ダブル不倫で既婚男性の本気度が高い妻より愛してる時の態度や行動

ダブル不倫をしている既婚女性にとって自分が本当に愛されているのかどうか既婚男性の気持ちがよく分からない、と悩んでいる女性も多くいるはずです。

不倫相手の男性のの本心がわからいままだと「お互い既婚者同士なんだし、遊びと割り切って本気にならない方がいいの?」と自分の気持ちさえ抑えてしまっている人もいるでしょう。

既婚者同士のダブル不倫は既婚男性の本気度が高い時、あなたを妻より愛してる時の態度や行動には共通点があるのです。

男性と女性は考え方が違うものなので、女性にはなかなか見抜きにくいのですが既婚男性が妻より浮気女性を愛してる時の態度を見つけることで不倫相手の既婚女性にも彼の本音が分かります。

ダブル不倫で既婚男性の本気度が高い妻より愛してる時の態度や行動の全てを詳しく紹介していますので不倫相手に共通の場面があるかどうか確認しながら読みすすめてくださいね。

ダブル不倫で既婚者同士の遊びの恋愛が本気になる瞬間から二人で一緒になることを真剣に考えている時の行動まで順を追って説明しているので、不倫相手の男性の本気度が高いときにどんなサインや態度、行動をしていくのかわかるようになります。

彼の本気度がどのくらいなのかという疑問をクリアにし、既婚男性との愛情をさらに深めていきましょう。

目次

ダブル不倫(W不倫)で既婚者同士の遊びの恋愛が本気になる瞬間って?

親身になって相談に乗ろうと思えた時

既婚女性にとって相談相手という存在はとても貴重です。

女性は人生の中で何度も転機が訪れ、その度に環境が変わっていくため本当に心を許せる相談相手という存在はなかなか現れない人も少なくありません。

ダブル不倫が始まって、恋愛を楽しんでいる中で既婚女性がふと漏らした本気の悩みを不倫相手の男性が拾い上げ、親身になって話を聞いてくれた時には女性はとても心が安らぎ大きな信頼を感じられます。

既婚男性にとって遊びの不倫であれば、既婚女性の本気の悩みに親身になる必要はないはずです。

割り切った関係を求める不倫相手の男性なら、二人だけの関係を楽しみたいことを悪びれもなく伝えてきます。

不倫は日常とは別空間であり、相手の悩みにまで足を踏み入れてしまえば楽しい恋愛が続かなくなる可能性が出てくるに違いありません。

ダブル不倫において既婚男性が既婚女性に親身になって相談に乗るという行為は、本気で浮気女性を心配し「何か役に立てないか?」と考えている表れです。

「どんな些細なことでも知っておきたい、悩んでいることでも放ってはおけない」という無償の愛がそこには存在します。

あまりにも親身になって相談に乗ることは相手の依存心を抱かせる行為です。

しかし、彼は「浮気相手から依存されることが面倒くさい」と思っていないからこそ既婚女性の悩みに親身になって聞くことができます。

既婚女性は日常の中でたくさんの我慢をしていて、一人で困難を乗り越えていることも珍しくありません。

好きな人と一緒にいるときくらいは思い切り甘えたいのが女性の心理ですが、本当に悩んでいるときには誰かに頼りたくなるものです。

不倫相手が親身になって相談に乗ってくれるときは、不倫で本気になった行為といえるので大きな心で受け止めてくれると信じてすこし甘えてみてもいいでしょう。

相手から本気で愛されていると実感した時

既婚者同士であっても、人から愛されるということは嬉しくもあり自分を認めてもらえている喜びで安心するものです。

不倫相手の女性から本気で愛されていると実感した時に、既婚男性は心に大きな安心感と癒しが芽生え、「この人を大切にしたい、本気で守りたい」と男としての当たり前の“守りたい願望”が生まれてきます。

男性にとって守りたい人がいるということは、心に張り合いをもたらし頑張る意欲が湧くのです。

追いかけられるより追いかけたい男性が多い中、やはり愛されている実感は自分に自信をつけさせてくれるため重要な存在と言えます。

特にダブル不倫という特別な状況において、リスクの高い恋愛で相手の愛情が本気であればそれに応えたいと思う心理も働くものです。

会える時間が短く、愛情表現をするチャンスが少ないからこそ愛されている実感は愛するエネルギーに変換され一気に燃え上がります。

人は愛されることで自分自身を認めることができ、落ち込んだり悩んだりしても立ち直ることが可能になるものです。

一緒に生活をしている奥さんは愛してくれているはずですが、家族愛にもなっているため守りたいと思うニュアンスも変わってきています。

女性として「オレの女だ」と思える存在が男性の心を強くし、安定感のあるものへと成長させてくれるでしょう。

相手から本気で愛されていると実感した時に、「彼女には自分しかいない」と感じることが男性にとっての喜びとなり、不倫相手に愛情を注ぐことを本気で行動にしていくのです

愛されるためには、まずは自分から本気で愛する覚悟を持ちましょう。

家庭の中でも不倫相手を思い出した時

ダブル不倫は家庭とは感情も癒しも全く別ものと考えている既婚男性が多く、家庭に帰ってしまえば不倫相手の女性ことは頭の片隅に置いておくものです。

ダブル不倫はお互いに家庭があることがわかっているため、デート中は家庭のことを話題にしない、家庭に戻れば不倫のことは忘れる、といった二つを暗黙のルールとしているカップルも珍しくありません。

そうしないと、切り替えがうまくできず会えないことに苦しんだりせっかくのデートで家のことが気になったりと家庭を壊してしまうことにつながってしまうためです。

W不倫をしている既婚男性は家庭ではいい夫、いい父親であることも少なくありません。

家庭円満で笑顔で過ごしている既婚男性の姿はとても不倫をしているようには見えないこともよくあります。

そんな風に家庭と不倫のバランスを大切にしている既婚男性が、家庭の中でふと不倫相手のことを思い出してしまった時に心の中で既婚女性のことが大きくなっていることを実感するのです。

一度家族で過ごしている時に、で不倫相手の女性が脳裏に浮かぶと、どんな瞬間にも思い出してしまう場面が訪れます。

「いつの間にか自分の中でこんなにまで彼女の存在が大きいのか」と実感することで、遊びの恋愛だったはずの既婚女性に本気になるに違いありません。

お互いの家庭を大事にするつもりの割り切った恋愛が本気になった時には、暗黙のルールも心のバランスも既婚男性にはコントロールが難しくなっていることを実感します。

家族との時間の中で、不倫相手のことを思い出した時に既婚男性の心は切り替わるはずです。

ダブル不倫(W不倫)で既婚男性が妻よりも既婚女性を愛してしまうとどう変わる?遊びから両思いへ変わっていく時のサイン

お姫様のように扱ってくれるようになる

不倫相手の女性のことを本気で愛してしまうと、既婚男性はだんだんと浮気相手に対しての態度や行動が変わってきます。

不倫相手の男性にとってダブル不倫の相手の女性が妻よりも愛しい相手になると、とても大切で宝物のように感じるものです。

普段何気なくしていることでも、全てにおいてエスコートしたくなることでしょう。

男性の愛情表現は、エスコートという表現で見られることが多くどんなに些細なことでも手を差し伸べたくなるものなのです。

例えば、二人で歩いているときにそっと車道側に回って歩いてくれたり、車や店のドアを先に開けて浮気女性が通り過ぎるまで待っていてくれたり、サッと何気なく荷物を持ってくれたりとさりげない優しさが溢れてきます。

わかりやすいエスコートだけでなく、お店でご飯を注文する時に先に既婚女性が食べたいものを聞いて注文する、帰る時間を気にかける、段差でそっと手を差し出す、など気をつけていないと気がつかないような場面でも優しさは現れているはずです。

それは、体を重ね合わせるときにも見られます。

不倫相手の女性の服を丁寧に脱がせてあげる、優しく体に触れる、帰るときにも丁寧に服を着させてくれる、など女性にとってくすぐったくなるほどに何もかもしてくれるようになるのです。

男性はそうやって本気で好きな女性に対してはわざとらしくない優しさが溢れてきます。

様々な場面で「エスコートしてくれているな」と感じることがあれば、既婚男性の気持ちは大いに愛情に溢れているのです。

ダブル不倫で既婚男性が妻よりも既婚女性を愛するとその愛情からエスコトートされることが増え、お姫様のように扱ってくれるようになります。

時間や予定の都合を優先してくれるようになる

W不倫はお互いに家庭があるため、家庭の都合を優先させてデートをすることが一般的です。

大人の遊びの関係であれば尚更その常識のままW不倫が成立しています。

既婚男性は自分の家庭の都合の隙間時間をみつけてダブル不倫を楽しもうと思うのです。

しかし、本気になった既婚男性においては自分の都合よりも不倫相手の女性の都合を先に聞いて時間のやりくりをするようになります。

これは「自分の都合に合わせることで既婚女性に負担になっていることがあるのではないか?」と心配していることから起きるものです。

本気で好きな人には苦しんで欲しくない、無理をして欲しくない、と思っています。

既婚男性の都合に合わせてデートをすることでもし既婚女性の予定に無理をさせてしまっているのであれば、不倫相手の女性の家庭に影響が出るかも知れないということも心配です。

妻よりも愛している既婚女性だからこそ、家庭に影響が出ることが一番彼女を苦しめることだと既婚男性はきちんと理解しています。

不倫相手の女性を苦しめないためには第一前提として家庭がうまく回っていることにあるはずです。

「隙間時間でも会ってくれるなら僕は幸せだ」と男性は考えています。

本当はすぐにでも飛んでいきたい気持ちを我慢できるのは、浮気女性が笑顔でいてくれるからです。

既婚男性が既婚女性の時間や予定の都合を優先してくれるようになることは、大切な彼女に無理をして欲しくないという気持ちが働き、家庭の都合を優先することで浮気女性の都合のいいように動けるよう配慮しています。

奥さんより浮気女性のことを愛すると、いつも笑顔でいてほしいことが一番の願いなのでしょう。

お泊まり旅行に誘ってくれるようになる

ダブル不倫においてお泊まり旅行なんてものはそうそう簡単に出来るものではありません。

二つの家庭が影響されるため、お泊りのための予定のやりくりや、嘘の準備、証拠を残さないための配慮などを考えると思いつきで出来るはずがないのです。

ダブル不倫において既婚男性がお泊まり旅行に誘うということはかなりの覚悟を持っています。

不倫相手の家庭の都合は重視したいけれど、自分の家庭はバレるかもしれないと思っている可能性も高いはずです。

逆に不倫相手の女性に夢中すぎて自分の家庭への不安に関しては気が付いていない場合もあります。

どちらにしても既婚男性の家庭の心配よりも不倫相手の既婚女性と「一緒にどこかへ旅行に行きたい」という気持ちのほうが上回っていることが分かるはずです。

不倫相手と一緒にいる時間に既婚男性がとても癒されて楽しい時間を送っていることがよくわかります。

普段のデートでは時間が足りないと思っているのでしょう。

ダブル不倫ではパートナーや周囲にバレてしまうリスクが2倍になっているので、お泊まりデートは相当危険だと言えます。

それでも既婚男性は妻よりも既婚女性のことを愛してしまっているので、リスクは承知で一緒にいることを提案しているのです。

二人で一泊旅行に行けると楽しいですが、実際に旅行に行ってしまうと不倫の歯止めがきかなくなる可能性も大きくなり旅行自体がバレる危険性が高いものなので、既婚女性がその話を受ける時には一緒に覚悟をしてから行く必要があります。

愛情だけでは危険回避をすることは無理なので、しっかり話し合ってから決めることが大切です。

それにしてもとても気持ちが伝わるデートの誘いと言えるでしょう。

ダブル不倫(W不倫)の連絡(line、メール、電話)でわかる既婚男性の本気度

既婚男性からの連絡が頻繁になる

ダブル不倫では連絡は必要最低限に留めることを意識している人も少なくはありません。

それもそのはず、ダブル不倫では何気ないlineやメールでもお互いのパートナーにバレてしまうリスクが高くなるからです。

ダブル不倫では限りある時間のデートで愛情を確認し育むことが重要になっています。

どちらか一方だけが気をつけていても、自分が送ったメッセージで相手の家庭を壊してしまうこともあるのです。

会う日にちを決めるメッセージや短い会話で済ませる電話など、離れている間は連絡をなるべくとらないようにすることがダブル不倫を続けるためには必要になってきます。

しかし、既婚男性が不倫相手の女性を本気で愛してしまうと離れている間の気持ちが抑えられなくなってくるものです。

デートの日程を決めるだけの連絡では足りなくなり、今何をしているのか、どんなことがあったのか日常を聞いてみたくなってきます。

会っている時に楽しければよかった割り切った関係であれば、いつどこでデートしようがその点には重要視していなかったでしょう。

ホテルに直行デートも多かったはずです。

しかし、感情を伴い本気で好きになった人とは一緒にいる時間はとても重要でどこでどうすごすかもとても気をつけるようになります。

そのため、会えない間は次のデートのことを考え「ここに行ってみないか」「あの場所がキレイで見せてあげたい」と内容や期待まで連絡をするようになるのです。

既婚男性が仕入れた情報の中で「既婚女性が喜びそうなことは全部してあげたい」と思う情報はいち早く教えてあげたくなります。

既婚女性のことを本気で好きになれば既婚男性からの連絡が頻繁になるのもこういった理由からでしょう。

「おはよう」や「おやすみ」など小さな連絡が増える

既婚男性にとってダブル不倫は日常を犯してはいけないものです。

そのため不倫相手と離れている間は忘れてしまうことがW不倫では浮気相手と一番楽に付き合えます。

お互い家庭が一番大切なのは変わらないし、干渉し合わないことがW不倫をしている二人にとっても余計な心配やトラブルを避ける有効な手段です。

不倫関係に慣れてくると連絡が少なくなる男性も多い中、本気で愛している女性には何でもないことでも会話をしたくなります。

通常であれば男性はLINEやメールを煩わしいと感じる人も多く、既婚女性は「連絡しても返ってこない!」と怒ってしまうこともしばしば聞く話ですが、浮気相手の女性のことをずっと考えてしまうダブル不倫中の既婚男性にとっては離れている間も相手の存在を感じていたいと考えているのです。

「おはよう」や「おやすみ」など生活で使う言葉こそが既婚女性を普段から近くに感じている証拠であり、一緒にいないことが寂しいと思っているアピールにもなっています。

既婚女性から挨拶LINEを送ることはよくあることですが、男性が仕事で忙しく家庭では落ち着きたい時に挨拶LINEをしてくるということは、よほど不倫相手の女性のことを好きだということです。

男性は日中の仕事をしている時にプライベートの連絡をすることも嫌がることで有名ですが、こちらも愛する不倫相手のためなら小さな連絡ができるようになります。

少しの空いた時間に電話をしてきて「今何してるの?」「これからお昼ご飯食べるよ」など女性並みに小さな連絡や報告の連絡が入ってくるはずです。

本気で愛してしまった既婚女性には小さな連絡が増えることこそが気持ちの表れといえるでしょう。

自分から「好きだよ」とLINEを入れてくる

不倫をする男性は追う恋愛を楽しんでいることも珍しくありません。

既婚者という高いハードルがある女性を振り向かせることに燃えたり、なかなか会えないからこそ「会いたい」と女性に言わせたりすることが喜びになります。

もともと男性は狩猟民族のため獲物を狩る感覚が恋愛にも現れるのです。

ダブル不倫の既婚男性は既婚者同士のためお互いに遊びと割り切って軽い感覚で付き合うカップルも多くいます。

そのため「愛しているよ」「好きだよ」「ずっと一緒にいたい」などの言葉は意図して使わない既婚男性も珍しくはありません。

特にLINEやメールでは不倫の証拠となる可能性があるため、会っている時にこの言葉を使う人でさえ避けるワードです。

しかし本気で既婚女性のことを愛してしまった既婚男性は溢れる気持ちを伝えたくて仕方がありません。

デートのときはもちろん、夜の営みの時も、そして離れている時でもつい「好きだよ」と言葉が溢れてきます。

妻よりも愛しているため、そこまで大きくなった気持ちを我慢するつもりもなく心から溢れるままに伝えているはずです。

「好きだよ」と伝える行為自体が“追う恋愛”の延長なので、既婚男性はこの行為自体に危険だという認識よりも既婚女性に受け取ってもらいたいという駆け引きのような楽しみを見出している可能性があります。

メールやLINEを奥さんにチラリとでも見られたら即アウトな言葉を使ってしまえるほどに、ダブル不倫の既婚男性は既婚女性のことを本気で愛してしまっているのです。

男性は恋愛において追いかける状態こそ気持ちが盛り上がるものはないといえるでしょう。

ダブル不倫(W不倫)で既婚男性の本気度が高い態度!既婚者同士だけど既婚女性に惚れている時

キスを大切にしてエッチしなくてもいい時がある

不倫関係では“体の関係”が全てのカップルも珍しくなく、割り切った関係としてダブル不倫を楽しんでいます。

そしてその割り切った関係の共通の特徴は、本気と遊びのラインがきっちりしていることにあるものなのです。

例えば、奥さんには「愛してる」と言葉にして言うけれど不倫相手には「愛してる」とは絶対に言葉にしない、奥さんとはエッチはしなくてもキスを大切にするけれど不倫の既婚女性にはキスはせずにエッチをする、奥さんには些細な心配をするけれど浮気相手には依存を防ぐため心配はしない、などがあげられます。

男性にとって「愛してる」という言葉やキスや相手を気遣うことは、どれも気持ちのつながりが強いものと考えていることです。

遊びの割り切った関係であれば気持ちは必要ありません。

中でも、キスという行為はそれだけで気持ちが通じ合うものであると考えている人は多く、女性でもエッチは受け入れてもキスはダメと拒否する人もいるほどです。

気持ちがつながるキスは、目を見てしっかりと愛している気持ちを込めてしたり既婚女性の気持ちを確認したいがためにするものだったり、浮気女性が可愛すぎてついついしてしまったりとどれも愛しているからこそ行動に現れているものといえます。

不倫相手の女性の目を見てゆっくり優しくキスする場合は、とても愛情が深く浮気相手への思いやりが溢れていることがわかるはずです。

ダブル不倫においてデートの中で既婚男性がキスを大切にしていて、エッチをしなくてもいい時があるのは本気度が高いと言える態度でしょう。

会話の時に体ごと振り向いてくれる

人の気持ちは分かりやすい態度に出ることがよくあります。

嫌いな人には会うことも目を合わせることも嫌なものですが、本当に好きな人となると真逆の反応でずっと一緒にいたいし真剣に目を覗き込んで話を聞きたくなるものです。

ダブル不倫では適度にお互いの距離をとっていてもやはり気持ちの変化は態度に現れてきます。

既婚男性が既婚女性のことを本気で惚れている時には、デートの時は穴が開くほど不倫相手の女性のことを見つめるでしょう。

二人が並んでいても浮気女性が話を切り出すと、会話の時に体ごと振り向いてくれます。

話をする人の方へ体全体で向けるということは心理学でも信頼している証と言われ安心感や好意の現れと言われているほどです。

今から話をする相手に対して「ちゃんと聞きますよ」というアピールであり、ダブル不倫においても既婚女性の話を「受け止めますよ」という姿勢で聞くことで既婚男性は”信頼して欲しい”という意味合いも含めています。

しかも会話の時に体ごと振り向いてくれるしぐさは、ほとんどの場合無意識と言えるのです。

無意識の状態で既婚女性に対して安心感を出しているのは、かなり本気度が高い態度といえます。

会話の時にどんな態度で話を聞いているかというのは、言葉やエッチの回数よりもはるかに確実な信頼を確認する方法です。

無意識にしている態度をしっかり観察することで他にもたくさん本気度の高い態度は出てきています。

聞き取りにくかった言葉を聞き返すときに耳に手を添えて「聞き逃さない」ようにするしぐさ、目があった時に何気なく既婚女性の髪の毛を触ってくるしぐさ、デート中は他の一切を中断するしぐさ、などどれも真剣に不倫相手の女性と向き合おうとする姿です。

会話の時に体ごと振り向いてくれるかどうかチェックしてみると彼の本気度を覗くことができるでしょう。

帰り際に寂しそうな顔をする

ダブル不倫のデート時間はあっという間に過ぎていくものです。

既婚男性と既婚女性は都合を合わせることだけでも大変なのに、非情にも時間は待ってくれません。

割り切った関係であれば体を重ねる時間さえあれば、目的は達成したのも同然なのでまた気持ちを切り替えて次のデートまで日常を乗り越えていくことができます。

しかしダブル不倫で感情を絡ませているとやはり家庭に帰るために離れることは切なくなるものです。

本気度が高ければ高いほど、帰り際が辛くなってしまいます。

よく女性側が「帰りたくない」とダダをこねることはありますが、男性は平気そうな顔で帰ってしまう人も珍しくはありません。

既婚者同士だけど既婚女性に惚れている既婚男性は、彼女が困ることはしたくないけれど家庭に帰っていく姿はやはり心が苦しくなってしまうため、つい表情に出てしまうのでしょう。

「もっと一緒にいたいけれど、帰るなとも言えないし」という葛藤が湧き上がっています。

そして次に出てくるのは「次はいつ会える?」という次回の約束です。

既婚男性も仕事や家庭の都合など忙しいためすぐに予定が分かる人は少ないとは思いますが、次にいつ会えるのかわからない状態のまま帰ってしまうことがとても苦しくなります。

もちろん既婚女性も仕事に家庭に忙しいのですぐに予定がわかる人も少ないですが、「だいだい次の○曜日くらいなら大丈夫かも」と返事をすると、とても喜んで幸せいっぱいの表情になるものです。

男性は感情を意図して表現することは苦手ですが、嘘をつくことも苦手なので本心が表情として表れやすくなっています。

ましてや楽しいデートで心が満たされているので、その表情は心そのもののように素直に表れているにちがいありません。

既婚男性が本気で既婚女性に惚れているときは、離れてしまうことが辛くて仕方がないため、帰り際に寂しそうな顔をするのです。

不倫相手の彼の帰り際の表情をしっかりと観察することで、本気で既婚女性に惚れているかどうかを確かめることが出来るので素直な心のままの表情を見てみましょう。

ダブル不倫(W不倫)で既婚男性の本気度が高い行動!既婚者同士だけど妻との離婚や二人で一緒になる事を真剣に考えてる時

離婚後の二人の将来計画を話してくれる

既婚男性が真剣に既婚女性と一緒になることを考えると、必ず奥さんとの離婚を考える必要が出てきます。

結婚とはちがい離婚はとても勇気と忍耐力のいる出来事です。

奥さんへ別れを切り出すことから始まり、話し合い、これからの子供のこと、お金のこと、財産のこと、両親の介護のこと、などなど気が重くなる話ばかりが待っています。

その中でも唯一明るい話題といえば、これから一緒に過ごそうと考えている既婚女性との未来です。

本当に離婚を考え動き出している既婚男性は、簡単に「妻とは離婚するよ」と何度もいうようなことはなくなり既婚女性へ対して不確かな愛情表現は失礼だと考えます。

しかし、離婚の話についてはきちんと前に進んだ分不倫相手の女性に報告をしてくれるようにもなり離婚後の二人の将来計画を話してくれるようになるのです。

既婚男性は、離婚についての気が重くなる話の重圧に耐えきれなくなりそうになりながらも、離婚後の不倫相手の女性との将来を考えることで乗り越えることができます。

元々奥さんとうまくいっていなかった夫婦であれば別れる話も少しは進みやすいかもしれませんが、子供がいるとやはり決めなければいけない内容は重大でありとても慎重に進めるべき話です。

ダブル不倫は家庭が上手くいっていて不倫を楽しんでいる既婚者同士も多いため、その場合は不倫相手に本気になってしまってからの妻への別れの切り出し方が非常に難しいものになります。

今まで家庭は上手くいっていたのに急に別れを切り出された奥さんはパニックになり、不倫がバレてしまう可能性も高まるのです。

それでも妻との離婚後に待っているであろう既婚女性との将来の話してくれる既婚男性は前向きな姿勢で既婚女性とのことを考えているでしょう。

妻と話し合いのため、デートが減る

「なんだか最近デートしてくれない、あんなに愛し合っていたのに急に冷めてしまったの?」と不安になる既婚女性もいるはずです。

男性は本当に愛している女性に対して、急に愛情がなくなるということはありません。

デートをしてくれなくなる前に彼はどんな様子だったかよく思い出してみましょう。

「あんなに愛し合っていたのに」と感じることが、既婚男性の表面だけのパフォーマンスだけでなく、心から愛しているサインがしっかりと確認できるようであればそれはやはり不倫相手の男性が心から愛していると伝えていたと考えられます。

例えば、正面から手を握って目を見つめながら「愛してる」と伝えていたり、「これからのことちゃんと考えてるから」と既婚者同士のことを伺わせることを言っていたり、エッチをしなくてもいいデートがあっても満足していたり、と既婚女性への愛情が妻よりも高いと言える態度が見られているはずです。

急にデートをしてくれなくなった、というのは離婚のために彼が動き出したと考えられます。

既婚男性は本格的に動き出す時にわざわざ「すぐ離婚するから待ってて」とは言いません。

これから話し合いをして妻との話し合いがどのように進むのかはその時にならないと分からないことで、すぐ離婚出来るかどうかは保証できないため、きちんと結果が見える段階で不倫相手の女性に進捗を伝えたいと思う男性は少なくないのです。

浮気女性に対して本気度が高い時には自分の言葉でむやみに彼女を期待させてしまうことを恐れるようになっています。

期待させて叶わなかった時の苦しむ不倫相手の女性の姿は既婚男性にとってもとても悲しい状況となるからです。

急にデートが減って、たまに既婚男性と連絡が取れたときに愛情表現がしっかりあればそれは妻との話し合いのためにデートが減っていることだと考えられるでしょう。

既婚女性の気持ちを何度も確かめる

既婚男性にとって、これからずっと一緒にいようと考えている既婚女性の気持ちはとても重要なことです。

既婚者同士が一緒になろうとすることは問題が山積みとなっています。

不倫をしているお互いが離婚をする必要があり、不倫関係だとバレないように進めなければいけないはずです。

通常の離婚手続きだけでもかなりの精神的に苦痛を伴うことも多いと言われています。

離婚話を進めるときには、不倫がバレてしまう可能性も急激に高くなるものです。

夫婦間に問題がなければ不倫を疑われ、知らない間に探偵を雇われて証拠を突きつけられることもあります。

もしバレてしまえば訴えられて慰謝料請求、養育費の請求など金銭的負担も大きくなるでしょう。

そのリスク自体もダブル不倫であれば二倍であるのです。

既婚者同士だけどこれから妻と離婚しようとしたり、二人で一緒になろうとしている既婚男性は一人だけの愛する気持ちだけでは最後までたどり着くことはありません。

そのため、既婚女性の気持ちを何度も確かめてきます。

不倫相手の女性の気持ちが旦那との離婚や不倫相手の男性との結婚を考えていなければ既婚男性が家庭を失って終わってしまうことになるのです。

一緒に過ごすためには、彼女も同じ手続きをしてもらう必要があります。

しかし、本当に何もかも失ってしまう可能性もあるため先行して既婚男性が離婚をしようとしている時には浮気女性の気持ちがとても重要なのです。

既婚男性としてはすぐに離婚話を進めようと思っていても、既婚女性がいつ頃一緒になりたいと思っているのか、彼女も自分と一緒になりたいと思っているのか、子供はどうするつもりなのか、など具体的に確認しないと不倫をしている男性も動くに動けないと状態となります。

二人で具体的な話を詰めていきたいと思っているにちがいありません。

「これからの僕たち、どうしたいと思ってる?」「本当に俺のこと好き?」と自分に対しての愛情の確認を始め、ざっくりとしていてもいいから不倫相手が一緒になるつもりがあるのかどうかなどを確認してくるでしょう。

ダブル不倫で既婚男性の本気度が高くなると行動や態度でサインが現れる

ダブル不倫では周囲にバレてしまうリスクも二倍となっており、家庭優先で割り切った関係で始まったカップルが多いと言えます。

しかし、ともに時間を過ごし悩み共有したり秘密を共有したりするうちにかけがえのない存在へと変わっていくこともあるものです。

ダブル不倫の中で遊びの関係から本気に変わる瞬間を迎えた時から、既婚男性の中では気持ちが大きくなり態度や行動も変わってきます。

既婚女性だけが彼のことを本気で好きなのではないかと不安になる前に、既婚男性の態度や行動に本気度が高いものがあるかどうかを確認してみることで不倫相手の彼の気持ちがわかるのです。

既婚男性にとって不倫相手の女性の存在が妻よりも大きくなれば、扱いも変わってくるため既婚女性はくすぐったく感じるものもあるでしょう。

しかし、男性は言葉よりも行動の方が信頼出来ると言えます。

本気度が高いダブル不倫は追いかける恋愛だけを楽しんでいるのではなく、既婚女性のことを心から愛しているからこそ、彼女は彼にとって安心と癒しと居場所となっているはずです。

ダブル不倫で既婚男性の本気度が高い妻より愛してる時の態度や行動をしっかり見極めて彼の愛情を受け止めましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG