大切にします。

自分から愛情を押し付けるのではなく、愛される女性になるためには男性をサポートする気持ちを育てることです。

話したいことを会った時まで取っておく


不倫相手に連絡をしょっちゅう入れてしまう女性には「何でも話したい!」「何でも伝えたい!」という心理が働いています。

自分が見て嬉しかったことや楽しかったこと、今度二人で行ってみたい場所など思いついたことを全て伝えたいという状態になっているのです。

そして、大好きな不倫相手のことを「いつも感じていたい」「何をしているのか知りたい」という少なからず束縛心が働いていることに気がついていないことがあります。

全て随時という考え方をここでは改めていくのです。

話したいこと、伝えたいこと、聞きたいこと全て不倫相手と共有していきます。

ただし、それは電話やメールではなく直接会ったときに会話として目を見て伝えるのです。

男性はそもそも自分の話を根掘り葉掘り聞かれることを嫌いますし、ずっとしゃべることが得意でない人も多くいます。

浮気女性が伝えたいこと、話したいことをしゃべっている間、男性は聞き役に回ってもらうのです。

話を聞くばかりでは男性もたいくつになってしまうので、時折不倫相手に聞きたいことを質問として投げかけ男性側にしゃべってもらう時間をつくります。

そうして二人でいる時間をより濃密に過ごしていくことができるのです。

連絡はしない方が良いとわかってるけどメールやline(ライン)をしちゃいそうな時の気持ちのコントロール術

楽しみを見つける


不倫相手に連絡をしたい!けどダメだと分かっているから我慢、と繰り返している女性の頭の中は不倫相手でいっぱいです。

恋する女性は誰しも好きな人で頭がいっぱいになります。

しかし、せっかくつかんだ不倫恋愛というチャンスで好きな人に嫌われたくなければ嫌われるような行動をやめるべきです。

浮気相手の頭いっぱいに広がる不倫相手の姿を他の事で埋めることで割合を少し減らしていきます。

世の中には楽しいことがいっぱいあるのです。

たとえ、「彼の存在以外に私の楽しみなんてない!」と思えたとしても必ず楽しいことは見つかります。

趣味を見つけたり、友人と遊びに出かけたりして気分転換を上手に取り入れていくことです。

恋愛というものは頭の中を全て塗り替えられて中毒になってしまいます。

一人で頭の中の不倫相手と会話をしているからこそ、連絡をしたくてたまらなくなってしまうのです。

自分の心のゆとりを広げることが二人の愛情を深めることに繋がっていきます。

他の人と過ごしても彼のことを考えてしまう場合には、彼とのデートの幅を広げるために一人で色んなデートスポットに下見に行くことも楽しみの一つにすることが出来るのです。

彼と過ごす時間の楽しみを一人でいるときに広げていくと、不倫相手に連絡をしなくても十分に幸せな時間を過ごすことができます。

アロマでリラックス


不倫相手にメールやLINEをしたくてたまらない状態というのは、心も体も緊張状態になってしまっています。

緊張状態というのはストレスがかかっている状態と同じなので、とても苦しいものです。

その苦しさから逃れるために、不倫相手にメールを入れてストレスから解放されようとしています。

人間はストレスがかかっていると、判断が鈍ってしまうため相手の迷惑も考える余裕がなくなり過度な連絡魔となってしまうのです。

連絡をしすぎてしまうことは、あなたのせいではありません。

不倫相手が素敵すぎるから仕方ないのです。

しかし、大好きな不倫相手に迷惑がかからないよう自分のコントロールで緊張状態を解き放ってしまうことで彼とより愛し合うことが可能になります。

お部屋にアロマセットを準備し、ゆったりとした服装になるなどリラックスできる準備を整えるのです。

お風呂にアロマオイルを数滴垂らすこともとても心地いい気分になります。

アロマの香りはあなたの好きな香りで大丈夫です。

特にラベンダーやサンダルウッドの香りはとても心を落ち着かせてくれます。

アロマでリラックス状態を作ることで、不倫相手にとって丁度いい距離感も感じ取ることが出来、上手にメール頻度を減らすことが出来るのです。

心を落ち着かせるアロマオイルは睡眠不足解消にもいいので、不倫相手のことを考えすぎて眠れない日々をすごすよりもしっかり眠りを取って女性性を上げていく事ができます。

彼との時間を妄想する


この方法は代表的な一人遊びと言われるものです。

しかし、一番平和的解決できる方法であり誰にも迷惑をかけることがないのでお奨めします。

人は頭の中では何をしても周囲に知られることはないので、一番近くて便利なところに自由な世界が広がっているのです。

どうしても不倫相手にメールやLINEを入れてしまいそうになったら、一人遊びで彼とラブラブな時間を過ごすことで幸せになれます。

デートの場所、デートの服装、デートの時間、デートの約束からの流れを細かく設定し擬似デートを楽しむのです。

会話の一つ一つ、手を繋いでキスをして、というあなたのしたいことを全て詰め込んだデートを想像します。

不思議なことに、この妄想デートは何回やっても毎回違ったシチュエーションで行うことが出来、毎回幸せなデートをすることが出来るのです。

しかも、頭の中で彼と幸せなデートをすることによりそんな幸せなデートを現実にも引き起こすことが出来る不思議な力を持っています。

この妄想デートをするときには実は一つだけ気をつける点があるのです。

頭の中で彼と過ごす時間は、何をやってもどこに行っても自由なのですが、この彼と過ごす時間は頭の中の出来事であり周囲に知られることはありません。

そのため一人でニヤニヤして独り言を言ってしまう危険性があるので、一人きりで部屋にいるとときにしないと周囲に不審者として見られてしまうので注意が必要です。

話したいリストを書き出す


頻繁に連絡をしてしまうときには、頭の中で思いついたこと全てをメールやLINEにのせています。

しかしそれでは受け取り手は何を言いたいのか分からないことがよくあるのです。

特にこれといって重要な伝えたいことがない些細な話でも、聞いてほしい点や共感して欲しいポイントが隠れています。

どうしても連絡をしたくなったときには、メールを入れようとした内容を一度紙に書き起こしてみると自分でも客観的に見やすくなるのです。

自分で書いたものを見てみても「何が言いたいのかわからない」と思うような内容であれば気持ちも落ち着きメールをしなくて済むことがあります。

書き出してみて「このことは伝えたい」と思う内容であれば、次に「緊急を要する内容か?」という視点で見てみることです。

すると、大半は緊急でない場合が多いことがわかります。

緊急を要さないけれど話したい内容は、あったときにゆっくり話すこととしてリストアップしておくのです。

例えば共通の知り合いの「○○さんが今事故にあった!」や「風邪を引いて動けないほどしんどいけど、頼れる人が誰もいないから助けて欲しい」などの、誰が見ても緊急の場合は紙に書き起こすことなくメールやLINEしてもいい部類の内容となります。

しかし、緊急事態を除く内容であれば紙に書き出して話を選別すること、話したいことは会ったときに話すこととしてリストアップする、というステップで行き過ぎた連絡の頻度を減らすことが出来るのです。

連絡をしないことで育む愛情


不倫という二人だけの親密度がより高まる恋愛関係だからこそ、愛情表現が過剰になりすぎてしまうことがあります。

しかし、それも不倫相手を愛するがゆえに起きてしまう失敗です。

愛情表現の基本は「相手を思いやる気持ち」という基本を忘れなければ、不倫相手にとって迷惑になるほどの行為は避けられます。

メールやLINEを入れすぎてしまうという自覚がある女性や、不倫相手から注意をされたことがある女性は今一度彼への愛情とゆっくり向き合ってみましょう。

自分がしていることが自己満足ではないか?何をすることが彼に喜んでもらえることなのか?を見つけることが出来れば、不倫相手からの連絡が減ってしまうような過剰な連絡頻度にはならないはずです。

もし、今不倫相手からの返信が減ってきてしまったと感じていても彼のほうから連絡がくる方法を試すことで、もう一度愛を育てていくことができます。

パートナーがいてもあなたと不倫恋愛をすることを選んでくれた彼なら、きっとあなたの気持ちもわかってくれるはずですよ。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG