不倫相手のキスやハグや手の繋ぎ方で解かる!彼が本気で好きなのか都合の良い女なのかの違いを徹底分析

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法を「あなたの運勢」でお伝えいたしますね。

「あなたの運勢」は初回無料で、あなたの不倫の結末や悩みを解決する為の鑑定結果、そして2020年の運気の流れなどを今すぐお届けします。

「彼とはスキンシップをよくしているから絶対に愛されているはず・・・」そう思っているのに、なんだかそっけない態度を取る時もある。

奥さんがいる人の気持ちが分からなくて、愛されている自信を無くしてしまうこともありますよね。

あなたが愛されている証だと思っているキスやハグで、彼の本心を見抜くことができるのです。

せっかく禁断の愛を育んでいるのであれば、彼が本気で好きなのか、それともただの都合のいい女だと扱われているのかを紐解いてみましょう。

この違いを知ることで、彼の行動を変化させ気持ちを変化させることもできるので、キスやハグを工夫して、あなたが彼の気持ちをしっかり掴めるように伝授します。

男の人は気持ちが行動に現れるものなので、心理を理解することで彼のことがより分かるようになるはずです。

目次

なんでキスやハグや手の繋ぎ方で不倫相手の彼の本当の気持ちがわかるの?

男性は本気な相手ほど体をつなげていたいと思う

男性は、本気で恋愛をしている相手ほど、体をつなげていたいと思うものです。

興味のない異性に対してはとてもクールな態度をとることに対し、本気で好きな女性のことは全てを包み込んでいたいという気持ちが生まれます。

体を密着させることで体温を感じ、鼓動を聞いて安心感を得ることができるのです。

本気で浮気相手のことを好きになっている人は、家に帰って妻の姿を見ても、異性として感じることが出来なくなっていることに、不満を抱いています。

触れたいという感情を持つことができない自分に、男としての自信を失い始めるものなのです。

一方で、自分のことを必要としてくれていて、尚且つ心から愛することができる彼女と一緒にいると、触れていたくてたまらなくなります。

離れている時間が長いからこそ、会えた時の感動が大きく、強く長く抱きしめることで気持ちを落ち着けることができるものです。

離れていた時間を埋めるように、ハグやキスをすることで好きな人と体を触れ合わせたいと願っています。

二人の間に流れる空気が、離れている時間だと錯覚してしまうのです。

どの程度安心しているかが分かる

どんなに強がっている男でも、普段は頼れる人でも、恋愛に関しては弱気になってしまうもの。

「彼女は本当に僕のことを愛してくれているだろうか」「一緒にいて幸せと感じてくれているだろうか」と不安になっていたとしても、言葉に出してしまうことはプライドが許しません。

ましてや自分は結婚して妻がいる身です。

「自分の気持ちだけ押し付けるわけにはいかない」と遠慮しています。

キスをすることで繊細な表情の違いを読み取ることができ、手をつなぐことで信頼の度合いを測ることができるものです。

言葉にできない分、体から正直な気持ちを知ることができる方法で好きな人の心を知りたいと考えます。

彼女と体を寄り添わせ、表情や手にこもる力を感じ取ることで、どの程度人の夫である自分に対して安心してくれているかが分かるのです。

不倫という関係において、本当に好きな相手とは信頼関係が強いほど一緒にいることに意味を感じます。

安心という感情は相手のことを信頼し、心がほっこりする気持ちになるものです。

彼女が安心しているのか分かるということは、言葉以上の愛情を感じることができます。

愛情を感じたい、という切実な思いが「安心してくれていることを感じたい」という気持ちを引き起こしているのです。

都合のいい女はセックスしか興味がない

妻がいても彼女がいる男は、割り切った関係を望んで交際をしています。

お互い承知の上で関係を持っている場合もありますが、彼が一人でそう考えている場合もあるものです。

そんな男にとって都合のいい女は、セックスしか興味がないといえます。

彼女が自分のことをどう思っていようと、あの子に対する愛情を持つことができない、と思うのであれば、それは割り切った関係です。

キスやハグ、手の繋ぎ方を観察することで、セックスにしか興味を持っていない都合のいい女として考えられているかどうかが分かります。

男の人は自然と体に気持ちが表れてしまいますので、彼の心の中でハッキリとした境界線を持っているほど分かりやすく違いが表れるものなのです。

逆に、大切な人だと感じてくれているのであれば、その気持ちも知ることができます。

愛情が深く本気度が高いほど、ハッキリとした態度で表れるのです。

例えば、あなたが同性に対して好きな人と興味がない人の二人が目の前にいて、二人から握手を求められたとします。

好きな人には嬉しい気持ちと同時に両手でぐっと握手した手を包み込むような動作になるものです。

反対に興味がない人に対しては、できるだけ早く握手を終わらせたい、どうでもいい人とは簡単に距離感を縮めたくない、という気持ちが起きてきます。

恋愛においても同じ心理状態が働いているといえるのです。

本当に愛している男性は全身の神経が好きな人に向かっている

人とのコミュニケーションで必要なのは、体が相手と向き合っている時に、心も一緒に向き合っているかどうかだといえます。

特に恋人同士であれば、デートをしている時間に相手のことを考えているかどうかは、本気度に関わる重要な問題です。

本当に彼女のことを愛している男性は、全身の神経が好きな人に向かっているもの。

全身が愛情を受信するためのアンテナとなり、相手に愛情を伝える発信機となっています。

キスもハグも手をつなぐことも、全てが好きな人を感じようとする感覚器官です。

逆に、デートをしている時にも違うことを考えている愛情が薄い男であれば、全身抜け殻とはよく例える言葉で使うことがあります。

何を考えているのかさっぱり分からず、彼から愛情を感じることができません。

コミュニケーションを取ろうとしてないからこそ、神経がお休みをしている状態になってしまうのです。

恋人同士は愛情というわかりやすい感情があるからこそ、全身の神経を働かせようとしているのかどうかわかりやすいと言えます。

都合のいい女からは自分が愛されていることが分かれば満足する

所帯を持っている男が恋人をつくるときには、自己承認をするために付き合っていることがあります。

「男として魅力があるか確かめたい」「誰かに必要とされたい」「自信を持っていたい」という気持ちがあるため、都合のいい女からは自分が愛されていることが分かりさえすれば満足するのです。

女性と付き合うことで、自分の価値を確かめています。

彼女となる人が「愛している」「一生そばにいたい」「あなたがいなければダメなの」というほどに、男性は自信を持つことになり、何に対しても積極的に向かうことができるはずです。

この男にとって、女は自分の価値を高めるための道具であり、都合のいい女でしかありません。

相手がキスやハグ、手をつなぐことで本気で好きな人に対してのものなのかどうか、歴然とした違いが出てくるものです。

彼女がいることで自信を持つことができるので、相手に嫌われるようなことをすることはありません。

しかし、愛情を自分から向けるような行為を見せることはないので、わかりやすい判断材料となるものなのです。

都合のいい女とは会う時間も短いため、手をつないだりハグをしたりする時間もないことが多いといえます。

言葉以外の愛情表現方法だからこそ嘘が付けない

人は言葉というツールを持ったからこそ、人の気持ちが分からなくなってしまったのです。

本来愛情は動物的本能で確かめ合うものであり、言葉で相手を言いくるめよう、とか地位や名誉で引きつけようなどと考えることはありません。

人間は言葉と知恵を持ってしまい、本当の心の交流がわからなくなってしまい、表面の言葉や駆け引き、権力や独占欲で相手をコントロールしようとしてしまうようになりました。

しかし、キスやハグ、手をつなぐという行為は、言葉以外の愛情表現だからこそ、本当の気持ちに嘘が付けないのです。

言葉では嘘が付けても、態度や行動で嘘をつくことは難しいことだといえます。

また、言葉で嘘をついている時にも態度では本音が現れている場合があるものです。

だからこそ、いくら「愛しているよ」「会いたかったよ」と言葉で言っていても、キスやハグ、手をつなぐという行動そのものを見ていくことで、彼の本音を知ることができるようになります。

言葉だけでなく、態度や表情、しぐさ、見ている時の目線を一緒に観察することで、彼のことをもっとよく知ることができるのです。

不倫相手のキスでわかる本気で好きなのか都合の良い女なのかの違い

本気で好きな人とは頻繁にキスをする

会えない時間が二人を熱くする不倫の関係は、デートができる貴重な時間は全て彼女を感じるために使いたいと感じるものです。

本気で好きな人とは、会った瞬間から買い物をしている最中、会話の途中でさえも頻繁にキスをするようになります。

キスという行為が好きな男性であれば、尚更です。

不倫関係であれば、公の場所でイチャイチャすることはできません。

だからこそ、もっと触れたい、キスしたい、という欲望が湧き上がってきます。

誰も知っている人がいない街でデートをしているとき、夜辺りは真っ暗な夜景スポット、二人きりの個室で食事をしているとき、などスキを見つけてキスをしようとするものです。

隠さなければいけない関係だからこそ、誰かに両思いだということを宣言したくなります。

不倫がバレてしまうことはマズイけど、誰かにラブラブなところを見られても構わないという気持ちになっているのです。

隣で笑ってくれる人のことが、大好きだという気持ちが抑えられずに、キスという行動が出てきているので、本気で好きな人ほどしょっちゅうキスをするということがいえます。

しょっちゅうキスをする男性は、キスをするたびに「好きだよ」「可愛いね」という気持ちを込めて言葉の代わりに行動で愛情を表現しているものなのです。

本気で好きな人とは一回のキスの時間が長い

妻という存在がいるからこそ、恋人への愛情をキスで表そうという心理が働いているのです。

本気で好きな人とは、一回のキスの時間が長いことがわかります。

唇と唇とを重ね合わせるだけで、気持ちまでも溶け合うほどの一体感が生まれるのです。

心が一つに繋がるような、ずっと一緒にいられるような気持ちになるような、心の底から安心感が溢れてきます。

唇を重ね、時には舌を絡ませ、好きな人の体温や感触、気持ちを確かめながら、愛情を確認しているとどうしても時間が長くなってしまうものです。

時間の長いキスは、様々なバリエーションも楽しむことができます。

軽く唇を当てて、見つめ合う時間を楽しんだり、お互いを求め合うほど激しくなったり、気持ちの交流がされている感覚が嬉しくて離れることができないなど、表現方法を変化させることができるからこそ飽きが来ることがありません。

大好きな人ほど、色々なキスを楽しみたいと願うと同時に、触れ合っていることを純粋に喜ぶことができるものなのです。

口という繊細な器官が触れ合っていることで、好きな人を独り占めしているような気持ちにもなっています。

大好きだからこそ、彼女を一番近いところでいつまでも感じていたい、という欲望が出ているのです。

キスをするときに名前を呼ぶと本当に好きな相手

男の人は好きな人の名前を呼ぶことで、愛情を表現しているという気持ちに酔いしれることができます。

大好きな人ほど名前を呼びたくなるものです。

併せて、キスをすることでも気持ちを伝えようとします。

そのため、キスをするときに名前を呼ぶと本当に好きな相手だと言えるのです。

気持ちがない女性に対して、わざわざ名前を呼びながらキスをする人は、滅多にいません。

キスをするという行為に対して、もっと気持ちを乗せたい、好きだと伝えたい、愛情を確認したい、という気持ちを抑えられずにいます。

キスだけでは物足りない、と感じ「○○ちゃん、大好きだよ」と名前を言いながら愛情を伝えることで、彼女個人に対しての気持ちだということを強調しているのです。

特に家庭を持つ男の人は、妻のことを名前で呼ぶことが少なくなり、日常をともに過ごしている奥さんとの差別化を図ろうとしています。

生活をともにする奥さんの名前を呼ばないからこそ、何度でも恋人の名前を呼ぶことで「俺のことを好きになってくれる人がいる」と自信を持つことができるものなのです。

セックスの前後しかキスがなければエッチのあいさつ

本当に心を許した相手としか体を重ねたくないと願う女の人に対して、男の人は愛情のあるなしに関わらずセックスができるものです。

当然、それに併せてキスも平気ですることが可能になります。

彼の気持ちが本気かどうか確かめたい時には、キスをするタイミングを観察してみましょう。

セックスの前後しか彼からのキスがなければ、エッチのあいさつ程度に考えている可能性が高まるのです。

男の人のワガママなセックスでは、挿入しかしない人もおり、女性としては気持ちが盛り上がる前に終わってしまうので物足りないと感じる人も多くいます。

しかし、キスを入れることによって、女性の満足感は変わってくるものです。

普段から「一人で終わらないで」「私はまだ気持ちよくなっていない」と不満を伝えられている男性であれば、少しでも彼女の気持ちが盛り上がればいいとキスを付け加えます。

セックスをする前にキスをすることで前戯となり、女性が「愛されている」と思ってくれるので文句を言われなくて済むのです。

セックスのおまけでキスをするだけで、恋人とのセックスまでの流れと終わってからの会話がスムーズにいくので、キスをするくらいはおやすい御用だといえます。

心を許した人にしかキスをしない

キスは心を許した人にしかしないものです。

キスをすることで、気持ちが通じ合うという感覚があるので、お気に入りだけど本気で好きとまではいかない、という距離感でいる異性とはキスをすることに抵抗を持ってしまいます。

家に帰れば妻が待っている人が、パートナー以外の異性にキスをする、または受け入れるという状況は、すでに奥さんよりも気持ちが上回っていると言えるのです。

不倫関係になっても、割り切った関係であればキスを全く許さない男性というのも存在します。

キスをするということ自体に価値があり、秘密の関係で愛情を確かめ合うために必要なことなのです。

不倫恋愛では、お互い好き同士であっても、いつでもどこでも手をつないだり、キスをしたりすることはできません。

知らない街、誰もいないオフィス、密室のホテル、など二人きりになるためには準備が必要なのです。

心から求めていても、時間や場所の用意ができていなければ、キスをすることも許されないふたりにとって、キスができる環境はとても貴重なものだといえます。

わざわざ都合をつけてまで会う相手にキスをするのは、心を許している証拠なのです。

心のこもったキスは奥さんよりも好き

妻帯者なのに恋人がいる男がする、心のこもったキスは、奥さんよりも好きだという愛情の表現そのものです。

目を見つめ、表情を観察し、顔のパーツを指でなぞりながら、相手の存在を確かめます。

「既に結婚しているのに、こんなに愛することができる人に出会うなんて奇跡だ」

そう思いながら、キスができる関係にあることを感謝しているのです。

前世からつながっていたかのような気持ちになる程、愛する人が表れるというのはとても珍しいケースだといえます。

まさに運命の人だと納得している彼にとって、もはや不倫関係だということはそれほど問題ではありません。

「結婚した後に出会ってしまったのだから、不倫となってしまうのは仕方がない」という考えに納得することができ、浮気している相手の女性を心から愛しているということに誇りを持っています。

将来、パートナーとの離婚を考える可能性も十分あるほど、心を込めたキスをする男の人の気持ちは相手の女性に向かっているのです。

唇が接触しているだけの現象であっても、本当に好きな人であれば、唇から体温を感じ、溢れ出る気持ちを汲み取り、言葉にできない思いを重ね合わせています。

不倫相手のハグ(抱きしめ方)でわかる本気で好きなのか都合の良い女なのかの違い

片手でハグは返事代わり

ハグにも色々な種類がありますが、片手でハグは相手の感情や思いに対しての返事代わりで行っているものです。

よく見られる光景が、友人同士のじゃれあいの風景。

心を開いてそばにいることを好んでいますが、真剣な恋愛感情かと言われれば、確信はできません。

彼女から心を込めたハグをされて、次の瞬間片手でハグをやり返してくれた場合、相手の「好き」という気持ちに対して「わかったよ」「そうだね」「俺もだよ」と返事を返しているのです。

例えば不倫している相手の彼から、肩や腰、または正面から片手ハグをしてきた場合は、何かあなたに対して伝えたいことやお願いしたいことがあると考えられます。

体に触れることで、相手の官女を読み取り、そのあとの言動に繋げようと考えている行動です。

心から愛している女性に対して、片手でハグをするという行動は、よほど時間がない場合か、人前で見られてはいけない、と緊張している場合だといえます。

恋人として抱きしめたいけれど、今は知り合いに遭遇する可能性がある、や急いでいかないといけないけれど、キスもしっかり向き合ってハグをするほどの時間がない、といった場合、大急ぎで「急いでいるから、バイバイ」といった具合に簡易的なハグとなるのです。

体や顔を押し付けるようなハグは信頼の証

既婚者である男性が、あなたに対して体や顔を押し付けるようなハグをする場合、それは信頼の証だといえます。

目の前にいる人に全身で甘えている行動なのです。

不安や緊張から解き放たれた時によく見られるハグだといえます。

不倫恋愛というのはいつでも不安と緊張の連続です。

よく女性の気持ちがフォーカスされて、我慢ばかりしなければいけない、と女性が耐え忍ぶ恋愛だと思われがちですが、実は既婚者である男性自身も苦しくて仕方がない状態を耐えています。

自分には奥さんという人生をともに歩くと決めたパートナーがいるにも関わらず、違う人と恋愛をしているのは、完全に既婚男性の意志の弱さでありワガママです。

彼女の時間を自分のために使ってしまっている、未来を奪っているという気持ちを持ちながらも、それでも自分と一緒にいてくれる時間を作ってくれる彼女に対して、感謝の気持ちが止まりません。

結婚しているのに、我慢しなければいけないのに、誰にも言うことができないのに、自分を愛してくれている彼女に、全身で信頼を寄せており表現しているのです。

後ろから抱きしめてくるハグは愛おしいと思っている表れ

後ろから抱きしめてくるハグは愛おしいと思っている表れです。

昭和後期の女性であれば、誰しもが憧れたドラマの名シーンでも使われたあのハグは、当時たくさんのカップルが真似していました。

切ない気持ちが溢れ、思わず後ろ姿を抱きしめるほど愛おしいと思っていることが伝わって来るものです。

ホテルや彼女の部屋でリラックスしている時にも、テレビを見ながらハグしたり、話をしながら後ろから手を回してハグをしたりしてくる姿はよく見られます。

少しでも近くいたい、体温を感じていたい、と思っているからこそ、会話中にもハグをしているのです。

また、男の人が女の人の後ろから腕を回してハグをするという体勢は、男性の手のあたりに彼女の胸がある状態になります。

自然にラブラブな雰囲気になり、イチャイチャと胸を触ることができる特別なハグです。

守ってあげたい、支えてあげたい、と考えている女性に対して行うハグともいえます。

後ろからのハグは、女性のボディ特有のしなやかさや肩の細さを確かめたり、ドキッとするうなじが見えたりと、男の人にとっても嬉しいことづくしなのです。

普段彼女のほうが、気が強くても「二人きりでいるときには甘えてもいいよ」というスイッチを教えてあげるハグでもあります。

腰が引けているハグはベッド以外で触れ合う必要がないと思っている

不倫関係にある二人でこのハグをしている人も少ないのですが、一部のカップルには見られるハグとして、男性の腰が引けているハグがあるものです。

腰が引けているハグは、彼女とベッド以外で触れ合う必要がないと思っている気持ちの表れだと言えます。

正直なところ、セックスフレンドに近い不倫関係であり、彼は完全に割り切った関係だと思っている状態です。

腰が引けているという状況は、相手に対して心を完全に開いておらず、後ろめたい気持ちを持っているサインとなります。

心の中では「ちょっと待って」「後でエッチの時に抱きしめるから今はやめて欲しい」と思っているものです。

ハグの時には腰が引けているのに、エッチには積極的な態度が見られます。

特に自分からハグをすることがなく、彼女からのハグに合わせるかのように返してくれるのですが、恥ずかしいという気持ちと、そこまで求めていない、という否定の気持ちが並行して湧き上がっている状態です。

「結婚しているのだから、本気にならないで欲しい」「好きになってもらうのは自由だけど、自分は好きにならない」という場合に、相手に合わせるハグとして行います。

お尻や太ももに触れるハグはエッチしたい

ハグをしていても、手を自由に動かしている男性も多く見られます。

相手の女性の体を、手のひら全体で確かめたい、感じたいと本能に突き動かされているのです。

お尻や太ももに触れるハグは、今すぐエッチしたいという気持ちが止められなくなっています。

官能的な姿を見た、彼女のフェロモンがすごい、本能を刺激する香りをつけていた、などきっかけはたくさんありますが、彼女と今すぐどこでもいいからエッチに持ち込みたいと考えているものです。

女性の太ももやお尻は、男性にはないふわふわ感があり、男の人の憧れの的だといえます。

柔らかくて温かいお尻や太ももは触っているだけで、性欲を刺激されるものなのです。

不倫なので、頻繁に会うことは難しく、久しぶりにデートが出来たとき、また奥さんとセックスレスであるとき、など彼女に会うと同時に体が疼いてしまいます。

体を求めるあまり、エッチの体勢が整っていないにも関わらず、性欲のままに動かされている状態です。

愛情がどうというものよりも、本能で動いている状態では理性で考える愛に対する答えは見つけることができません。

それでもどうしても知りたいのであれば、太ももやお尻を触わるハグをされても、焦らしてみることであなたを大切に思って、理性を取り戻すかどうかの反応が変わってくるため、本心を知ることができます。

不倫相手の手の繋ぎ方でわかる本気で好きなのか都合の良い女なのかの違い

指先だけを絡めているのはあなたの気持ちを知りたいと考えている

手のつなぎ方にもいろいろありますが、指先だけを絡めているのは、あなたの気持ちを知りたいと考えているサインです。

恋愛をしている関係なので、触りたければ自由に触ってもいいはず。

それでも指先を弄ぶかのように、軽く触れながら手をつないでくるのは「今楽しいと感じているかな?」「俺がこんなに好きだということをわかってくれているかな?」と言葉にできない疑問を指先に乗せて持て余しています。

通常の恋愛でも女性であれば「私と仕事どっちが好きなの?」「私のこと本当に愛しているの?」と疑問をぶつけて、それに答えることが面倒な男の人と気持ちがすれ違ってしまうということが起きてしまうものです。

実は、男の人の心境にも同じようなことが起きていることがあります。

「俺のこと本当に好きなのかな?」「奥さんよりも好きって言ったら重たいと思われるかな?」など、不安になっていますが、言葉にすることが苦手な上、弱音を吐くことは恥ずかしいことだと思っているため、言葉にすることができないのです。

普通の手の繋ぎ方は形だけの恋人

手をつなぐキッカケはたくさんあるけれども、不倫カップルは手をつなぐことでより会えない時間を埋めようとするものです。

それは当然女性から手をつなぐことも多く、常に手が繋がっている状態だということも珍しくありません。

しかし、普通の手の繋ぎ方をいつもするのであれば、形だけの恋人だと思われている可能性が非常にたかいはずです。

手を繋ぎたがっている彼女を否定するほど冷たいわけではないけれど、心から欲しているわけではないということになります。

ドライブでどこかに出かけた先、ホテルに出入りする時、お店に出入りする時、など手を繋ぐことで「僕たちは恋人だよ」というアピールを彼女に対して、しているものです。

パフォーマンスの一つであると言えます。

いつでもさっと手を差し出し、当たり前のようにつなぎあう姿は、まさに「本気で愛してくれている証拠だ」と嬉しくなりますが、真意はどうあるのか、しっかり確認しないといけません。

このタイプの男性はスマートにエスコートをすることが上手であるため、デート先に困ることもなく、常に相手の女性が喜ぶことを先行してすることができます。

恋愛のプロフェショナルとも言える男性です。

恋人繋ぎは少しでも近づきたいという証

指を一本一本絡ませて、恋人繋ぎをする場合は、少しでも相手に近づきたいという証です。

恋人繋ぎは、手のひらの接着面を最大限に活用しています。

相手の全てを知りたい、受け止めたいという気持ちの表れでもあるつなぎ方です。

手の骨の細さを確かめながら「この小さな手を守ってあげたい」と願いを込めています。

しかし、本人は家族がいるので、「彼女だけの男になってあげることができない」という、心のもどかしさを持っているものです。

一緒にいるときぐらいは、全てを受け入れて愛情をかけたいと願っています。

手のひらは無数の神経が通っており、触れることでさまざまな情報を読み取ることができる場所です。

手のひらを広げて、彼女の手を全面で感じ、彼女の心境なども含めて受け入れたいと思っています。

また、手はエッチをするときにも重要な役割を占めしてくれる場所。

恋人つなぎをしながら、二人だけの秘密のエッチを思い出すということもあるはずです。

重要な部位だからこそ、相手への心の距離感も表れやすいといえます。

また、このつなぎ方は好意の確信という意味も持っているものです。

彼女のことを好き、そして相手もそれを受け止めてくれている、という一連の気持ちのやりとりを確信にするために恋人つなぎをします。

手をつないだまま指をなぞるのは思いを伝えたい

男の人は本当に言葉にすることが苦手です。

思っていることを伝えることに対して、非常に労力を使います。

その姿は、手をつないでいる時にも見ることができるはずです。

手をつないだままあなたの指をなぞる、という行動をしているのであれば、それはあなたに思いを伝えたいと考えていることになります。

言いたいけれども言葉に出すことができない、または言わなければいけないことだけど言い出しにくい、など思いばかりが大きくなっているときに、こんな行動をしているものです。

特に恋人つなぎをしている時に見られます。

指を絡ませて手をつないでいる間、時々親指であなたの指をなぞったり、ツンツンと触れたりするのです。

よほど言葉にすることができない場合「どうしたの?」と聞いたとしても、すぐに答えてくれるわけではありません。

彼の心の整理がついて、自分から話しかけることができるようになるまで、待つ必要があります。

なかなか言葉にできない、すぐに伝えることができない、という時点であなたに対して真剣に向き合っている状態だとわかるものです。

手をつないでポケットに入れるのは一緒にいる時間リラックスしたい

手をつないで、そのまま男性のポケットに入れるという動作があるのは、一緒にいる時間にリラックスをしたい、という願望の表れです。

日常の中で緊張や不安が大きく、神経を集中させている男の人は、好きな人と一緒にいることで心の底からリラックスすることができます。

毎日奥さんが温かいご飯と清潔なお風呂を準備して待っていてくれているにも関わらず、家庭ではないところでリラックスを求めるようになっているということは、あなたに対してかなり本気で愛している状態だといえるのです。

自分のポケットに彼女の手をいれる、という行動は、相手を支配して安心しているという状況だといえます。

「彼女の全てを自分のものとして保有している」という自信が、彼に安心感をもたらしてくれるものなのです。

マーキング行為と同じですが、不倫中の浮気相手としては、彼が強引にしてくれることが嬉しいと感じる人も少なくありません。

奥さんがいるのに、私を自分のものとして所有欲をもってくれるということに、喜びを感じるのです。

彼女といる時間こそが、既婚者の彼にとって安らげる時間だということがよくわかります。

不倫相手のキスやハグや手の繋ぎ方で彼が本気かどうか確かめよう

奥さんがいる既婚男性だからこそ、キスやハグや手の繋ぎ方で、彼が本気で浮気相手のことを好きなのか、また都合のいい女だと思っているのか、を知ることができます。

彼のことをよく観察して、理解しなければ、本当のことは見えてきません。

しかし、いくらでも融通が利く言葉ではなく、態度で見ることができるからこそ、信頼度が高い見分け方法だと言えます。

キスやハグや手の繋ぎ方で本気で好きなのか知ることは可能なのです。

逆に行動から先に誘導することで彼の気持ちを思いのままに誘導することができるはず。

彼の心理を理解してから、ラブラブなカップルとして楽しい時間を作りましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG