ダブル不倫で気持ちを抑える方法。既婚者同士で会えない事や嫉妬心への対処法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

ダブル不倫だとお互いに家族がいるのでお互いの気持ちが分かりやすく、長く続きやすいというメリットがあります。

一方で、長く付き合えば付き合うほど、普通に会えない苦しさや辛さを味わうことも。

実は、既婚男性よりも既婚女性の方がダブル不倫で本気になりやすいことがわかっています。

既婚女性が気持ちを抑えられない場合にどんなことが起こるのか、嫉妬心に対処する方法や辛さを和らげる方法をご紹介します。

目次

ダブル不倫(W不倫)で既婚女性が既婚男性に対しての気持ちを抑えられない、抑えられなくなる理由って?

離婚をしないことに怒りを覚えてしまうから

既婚女性がダブル不倫で相手を好きな気持ちを抑えられなくなって暴走してしまったり、好きで付き合ったはずなのに好きでいるのが辛くなって別れてしまうことがあります。

お互いに楽しいから始めたはずのダブル不倫で、既婚男性に対して気持ちを抑えられなくなる理由として一番大きいのは、相手が離婚しないことに苛立ちを覚えるからです。

基本的に不倫恋愛においては、男性よりも女性の方が本気になりやすいと言われています。

女性の方が、誰かに愛されたい、認めて欲しいという欲求が強く、恋愛にのめり込みやすいからです。

「どうして私のことを好きなのに離婚しないの?」「離婚した方がお互いに幸せになれるのに」と、離婚をしない男性に怒りを覚えるようになってきます。

その怒りはやがて執着に変わり、不倫相手に対して、「この人でなければだめだ」という思いが強くなります。

自分でも相手を好きな気持ちや相手に執着する気持ちが抑えられなくなり、楽しいはずのダブル不倫が辛いものになってしまうのです。

ただ、女性も男性もお互いが相手への気持ちを強くしているのであれば問題はないのですが、問題は既婚男性の方はあまり不倫相手にのめり込む人が少ないという事実です。

不倫恋愛をする理由はもちろん人によって違いますが、男性の場合は肉体的関係を目的にしていて、心で繋がったり、心理的に支えになるということはあまり重視していません。

肉体的な関係を結ぶのが目的の人が多いので、誰が相手なのかはあまり重要ではなく、不倫相手に執着しない人が多いのです。

もしもうまくいかなかったり、相手に降られてもそれほど気にしない既婚男性に比べて、既婚女性の方はそうではなく、不倫恋愛であっても心のつながりを重視し、既婚男性に対して執着しがちです。

このように、男女で不倫恋愛をするスタンスが違うのも、既婚女性の気持ちが抑えられなくなる原因の一つとなります。

不倫相手の家族のことを想像してしまうから

不倫相手の男性への気持ちが抑えられなくなる理由としてあげられるのは、相手の家族のことや家庭のことを相談してしまい、嫉妬心が抑えられなくなることです。

特に、相手の家族と会ったことが会ったり、男性が家族の話をよくする場合はその傾向が強いです。

ダブル不倫というと、お互いに家族のことはあまり話さないというのが暗黙の了解ですが、お互いに共通の知り合いいて家族同士の付き合いだったりすることもあるでしょう。

既婚男性の方が、聞いてもいないのに奥さんや子供の話をすることもあると思います。

相手の家庭のことを想像できるようになると、次第に想像がリアルになってきて、家族と過ごす男性のことをイメージするようになります。

相手の家庭のことが全然イメージできないと、嫉妬するにもリアルな想像ができないので、相手への執着はそれほど強くならず、感情を抑えるのもあまり難しくはありません。

しかし、相手の家族のイメージが具体的にできるようになればなるほど相手の家族のことや不倫相手のことを考える時間が多くなってしまい、自分の気持ちが抑えられなくなるのでdす。

それがきっかけで今までは感じていなかった嫉妬心を感じるようになり、相手への気持ちが高ぶってどうしようもなくなってしまうのです。

相手の奥さんが綺麗な人だったり、仕事ができる人だったり、自分よりも優れている点が多いとなおさら嫉妬してしまうようになります。

「どうせ私なんて二番手なんだ」と、楽しかったはずの不倫恋愛がマイナスな感情で埋め尽くされてしまうことも。

やっぱり奥さんのことが大事なんだなと、これまで不安に思わなかったような些細なことで不安になることも増えるかもしれません。

しかし、「奥さんと私、どっちのことが好きなの?」「どっちをより愛しているの?」などとストレートに聞くことは不倫恋愛を長く続ける上ではNGです。

そのため、不倫恋愛を楽しむためにはなるべく不倫相手の家族のことを想像したり、直接家族に会ったり、不倫相手から家族の話を聞くことはお勧めしません。

相手の男性が家族のことを話すような場合は、「そういう話は聞きたくないなあ」と軽く牽制しておくと良いでしょう。

もしくは、嫉妬深い人の場合は自分の家族の話を積極的にすることで、家族の話をするとこんなに嫌な感情になるのか、と実感させてあげることも有効です。

相手の一番になりたい、一番愛されたいという気持ちがあるから

好きな人ができると誰しも、「この人の一番になりたい!一番愛されたい」という感情を持つものですよね。

不倫恋愛であっても、長く付き合えば付き合うほど女性は特別扱いされたいと感じるようになり、彼の気持ちを独占したい欲が出てきます。

つまり、不倫恋愛の本気度が上がって、家庭よりも不倫恋愛に熱が上がってきているのです。

実際の結婚生活があまりうまくいってなかったり、夫婦関係が冷めてきていたり、旦那さんがあなたのことを特別扱いしなくなってしまったら特に浮気相手に愛されたい気持ちが高まります。

浮気相手に愛されたい、相手の一番になりたいという気持ちは素直な気持ちで、誰しも思うことなのですが、不倫恋愛においてはそれが恋愛の足かせになる場合もあります。

ダブル不倫恋愛と普通の恋愛が違うのは、お互いに違う相手がいて、お互いにそのことを理解しているということ。

そのため、自分よりも奥さんを優先されることが発生してしまうのです。

そんな時、相手の一番になりたいという気持ちが強くなり、感情が抑えられなくなると、「奥さんのところに行かないで!」「奥さんと別れて!」などと相手への要求が強くなり、破局につながる可能性が高くなります。

相手もあなたと同じくらい感情が高ぶっていて、相手の一番になりたいという気持ちが大きければそれは問題はないと思いますが、そうではなく、あなただけ気持ちが高ぶってしまうと、それは不倫恋愛に亀裂を及ぼしてしまうのです。

せっかく楽しく不倫恋愛をしているのに、感情を抑えられなくなって破局してしまうことは避けたいですよね。

ダブル不倫(W不倫)で既婚女性が気持ちを抑えられないと二人の関係に起こる事

家庭を顧みずに不倫に没頭してしまい、最悪の場合は結婚も不倫もうまくいかなくなることも!

ダブル不倫で既婚女性が気持ちを抑えられなくなってしまうと、女性は過程を顧みずに不倫に没頭してしまうことがあります。

不倫相手の既婚男性のことしか考えられなくなってしまい、何をするにも心ここに在らずで集中することができません。

不倫相手に会うためなら自分を犠牲にしたり、先に入っていた予定をキャンセルしてまでどうにか時間を作って会いにいってしまうでしょう。

一度や二度ならいいのですが、そのようなことを続けていると不倫のせい自分の家庭がおろそかになってしまうこともあります。

家庭をおろそかにしてしまったり、いつも上の空だったりすると、それは当然家族や夫にも不倫のことがばれやすくなります。

不倫がバレてしまい、しかもその不倫恋愛が遊びではなく本気だと知られてしまったら、結婚生活に亀裂が入り、最悪の場合離婚や別居なんてこともあります。

それだけでなく、不倫恋愛に没頭しすぎて重い女になってしまうと、不倫恋愛相手の既婚男性にもウザいと思われて振られてしまう可能性もあります。

既婚男性が不倫恋愛をするモチベーションは女性とは違い、体の関係や、カジュアルな恋愛をしたいという人がほとんどです。

それなのに相手の女性が自分に執着するようになると、別れたいと思う男性も多いのです。

このように、不倫恋愛において感情が暴走してしまい、自分の感情が抑えられなくなってしまうと、不倫恋愛も結婚生活もどちらも失ってしまう可能性があります。

そのため、不倫恋愛は適度に楽しみながら、自分の感情が暴走しないようにコントロールする必要があるのです。

特に女性は不倫恋愛にのめり込みやすいということを理解して楽しむ必要があるでしょう。

恋愛に集中しすぎてしまい、暴走してしまうことも!

女性は体の関係だけでなく、心のつながりを求めて不倫恋愛を楽しむ傾向にあり、そのせいで暴走してしまうことも少なくありません。

自分が相手のことを思う気持ちと同じくらい相手にも同じ気持ちでいて欲しいと感じ、「もっと私のこと愛してよ」「奥さんなんてどうでもいいじゃん。」などと、重い発言してしまうことも。

普通の恋愛であれば、お互いが楽しければそれでも良いのですが、ダブル不倫恋愛はそうはいきません。
不倫恋愛においては、女性の側が感情をコントロールできずに暴走してしまうと、相手の家庭や自分の家庭を壊してしまうこともあります。

既婚者同士の恋愛を楽しむには、相手の全てを欲しくなっても我慢する、相手の全てを手に入れようとしないことが大切なのです。

極端な例ですが、不倫恋愛で周りが見えなくなってしまって、自分や相手が既婚者であり、妻、夫であることを忘れて行動してしまい、そのせいで相手の家族や職場に不倫がバレて慰謝料を請求されたり、社会的に信頼が落ちることもあります。

それほどまでに人のことを好きになれるのはとても幸せなことなのですが、彼のことを独占して良いのはあくまで彼と過ごす時間だけだということを肝に命じていなければいけません。

そうでないと、相手の男性を傷つけ、自分も傷つく結果になってしまうでしょう。

女性は本気で恋愛をすると、既婚、未婚に限らずその恋に集中しがちです。

不倫恋愛が盛り上がり、二人の関係をもっと長く続けたいという気持ちが強くなると、相手のことをもっと知りたくなり、未来のことを考えるようになるのは自然なことです。

好きな人と結婚したい、これからの人生を一緒に生きていきたいという思いはとても素敵なものでもあります。

しかし、自分が既婚女であるという意識を常に持って、家庭に戻れば彼のことを忘れるように努力することが、ダブル不倫恋愛がうまくいくコツです。

相手と一線を引くようでちょっとさみしいかもしれませんが、これくらい自分を客観視しておかないと、リスクが大きすぎるのです。

二人の関係だけにしか頭が回らず、勢いで離婚してしまうのが最悪のパターン!これだけは避けよう

ダブル不倫恋愛でお互いに相手に本気になった場合、離婚して不倫恋愛の相手と一緒になるのは不可能まことではありません。

お互いに不倫相手の方が好きで、その人とこれから一生一緒に生きていきたいと心から願うのであれば、そうすることがお互いにとっての幸せでしょう。

実際に、ダブル不倫恋愛から離婚し、結婚したという夫婦もいます。

しかし、ダブル不倫で周りが見えなくなてしまい、一時の感情に振り回されて離婚してしまうのは、一番やってはいけないことです。

なぜなら、不倫恋愛から離婚し、不倫相手と結婚するというのはそれ自体に大きなリスクがあるからです。

例えば、不倫をしていて、不倫相手と結婚したいから離婚をする場合、夫に慰謝料を払わないといけないケースがあります。

その額は場合によりますが、数百万円ほどすることもあります。

離婚するだけなのに、慰謝料が発生してしまうと、これからの生活に支障が出てしまいますよね。

それだけではなく、不倫相手が職場の人だったり、仕事関係の人だった場合は部署移動や退職せざるを得ないことがあります。

退職をしなくて良い場合でも、不倫恋愛をしていたことが周囲の人にバレてしまうと、仕事をしにくくなってしまいます。

あなたの方は離婚して不倫相手の人と一緒になりたいと思っていても、相手はそうでない可能性も大いにあります。

男性は不倫において、心のつながりよりも体のつながりを重視する人が多いので、「君だけだよ」「一番好きだよ」などと、本心とは違う甘い言葉を囁いてあなたをつなぎとめようとすることもあるからです。

また、不倫恋愛の時は特別感があり、日常と違う刺激があって楽しかったけれど、いざ離婚して付き合ってみたらちょっと違ったというのは男女共によくあることです。

普通の恋愛と違い、不倫恋愛はスリリングで刺激的なので、その刺激がなくなってしまうと以前と同じように付き合っていくことができないことが多いのです。

このように、不倫恋愛に本気になっても、すぐに離婚をしたり、すぐに何か次のステップに進もうとすることはお勧めしません。

不倫恋愛は吊り橋効果もあり、相手のことが通常よりも良く見えていることを理解して、冷静に判断することが大切です。

不倫恋愛はバレなければ、気楽で楽しいものなので、最低限のことに注意して楽しむ必要があるのです。

ダブル不倫(W不倫)で会えない時、愛されてるか不安な時に気持ちが抑えられない女性がとってしまう行動

彼に直接不安な気持ちをぶつけてしまう

先ほど説明したように、ダブル不倫は愛されているのか不安になったり、相手への気持ちが抑えられなくなって苦しくなるものです。

特に、男性よりも女性の方が愛されているか不安を感じやすいので、ダブル不倫においては女性の方が辛くなってしまうことが良くあります。

そんな時、多くの女性がやってしまう失敗が、不安な気持ちを隠さずに直接不倫相手にぶつけてしまうことです。

「私のこと、昔ほどは好きじゃないでしょ?今も本当に好きなの?」「もしかして、私と別れたいと思ってるの?」「奥さんの方が好きなの?」こんな質問を直接投げかけてしまうようになります。

恋愛においては、自分の気持ちを押し殺しすぎずに直接素直な気持ちを伝えることはとても大切ですが、不倫恋愛においては不安な気持ちを直接相手にぶつけることはオススメしません。

なぜなら、不倫恋愛をしている男性というのは面倒な恋愛を好まない人が多いからです。

相手の女性が必要以上に自分のことを好きになってしまったり、自分に本気になると別れたくなるという男性が多くいるのです。

女性から見ると不誠実に見えますが、これが不倫をする男女の気持ちの違いです。

そのため、不安になった気持ちを直接相手にぶつけると、面倒になって逃げられてしまう可能性が高くなります。

不安な気持ちを誰かに言いたくなる気持ちもわかりますが、彼に直接不安を伝えるのではなく、遠回しに遠慮がちに伝えたり、不安な気持ちは彼ではなく友達に相談するなど努力する必要があります。

不倫恋愛、特にダブル不倫恋愛は普通の恋愛にくらべて自由が少なく、お互いに家庭があるので不安や心配はつきものです。

ダブル不倫で不安になるのは当たり前なのですが、それをぶつけてしまうと別れが近づいてしまうので、なるべく自分で対処する方法を考えてみましょう。

どうしても自分の不安な気持ちを伝えたくなったら、相手もあなたに対して本気で向き合ってくれるかを見極めてから相談すべきでしょう。

そうすることが、不倫恋愛を長く楽しむ秘訣です。

急に自分磨きを始めて、ダイエットやオシャレにいつも以上に力を入れるようになる

ダブル不倫で、将来のことを不安に思ったり、彼が自分のことを愛しているのか疑問に思った時、直接その気持ちを伝えられる人は多くはありません。

直接伝えることはできないのに、不安な気持ちは大きくなる。

そんな時、多くの女性はダイエットやオシャレなどの自分磨きを始めて、彼にあなたのことをもっと好きになってもらうような努力をするようになります。

「私のことをもっと好きになって!」「奥さんよりも私のことを見て!」そう口で伝えることは難しいので、誰よりも魅力的になって、彼にもっと好きになってもらえるように努力しようとするのです。

意識的に努力する人もいれば、自分でも気づかないうちに自然と自分磨きをするようになる人もいます。

恋する女は綺麗と言いますが、その綺麗になるモチベーションは、幸せな気持ちだけでなく、不安な気持ちも含まれるのです。

不安に思えば思うほど、今できる範囲で自分を磨こうとします。

いつもはデザートを必ず食べていたのに、ダイエットや体型維持のために控えるようになったり、普段は着ないような、彼好みの服を身につけるようになったりします。

地道な変化は気づいてもらいにくいものですが、気持ちとしては、何もしないよりは不安な気持ちも和らぐのでオススメの方法です。

ただし、不安な気持ちがなくなるわけではないので、根本的な解決には繋がりません。

彼に振られないように先回りして、相手により尽くすようになる

彼が私のことを嫌いになったかもしれない、不倫を終わらせたいと思っている気がする、そんな不安を感じると、彼に振られてしまわないように、先回りして彼により尽くすようになる女性も多くいます。

自分の都合や自分の気持ちは後回しにして、彼のためを思って行動することが増えるのです。

例えば、先約があったのに彼との約束を優先してしまったり、彼に頼まれたことは断れなくなったりします。

ある程度相手に尽くすことは、関係をよりよくするために有効な手段ではあるのですが、自分を犠牲にして相手に尽くしすぎると恋愛はうまくいきません。

「私はこんなにしてあげてるのに、何で彼は変わらないの?」と、自分の気持ちや行動の見返りを彼に求めるようになってしまうからです。

心の中でそういう気持ちを持つだけなら何も問題はないのですが、彼への不満がたまるとそれは行動に表れてしまい、彼もいづれ気づくでしょう。

「俺は尽くして欲しいわけではないのに、勝手にやっているだけだろう」と思われてしまうと、そこから関係に亀裂が入ってうまくいかなくなることもあります。

このように、ダブル不倫においてはどちらかが相手のことを好きになりすぎたり、感情のバランスが取れなくなるとうまくいかないことが多いのです。

統計的に女性の方が不倫恋愛にのめり込みやすいので、女性が自分の気持ちをコントロールすることこそが、不倫恋愛を長く楽しむコツなのです。

ダブル不倫(W不倫)で彼の奥さんなどへの嫉妬心で気持ちが抑えられない女性がとってしまう行動

相手を束縛する

初めからお互いに不倫だと分かっているダブル不倫は、嫉妬や束縛からは程遠いものと思われがちです。

未婚の人の恋愛と違って、すでにお互いが結婚しているので、結婚相手に嫉妬しても今更どうにもならないからです。

しかし、不倫だから割り切って恋愛しないといけないと思えば思うほど辛くなって、気持ちが溢れてきてしまうもの。

また、浮気をする人は嫉妬深いと言われるように、浮気や不倫をする人は恋愛相手に対して嫉妬深くなり、束縛してしまうことが良くあります。

不倫相手だからこそ、「不倫をするような人だから、自分の他にも好きな人がすぐできるかもしれない」と思ってしまうのです。

既婚女性が既婚男性のことを束縛してしまう原因は、ズバリ相手への依存です。

他の人に取られたら自分は生きていけない、この人でなければ自分は幸せになれないと思い込んで、相手がよそ見しないように束縛をするようになります。

奥さんとの約束を優先しようとすると、体調の悪さや気分の落ち込みを理由に自分との約束を優先するように迫ったり、自分といる時は他の人に連絡しないで欲しいなどと言ったりします。

もっとひどくなると、「奥さんとなるべく連絡を取らないで」などと非現実的なわがままをいうこともあります。

不倫相手から嫉妬されるのは、自分のことを好きだという証拠なので男性も最初は嬉しく思ったり、可愛いなと思うかもしれませんが、嫉妬や束縛が度を超えてくると鬱陶しいと思われてしまいます。

「お前も旦那がいるくせに、なんで俺だけ束縛するんだ」と、不信感を抱かれる可能性も高いでしょう。
不倫恋愛の良いところは、お互いに家庭を持っているので、遊びだと割り切って楽しく恋愛をできるという点です。

それなのに、過度に嫉妬や束縛をしてしまうと、相手はあなたとの恋愛が面倒になってしまうことでしょう。

本当に相手のことを思っているのであれば、相手の事情や気持ちを尊重し、居場所を作ってあげるべきですよね。

ジェラシーが溢れるラインを送ってしまう!

ダブル不倫の関係にある相手の男性への執着が強くなり、嫉妬する気持ちが抑えられなくなると、恋愛にのめり込みやすい女性は暴走して変な連絡をしてしまうことがあります。

「奥さんに電話して浮気をバラしてやる!」「奥さんに連絡して文句を言ってやる!」などと、喧嘩をして感情が高ぶったときについつい脅しのように口に出してしまうのです。

不倫相手の女性にそんなことを言われたら、いくら売り言葉に買い言葉だとしても、付き合い続けることは難しいと思ってしまいますよね。

大抵の男性は不倫恋愛をする時、「妻とはもう家庭内別居みたいになっている」「妻のことはもう好きではない」というものですが、実態はそうではない場合もあります。

奥さんとはうまくやっている男性の場合、不倫相手の女性が奥さんに連絡するなんて、絶対にやめて欲しいはず。

こんな風に自分のことを脅す女性とは、すぐに別れようと考えるはずです。

また、もっと女性側が暴走すると、「会社に不倫のことをチクってやる!」と脅す人もいます。

奥さんといつまでたっても別れてくれないからと、最終手段に出ようと、相手の男性を脅すのです。

特に社内不倫の場合は、不倫しているということをバラされればお互いに窮地に立たされます。

部署を移動したり、最悪の場合は働きにくくなって会社をやめる必要が出てくるかもしれません。

会社にチクると脅されてしまうと、男性は怖くて、その女性とは付き合い続けることはできなくなるでしょう。

もっと怖いパターンは、「慰謝料払う準備はできているから、離婚して。」です。

奥さんに嫉妬するあまり、自分だけでなく男性の方も、奥さんと離婚したいと勘違いしているのです。

自分と相手の気持ちは一緒で、いまの家庭を捨てて一緒になりたいと勘違いしているのですが、男性は不倫と実際の夫婦生活を別に考えている人がほとんど。

必ずしもダブル不倫をしている男女の考えはマッチするわけではないのです。

奥さんへの嫉妬心から、そこまで言われると流石にちょっと怖いですよね。

相手のことをもっと知りたいと思い、ストーカーっぽくなる

不倫相手への嫉妬心が溢れて、それが抑えられなくなってしまうと、最悪の場合はストーカーのようになってしまうこともあります。

教えたつもりはないのに家族の予定を知っていたり、奥さんの会社や家族のことを知っていたりするのです。

女性の方はストーカーになろうと思っているわけではなく、不倫恋愛にのめり込みすぎて相手のことを全て知りたいという気持ちになり、色々と調べてしまうのです。

教えたはずはないのにSNSのアカウントを知っていて、家族旅行やプライベートのことを色々知っていたというのは良くある話です。

好きな人のことをもっと知りたい、誰にも見せていない一面を見たいを思う気持ちは誰しも持っているものですが、ストーカーのようになってしまうと流石にちょっと怖いですよね。

ストーカー気味になると、相手の男性も怖いと思ってしまうので別れを切り出されることが多いようです。

ダブル不倫で気持ちを抑える方法。既婚者同士で会えない事や嫉妬心への対処法

まずは変えられることと、変えられないことを分けて考える

恋愛だけでなく、人間関係においては自分の思い通りにならないことはたくさんあります。

ダブル不倫恋愛は特に、お互いに家庭を持っているので、思い通りにならないことは多くあるでしょう。

相手の家庭についてあなたが変えることはできないし、家庭のことを第一に考えている男性の気持ちを変えることも難しいでしょう。

このように、不倫恋愛においては思い通りにならないことに対して怒りを感じたり、苛立つことが少なくありません。

相手のことを好きなのに、相手は同じようにあなたのことを思ってくれなかったり、嫉妬でたまらない気持ちになることもあるでしょう。

そんな時、自分の気持ちを抑えるためにまずしてもらいたいのは、あなたが変えられることと、変えられないことは何なのかはっきりさせる事です。

あなたが変えることができない点については、悩まないようにするのです。

例えば、土日は家族との時間があるから不倫恋愛相手とは会うことはできない、夜は家族と一緒のことが多いから連絡は取れない、頻繁にLINEをすると怪しまれるから必要最低限しか連絡できない、お互いに家庭を壊したくないから結婚はできない、などと、絶対に変えられない点を挙げてみましょう。

これらの点については、ダブル不倫である以上、変えられない点です。

変えられない点について悩んでも仕方がないので、これらのことについて悩まないようにする、と自分で決めましょう。

一方で、不倫恋愛相手と会っている時にはお互いに家族の話はしないようにする、いつも会う場所が限られるので、定期的に旅行に行くようにするなど、変えられることもたくさんあるはずです。

大切なのは、これからの二人のために、変えられることに目を向けることです。

また、相手の気持ちは変えることはできないですが、自分の気持ちをアゲることはできます。

相手と会えない日はエステに行って自分磨きをする、会えない時間がさみしいので新しい趣味を見つけてそれに打ち込んでみる、もやもやした気持ちを整理するために大掃除をしてみるなども良いでしょう。

大切なのは、前向きにできることをやる、ということです。

もやもやとどうしようもないことを悩み続けるよりもよっぽど建設的で、あなたの幸せにつながることでしょう。

嫉妬している自分のことを認めてあげて、不倫恋愛のことを忘れられる時間を持つ

また、不倫相手に嫉妬することはどうしようもないことですが、嫉妬している自分のことを認めてあげることも大切です。

嫉妬している気持ちを隠すのはとても難しいもの。

世間に隠すことはできても、自分で自分の気持ちをなかったことにするのはとても辛いものです。

なので、あなた自身はあなたの本音や、嫉妬心を認めてあげましょう。

不倫相手に嫉妬しても良いんだ、束縛したくなる気持ちは間違いではないんだと、自分を許してあげるのです。

これは単なる気持ちの持ちようの問題ですが、このように自分を許してあげるだけでも気持ちはだいぶ楽になるはずです。

しかし、不倫相手への嫉妬心を抱えながら、不倫相手のことばかりを考えて生きて行くのはとても大変です。

そのため、不倫恋愛のことを強制的に忘れられるような予定をたくさん入れて、あまり恋愛のことを考えなくても良い時間を意識的に持つことがとても有効です。

例えば、スポーツは、体を動かしている間は他のことを忘れられますし、汗を流すことで思考もスッキリと楽になります。

スポーツだけでなくても、何か趣味を見つけてそれに没頭する時間を意識的に持つこともとても有効です。

忙しくて趣味に時間をかけられないという方は、定期的に瞑想をして頭の中をクリアにするのもとてもおすすめです。

瞑想なら寝る前や、起きた後の数分だけでできますし、気持ちも前向きになることができるので一石二鳥です。

仕事の時は他のことを忘れられるという方は、不倫相手のことを考えずに住むように、一次的に仕事に力を入れて、頑張ってみるのも良いですね。

普段行かないような場所に友達と旅行に行くのも、気分転換になって、日常を忘れることができるのでとても楽しいはずです。

最終的には、不倫相手にいまの自分の気持ちを伝えるのもありかも…

気分転換をしようとしたり、自分の思考を整理しようとしてもどうしても不倫相手への嫉妬や、相手への気持ちを抑えることができない。

このままだと気持ちが暴走して何かしでかすかもしれないと不安な場合は、最終手段として、不倫相手の既婚男性にいまの気持ちを伝えて相談してみるのも手です。

「不倫恋愛だから割り切らないといけないのはわかっているんだけど、それでもあなたのことが好きすぎて辛い。束縛してしまいそうになる」と素直に相談してみましょう。

もしかすると相手の男性も同じように思っていて、束縛されることも嫌ではない可能性もあります。

あなたの気持ちを推し量ってくれて、一緒にいる時間をもっと増やす努力をしてくれる可能性もあるでしょう。

ただし、相手の男性があなたのこの素直な気持ちを聞いて、「重いな」と感じるというリスクもあります。

不倫恋愛には本気にならない、相手が本気になったら別れるというようなスタンスの人の場合、素直に気持ちを伝えることで振られてしまったり、恋愛がうまく行かなくなるというリスクもあることを理解しましょう。

そのため、自分の気持ちが抑えられなくなっても、相手に直接その気持ちを相談するのはあくまで最終手段です。

他の方法を色々試してみたけど、自分だけではどうしようもないときに試してみることをおすすめします。

ダブル不倫で既婚者男性への嫉妬心を抑えられない女性へのアドバイス

ダブル不倫は、お互いに家庭があるので相手の気持ちが理解しやすいという利点がある一方、お互いに自由な時間が少ないので、相手の家族に嫉妬してしまうというデメリットもあります。

特に女性は男性に比べて恋愛に依存しやすく、不倫恋愛においても相手への嫉妬で気持ちが抑えられなくなることも良くあります。

嫉妬で気持ちが抑えられなくなった時に、女性はどんな風になってしまうのか、そうならないために何に気をつけるべきなのか、この記事では具体的な対策もご紹介しました。

自分の気持ちを抑えることは簡単なことではありませんが、いくつかのコツを抑えれば、あなたも自分の嫉妬心を抑えて、楽しくダブル不倫恋愛を続けることができるはずです。

気持ちが抑えられなくて辛くなったら、ぜひこの記事を読んで、行動してみてくださいね。

【期間限定・9月23日(月曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「二人の不倫の結末が怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、【スピリチュアルチャンネル】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルチャンネル】を初回無料でプレゼントします!

不倫相手との不倫成就の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG