不倫がバレない連絡アプリを徹底紹介!浮気が絶対にバレない証拠隠滅方法も伝授!

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

不倫相手との愛の囁きに使っているLINE(ライン)やメールが、実はとても浮気がバレやすいものだと知っていますか?

不倫をしている時の連絡手段から浮気がバレてしまうことは、非常によくあるパターンなのです。

何気なく使っていたアプリが超危険なんて、ドキドキしてくる人も多いはず。

そんな方のために今回は不倫がバレない連絡アプリやSNSを徹底紹介します。

二人でラブラブな時間を長く続けるために、浮気がバレないための証拠隠滅方法もあわせてお伝えしましょう。

こちらのアプリやSNSを参考に、細心の注意を払って愛を育んでいってくださいね。

LINEや普通のメールを不倫や浮気で使うのは超危険!その理由とは?

インターネット回線で他の媒体からメッセージの中身を見ることができる

今や最もポピュラーなアプリであるLINEは、多くの人がスマートフォンを使ってアプリを活用しています。

しかし、このアプリは電話番号とパスワードさえ知っている人であればパソコンからも同じアカウントに入ることができるものです。

そのため、夫婦間でパスワードを認識していたり、パスワードをいくつかパターン化していたりする夫のことをよく知っている奥さんであれば、比較的簡単に中身を覗くことができます。

例えば、パソコンから同じアカウントのLINEに入った場合、スマホのLINEに「PCでLINEにログインしました」というメッセージが来るので、すぐに第三者に見られたことを知る事はできるはずです。

しかし、奥さんがパソコンを使ってログインしたということは、既に疑いを持っているという証拠になります。

そして、恋人とのラブラブメッセージを見て、妻は不倫の証拠を掴むことができるのです。

つまり、夫が「しまった!」と思ったときには、“時既に遅し”という状況になってしまい不倫は妻にバレてしまっています。

メインとなった連絡手段だからこそ浮気を疑われやすい

ラインも普通のメールも今や年配も子供も、幅広い年代で活用されているコミュニケーションアプリです。

そのため、メッセージをやり取りしているものは、周囲の人もほとんどはLINEだと思います。

そのため、奥さんも夫がメッセージのやりとりをしている頻度を見ることで、相手との心の距離感を知ることができるのです。

ラインもメールも、メッセージが届いてから返信をするまでの動作が簡単なので、気軽に返信しやすいものになっています。

その分、心の距離が近い人とはレスポンスの頻度が多く、自然に早い段階でメッセージを見ようとしてしまうものです。

そのため、不倫をしている夫がスマホを見ている時間は急激に増え、同じ家で生活をしている奥さんはすぐに「怪しい」と感じます。

特に夫婦間でラインのやりとりがほとんどない場合、夫がラインの着信を次々鳴らしていると、不自然でしかなく、奥さんとしては「この返し方は女だな」と、同性が相手だとすぐにわかってしまうのです。

完全に証拠を消すことが難しい

LINEは完全に浮気の証拠を消すことが難しいアプリです。

不倫相手とのトークを隠そうと思って“非表示”をしても、一時的に隠すだけでトーク相手を検索すると、今までのトークを全て見ることができます。

好きな人とのやりとりを削除してしまうのは、相手の女性にも申し訳ない気持ちにもなるため、なかなか勇気が出ないものです。

また、友達リストをじっくり見てみることで、すぐにどの人が奥さんの知らない人か分かります。

一人一人トークを覗いていくと、浮気の証拠メッセージにヒットするものです。

友達からブロックしてしまうと、再び登録しなおす必要があるため、いつでも連絡を取りたい既婚者の男の人はそこまでしようと考えていません。

また、トーク相手の名前を変更することも出来るのですが、男の人はそこまで機能を知らない人もおり、本人が設定した名前のままトークをしていることがほとんどです。

愛人の名前と写真がそのまま、LINEのトーク画面に表れるため、不倫だとバレてしまう危険が高くなります。

待受画面でメッセージがすぐ見ることができる

男の人は、アプリをインストールして活用していても、アプリ内の機能において、細かい設定まで行っている人はごくわずかです。

そのため、よくあるパターンのままメッセージのやり取りをしています。

LINEアプリの場合、表示設定を変えることができ、メッセージが届いた時に待受画面にメッセージ内容が表示されないようにすることができるのです。

しかし、何も知らずにいると浮気相手の女の子からlineが届いた時に、待受画面のまま内容を見ることができます。

そのため、家にいる間は常に不倫がバレるリスクが伴うという訳です。

お風呂に入っているとき、寝ているときに着信音がなって、奥さんがふと目をやると浮気相手からのメッセージだった、という場面はよくあるパターンといえます。

奥さんが完璧に操作できる

メッセージアプリは誰でも簡単に使うことができ、今では老若男女が操作できるものです。

しかし、やはりコミュニケーション能力の高い女性の方が、友人や仕事、また子供関係の連絡などでlineのやりとりをすることは多く、使い方をマスターしています。

何をすれば非表示リストを見ることができるのか、どんな操作で相手をブロックすることができるのか、友達リストの確認方法も知っており、完璧に操作できることから“友達かも知れないリスト”にどんな人がいるのかチェックしようという気持ちが芽生えることもあるのです。

勝手を知っているものほど、細かい情報を得ることができるため、奥さんがスマホのline内で旦那の浮気証拠をみつけようと思うことは容易いことになります。

旦那が知らない間に、触れた証拠も残さず奥さんが毎晩チェックしている可能性があるのです。

隠そうと思っている既婚者の男性よりも、奥さんの方が完璧な操作をできるのであれば弁解の余地がありません。

使う絵文字やスタンプが増えいつもと違うと勘付かれる

現在のメッセージ機能では、絵文字やスタンプといったもので感情を表現しやすくなっています。

メールの中の絵文字もかなりの数となっており、LINEのスタンプはコインを使うことで様々なスタンプを購入することができるものです。

夫婦間でメッセージをやりとりしている場合、この絵文字やスタンプに変化が訪れてきます。

浮気相手の彼女の影響で、夫の絵文字やスタンプの種類が増え、今までそっけない文章だけだったのに、うっかり奥さんにまでカワイイスタンプを送る習慣がついてしまうということがあるのです。

男性が絵文字やスタンプを使う時には、おどけている感じを出したい時だったり、嬉しい表現を使いたいときだったりと基本的にはポジティブな場面で活用します。

奥さんとのメッセージでいきなり全開の笑顔の絵文字が送られてきたら「あれ?なんでこんなにテンション高いの?」「しかも絵文字の使い方が慣れている」と感じた瞬間から浮気を疑われることになるものなのです。

間違いメッセージを送りやすい

メールやLINEはどちらも間違いメッセージを送りやすいというあるあるの失敗があります。

メールは一見堅い印象を受ける受信メッセージボックスで、文字がたくさん並んでいると、送信先を間違えてしまうというのは、昔からよくある失敗です。

また、LINEはアイコンが増えたことにより、誤送信はずいぶん減っているかのようですが、同時進行で複数の人と会話をしやすいという特徴があるため、彼女と奥さんの両方を同時進行で会話をしている場合、うっかり送信先を間違ってしまうということになってしまいます。

彼女とのデートの約束をLINEでしているときに、同時に奥さんに「今日は職場の人とご飯食べて帰るから」とやりとりをしているとすると、そのまま続けて奥さんに対して浮気相手に送るはずだった「今日はキミを食べちゃうぞ」などと送信してしまった場合、背筋が凍る思いをすることになるはずです。

浮気がバレそうな時にトークを消しても次のメッセージがくる

不倫をしている既婚男性には、浮気がバレそうなピンチな時というのが一度や二度訪れるものです。

奥さんに「浮気しているんじゃないでしょうね!?」と問い詰められ、全てのトークを消している状態で「ほら、誰とも怪しいメールなんかない」と見せている最中に次のメッセージが来てしまうことがあります。

LINEの場合、トークを消しても相手に削除したことは伝わらないので、女性からすれば通常通りに会話が続いていると思ってしまうものなのです。

よくやりとりをしている人ほど、浮気相手の女の子からのメッセージは多く、男性がいくら気をつけていたとしても、メッセージがくるタイミングが最悪の場合というのは訪れるようになります。

また、メッセージを消していてもトーク画面を開いただけでも、無言のトーク履歴に残ってしまうため、何かを送ろうとしていたという形跡だけは残ってしまうのです。

【スマホでこっそり!】無料でバレずに連絡できる不倫&浮気アプリ

WhatsApp

ワッツアップは、2016年に10億人のユーザー数を誇ったアプリです。

基本的にはLINEと変わらない使い方をすることができるので、使い勝手はいいアプリだといえます。

日本では認知度は低いアプリですが、アメリカでは主流で使われているものです。

LINE操作はほとんど同じなのに、微妙に違う点が不倫に使いやすいと言えます。

例えば、テキストメッセージを入力中には相手にオンラインであることが伝わるのです。

それによって、普段なかなか一緒にいる時間が取れない不倫カップルでも繋がっている感覚を強く持つことができます。

そして、スタンプ機能がないという点です。

LINEではスタンプ機能があり、追加購入してどんどん彼女との趣味に影響されていきがちな内容になってしまいますが、そもそもスタンプがなければその心配もありません。

彼女との間で「このアプリの時は、会話は業務的な文章で使おう」というルールを作っておけば、例え奥さんに怪しまれたとしても、仕事のやりとりだと言うことができます。

Kakao Talk

カカオトークは国内外問わず、どこでも気軽にメッセージを使うことができるアプリです。

テキストメッセージ、動画や写真、また連絡先などを送ることができます。

トーク画面が使いやすいとクチコミで人気のアプリなのです。

無料電話をすることも可能で、裏LINEとも呼ばれています。

実はこのカカオトーク、現在アジア圏においてLINEの次に使われているアプリです。

韓国企業であるカカオ社によって2010年からサービスが開始されています。

日本ではLINEについで2番目に利用率の高いチャットツールで、不倫相手との連絡専用で使っている人も多くいるのです。

また、出会い目的専用の掲示板もあり、カカオトークID専用で使うことができます。

この掲示板を使って不倫相手を見つけて恋愛をしているカップルもいるものです。

ポップアップ通知をオフし、パスワードをかけておけば開かれても中身を見られる心配がありません。

Viber

バイバーは楽天グループのアプリです。

2014年にキプロスのViber Mediaを買収した楽天ブランドは、日本でかなり信用の高い企業なので、国内認知度も高いアプリとなります。

世界では8億人以上のユーザーが存在し、LINEよりも多く活用されているアプリなのです。

無料電話機能もあるのですが、LINEと違う点は相手がViberのアプリをインストールしていなくても、Viber Outを通して低料金で電話をかけることができます。

電話回線を利用しているため、音質もクリアでとても話しやすいのです。

不倫相手と通話をすることが多いのであれば、Viberを使うことで無料通話ができ、ネット環境に左右されることなく電話をすることができます。

LINEに慣れている奥さんにとっては、不慣れなアプリである方が覗いて見ることに対して抵抗を感じるものです。

Telegram

テレグラムは何といっても機密性が高いメッセージを送ることに最適なアプリなのです。

秘密の恋である不倫では、トーク自体見られてはいけません。

メッセージが暗号化されて送られるので、例えハッキングにあったとしても内容を知ることはできないのです。

また、仮想通貨の情報収集にとても有効なツールなので、奥さんに怪しまれた時に「仮想通貨が…」と伝えることで、難しいことが苦手な女の人はたじたじになってしまいます。

「よく分からないけど、そのためのアプリなのね」と引き下がってくれ、浮気を疑われてもそこから深く掘り下げることはなくなるはずです。

また、仮想通貨情報を豊富に入手することができるので、その辺に強い既婚者の男性であれば、密かに恋人とのデート代を準備しておくこともできます。

堂々と不倫メッセージをしながら、仮想通貨で証拠が残りにくいお金を準備することができることで、ITに強い男性向け不倫アプリといえるものです。

Pairy

ペアリーは大人カップル専用アプリです。

二人で作るプロフィールは、一緒に楽しみながら作成することができます。

また、恋人と二人で使うことが想定されて作られているため、グループではなく一体一のコミュニケーションとして使うことが前提です。

二人だけの写真をアルバムに整理することもでき、デートで行きたいリストを作ることも可能になっています。

また、天気表示やカウントダウン、リマインドなど貴重なデートをより楽しみにすることができるカレンダーもワクワクするものです。

定番スポットや季節ごとのイベントなど、素敵なデートスポットリストが充実しているうえに、プレミアムパスという特別特典で、映画半額などのサービスがあります。

既婚者にとってはデートコストを下げることができる嬉しいサービスで、デート代に悩むことがありません。

スタンプが完全無料なので、二人ならではの会話を楽しむことができるのも楽しいアプリです。

Between

ビットウィーンはカップル専用アプリで、お互いにアプリをインストールする必要があります。

不倫カップルにオススメな機能は、共有カレンダーです。

お互いの予定を見ることが出来るので、家族の予定やフリーの日など、既婚者の彼が家族と一緒にいて連絡してはいけないときに、うっかりメッセージをして怪しまれるというリスクがなくなります。

家族と一緒にいる予定を予め知るということは、不倫相手としては心が痛むものではありますが、浮気がバレて関係が終わってしまうことを考えると、リスクを少しでも減らしたいと考えるはずです。

また、アプリ専用でアルバム保存した写真で、二人のラブラブ写真を待ち受け画面にすることもできます。

LINEやメールでは家族や仕事仲間とも使っているアプリであるため、不倫相手とラブラブの写真を使うことなど出来るはずがありません。

しかし、恋人との楽しい時間を過ごす程、連絡するときは楽しかった思いでの写真を使いたいと思うものです。

秘密のアプリで思う存分ラブラブすることで、会えない時間も気持ちが繋がっていると感じることで長続きできるアプリとしても有名といえます。

不倫という誰にも言うことが出来ない恋愛を、二人だけの幸せを自分達だけで独占するという考え方にシフトすることができる幸せアプリなのです。

Couples

カップルズは特定の人と限定のチャットが出来るカップルアプリです。

カップルアプリは、夫婦間で使用している人もいますが、普段は奥さんとlineでやりとりをしている人ほど、恋人との特別のチャットをしようと思う人が活用しています。

とてもロマティックで、サプライズが好きなタイプで、シチュエーションを大切にしようと思う人ほど、恋人とは特別なアプリで楽しもうと考えるものなのです。

二人で一つの思い出を共有することこそ、恋人の幸せだといえます。

カップルズの思い出アルバムは、デートの日にちや場所が管理しやすく、二人で一緒に思い出に浸ることができるのです。

投稿した写真を自動で年表にしてくれるので、既婚者には覚えにくい記念日も忘れることなくお祝いすることができます。

また、二人の軌跡にはドキドキハラハラしたこともたくさんあるはず。

そんな思い出を一緒に振り返ることで、絆が強くなるものなのです。

【あえてのパソコンで!】バレずに連絡ができるパソコンで使える不倫&浮気アプリ

Chatwork

チャットワークは、Chatwork株式会社が運営しているビジネスに特化したチャットアプリです。

基本的には、資料のやり取りやビジネスの経過など、誤送信や迷惑メールに左右されることなくスムーズに出来ることを目的としています。

しかし、パソコンでチャットワークを開いていると、まさにビジネスをしている感じ満載です。

奥さんも、夫がビジネスをしていると思っている時に、覗き込んで見ることまではしないはず。

チャット機能はいくつかの相手を登録出来るため、本当に仕事の中に浮気相手を紛れ込ませておくことでバレてしまうリスクは一気に下がります。

また、スマホでもインストール出来るので、彼女までわざわざパソコンを使わなくても大丈夫なのです。

Slack

スラックはとてもカスタマイズがしやすいビジネスアプリです。

ビジネスアプリというと、堅い文章のみのやりとりというイメージがありますが、LINEで背景を変えたりできるように、スラックでも背景の色を変えたり、デザインを変更したりできます。

ビジネスアプリの中でも、自由度が高いツールなのです。

そして、絵文字を使うこともできるところも特徴となります。

不倫をバレないように使うとしても、いつも味気ない文章だとやり取りが楽しくなくなってしまいますが、絵文字が使えるだけでメッセージに個性を色つけることができるのです。

そして、様々なSNSと関連することができるので、ツイッターやフェイスブックと繋げて関連ある会話を楽しむこともできます。

アメリカ発のビジネスアプリで、現在世界中で普及してきているものですが、日本ではまだ認知度も低いため、奥さんにバレるリスクはかなり低いと言えるものです。

Skype

スカイプは知っている人も多くなっているビジネスアプリです。

アカウントを二つ同時に持つことも可能であるため、本当の仕事と不倫専用アカウントを一緒のアプリで使うことができます。

もちろんビデオ電話や音声通話も可能なので、奥さんが家にいない時には、パソコンの大きな画面で彼女の表情を見ながら会話を楽しむことができるものです。

様々なデバイスから使うことができるので、既婚者の彼は自宅のパソコンで、浮気相手の彼女は出先のスマートフォンからやりとりをするということができます。

スカイプの認知度が高いからこそ、LINEとの違いを奥さんも認識していて、まさか不倫の連絡に使っているなんて思わないはずです。

Gメール

ジーメールは、Googleアカウントを持っている人であれば誰でも始めることができるメッセージツールです。

大きな容量でも送ることができるため、ビジネスで活用している人も多くいます。

そして、保存はクラウド上にしていくので、スマホが壊れた時でもメッセージ内容は残っているものです。

そのため、不倫恋愛でやり取りをGmailでしていて、奥さんがやってきてサッと覗き込もうとしたとき、指でサクッとスワイプしてしまえば、一旦はアーカイブというほかの保存場所に移動します。

表面上何もなかったかのように見えるので、怪しまれそうになったピンチでも1秒で証拠を隠すことができるのです。

奥さんは浮気をするならLINEか普通のメールに証拠があるはずだと思っているので、Gmailを使っていると分かった時点で、疑いの目は弱くなります。

メッセージが埋もれてしまいそうだと心配な人は、ラベルで分けておくとメッセージを送る際にわかりやすくなるので、活用してみましょう。

【SNSなら不自然じゃない!】ダイレクトメールでバレずに連絡できるSNS

Twitter

ツイッターは今やSNSでは欠かせない存在となっています。

独り言を呟く気軽さが爆発的人気となり、利用者数は今でも増え続けているアプリです。

ツイッターのダイレクトメッセージはタイムラインに表示されることもなく、こっそり送ることができるので、いつもツイッターを覗いている夫はお気に入りの人のタイムラインを覗いているだけだと思いやすくなります。

時々かわいい動物系の動画を妻に見せるなどして「面白い投稿を見つけることにハマっている」というアピールをしておくことで、ダイレクトメッセージを使って不倫とやり取りをしているとは思わないはずです。

スマホの待受画面のトップにあっても不自然ではないアプリであり、妻もインストールしていることが多いので、ツイッターは不倫がバレにくいアプリだといえます。

また別アカウントを持つことができることも、不倫男性には嬉しいポイントです。

Instagram

写真投稿がメインのインスタグラムも実はダイレクトメッセージができるアプリなのです。

かっこいいアイテムを作っているショップ、ビジネスでよく使うツールを紹介しているサイト、その他にもお笑い芸人が動画を上げているものやライブ配信をメインに行っている人、などたくさんフォローしておくことが不倫をバレにくくする作戦となります。

インスタグラムのフォローしているリストは、数が多くなればなるほど紛れ込んでしまうので、特定の人を探すには相手のことを検索できるくらいには知っておかないと難しいものです。

そのため、不倫を疑っている段階では、妻にはどの人が不倫相手かというところまではたどり着くことができません。

プライベートな投稿をしている人も非常に多いため、インスタ映えを覗いているユーザーの気分になっていれば、いつ不倫相手とコンタクトをとっているのかは妻に分からずに済むのです。

Facebook

フェイスブックは原則として実名登録というところがあり、仲間内や個人的なやり取りが得意なツールです。

ニュースフィールドで友達の近況を知ることができ、開くたびに新しい情報が更新されているので、暇さえあればフェイスブックを開いて友達の状況を見て楽しんでいる人も多くいます。

フェイスブックでも個別でメッセージをやりとりできるメッセンジャー機能というのがあるので、恋人と秘密の会話をすることが可能なのです。

たくさん友達がフォローしてくれている状態を作っておけば、彼女からの「いいね」がついても、他の人に紛れて特定することはできません。

ニュースフィードに投稿した内容をメッセンジャーでやりとりすることで、会っていない時にどんなことをしているのか知ることができ、会話も盛り上がるはずです。

画像を通して同じ空を見ていると思うだけでも、胸が高鳴るもの。

恋人らしい付き合い方をこっそりすることができます。

Mixi

ミクシーは完全招待制でしたが、今では個別登録もできるサイトです。

そのため、浮気相手がミクシーを使っていなければ、単独で登録してもらうこともできるし招待することもできます。

個別のメッセージを送ることもでき、SNSを楽しんでいるように見せて実は彼女とデートの約束をしているということもできるのです。

また、ミクシー内で不倫のコミュニティーもあり、そこに参加することで他の不倫カップルがどんなデートに行っているか、どうやって奥さんにバレないようにしているかヒントをもらうことができます。

彼女との甘いやり取りをしながらも、コミュニティーで不倫を長続きさせるためのテクニックを学ぶというスタイルで、二人の関係も発展させていきましょう。

もちろんメッセージだけを、連絡手段として活用することだけでも、すぐに覗くことができるアプリよりも断然バレにくくなります。

Ameba

アメーバは基本的にはブログ媒体です。

個人の思いを日々綴っていくような日記のように活用している人もいれば、完全に商売としてブログをホームページのようにカスタマイズして利用している人もおり、その使い方は様々となります。

アメーバは読み専と呼ばれる、読むだけの人も非常に多く、興味のある芸能人のブログやお店のブログを読み歩いているだけで楽しむこともできるものです。

そして、アメーバの個別メッセージは、他人が見てすぐに見えるようなところにはありません。

ログインした状態で、自分のページに入ってから、初めてメッセージを確認することができるのです。

そのため、好きな人とのやりとりをここで行っていても、すぐにバレることはありません。

通知設定ができるので、待受画面にポップアップされないこともバレにくさにつながっています。

浮気が絶対にバレない証拠隠滅方法!念には念を入れる!

アカウントを2つもつ

それぞれのアプリでは、アカウントを単独でしか持てないもの、複数持つことができるものとさまざまあります。

絶対にバレないようにするためには、複数自分のページを持つことができるアプリを活用し、アカウントを2つもつことです。

普段遣いの方を常にオープンにしておくことで、もう一つの隠れアカウントの存在自体はよほどアプリに強い奥さんでなければ、見抜くことは難しくなります。

特に女性は、いくつかのアプリで使い分けている人はいても、それぞれの機能を完全にマスターしている人は少ないのです。

どのアプリは、どんな作業で中まで入って探ることができるのか、というところまで使いこなしている人はまずいません。

奥さんも活用しているSNSがあれば、それだけで繋がっていると思ってくれることが多いため、他のアプリやアカウントがあるとは思わないはずです。

わかりやすいミスや証拠を残さないためには、念には念を入れて恋人用のアカウントを用意しましょう。

スマホを複数もつ

一番確実だと思われる方法は、スマホを複数もつという方法です。

スマートフォン自体、用途に応じて二台持ちする人も珍しいことではありません。

メインスマホと不倫相手用のスマホを持つことで、確実に間違いメッセージを送ることもなく、履歴を見られることもないのです。

肝心なことは、不倫相手用のスマホを家に持ち帰らないということになります。

スマホ自体は、メインスマホと同じ機能がなくても大丈夫なので、格安スマホでもシンプルフォンでも大丈夫です。

会社の引き出しに入れておくなどして、自宅で使わないようにします。

しかし、その際には、自宅に帰ってからの連絡は取れなくなってしまうので、恋人と話し合って連絡が取れる時間帯などを約束しておきましょう。

奥さんが“仕事関連のものは確実に触らない”という自信があるのであれば「仕事用」と言って持ち帰っても大丈夫かもしれませんが、それでもこっそり隠れてのぞき見られるリスクは高くなることを覚悟しておくべきです。

電話のみを使う

メールもアプリも言葉が残るからこそ不倫の証拠となってしまいます。

ならば、文字を残さなければいいのです。

電話のみを使うことで、メッセージという“文字”を残すことなく交際を続けることができます。

スマホで文字を残さなければ、どこで何をしているかなんていくら結婚しているといっても、妻にも知りようがないのです。

そして、例え浮気相手の女性が社内の人であっても、家庭に彼女の話題は一切出さないことが重要になります。

何気ない話題だと思って「○○さんっていう人が面白くてね」とうっかり話してしまうと、自分で気が付いたときには、既に度々家庭内で話題に出している状態になっているのです。

話題に出ない、繋がっている証拠がない、という人は、奥さんからしてみれば存在していない人と同じといえます。

もちろん、発着信履歴は必ず削除しておきましょう。

写真を撮らない

不倫をしているカップルは写真を撮らないことが大前提でなければいけません。

ツーショット写真はもちろん、好きな人だけのワンショット写真もNGだということを、肝に銘じておきましょう。

実は、スマートフォンをグーグルアカウントと同期をしていることがあり、写真撮影をしたものは端末内のアルバムに保存されるだけでなく、グーグルクラウドに同時保存されるのです。

そのため、奥さんにバレそうだとアルバムの証拠写真を消しても、グーグルアカウントからクラウド内の写真を呼び起こすことが可能になっています。

男性の方がそのあたりは詳しいと思われがちですが、実は奥さんもスマホの操作に関しては詳しくなっていることも増えているので、要注意です。

不倫関係において、写真を残す事に対して何もメリットはありません。

不倫がバレるリスクが高まる上に、例え関係が終わったあとでも禁断の恋の思い出を思い出すことは苦しい思いをすることになります。

禁断の恋愛において、二人の大切な思い出は心の中に残しておきましょう。

アプリを使うときだけインストールする

連絡を取り合うために、どうしても使い勝手のいいアプリを使いたい、という人ももちろんいるはずです。

その場合は、奥さんの見知らぬアプリが待ち受け画像に残っていると、それだけで妻は「これは何?」と疑惑を持ってしまいます。

そのため、お気に入りのアプリが出来たのであれば、アプリを使うときだけインストールすることが完全な証拠隠滅となるのです。

かなり面倒だと思われがちですが、連絡を取るたびにインストールとアンインストールを繰り返していると、その作業も慣れてきます。

簡単なメッセージが出来るアプリを選ぶと、大事な思い出まで消えてしまわないので気持ちも切り替えやすくなるはずです。

完全に証拠隠滅をしてリスクを減らしたい人には、絶対オススメの方法になります。

不倫と浮気がバレないようにするためにはアプリの使い方に気を付けよう

LINEやメールは奥さんも使い慣れているものだからこそ、ひょんなことから不倫がバレてしまう可能性があります。

奥さんが普段どんなアプリを使っているのか、知らないものへの抵抗はどのくらいあるのかをしっかり見極めて、パートナーにバレないアプリを活用しましょう。

証拠隠滅方法も踏まえたうえで、お気に入りになったアプリの使い方に気をつけて利用することで、楽しい恋愛を長続きさせることができます。

二人だけの思い出を残せるアプリで、今の幸せを彩り盛り上げることも楽しく出来るはずです。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG