不倫相手との復縁はやめたほうがいい?復縁すべき不倫&ダメな不倫と不倫専用の復縁の極意

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

隠しに隠し通した不倫相手とせっかく別れたにも関わらず、復縁しようかと悩んでいるのではないですか?

不倫関係が終わったということは、傍から見れば絶対に復縁すべきではないと思うものですが、本人としては本気で好きだった人程なかなか気持ちの整理がつけられないことも多いものです。

実は不倫は復縁してもいいものと、復縁は止めておいたほうがいいものがあります。

その違いを知り、お互いに成長できる不倫相手と復縁をすることで幸せな時間を手に入れましょう。

通常の恋愛と違い、不倫専用の復縁の極意を伝授するので、参考にして行動してくださいね。

リスクを背負ってまで復縁する不倫関係では、せめて成長できる関係で一緒に過ごしたいものです。

目次

不倫相手と別れる理由って?

ほかに好きな人が出来てしまった

不倫関係が終わりを告げるということは、二人の関係の中で問題が起きたということです。

不倫という危ない恋愛をしているうちに、何でもできるようになったと感じてしまう男性は、ほかに好きな人が出来てしまうことがあります。

不倫という恋愛のデートの仕方、妻への隠し事の仕方、二人での楽しみ方を学び、他の人でも恋愛できるのではないかと思ってしまうのです。

不倫関係だからこそ、誰にも相談できずに彼の思うままに現実が動いてしまうことがあります。

彼の二股、三股に気付き、ショックのあまり身を引くことで不倫関係の終了を迎えるものなのです。

不倫という関係で、このように他の女性に興味を持ち行動する男性は、ハッキリと終わりを告げることはありません。

何人でも、都合が合う限り関係を続けたいと思うため、浮気相手がほかの女性の存在に気がつくことで別れ話となります。

しかし、別れ話となっても彼には大した罪悪感もなく、引き止めるような気配を出さないところが特徴です。

また、浮気相手の女性が妻子ある人以外を好きになるというパターンもあります。

実はこのパターンは少ないと言われていますが、一番円満な別れと言えるものです。

リスクのある恋愛に疲れた

不倫という関係は常に緊張感の連続です。

デートをするのも、連絡一つするのも、タイミングが悪ければどれだけ気をつけていても二人の関係はバレてしまいます。

誰に愚痴を言うこともできず、彼からの連絡を待つばかりで、一つ間違えば何もかも失ってしまう恐怖が常に付きまとっているのです。

そんなリスクのある恋愛に疲れたとき、不倫関係の終わりを決断します。

「人生の時間を無駄にしている」「彼に合わせるばかりの恋愛は嫌だ」「人に誇れる恋愛がしたい」という気持ちが強くなるほど、不倫関係にあるという事実が苦しくなってくるものです。

浮気相手の女性が独身であれば、わざわざ妻子ある人との不倫恋愛をしなくてもいくらでも独身男性との恋愛を探すことができます。

好きになった人がたまたま既婚者であっただけで、リスクがある恋愛がこれほどまでに疲れることだと知ったことで、好きだという気持ちが磨り減ってしまうこともあるものです。

好きになってしまえば、気持ちは誰にも止められないもの。

それでも、リスクある恋愛はそれだけで愛する気持ちに集中出来なくなってしまい、一緒にいることが疲れてしまいます。

浮気相手が束縛するようになって面倒になった

結婚している男性は、適度な距離感のある恋愛を楽しもうと思って不倫を始めます。

「自分には妻も子供もいるし、相手もそのことを分かって付き合っているのだから無理なことは言ってこないはず」と思い込んでいるものです。

しかし、恋愛は心のコントロールができないからこそ難しくなります。

ダメだと分かっていても、気持ちを止めることができずに、帰らなければいけない時間に引き止めてしまったり、休みの日は連絡できないと分かっていても声が聞きたくてつい電話をしてしまったり、と自分でもいけないとわかっていることをしてしまうこともあるものです。

どれだけ冷静な恋愛をしようと思っても、好きだという気持ちに嘘をつけず、感情を表現してしまうことで、二人の関係が悪化してしまいます。

浮気相手の女性が束縛をし始めることで、不倫相手の男性は面倒だと感じるようになるのです。

一度面倒だと感じ始めると、どれだけ些細なことも嫌になってきます。

不倫関係というものは、距離感を見失うとバランスを取り直すことが難しい恋愛だといえるものなのです。

離婚をするつもりがない既婚男性にとって、束縛する浮気相手ほど面倒に感じる相手はいません。

奥さんにバレた

不倫関係が終わる時というのは、二人で話し合いをする場合、自然に終わらせる場合、とありますが、決定的に終わりを告げるのは、奥さんにバレた時です。

既婚者の奥さんに不倫関係がバレてしまうと、まず確実に二人の不倫関係を強制的に終わらせることになります。

話し合いが行われる場合もあれば、二人のデート現場を押さえて乗り込んでくる場合、証拠を突きつけ裁判となる場合とそのパターンは様々です。

どれをとっても浮気相手の心に傷が残り、二度と不倫はしたくないとトラウマになることが多くなります。

不倫自体が最初から奥さんを裏切っている行為であるため、バレてしまえばそれほど恐怖を味わうものとなることは、当たり前のことでもあるのですが、恋愛に夢中になっている時にはそのことに気がつかないものです。

奥さんから直接浮気相手の女性に電話がかかってくる場合も有り、女同士の戦いは浮気相手のスタンスによって白熱具合も変わってきます。

浮気相手が申し訳ないという気持ちが大きければ、ひたすら妻に謝り倒すようになるし、略奪愛を企んでいる場合は嫁との対立を受けるという臨戦態勢になり、かなりの修羅場となるはずです。

デートでお金を使いすぎてしまう

不倫というものは、こっそりデートを重ねるため、既婚者の男性はお金を使うことも多くなります。

交際するまでは、会社の飲み会や友人たちと遊ぶ程度であっても、女性と交際するようになれば食事に行ったり、飲みに行ったり、ホテルに行ったりと全て男性が支払うことが増えてくるものです。

女性が支払う場合もありますが、大抵は男性のプライドが高いため男の人持ちとなります。

しかし、いくら働いているとはいえ、家庭を持つ身としては給料の大半は家庭で使うお金となり、自分が自由に使えるお金というものは少ないものとなるはずです。

よほどお金にゆとりがある男性でない限りは、しばらく交際をしているうちにデート代に困るようになります。

現金を使いすぎて、カードを使うことで奥さんに怪しまれることも増えてくるものです。

お金の切れ目が縁の切れ目、と言うように、不倫ではお金がない男性はなかなか長続きさせることができません。

浮気相手の女性がよほど彼氏のことを愛している場合でない限りは、デートも出来ない人とは自然に会わなくなります。

そもそも公共の場所でデートが出来ない二人なので、ホテル代がなくなればデートをすること自体にリスクが高まってしまうのです。

不倫という状況に耐え切れなくなってしまった

好きだという気持ちが大きければ、尚更不倫という状況に耐え切れなくなってしまって別れるというケースがあります。

特に独身女性が、本気になればなるほどこのケースで別れるようになる可能性が高いものです。

大好きになってしまうほど、相手に妻も子もいることが辛くて仕方ありません。

自分のものにならないもどかしさ、いつまでたっても二番手でなければいけない悲しさ、会いたいときに会うことができない切なさ、全てが苦しくて仕方がないものへと変わっていきます。

少しでも一緒にいたいのに、待つ人のいる家に帰っていく彼の姿を見なければいけない女性の気持ちは、本当に胸が張り裂けそうになってしまうものです。

彼と結婚したいと思っても、口に出せない願いは、自分の心を傷つけてしまうものとなります。

諦めると言いながら、別れてからもなかなか気持ちが整理できないパターンとなるものです。

既婚者である男性の方は、受け身であることが多く、どれだけ好きでも引き止めることもできず、彼女の決断を受け入れるしかないため、嫌いではないのに別れてしまうというケースになります。

別れた不倫相手と復縁したいと思う時

どうしても好きな気持ちが止められない

相手のことを好きで好きで仕方がないときには、別れを選ぶ場合がありますが、せっかく別れても不倫相手のことがどうしても好きだという気持ちが止められない場合、復縁したいと願い始めるものです。

浮気相手の女の人にとっては、彼が全てであり、人生となってしまっています。

何をしていても涙がこぼれて、彼と一緒にいられないならば生きている意味を見つけることができない、と思ってしまうほど心がネガティブな感情に支配されてしまうものです。

「彼さえいれば」「傍にいられるだけでいい」と強く望むことで、心の底から愛しているにも関わらず都合のいい女になろうとします。

都合のいい女になることで、余計に苦しい思いをすることは誰が見ても想像できそうですが、残念ながらこの時の女性にその想像はできません。

とにかく彼が一番大切で、自分のことを犠牲にしてでも一緒にいることを願います。

一緒にいたいという願いが強すぎて、彼が復縁に応じなければストーカーとなるケースもあるものです。

体の相性が良くて求めてしまう

既婚者の男性にとって、妻以外の女性と体を重ねることができるという体験はとても心地のいいものです。

奥さんは奥さん、浮気相手は浮気相手、としてベッドに入ることができるのが浮気をする男性の特徴だといえます。

交際していた当初、浮気をしていた女性との体の相性が良くて体に溺れていた記憶が強く残っている場合、別れた後でも彼女の体を求めてしまい、快楽を思い出すのです。

奥さんとのエッチで彼女を重ねて見ても、感覚が違うためどうしてもあの快感を再び味わいたい、と強く求めてしまいます。

男性にとって、体の相性がいい女性というのは、簡単に忘れられる存在ではありません。

あまりの快楽に四六時中思い出してしまうこともあるほどです。

また女性側もエッチに依存してしまうことがあり、不倫相手とのエッチでなければ自分は感じることがないと思い込むことで、他の男性と関係を持つことを拒んでしまうことになります。

不倫関係が終わっても、次の恋愛をする気持ちにならず、いつまでも引きずることとなり前に進むことができません。

体のつながりに依存すると、離れた時に依存症状が出てしまうため、余計に会いたくなってしまうという問題点があります。

現実から逃げたくなった時

不倫関係を終わらせて自分の人生を謳歌しようと思ったけれど、どうしても上手くいかないと感じたとき、現実から逃げだしたいと考えてしまいます。

そんな時、現実が上手くいかないのは自分のメンタルが安定していないからだと、恋愛に原因を持ってくることで、彼への依存を正当化しようとするものなのです。

辛い時、好きな人に話を聞いてもらうだけ、横に居てもらうだけでまた頑張ろうと思えます。

しかし、大好きな人がもう隣にいないと思うことが、余計にメンタルを落ち込ませるのです。

現実がうまく回らないと思った時には、現実逃避をしたくなるのは誰しもが考えることであり、不倫をしている人はその対象が不倫相手となります。

現実的ではない恋愛だからこそ、余計に熱く燃え上がるものとなるものです。

既婚者の男性にとっては、日常から逃げたいからこそ不倫という恋愛をしていたといえます。

奥さんの小言、仕事のミス、全てから逃げ出したい時に、心の拠り所となっていたはずです。

しかし、浮気相手の彼女と別れてしまったからには、その拠り所がなくなってしまい、ストレスのはけ口がなくなってしまっています。

理想の人だった

既婚者であっても、女性にとって理想の人だったという場合、別れてからもどうしても忘れることができません。

彼を思い出すたびに、「彼以上の人は見つかるはずがない」と思い、復縁をしたいと思うようになります。

「自分にとっての理想の人なのだから、奥さんは少し妥協してくれてもいいのに」とすら考えるものです。

浮気をしている間は、理想の彼が隣にいるだけで、幸せで仕方がありませんでした。

どうしても別れなければいけないとなっても、いつかはまた巡り会えるはずだと信じて止みません。

理想の人というのは、現実社会でなかなか出会えることはなく、独身男性の中で探しても彼を上回る人というのは、出てこないものです。

それもそのはず、既婚者である彼を理想の人だと思っているのであれば、結婚しているからこそ出てくる、男性の自信や守るべき人がいる責任感、落ち着き、冷静さも含めて彼の存在価値となっています。

結婚しているが故に出てくる安定感は、独身男性には出せるものではなく、理想の男性を超える人は現れないのです。

嫌いで別れたのではない場合寂しくなると会いたくなる

不倫関係では、お互い嫌いになって別れるという場合は、あまりありません。

お互いの事情により別れるか、周囲に知られてしまうか、どうにも隠し通せなくなってしまい会えない日々が続いて自然に別れてしまうかという、気持ちが継っている状態のまま離れてしまうケースが多いものです。

だからこそ、嫌いで別れたのではないという状況で、二人が離れ離れになっていると、日常の中でふと寂しいと感じた時には「もう一度会いたい」「また復縁したい」と思うようになります。

寂しさを埋めるために、デートを重ね、お互いの心の隙間を埋めてきた二人にとって、お互いの存在がいないということは、寂しさを埋める手段がなくなるということなのです。

居場所がないと感じる孤独感、存在価値を確かめたい、純粋に愛されたい、など不倫相手だからこそ満たしてくれる心の温かさがあります。

結婚生活があまり上手くいっていない既婚者の男の人は、不倫関係を止めたからといって夫婦関係が良好になるものでもありません。

むしろ不倫ということがわかってしまった場合、夫婦は別れなかったけれど余計に仲が悪くなってしまうということが多々あります。

男性の寂しさや孤独感は一層強くなるばかりです。

そんな時に、また癒されたいと思うことで復縁を望みます。

復縁はやめておいた方が良い!復縁NGな不倫相手の特徴や二人の関係性

別れているのに自分の会いたい時だけ連絡してくる

復縁を望んでいるとしても、復縁NGな不倫相手というものもいます。

最初に付き合っていた時には気がつかなかったけれど、その後連絡を取り合うと最悪な男だというケースはいくつもあるものです。

その一つが、別れているのに自分の会いたい時だけ連絡してくる男の場合といえます。

これ以上不倫関係を続けることは、お互いにとって良くないと判断して別れたにも関わらず、「何しているの?」「たまには飲みに行く?」など友達を装って連絡をしてくる人は、復縁を軽く見ている男性です。

「会えば復縁できる」と考えて、あわよくば体だけの関係でも取り戻したいと考えている可能性が十分にあります。

あなたが彼を思っている純粋な愛情はそっちのけで、彼の気持ちだけで動いているはずです。

その証拠に、あなたの気持ちを無視して、連絡すれば会えるものとして話を進める傾向にあります。

独身の女性がどれだけ彼を愛していても、彼はその愛情を逆手にとって「俺のこと好きだろ」くらいに考えているものです。

そんな人と復縁してしまえば、後から何股もかけられていることが発覚したり、都合のいい女として扱われたりと悲しい現実が待っていることは確実といえます。

デート代を持っていないのに呼び出す男とそれでも行ってしまう女

不倫ではデート代として、食事代やホテル代が必要になります。

女性の部屋でデートをすることも可能ですが、必ず彼女の部屋で会おうとするのは、デート代を用意しなくてもいいと考えているからです。

彼女の部屋でデートをすることも悪いことではありませんが、時には喜ばせようとする気持ちや、彼女の負担を減らしてあげたいという優しさがなければ、外出デートに誘うことはありません。

デート代を持っていないと分かっている既婚者の男性が呼び出してくることに対して、それでも行ってしまう女の人はダメカップルといえます。

お互いが愛情という名の依存状態に有り、一緒にいなければ耐えられないという状況になっているのです。

「ただ会えるだけでいい」「一緒にいないときは苦しくて仕方がない」という状態であれば、深い愛情があるという状態とはいえません。

お互いに今一緒にいるという現状に満足しているだけで、未来を見ることを拒否しています。

会えば復縁し、会ってしまったことに後悔し、別れる、ということを繰り返してしまうパターンに陥ってしまうものなのです。

妻と離婚するつもりがない男性と彼と結婚したい女性

絶対に復縁してはいけないカップルとして、妻と離婚するつもりがない男性と彼と結婚したい女性が挙げられます。

このカップルは、最初に別れた時にも同じ理由で別れたはずです。

お互いの事をいくら好きでも、不倫関係では結婚を望んでも叶うことはほとんどありません。

不倫を始める時点で、妻がいることを受け入れて好きになってくれていると思っている既婚者である男性は、家庭を壊してまで不倫関係を発展させたいと思っていないものです。

しかし、好きになってしまった女性の方は、相手に奥さんがいることは見てみないふりをしています。

存在を受け入れてはいますが、それはあくまでも先に出会ってしまったから。

「私のほうが彼を愛している」「一緒になるべきなのは私の方」と考えている限り、二人の考えは交わることがないのです。

どうしても好きな人と結婚したい彼女にとって、結婚してくれる意志がない男性は裏切りそのものであり、分かり合える日が来ることはないことに気づけずにいます。

結婚というワードは、お互いが本気で愛し合っていて、既婚者側が苦しくなった時に初めて出てくるキーワードであり、独身の方から迫るものではないものなのです。

他にも浮気相手がいる男性と分かっているのに好きだと思ってしまう女性

絶対復縁をしてはいけないパターンは、他にも浮気相手がいる男性だとわかっていても、好きだと思ってしまう女性のカップルです。

女性は一度とことん好きになると、周りが見えなくなってしまいます。

途中から「あれ?最初の頃はこんなことなかったな」という小さな違和感を持ったとしても、好きだからという理由で全て流してしまうものなのです。

「何かがおかしいぞ」「他にも女の人がいるのではないか」と考えても、それを確かめることで関係が終わってしまうくらいなら、黙っておくことを選択します。

明らかに他にも浮気相手がいる男性だと分かっているのに、そのことを受け入れることができずに、好きだという気持ちを突き通す二人に、未来はありません。

必ずいつか裏切られ、捨てられるという運命が待っています。

別れたのであれば、そのまま放置すればそんな悲しい思いをせずに済むのにも関わらず、好きだという気持ちだけで、追いかけてしまいたいという衝動が抑えられないものなのです。

しかし、いくら一緒にいたいと思ったとしても、彼と過ごす時間は独身女性を破滅へと向かわせてしまうことになるので、絶対に復縁しないことをおすすめします。

復縁する事でお互い成長でき幸せになれる!復縁OKな不倫相手の特徴や二人の関係性

一緒に過ごす時間があることでお互いの日常が潤う

不倫関係といえども、成長することができる関係もあります。

復縁することでお互い幸せになれるのであれば、復縁するという選択肢もアリとなるはずです。

一緒に過ごす時間があることで、お互いの日常が潤う関係であれば、それは二人にとってかけがえのない休息の時間となっていることを意味します。

結婚している男性にとっては、日常から離れることで心と体を癒すことができ、独身の女性にとっては、彼と過ごす時間があることで、明日への活力とすることができる関係は、まさに理想の関係です。

不倫でありながらも、お互いのメンタルをサポート出来ている関係であり、お互いの幸せを心から願っている関係だといえます。

日常が潤うことで、不倫関係という恋愛感情以上に、人としての尊厳や優しさを培う関係として人としての成長ができる関係になっているのです。

人として成長できる人が傍にいるということは、今後の人生においても諦めそうになったとき、弱った時などに思い出すだけで元気が出てくる存在となります。

理想の恋愛であり、不倫関係でありながらも、貴重な間柄だと言えるものなのです。

お互いの生活を干渉しない

不倫関係において、お互いの生活を干渉しないという関係は、とても居心地がよく、また適度な距離感をキープ出来る関係でもあります。

復縁することでも、お互いの生活を干渉しないのであれば、独身女性は自分の人生でやるべきことを全うし、既婚者の男性は家庭を守ることを優先していくという理想の時間の使い方をすることができるものなのです。

それぞれの生活は全く異質のものであり、理解し合えるものではありません。

結婚してしまえば新しい価値観が入ってくるので、独身の環境を思い出すことはできても、その時必死で頑張っていることに寄り添うことはできないものです。

また、逆も然りで独身女性にとって既婚者の生活の想像は出来ても体感することは不可能だといえます。

お互いの考え方、価値観を尊重することにもつながるため、干渉しないことが一番有意義な恋愛をすることができるはずです。

二人の間には嫉妬も妬みもなく、ただ純粋に「一緒にいるだけで幸せ」と感じる空間がある、というそれだけであり、不倫の醍醐味を味わうことになります。

未来を応援しあえる関係

不倫関係であっても、お互いの人生はまだまだ長いものであり成長すべきことがたくさんあります。

復縁するのであれば、未来を応援しあえる関係であるのであれば、幸せになることができるはずです。

独身女性にとっては、まだまだステップアップするべきことがあり、仕事もプライベートも出来ることがたくさんあります。

仕事に活かせる資格やスキルアップ、時には留学なども未来を切り開く武器になるものです。

結婚していても男の人は、仕事でもプライベートでも高みを目指すことができます。

仕事でよりプロフェッショナルを目指すことも、プライベートで知ったことを深く知るための勉強会への参加など、奥さんが反対していたとしても彼女が味方してくれていれば、やる気がみなぎってくるはずです。

お互いがお互いにとって一番の理解者であり、未来を応援しあえる関係であれば、一生心の中で信頼できる二人になることができ、誰にも邪魔することのできない絆を生むことができます。

復縁することで、応援しあって高みを目指していける関係ほど、理想の関係はありません。

不倫であっても、素晴らしい関係性を築くことができます。

結婚という形に囚われない愛を持っている

不倫関係であっても、結婚という形に囚われない愛を持っている場合、バランスよく家庭と浮気相手への愛情を注ぐことができるようになります。

お互いが結婚という形に囚われないのであれば、愛していることが二人にとっては全てであり、束縛もなく奥さんの存在も受け入れることができるはずです。

好きな形で一緒にいるだけで、幸せだと思うことができるのであれば、復縁しても幸せだけを感じることができるようになります。

自分だけが彼の愛情を受け取りたいと感じている場合は、奥さんを超えることができないジレンマや家族という形にこだわって苦しみばかりを感じることになりますが、お互いが「結婚していなくても愛している」と心の底から信じることで、二人の関係は安定するものなのです。

一緒に過ごしていても、穏やかな時間を過ごすことができ、本気や割り切っている、という区分分けもする必要がなく、幸せそのものの時間が流れます。

人生のパートナーとして過ごすことができる時間があるだけで、幸せを感じるのであれば、復縁しても何も問題がありません。

ただ、奥さんに知られてしまうと修羅場が訪れることは間違いが無いので、公にしてもいいというわけではなく、二人だけの納得した愛の形ということにとどめておきましょう。

不倫専用の復縁方法!普通の恋愛の復縁方法じゃなくて、不倫復縁ならではの復縁の極意はコレ!

不倫相手の彼を特別扱いすることで自信を持たせる

不倫をする男性はどこか自分に自信がない場合があります。

奥さんになじられている、小言を言われている、「ダメな男だ」と言われ続けているなど、奥さんから冷たい扱いをされていることが多いものです。

だからこそ不倫相手に癒しを求め、日常から逃げ出そうとしていたと言えます。

そんな彼と復縁したいときには、不倫相手の彼を特別扱いすることで彼に自信を持たせるのです。

「あなたは男性として最高」「奥さんが羨ましい」「仕事も頑張っている姿を知っている」「優しい」など彼を立てて褒めることを続けることで、自信を持ってもらうことが大切になります。

一度不倫関係になった女性から、そのように褒められ続けることで「やっぱりこの子は自分のことをよくわかってくれている」「一緒にいて居心地がいい」と感じてくれるようになるはずです。

既婚者の男性は、自分が頑張っていることを見ていて欲しいといつでも願っています。

既婚者の男性に対して、彼のプライドをしっかり呼び覚まし、見ているというアピールをする人は、他の女性には簡単にできることではありません。

彼のことを見ていたからこそ、寄り添った言葉をかけることができ、その貴重な一人だということもしっかり伝わります。

結婚を考えている人がいるとアピールする

不倫関係にあった人が別れてしまうと、既婚者の男の人は彼女に自由ができたことを嬉しくもあり、焦りも出てくるものです。

復縁を考えている人の前で、結婚を考えている人がいるというアピールをすることで、彼の所有欲を刺激します。

男の人は、付き合った人、関係を持った人を「自分の女」と認識することがあり、別れたからといってその認識を覆すことはありません。

不倫関係が終わってしまえば一人の独身女性でしかないのですが、彼からすれば「俺の女が他の男に取られるかもしれない」という気持ちになります。

奪い返す、という気持ちまでには至らないことが多いのですが、それでも気持ちの中で「誰かのものになる前にもう一度抱きたい」と思う気持ちが湧き上がるものです。

自分の印を残したいと思うようになります。

「最後かも知れない」と思うことで、どうしても手に入れたくなってしまうものなのです。

抱かれるだけでは都合のいい女になってしまうので、女性にとってもやはり忘れられないということを告げれば、そのまま復縁に持ち込むことができます。

奥さんの愚痴を聞く

不倫関係になる男の人は奥さんと上手くいっていないことが多いものですが、他人に妻の悪口を言われることは納得できないものです。

「俺の嫁がダメでさ」と話をしていても、決して便乗して「それは嫌な女だね」などと答えてはいけません。

男性は寄り添ってくれる相手を求めています。

そのため、妻の愚痴を黙って聞くことで、彼の心の拠り所となることができるはずです。

最初の不倫では、お互いに奥さんの存在について全く触れなかったカップルであっても、一度別れたことで心に油断が生まれ、「話してもいい人」という部類に変化します。

奥さんのことを話す旦那として、愚痴を言う姿を見るということも、最初は辛いかもしれませんが、「でも、奥さん毎日お弁当作ってすごいね」「女性はそんな時もあるよ」など妻のことを褒めたり労ったりすることで、夫である彼もほっこり嬉しくなるものです。

そして、妻の存在を含め自分のことを受け入れてくれている彼女の存在を愛おしいと感じるようになります。

二人きりになって「不倫でもかまわない」という

不倫は復縁と別れを繰り返しやすい関係と言えます。

どうしても不倫関係を取り戻したい場合、その後のことは後から調整するとして、一旦関係を修復することを優先することです。

二人きりになって「不倫でもかまわない」と言うことで、関係を取り戻すことができます。

この言葉は「どんな状態であっても、あなたがいなければ私は耐えられない」という彼の存在を必要としているという気持ちを汲み取ることができるものです。

奥さんがいるあなたを受け入れます、という宣言でもあり、彼を心から愛しているという言葉となります。

一度不倫関係になっている二人は、復縁するのもきっかけさえあれば流される形で不倫が始まるものです。

本気か割り切った関係かは置いておいて、関係を結ぶためには二人きりになることが小さなきっかけとなります。

彼と幸せな関係を結ぼうと思えば、あなた自身が彼はどんな不倫を望んでいるのかを知る必要があるのです。

先行して彼の気持ちを知ることさえできれば、あなたの望む関係を継続できるかどうかが決まってきます。

幸せになれると思ったのであれば、ためらわずに思いを伝えましょう。

ダメな不倫を避けて成長するための不倫なら復縁して愛されよう

不倫というものは、既婚者の男性の性質、浮気相手の女性の性格によってその中身は多様に変化します。

一度別れた不倫相手と復縁を望むのであれば、彼がダメな不倫相手かどうかを見極めることが必要です。

ダメな不倫を避けて、お互いが成長するための不倫であれば復縁して幸せな時間を手に入れることができます。

女性は愛されることで女度を磨くことができるものです。

幸せな時間を過ごしながら成長できる相手に愛されて、キレイになっていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG