不倫とW不倫では実は違う!選ぶべきデートスポットや喜ばれるプランを比較&再定義

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

既婚者と恋愛関係にあることを不倫と言いますが、普通の不倫と既婚者同士のW不倫では、一緒のように感じられますが、全く違うものだといえます。

それは、喜ばれるデートプランにも違いが出てきているものなのです。

今回は、不倫とW不倫では実は違う!選ぶべきデートスポットや喜ばれるプランを比較&再定義しています。

既婚者と交際しているあなた自身が、独身か既婚者かによって、何を基準にデートスポットを選べばいいのかよくわかってくるはずです。

不倫がバレないアリバイや言い訳や注意点もご紹介しているので、参考にして二人の熱いデートを存分楽しんでくださいね。

目次

不倫とW不倫(ダブル不倫)の場合、選ぶべきデートスポットや喜ばれるプランが違うのは何故?

W不倫は一回のデートの時間が短く濃密にすることが目的だから

W不倫では、既婚者同士の恋愛ということで、お互いにデートの為に時間を作ることが非常に困難です。

そんな中でも、好きになってしまったのですから、愛し合う二人は少しの時間でも逢いたくて仕方がありません。

会えない時間を塗っての相瀬は、一回のデートの時間が短く濃密にすることが目的になるため、場所よりも時間のやりくりを重要視します。

一緒にいる時間を5分でも長くするために、どこの場所で会うことが一番いいのかということを考えているものです。

そのため、自然に遠くへ行くよりも近いところを選ぶ方が、デート時間を確保できます。

近いところでは、リスクがより高くなりますが、何よりも「少しでも会いたい」という気持ちが強いため、場所に対するこだわりがありません。

会話を楽しむより愛情を楽しむことを優先し、二人でいることのみに価値を持っています。

そのため、いつも同じ場所でデートという場合も少なくないものです。

いつも同じ場所でデートをしていても不満にならないのは、その場所が二人にとって安全であり、動きを取りやすく、時間の配分を考慮しやすいという場所を見つけたという自信があるからだといえます。

W不倫は割り切った関係だからセックスができれば十分

既婚者同士の不倫では、お互いにパートナーがいる関係のため、割り切った関係だと理解しているカップルです。

本気になっても離婚をすることなく、不倫をしていても家庭を優先し、パートナーに感じなくなったドキドキを不倫相手と感じ合うことを喜びとしています。

そのため、体を重ねるデートが主になっているものです。

割り切った関係だからこそ、デートはセックスができれば十分で、会う時間に合わせて効率よく快感を得るためのテクニック開発をすることもできます。

ホテルのように密室に入ることもできますが、車や屋外などのスリルを感じつつもテクニックを要するものも興奮するに違いありません。

どれだけ短時間で、心と体を繋がり合わせることができるかということが重要です。

あちこち出かけることは、家族と一緒にしているからこそ、W不倫では二人でいること自体に意味があると考えます。

家族を大事にしている関係であるから、割り切った関係だと本人たちも自覚がしやすいように短時間セックスのデートを重ねることになっているのです。

割り切った関係では、恋愛のドキドキを感じること、体の相性がよく、パートナー意外と体を重ねていたいという欲望を満たしています。

W不倫は暗くて知り合いに見つからないように場所を選ぶから

W不倫のデートは基本的には夜が多くなります。

休日は夫や子供がいるため外出することが難しく、デートをするには不向きです。

それぞれの家庭の都合を考えると、何かしらの言い訳を交えながら少し家を抜け出すデートが一番自然になります。

外で会うにしても、周囲の知っている人にすぐ見つかるような場所を選んでいては不倫関係が終わってしまうはずです。

W不倫では、暗くて知り合いに見つからないように場所を選ぶため、明るいショッピングモールや賑やかな居酒屋などのデートをすることはありません。

知り合いが近くを通っても気がつかないような場所を選ぶことによって、W不倫の二人にとっては、お互いにメリットがあるものなのです。

デートを重ねていても、お互いパートナーがいるため束縛することもなく、静かな場所で二人だけの空間だと感じることで、大人の恋愛をゆっくりと楽しみながら過ごすことが出来ます。

知り合いにバレる心配がないデートは、堂々とカップルとして過ごすことができ、W不倫でありながらも十分な愛情で満たされるものなのです。

満たされる恋愛というのは、心にゆとりを持たせてくれ、W不倫ということから出てくる会えない焦りや罪悪感を最小限に留めてくれるものになります。

不倫デートは恋愛感情が盛り上がっているため場所を問わずお互いの事だけを見ているから

どちらか一方が既婚者である不倫デートは、付き合うことになったという事実から恋愛感情が燃え上がりやすいものです。

不倫デートは恋愛感情自体が盛り上がっているため、場所を問わずにお互いの事だけを見ているデートとなります。

バレるリスクが高い場所は最低限チェックをしていますが、それ以外はあまり深くリスクについて考えることがありません。

特に独身女性は「会いたいけれど自由に会えない」という制限によって、会えることが嬉しくてたまらなくなります。

彼の車の中、近くの公園、誰もいないオフィス、などリスクが高いながらも、不倫相手と一緒にいることが出来るだけで、イチャイチャしたい気持ちが止められないものなのです。

家族のことはもちろん気になりますが、二人でデートらしいデートをすることで、恋愛を楽しむということを満喫することができます。

結婚している男の人と付き合っている女の人も、「危険な恋」という刺激を求めていることも多く、結婚している人とバーにいる、食事をしている、という雰囲気を重要だと思っているものなのです。

独身デートでは感じることのない、結婚している人とのデートは大人のデートという気分が高まり、しっとりと雰囲気を大切にしているお店などのチョイスが喜ばれます。

不倫デートは奥さんと比べて愛されていることを感じたい

不倫をしている独身女性は、彼にとって奥さんよりも自分の方が上でありたいと願っています。

奥さんよりも愛されていて、妻よりも大事にされていると感じることに価値を感じるものです。

そのため、「初めてこの場所に人を連れてきた」「妻には話したことがないこと」というフレーズに喜びを覚えます。

デートの場所でも、奥さんと行ったことがない場所、妻のことを忘れることができる場所を選んだと伝えることで、最高のデートスポットとなるものです。

綺麗な夜景が見える場所、景色がいいレストランなど家族ではなかなか行くことができない場所で、彼が独身の頃にはまだオープンしていなかった場所が非常に喜ばれます。

不倫ならではの、「奥さんと比べて愛されていることを感じたい」と強く願っている彼女の欲望を満たすためのデートプランを立てる必要があるのです。

もちろん、会話の中で家族のことを話すことはNG。

不倫が始まった記念日には、特別デートを期待していることも多く、お店の中でサプライズプレゼントを渡されたり、高級印象店でのデートをしたりと特別感を演出します。

不倫デートは遠出で非日常を味わうことができるから

結婚している彼とのデートでは、彼の出張や仕事を理由に遠出デートをすることができます。

そのため、不倫デート定番の温泉旅館に行ったり、遠くの遊園地に遊びに行ったりすることが可能なのです。

奥さんにさえバレなければいい不倫デートでは、女の子のアリバイは必要ありません。

だからこそ、デートに関しても場所の自由が利きます。

不倫という恋愛は、仕事と家庭の両立の合間で恋愛を楽しんでいるので、帰る時間を気にするデートを重ねがちです。

しかし、たまの遠出デートができるため、その日のために色々と我慢することも出来るようになります。

一ヶ月後の遠出デートで、非日常を味わうためにも、今は家に帰っていく彼を笑顔で見送ることができるのです。

遠出デートをしていると時には、時間を気にすることもなく、家庭の影を感じることもなくデートを楽しむことができるため、手を繋いだり腕を組んだりしてカップルらしいデートをすることができます。

不倫デートでは、比較的自由なデートプランを立てることができるものなのです。

アリバイ作りや証拠を残さないなど、十分に気を付けなければ浮かれた状態ではうっかりバレてしまうことがあることも、不倫デートの特徴になります。

不倫で選ぶべきデートスポットや喜ばれるプラン【既婚男性×独身女性】

映画館

既婚男性と独身女性の不倫デートでは、しっかりデートらしくありながら、周囲にバレないような場所を選ぶ必要があります。

それは、ずばり映画館です。

映画館は、どの時間帯でも行くことができ、入ってしまえば周囲の人に顔を見られることはまずありません。

昼間に堂々とデートすることもできるし、映画を見ながら手をつなぐこともできます。

見る映画のチョイスでも、お互いの好みが分かるため、連絡を取り合うことが少ない関係の二人であっても、映画の話で盛り上がることができるものです。

入る時間と出る時間をずらし、指定席を選ぶことで映画館の中で落ち合うことも可能になります。

映画館の中で待ち合わせをすることができるということは、知り合いがいるかもしれない映画館に行くとしても不倫だとバレずにすみます。

知り合いに会ったとしても、偶然を装うことができるのです。

また、映画の半券は不倫デートのアリバイにもなります。

「誰といったの?」と聞かれても、映画を一人で行く人は珍しいものではなく、「一人で行った」と答えることができるはずです。

映画が好きだと妻に印象が残れば、一人で行く映画というアリバイはかなり使うことができます。

彼女の家

二人でとびきり甘い時間を過ごすことができるのは、やはり独身彼女の家です。

家に入るところさえ気をつければ、誰も家の中を覗くことはできません。

彼には毎日料理を作ってくれる奥さんがいる、という事実は彼女にとってはとても辛い現実です。

彼女が自分の家に彼を招くことによって、手料理を振る舞うことができます。

好きな人に手料理を振る舞いたいと考えるのは、女の子ならば誰でもが思うこと。

「美味しいと言ってもらいたい」「いつでも彼のために料理を作ってあげたい」と願う人にとっては、最高のデートスポットです。

家の中でなら、いくらでもイチャイチャすることができます。

自分の好きなことを紹介することもできるし、二人でDVDを見ることもできるものです。

「このまま家に帰らなければいいのに」と思ってしまうところが、若干問題にはなりますが、それよりも幸せな気持ちの方が上回ります。

家の中という彼女のテリトリーに、好きな人を入れることで「今だけは私のもの」という所有欲を満たすことにもつながるものです。

不倫関係では、ほんの一時でも「彼は自分のものである」と感じることで、恋愛感情が強くなり、離れられなくなる原因の一つとなります。

水族館

水族館は、全体的に薄暗くなっているため不倫カップルにとって絶好のデートスポットです。

幻想的なゾーンもたくさんあり、海の中を感じている間、世の中の喧騒や、不倫という罪悪感を忘れることができます。

私たちはみんな、元々海の一部だと感じることで、お互いの体の境界線を超えるような気分にもなり、なかなか会えないもどかしさが消えていくものです。

静かで広くて深い、海は心のすべてを浄化してくれるような気持ちにさせてくれます。

危険な恋愛をしていることを忘れてしまい、純粋な愛を感じるものです。

家に帰らなければいけない既婚者のために、常に時間に追われているデートであっても、水族館にいる間は時間を忘れることができます。

時間の概念がない魚たちに囲まれて、人間のルールや思考を手放すことで、本能のままに「好きでもいいじゃないか」と考えることができるようになるのです。

また、周りの人全てが水槽を見ているため、他人が何をしているのかということに興味を持っていません。

周囲の人にとっても印象が残ることなく、当人の二人はデートらしいデートを楽しむことができるものなのです。

また、水族館のお土産も不倫デートには嬉しいポイントになります。

彼との水族館デートの記念品として、思い出を持ち帰ることができるため、ボールペンやメモ帳など普段使うものを買ってもらえば、日常の中でも彼のことを感じることができるのです。

遊園地

木を隠すなら森の中とは言いますが、不倫カップルが紛れるには人ごみに行ってしまったほうがバレないものです。

遊園地は、自分たちが楽しむことを第一優先としている場所であるため、ショッピングセンターなどのように人間観察をしている人はまずいません。

また、家族が遊園地に行くとなると一大イベントとなるため、既婚者である夫が知らないという事態にはならないはずです。

そのおかげで、うっかり家族と鉢合わせてしまったという失敗をすることは避けることができます。

遊園地でも不安であれば、乗り物に乗ってしまえば誰かと会う心配もなくなるものです。

また、夜の遊園地はデートスポットとしてカップルで過ごしていても、とても雰囲気がいい場所となります。

夜の遊園地は、デートをしているカップルでいっぱいになっているため、不倫デートであっても誰も気にすることなく通り過ぎるものです。

楽しむこともできながら、二人の世界を満喫することができる場所が遊園地となっています。

W不倫(ダブル不倫)で選ぶべきデートスポットや喜ばれるプラン【既婚男性×既婚女性】

ホテル

既婚者同士のデートでは、密室になることができれば十分です。

ラブホテルを選ばれることが多くありますが、女性としてはいくら割り切った関係だとはいえ、あからさまに体目的だと宣言されているようで嫌がる人も多くいます。

しかし、同じホテルでもビジネスホテルとなると、大人の恋愛をしている感覚を持つことができるものです。

ホテルに入ってしまえば、知り合いと会う心配もなく、たとえロビーで出会ったとしても仕事や用事だと言い訳をしても不自然ではありません。

ビジネスホテルでは隔離された空間であるラブホテルと違い、窓から見える景色を一緒に楽しむこともでき、ルームサービスで二人きりで食事をすることもできます。

別々にホテルから出ることも自然で、W不倫だとバレてしまう可能性は極めて低いものです。

部屋に入ってしまえば甘い恋人の時間を持つことができ、一歩出てしまえば赤の他人を装うことができるとても便利な場所といえます。

また、お互いに仕事をしている場合には、仕事の調整をして日中デートをすることも出来る場所です。

結婚している者同士だからこそ、夜は家庭の時間だとルールを作り、日中のデートに活用できる場所を選ぶことができるとして喜ばれるスポットといえます。

温泉宿

温泉宿は不倫デートで定番だと言われていますが、実はこっそりW不倫でこそ喜ばれるデートプランです。

既婚者の女性は、常に日常から離れたいという願望が少なからず持っているもので、家庭に不満を持っているというよりは、毎日の中で休むことなく動き続けている状態に疲れきっている状態となっています。

旦那は年々子供っぽさが増していき、子供と同じように手が掛かり、一人で家の中を切り盛りしていることにうんざりしているのです。

一泊旅行をしたいところですが、二人共家族がいるカップルにとってはなかなか難しいデートといえます。

ところが、温泉宿は日帰り入浴でも部屋を取り、そこで食事を楽しむことができるプランもたくさんあるものです。

日常を感じる場所から少し離れ、温泉宿の日帰りプランで一日ゆっくり過ごすことは、既婚者の女性にとって非日常を感じることができるとても嬉しいデートスポットとなります。

露天風呂付きの部屋であれば、一緒に食事をして一緒にお風呂に入り、誰にも会うことなくラブラブな時間を過ごすことができるはずです。

毎日頑張っている彼女に、安らぎという提供をすることは最大限の愛情表現といえます。

お互いの家の中間地点ほどにある夜の公園

結婚している者同士であれば、そこまで大掛かりなデートを求めることはありません。

好きになった人と手をつないで横に並んで座って話ができる、そんな空間があるだけで幸せを感じるものです。

会う時間を長くするために近いところでデートをしたいものですが、近所で頻繁に会うことはリスクが高くなります。

そこで、不倫相手の家との中間地点にある夜の公園がベストのスポットなのです。

ものすごく遠いわけでもないけれど、生活エリアからは離れていると知り合いに会う可能性は低くなります。

夜であれば、よほど仲がいい人でなければパッと見ただけではわかりません。

公園は30分、1時間という少しの時間のデートがしやすい場所です。

公園で話すだけというプラトニックな関係を続けることができるため、その分恋愛感情が純粋になっていきます。

会える時間が出来ただけでも嬉しい、手を繋いだだけ、キスやハグをしただけでも心からの喜びが沸き上がってくるものなのです。

それは、既にパートナーとは感じることのない究極の喜びともいえます。

愛するということを身にしみて感じることで、結婚していても心に潤いのある状態で過ごすことができるのです。

個室のある居酒屋

居酒屋というのは、とても行きやすい飲食店です。

常連になれば毎日でも出入りがすることも、不思議な光景ではありません。

お店をやっている人であれば、お客さんのことを外に漏らすこともないのです。

個室がある居酒屋を選べば、いつでも人目を避けてデートをすることができます。

スーツで入ってしまえば、周囲には仕事関係の人だと思わすことも可能です。

また、高級レストランに頻繁に出入りするのは家族からすれば、かなり不信な動きに感じますが、居酒屋であれば接待や打ち上げなどと伝えることもできる場所となっています。

つまみになるようなものを少しだけ持って帰れば、堂々と居酒屋にいたことを伝えることができる上、旦那は上機嫌です。

奥さんもお土産があるだけで、一気に「仕事関係」だと信用しやすくなります。

個室に入っているのかどうかというところまで確認するパートナーは、まずいないので仕事で居酒屋にいたと伝えるだけで十分なのです。

気軽に行けて、一緒にお酒を飲むことができ、仕事だと伝えることができる個室のある居酒屋デートは、既婚者同士のカップルにはとても嬉しいスポットといえます。

不倫&W不倫(ダブル不倫)で既婚男性が奥さんにバレない為のアリバイや言い訳や注意点

不倫の定番である仕事という言い訳と注意点

不倫やW不倫での定番である仕事という言い訳は、本当にバレにくいことで有名です。

奥さんは、基本的に旦那の仕事を応援している立場であり、夫に仕事を頑張ってもらうことで家族が生活できるということを、一番理解しています。

仕事と言えば、夜遅く帰ってきても休日出勤となっても、大抵のことは疑われることがないものです。

仕事の終わりにデートを重ねていても、帰る時間が極端に前後しなければ怪しくなることはありません。

しかし、この仕事という言い訳を使う際には注意する点も存在します。

午前0時を過ぎて帰宅することが頻発すること、休日出勤と言って奥さんの行動範囲内でデートすること、出張と言ってレジャーのレシートを持って帰ること、などはいくら仕事だと言っても浮気の疑惑をかけられてしまうものです。

デートで遊びに行った証拠を残さないことはもちろんですが、仕事関係で奥さんもよく知っている人と一緒にいるということを伝えてしまわないことも重要なポイントとなります。

奥さんが一度「怪しい」と思ってしまったら、まず仲のいい同じ職場の人に連絡して尋ねることが考えられるからなのです。

休日出勤や出張と言って、職場の人の名前を出して「一緒に行っている」と伝えることは、逆にリスクを高めてしまうことになります。

クレジットカードは使ってはいけない

実はデート代の支払い方法にもちょっとした注意が必要です。

結婚している人は、奥さんからお小遣いとして遊ぶお金をもらっている人も多くいますが、現金だけで不倫をするのは厳しいという意見もあります。

しかし、クレジットカードを使うことも実はかなりリスクが高くなるものなのです。

クレジットカードは、いくら夫名義であっても水道光熱費などをカード決済にしている場合、明細を奥さんが見ることができることが多く、どこでいくらカードを切ったのかということが筒抜けになってしまいます。

奥さんが知ることのないカード払いは、当然「これって何に使ったの?」と尋ねることもあり、嘘が苦手な男性はその時動揺を隠せません。

不倫がバレてしまうのは、このやり取りで反応がおかしいと感じたことから修羅場になることが実に多いものなのです。

クレジットカードは、現金が自由に使うことができない夫にとっては便利なものですが、不倫に使うにはとても危険だということを覚えておきましょう。

通常の不倫であれば、彼女に格好もつけたいものなので、毎月少しずつデート代として取っておくようにし、W不倫であればお金のかからないデートスポットを選ぶことで恋愛を楽しむことができます。

プレゼントをしない

好きな人にはプレゼントをしたくなるものですが、これがちょっとやっかいなものなのです。

プレゼントをしたいという気持ちが出てくるのは当然なのですが、買ってすぐ渡せるものというのは非常に限られています。

どこかへ一緒に遊びに行った時に、お土産屋さんでプレゼントを買うことは大丈夫ですが、その他の場合は、買ったプレゼントを一旦男の人が自宅に持ち帰るということが発生するからです。

不倫やW不倫は会える時間に制限があるため、「今すぐプレゼントを渡したい」と言っても会う時間を工面することが難しいと言えます。

プレゼントを一旦家に持ち帰るという行為は、奥さんに見つかってしまう可能性がとても高くなるものです。

上手く隠したつもりでも、奥さんは「女の勘」が働き、家に何か不穏な動きがあることを察知します。

男の人は家の中に取り入れたことで、見られてはいけない一角を作ってしまうことになり、挙動不審な動きや大げさな嘘をついて怪しまれるのです。

プレゼントを用意してから、次の日に渡せることも少なく、一週間デートできないカップルも多いため、夫の怪しい動きが続くことで浮気をしていることがバレてしまいます。

予約をする時には架空の名前

スマートなデートをするためには、食事をするときや施設を利用するときなどに予約をすることが必要です。

この予約をする時には架空の名前を使うようにしましょう。

本名で予約することで、予約の順番が来た時に名前を呼ばれたり、奥さんから問い合わせが入った時に名前を聞かれたりしたら、彼がその場にいることが知られてしまいます。

飲食店で名前を告げた時に、もし周囲に知り合いがいたら名前を聞いて振り向いた時に不倫がバレてしまうのです。

奥さんが浮気を疑っている時には、あらゆるところで証拠を集めようとするため、レシートやクレジットカードの履歴、よく出入りする場所などに電話をかけまくることが予想できます。

本名を使うことで即座に黒と判定されるはずです。

架空の名前で予約をとることで、もしもの事態に備えることができます。

ただし、自分の名前だからといって近い友人の名前や仕事仲間の名前を使うことは、その人に迷惑がかかる可能性があるので、やめておきましょう。

もしデートで宿泊をするようであれば、周囲に実在する人の名前は避けると同時に、お店の人に名前を呼ばれてもちゃんと自分のことだと分かるような名前にすることです。

W不倫(ダブル不倫)で既婚女性が旦那にバレない為のアリバイや言い訳や注意点

旦那に言える飲み会の日を利用するアリバイと注意点

ダブル不倫でデートをするときには、こそこそせず堂々と外出できる日を活用することが有効です。

友達と飲み会や同窓会、会社の打ち上げなど実在するイベントや旦那に堂々と言える飲み会の日を利用することがオススメとなります。

会社や友人との実在する飲み会で外出するのは、本当に都合をつけ合っている姿を家の中で見ているためとても信用度が高くなるものです。

この時の注意点としては、必ず本当に飲み会に顔を出すという点になります。

飲み会に顔を出すことで、アリバイが成立するのです。

そして、少し早めに切り上げてデートに出かけます。

一度顔を見ていれば、たとえ夫に尋ねられたとしても「来ていましたよ」と証言してくれる人は大勢いるものです。

飲み会なので、帰るのが少々遅くなったとしても夫から不審に思われることはありません。

しかも、飲み会は仕事帰りに突然行こうとなることもありますが、大体は少し前から日程が決まっているものです。

そのため、デートの都合をつけることもしやすくなります。

W不倫でデートの日にちを確保しにくいカップルには、好都合のイベントなのです。

飲みに行く場所によっては、少しオシャレをして出かけることもできるので、デートで改めてオシャレをすることが難しい既婚女性にとっては嬉しいデートプランともなります。

普段着のままデートする

ダブル不倫をする女の人は、仕事に家事に育児をしながら恋愛をしていることになります。

結婚してからというもの、常に多忙を極める女の人にとって、オシャレとは縁遠くなってしまう人も珍しくありません。

オシャレをしても夫が褒めてくれるわけでもなく、家事や育児を優先すれば、オシャレよりも機能性を重要視する服装になることは仕方がないことです。

それも全て家族のためだというのに、夫からは「色気がない」「女として見ることができない」など言われる始末で、怒りがこみ上げてきます。

そんな体をフル活用する主婦が突然オシャレをし始めたら、夫に注目されてしまうはずです。

普段は夫から妻として、女性として見て欲しいとは願っているものの、ダブル不倫をしている最中は夫の目を逸らしておくことが必要になります。

彼とデートをする時には、オシャレをするのではなく、普段着のままデートをすることです。

普段着のままでいることで、少し遠くのスーパーに行くと言って1時間デートしたり、PTAの集まりがあるといって2時間デートしたりと家を抜ける理由の幅が広がります。

実家や友人宅などよく行く場所を伝えおく

家族の中で妻というポジションは、家族の予定すべてを切り盛りする重要なポジションです。

実家と義実家との関わりが大きく、子供達を遊ばせたり塾へ通わせたりと送迎することも出てきます。

夫というのは、意外にそのすべてを把握しているものではありません。

しかし、日中どんなことをしたのかを知りたがる旦那には、普段から実家や友人宅などよく行く場所を伝えておきましょう。

一週間に一回行く実家を、二週間に一回にしてその分デートに変えても夫にはわかりません。

しかし、全く実家に行くことをやめてしまうと、帰省した際の会話などでバレてしまいます。

よく行く友人宅も、仲良しの友達であればよく会うことは普通だと思い、問い詰められることはないものです。

ここでの注意点は、実家の例のようによく行く場所を全く断ち切ってデートにすり替えるとバレることも出てくるということになります。

友人宅も、急に遊びに行かなくなると、久しぶりに遊ぶ時に電話口などから口調が「しょっちゅう会っているはずなのに、口調がおかしい」と旦那も気がつくはずです。

さらに、よく行く場所を旦那に伝えておく、ということも実は重要になります。

普段から全く何も伝えていなければ、妻のことを知らないという事実からすぐ浮気を疑ってしまう事につながるからです。

夫婦のコミュニケーションをとりつつ、上手に嘘を織り交ぜていきましょう。

遠い友人と会う約束だと伝える

遠いところに住む友人と会う約束だと夫に伝えることで、移動時間を含む計算でデートの時間を確保することができます。

隣の県の友人がいれば、移動と会う時間を換算して、少なくとも三時間はデートができるはずです。

また、新幹線を使うという理由が重なれば、彼氏と新幹線でデートスポットに出かけることもできます。

新幹線の切符を持ったままでも、友人宅に行くためのものだと信憑性が高まるからです。

この方法を使えば、ダブルデートではなかなか出来ない遠出デートをすることができます。

日にちを合わせることが難しいと言えますが、友人宅のある地域辺りでデートをすることで、観光スポットやお土産など、本当の話を交えてお土産話をすることができるものです。

この場合、本当に友人に出くわしてしまうという心配はまずないので、心配しすぎて変な根回しをしてしまわないようにしましょう。

用心しすぎの行動も、不安な気持ちをあちこちにばらまくことになるため、悪い現実を引き寄せてしまいます。

不倫やW不倫ではバレないようにデートプランを立てよう

不倫もW不倫もデートプランでは共通して、リスクのことを考える必要性があることがお分かりになったかと思います。

不倫とW不倫では、喜ばれるデートプランが違い、気をつける点もたくさんありますが、くれぐれもバレないようにデートプランを立てるようにしましょう。

二人の恋愛は、日常に潤いをもたらし、周囲の人に優しくなれる恋なのです。

トキメキを楽しみながら二人の世界にどっぷり浸かることができる、ベストなデートスポットを見つけてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG