年下独身男性が年上既婚女性を好きな時の好意のサインや本気の態度や男を落とす方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

「私は結婚しているし、年上なのに年下の彼がどうしても気になってしまう」と一人でやきもきしている女性に朗報です。

いくら年上でも既婚者でも、気になる人が出来たら関係ありません。

「年下彼が私に好意があると思っているのは勘違い?」と感じる女性に、年下独身男性が年上既婚女性を好きな時の好意のサインを全てお伝えします。

彼の本気の態度を知ることで、あなたも遠慮なく年下くんにアプローチすることができるはずです。

女性としてトキメキを手に入れるために、参考にしてくださいね。

目次

年下独身男性が年上既婚女性を好きになる男性心理って?本音は?

結婚経験をしている年上既婚女性に安心感を持つ男性心理

年上既婚女性の結婚経験は、年下独身男性にとっては安心感を生むものです。

結婚まで至った恋愛をしたほどの女性であれば、どんな自分であっても受け止めてくれると感じます。

年下の独身男性が出会う独身の女性は、異性に対して理想が高く些細なことで文句を言うことに対して、既婚女性は夫との生活の中で男性に対しての妥協点を知っているからです。

加えて年上の女性ということで、今までを振り返って失敗したこと、意見が対立したことを経験したことがあるため、人間としての器が大きくなっています。

年下の独身男性にとって、女性が「いいよ、いいよ」と大概のことを許してくれたり、「そんなことどうってことないよ」と小さな問題を流せたりする度量の大きさにとても安心感を持つのです。

男性にとっては大きな失敗だと感じることでも、そんなことを全く気にしない年上既婚女性といることで、年下君のプライドは傷つかずに済みます。

男性としてのプライドが保たれる相手と一緒にいることは、とても居心地がよく好意に変わっていくものです。

年上既婚女性のことが気になり始めた年下独身男性は、同世代の独身女性に興味がなくなり、ますます年上女性のことが気になって仕方がなくなります。

可愛がってもらえて嬉しいと感じる男性心理

男性はいくつになっても甘えたい生き物です。

社会に出ると男性は、周りに対して虚勢を貼らなければ強くいられないほどに、たくさんのものと戦っています。

そんな中構ってくれて、可愛がってくれる年上の女性の存在がとても嬉しく、つい甘えたくなるものです。

まるで世話をしてくれる年上の女性に、尻尾を振って喜ぶ子犬のようになります。

大人になると親に甘えることも出来なくなり、独身女性に対しては「強く頼れる男」を演じなければいけないと感じている人も多く、無防備に甘えることができる相手の存在がとても貴重なのです。

可愛がってくれる年上既婚の女性は、自分がしたことの結果よりも努力した経過を見てくれ、しっかり褒めてくれるため、結果を見て落ち込みがちな男性も自分のことを卑下することなく自信を持つことができます。

年下彼が自分に自信を持つことが出来るように成長しているのは、可愛がってくれる年上女性がいてくれるからこそだと思い、感謝するようになるものです。

自分のことをよく見守り、しっかり褒めることをしてくれる人が周りにいるだけで心は満たされ、毎日頑張ろうと思えるようになります。

憧れの年上既婚女性に認めてもらえると自分の価値が上がったように感じる男性心理

同じ会社に仕事ができる人がいると、例えそれが年上で既婚の女性であっても尊敬する人に変わりはありません。

特に年下独身の男性にとって、仕事ができる女性上司がいると彼はあなたに認めてもらいたくて一生懸命仕事に励むことができます。

若い男性が仕事に励み、その行動を認められると自分自身の価値が上がったように感じとても誇らしいものです。

ひとつでも多く、あなたに褒めてもらいたいと頑張るうちに、常に心の中で女性上司を意識していきます。

そして、気がつけば仕事だけの感情ではないことに気がつくのです。

特に女性上司は、男性上司と違い結果だけでなく努力の経過もよく見てくれています。

仕事に一生懸命打ち込む年下の彼は、努力した行動全てを褒めてもらいたいものです。

「俺は頑張った、努力した」と思うほど、それを褒めたたえてもらえることは、次へのモチベーションに繋がります。

同時に、細かいところまで見ていてくれる年上の女性に感謝と好意を抱いていくものなのです。

既婚者であるがゆえに、男性が頑張る姿がよく分かり、応援したいという感情を持つあなたのゆったりとした心構えが彼に自信を与えます。

同年代の女性が幼く感じてしまうことが本音

年上の既婚者である女性の寛容さや、言わなくてもわかってもらえる心地よさを知ってしまうと、年下君である独身男性は同世代の女性のことを幼く感じてしまいます。

本音を言うと、幼い女性に振り回されることを疎ましいと感じているはずです。

男性は、いつでも自分のことを大きく見せたがります。

背伸びして、頑張ってもその密かな努力は、同世代の女性には微塵も伝わりません。

逆に、経験豊富な女性には隠しているつもりの努力もすぐに気が付いてもらうことができます。

「影では努力している」「頑張っている」という姿をあからさまに見せてしまうことは、プライドが邪魔してできませんが、本当は見つけてもらい褒めてもらいたいと思っているものなのです。

言わなくてもわかってくれるお姉さん的女性と、一緒にいたいと思うことは年下君にとっては自然な流れになります。

「俺に釣り合うのは、年上の女性だ」と思う男性ほど、甘えたい・褒めてもらいたいという願望を持っているものです。

年下女性には、ちょっと気がつかない場面でもあるため、年上女性の優位なところといえます。

同年代の女性に対して機嫌をとることが面倒くさいと感じる本音

独身男性は、様々な女性との出会いがまだまだ多くあります。

しかし、多くの女性が機嫌取りを必要とし、年下男子は同世代の女性に対して機嫌をとることは、実に面倒くさいことだと感じていることが本音です。

その反面、既婚者である女性には本音で話しをしても激高することもなく、理不尽なことを言われることもありません。

夫との生活の中で、男性の考え方に対して理解があり、間違ったことを言ったとしても、冷静に叱咤激励してくれる愛情を持っています。

男性は、納得できないことで怒られることは不愉快極まりないですが、考えさせられる内容や、自己成長できる内容で話し合いが進むことはありがたい事だと捉えることができるものです。

元々、男性は女性の機嫌をとることが得意とは言えない人が多くいます。

好きになった女性だからこそ、いつも笑顔でいてほしいという願いから機嫌をとることを積極的に行うのです。

そのため、恋愛関係にない女性と出会ったばかりから機嫌をとらなければいけない、機嫌取りを強要される雰囲気を持つ同世代の独身女性のことは苦手と言えます。

なるべく関わりたくない、楽な付き合いをしたい、という本音が見え隠れするのが既婚女性と親密になっていく心理なのです。

そのため、既婚女性との会話で嘘をつくことはなく、ありのままの自分をさらけだすことができる気楽さを楽しんでいます。

年下独身男性が年上既婚女性を好きになった時の好意のサイン

「年下は嫌いですか?」と聞いてくる

年下独身男性が年上既婚女性を好きになったときには、二人きりになったとき「年下は嫌いですか?」と聞いてきます。

これは、あなたが年上であるということを彼自身が気にしているのではなく、あなたが年齢のことを気にしていないかということを訪ねたいものです。

年下男子は、自分が好きな人より年齢が下であることをコンプレックスに感じています。

「頼りなく思われていないかな」「未熟な男だと思われていないかな」と恋愛対象になっているかどうかも不安になっている証拠です。

現に、女性の中には頼りがいを求めて年上の男性、既婚者の男性を求める傾向が多くあります。

好きな人より年齢が下である、独身である、という頼りがいからは遠い存在である自分自身を「あなたに見て欲しい」とアピールしているのです。

心の声を覗いてみれば「僕だって一人前の男です」「僕にだってあなたを守る自信はあります」と男らしさを一生懸命だそうとしています。

可愛らしくも感じるこの一言に、キュンとする年上既婚女性も多くいるはずです。

いくら頼りないと感じてしまう部分があっても、アピールしてくる勇気を褒めてあげましょう。

年上既婚女性の夫婦関係が上手くいっているのか質問する

年下独身男性が年上既婚女性を好きになった場合、旦那との関係性が気になります。

年上既婚の女性の夫婦関係が上手くいっているのかどうか質問をすることで、好きになった女性に自分自身が入り込む余地があるのかどうか、確認しようとしているものです。

年下の彼にとって、年上であり既婚者であるあなたと仲良くなるためには、彼自身が旦那にはない魅力をアピールするしかないと考えます。

夫婦関係が良好だと聞くと、途端にしょんぼりしてしまうはずです。

しかし、夫婦仲が悪いと聞くと「僕に出来ることがあったら言ってください」と自分が近づくチャンスだと捉えたり、「旦那さんとなんで夫婦関係が悪くなってしまったんですか?」と具体的な話を聞きあなた自身の心の隙間を探したりします。

とにかく、夫婦関係の隙間を縫って、自分にチャンスがあるかどうかを知りたくてたまりません。

それは、彼が若いからこそご主人より優れていると思いたいがゆえの行動とも言えるものです。

夫婦関係について知ることは、好きになった女性が男性のどんな部分に魅力を感じ、どんな男性を求めているのかを知るきっかけになります。

不倫関係になってしまえば、旦那のことなど聞きたくもない話題ですが、片思いの時には恋愛パターンや好きな女性の内面を知るための、重要な情報なのです。

年下独身男性が若いからこそ幸せにあなたを出来るポイントをアピール

男性は自分がどれだけ優れているかをアピールすることで、恋愛感情を信頼してもらおうとします。

動物であればセックスアピールとして、群れの中で強ければモテる、踊りが上手なほどモテる、羽の模様がキレイなほどモテる、など千差万別です。

しかし、人間のオスは自分の優秀さを「好きな人を幸せに出来るかどうか」を基準にアピールします。

実際、プロポーズでは多くの男性が「俺と一緒に幸せになってください」や「あなたを幸せにしたい」と相手の幸せを自分自身が作り上げていくことが男らしさだと感じているのです。

年下独身の彼がアピールできるポイントは、あなたよりも若いというところ。

女性は年齢を気にするからこそ、それを長所に転換した素晴らしいアイデアです。

若い男性には、情熱がある、行動力がある、といった具合に勢いがあります。

年上の女性が困っていることに対して、俊敏に動くことができるものです。

アクティブに動けるため、行きたいところにはすぐに連れて行ってあげることができる、年上女性がためらう遊びでも躊躇なくチャレンジすることができる、など刺激的なデートをすることができます。

旦那には、こんなにフットワーク動けないであろうと見込んで、すぐ動けることであなたを幸せにできるとアピールしてくるのです。

「俺が守ります」と男気を見せてくる

年下独身の男性は、年下だからと舐められることが大嫌いです。

年上であるあなたに対しても、常に対等であろうとします。

むしろ、「俺があなたのことを守ります」と男気を見せることで頼ってほしいと願っているのです。

好きになった女性に頼られることほど、男性にとって嬉しいことはありません。

年齢が上であろうと下であろうと、女性を守りたいと思う男性は武士道を持っているような、真面目で誠実な人。

道路で車道側をさりげなく歩いたり、ドアをエスコートして開けたりと、普段の中から女性を大切にする紳士な態度が垣間見えます。

女性を守ることこそが男の役目だと言わんばかりに、好きな人には無理なことをして欲しくないと思っているものなのです。

このタイプの男性は、最初は不倫関係になることをためらいます。

しかし恋愛感情を抑えきれずに不倫関係が始まれば、旦那と問題が起きても自分が解決することが好きな人を守る手段だと考えているのです。

「俺が守ります」と断言するほど強い意志で、既婚者の女性に対して好意を持っています。

年下独身男性が年上既婚女性を本気で好きな時の態度や行動!プラトニックラブ!

「今すぐにでもキスしたいです」と我慢しながら伝えてくる行動

既婚女性に対して好意を持った男性が年下であるか年上であるかで、好きの表現方法が違ってきます。

年上である既婚者女性を本気で好きになった年下の独身男性は、すぐにキスをするようなことはありません。

相手が既婚者であるということを、最優先に配慮します。

その結果「今すぐにでもキスしたいです」と、本能のままにキスをしてしまいたい気持ちを我慢しながら、でもこの気持ちは抑えられないと伝えてくるものです。

相手の返事次第では、本当に押し倒してしまうくらいの勢いになっています。

しかし、本気で好きだからこそ彼女の気持ちを大切にしたい、という想いがこの一言に詰め込まれているのです。

たった一言ですが、ここに「本能」と「我慢」というキーワードが重なった時点で、相手の年下君はかなり本気であなたのことを好きだといえます。

恋愛は本能の塊です。

特に男性は恋愛関係になれば、好きな女性の全てを手に入れたいと考えます。

好きになった人に、キスをしたいと感じることはとても自然なことなのです。

そこをグッとこらえている辺り、とても可愛らしいと感じる一面ともみてとれます。

相手の女性に本気で惚れている男性ほど、キスという行動自体をとても大切にしているものなのです。

我慢しきれなくなれば「キスしていい?」と聞いてくることがわかります。

デート出来てもすぐに体を重ねようとしない態度

大好きになった彼女は結婚している。

そう考えるだけで独身君は胸が苦しくなるはずです。

既婚者である以上、旦那とエッチしているかもしれないと想像すらしてしまいます。

それはとても悔しくて、絶望的な気持ちになる出来事です。

しかし、そんな大好きな彼女とデートの約束ができました。

約束の日まで心躍る毎日です。

デートの日もドキドキソワソワして、嬉しさでいっぱいになります。

だけど、心の奥底では「旦那さんがいる人」「他の男に抱かれている彼女」という認識がぬぐい去れません。

男性はどうしても、体の関係と関連付けて考えてしまうものなのです。

心の底でそう考えている以上、うかつに体の関係を結ぶわけにはいかないと自分の気持ちを抑えています。

本気で好きであるほど、相手の彼女からの愛情を求めるのです。

愛し合っていると、実感出来た時に彼は体の関係を求めてきます。

ついにその時がやってくれば、幸せすぎて気持ちを言い表せないほどになっているはずです。

本気であなたに惚れた独身の男性は、初回のデートで体を重ねようとしないことが特徴としてあります。

一緒にいると緊張してしゃべらなくなる態度

年下の彼と年上のあなたが過ごす時間は、年齢による経験値が少ない分、恋愛に対して対応しきれない部分が見えてくる場面があります。

一緒にいると緊張してしゃべらなくなることが、度々起こるのです。

一緒にいるためには、何か会話をしたいのだけれど「何を話していいかわからない」と口ごもってしまいます。

年齢が上だからこそ、人生の経験値が多いあなたと一緒にいると「自分の話は面白くないのではないか?」「どんな話題が好きなのだろう?」と色々と考え込んでしまうものです。

それもその筈、彼はあなたに会話を楽しんでほしいと願っています。

年下の自分があなたを楽しませることができるのか、ということが不安です。

いつもは饒舌な人でも、好きな人の前では緊張してしまいます。

年齢が重ねるにつれて、その緊張感は薄くなっていきますが、好きな女性と上手く話せないという男性は少なくないものです。

特に既婚者となれば、毎日異性と生活をしているので恥じらいという部分がなくなっていきやすいといえます。

異性の前で食事をすることも恥ずかしい、と言っていた独身女性も結婚すれば毎日パートナーと食事を共にするのです。

既婚女性だからこそ、異性と一緒にいる空間に落ち着きがあり余裕を持って相手の観察が出来る状態だと言えます。

「あなたを困らせたくない」と年上既婚女性と不倫関係になることをためらう行動

「本気で好きになった人が、たまたま結婚している人だった」

と、頭では理解していても好きな人にはどうしても近づきたいものです。

しかし、誠実な彼は既婚者であるという点を簡単に受け入れてはいけないと考えています。

だからこそ、「あなたを困らせたくない」と相手のトラブルを回避することを優先するのです。

不倫関係になれば、困る状況に陥るのはお互い様だとはいえ、リスクが大きいのは明らかに既婚者の彼女。

このセリフを言える独身男性の年下君は、本気であなたのことを愛していて、先のことまで見据えることができるタイプです。

そして、不倫関係になってしまえば自分の「好き」という感情がコントロールできなくなりそうだという不安を抱えています。

とにかく一緒にいたい、声を聞きたい、という願望が強いほど不倫恋愛に向いていないことを肌で感じるものです。

不倫経験者でなければ、不倫ではどんなペースで会えるのか、どんな愛を育んでいくのか見当もつかない領域となります。

未知の世界で、自分の感情をどれだけコントロール出来るかわからず、既婚者の彼女を困らせることなく関係を続けることができる見通しまでは立っていない状態なのです。

年上既婚女性が年下独身男性と仲良くなりたい時のline(ライン)の内容や注意点

【内容】年下独身男性が好きな話題を取り入れる

年下の独身である男性の好意が見え隠れする中、「私も彼のことが気になる」と思い始めたあなたは、まずは彼と親しくなる術を身に付ける必要があります。

今では気軽にメッセージのやりとりが可能なlineで、重くならない会話を試みましょう。

Lineの内容は、年下君が好きな話題を取り入れます。

女性は自分のことを話したがるものなのですが、既婚者で年上であるあなたが自分のことばかり話してしまうと、彼は知らないことばかりの話題で話を聞くことがつまらなくなってしまうのです。

年上の寛容さを表現するためにも、彼の好きなこと、好きなものを知る努力をしましょう。

年下の彼が出してくる話題は、どれも新鮮で教えてもらうだけでも楽しいやりとりを続けることができます。

趣味や仕事のこと、彼の今後の生き方のビジョンなど様々な角度で話を聞き出すことを主に意識することです。

あなたも興味を持つような話題があれば「気になるから私もやってみたいな、行ってみたいな」と伝えることでデートの約束にも繋がります。

年上であるあなたに年下である彼が、教えることができる場面がやってくるというのは、相手にとってもとても嬉しいことなのです。

【内容】年下独身男性の話題の結末が見えても最後まで話を聞く

あなたは今まで、恋愛においても結婚という区切りを迎え、仕事でもキャリアを積み、出産、子育てと乗り越えてきて、少々のことでは動じない経験値を積んできました。

つまり他人に関心がなくなってしまうほど、自分の中で語れる材料があるということです。

ましてや年下の独身の異性である男性の話題は、結末が見えてしまって面白くないと感じることも少なくありません。

しかし、その面白くない話をしようとしている彼のことを気になっている時点で、惚れた弱みを持っています。

彼と仲良くなるためには、結末が見えてしまったその話をしっかり最後まで聞き届けましょう。

話を聞くという行動は、人間にとって信頼を結ぶ行動です。

line上であっても、途中で話の腰をおられたのではやりとりが成立しません。

結末が見えてしまって、返信に困ったときには「へぇ」「そうなの」「マジか」などの相槌スタンプを適度に使いましょう。

カワイイ絵がトーク画面上にあるだけで、会話が盛り上がっている様子を表します。

しかし、スタンプの乱用は避けてください。

男性はスタンプの乱用を嫌う人が多く、あまりに返事や相槌をスタンプ一個で済まされることが続くと「話を切ろうとしているのかな?」「面白くないのかな」と落ち込んでしまいます。

相手の顔が見えないからこそ、最新の注意を払ってやりとりを続けましょう。

【内容】独身の頃を思い出し、ひとりの女性としてline(ラインを)楽しむ

既婚者の女性の日常には、夫がいて子供がいて、家事と子育てがメインの中に仕事が入っている感じです。

その状態は、独身である彼には想像もできません。

そのためLINEのやり取りの中にも、ついつい結婚しているからこそわかる話題が入り込んできます。

しかし、メッセージを送る前に一度「これは既婚者あるあるではないか?」という確認を入れることで空気を読まない内容を送ってしまわずに済むはずです。

ましてや、あなたの日常のメインが家事と子育てのため、家族のことが話題になっていないか、家の中のことが話題になっていないか、結婚した後の価値観で決めつけていないか、と見直すことは年下の彼とLINEのやりとりを続ける上では重要になります。

これを防ぐためには、あなた自身が独身であった頃の感覚を取り戻す必要があるのです。

独身の頃を思い出し、一人の女性として彼とLINEを楽しむことで、おばさん臭さがなくなります。

おばさん臭さの一番の原因は、経験値ゆえの価値観の変化なのです。

価値観の変化を独身の彼に強要することは、女性としてナンセンスといえます。

【注意点】言葉使いなど無理して年下独身男性に合わせようとしない

年下の男性と仲良くなろうと気張るからこそ、言葉遣いに無理が出る場合があります。

言葉遣いなど無理して、年下独身男性に合わせようとしないでいいのです。

変に合わせようとすると、あなたらしさがなくなり、彼もあなたとlineしているのにどこか面白くないと感じるようになります。

あなたらしさが表現されるからこそ、メッセージのやりとりが楽しく行われるものなのです。

「○○じゃん?」「マジ卍」など言葉遣いを若くしようと必死になると、10代の女の子が使うような言葉が出てきて、寒くなってしまいます。

若い = 若者言葉ではありませんので、くれぐれもご注意ください。

せっかくLINEのやりとりをする仲になっても、「○○って超すごーい」など送ってしまえば、一気に年下の彼は去っていってしまいます。

あなたであれば、自然にやりとりを続けるだけで、年上の女性ならではの聡明さが溢れてくるはずです。

やりとりをすることを不安がらずに、あなたらしく言葉遣いをチョイスしましょう。

言葉の一つ一つに気持ちがこもれば、彼にも純粋な気持ちが伝わります。

内容に合わせて、あなた自身が楽しいと感じ、その気持ちのまま返信をしましょう。

【注意点】「はい」「了解です」など業務連絡にならないようにする

Lineにはスタンプ機能がありますが、年齢を重ねるほどにスタンプをチョイスしたり、新しくダウンロードしたりすることが煩わしくなります。

そして、せっかく年下の独身くんとやりとりをしているのに、「はい」「了解です」など端的な文章返信が増え、一見業務連絡のようになってしまうのです。

これでは、好意をもってくれている彼もげんなりしてしまします。

年下君とlineのやりとりをする中で、注意することは“あなたの感情を表現する”ということです。

「嬉しい」「楽しみ」「初めて知った」とあなたがlineのやりとりを楽しんでいる様子がわかることが、彼の一番の喜びとなります。

返事が欲しくてメッセージをするのは、仕事だけで十分です。

既婚者であるあなたが、独身である彼と仲良くなるためには、あなたが心をさらけ出さなければいけません。

「私はプライベートでこんな人間です」「私はこんな出来事にこんな感情を抱きます」ということを、楽しく口語で文章に起こすのです。

文章にするとどうしても堅苦しくなってしまう人もいますが、彼からメッセージがきて感じたことを素直に文字にするだけ。

これだけで、独身のあの人は、既婚者であるあなたの素の部分を垣間見ることができ、とても喜びの気持ちで満たされるに違いありません。

【注意点】家族の話はしないようにする

既婚者の女性の一日は、家族のことを考えています。

起床時間、朝の支度、掃除、洗濯、晩ご飯、お風呂の準備、などなど主婦にはすることが山ほどあるものです。

しかし独身者である彼には、そんなこと想像できません。

いくら大変でも、彼とのLINE上で家族の話や愚痴は絶対にタブーです。

愚痴を話したところでピンとこないため「嫌なら止めればいいじゃん」「旦那に腹立つなら別れればいいじゃん」と安易に考えられては困ります。

しかも、普段から頑張っているあなただからこそ一度不満を外に吐き出してしまえば、心のどこかで彼のことを「家族の不満を言ってもいい人」という位置づけにしてしまう恐れがあるのです。

一度そう位置づけしてしまうと、ことあるごとに愚痴を言ってしまいます。

そんなメッセージが続けば、離れていってしまうことは誰もが想像できることです。

愚痴でなくても、彼は家族の話を聞きたくてあなたとlineをしているわけではありません。

あなたと楽しいメッセージのやりとりをしたいと願っています。

その願いを叶えてあげることが、lineをしていく上で一番重要なことなのです。

仮に彼があなたに対してなんとも思っていなかったとしても、尚更家族の話をするべきではありません。

多くの男性は、他人の家族の話に興味はないのです。

LINEをしている相手の気持ちになって、実りある時間を作り上げましょう。

年上既婚女性が年下独身男性にアプローチする方法!年下君を落とすマル秘テクニック

不倫に抵抗がないことをサラッと伝えるテクニック

「年下君を落としたい!」そんな時には、既婚者であるという鎧を外す必要があります。

あなた自身が不倫に抵抗がないことを、会話の中でサラッと伝えるテクニックを使うことで、年下独身男性の心の中にインプットされるはずです。

一度インプットされた「不倫に抵抗がない」という情報は、だんだんと独身である自分を誘っている言葉に聞こえてきます。

それはまさに、おまじないのような言葉です。

まずは二人で会話ができる状況に持ち込みます。

そして、恋愛の話題に流していくのです。

難しければ「最近恋愛しているの?」と聞きましょう。

年上で既婚者であるあなたが、この手の話題を出すことは何も不自然ではありません。

彼の恋愛話を聞いた後は、サラッと自分の話を入れ込みます。

「あー、私も恋愛したいな」「ドキドキしたい」と、既婚者であっても恋愛したいという願望があることを伝えるだけで十分不倫に対して抵抗がないことをアピールすることができるものです。

「あなたの○○なところ、男らしい」と男性としての魅力を褒めるテクニック

年下の独身君を落とすためには、とにかく男性としてのプライドを刺激しましょう。

あなたが普段から、彼のことをしっかりと見ていることも伝えることができる一言です。

優しくされたとき、重たい荷物を持ってくれたとき、かばってくれたとき、対等に接してくれたとき、どんな場面でも構いません。

あなたが年下君のいいな、と思うところをその場面ですぐ伝えます。

「あなたの○○なところ、男らしい」または「あなたの○○なところ、素敵だと思う」と褒めることで、男性の心はドキドキし始めるものです。

特に男としての魅力を褒められた時には、認めてくれたあなたに好意を持つ可能性はかなり高くなります。

普段から、彼のことを褒めているという年上女性は、改めて目を見つめゆっくりした口調で伝えることで、効果を発揮するものです。

「結婚してない時に出会っていたら好きになってもらえたかな」ともしも話をするテクニック

独身である彼と、既婚者であるあなたとの一番の違いは婚姻関係があるかどうか。

独身の彼に、あなたの好意をさりげなく伝えるには「結婚してない時に出会っていたら好きになってもらえたかな」と、現実には取り戻せない時間軸を絡ませて話すテクニックを使います。

もしもの話をすることで、「あれ?俺のこと好きなんだ」と簡単に想像することができるはずです。

しかも、この口調のポイントとしては、既婚者である女性が独身である気分になっているというところにあります。

「結婚していない時に出会っていたら」という言葉は前フリで、「好きになってもらえるかな?」という部分に意味合いが大きくあるのです。

深くは考えなくても、その言葉の重大さは年下の彼の心に響きます。

「疲れているならマッサージしてあげるよ」とボディタッチOKなことをアピールするテクニック

年上女房とはよく昔から「気が利いて、世話がよくできる」という意味合いでも、年齢が年上の女性の方がしっかりしていて頼もしい、と表現されてきました。

年上であり、既婚者で異性に耐性があることを完全に長所として、気になる年下君にアプローチするテクニックを使いましょう。

これは、仕事の合間にも使える一言です。

「疲れているならマッサージしてあげるよ」という一言で、あなたが異性に対してボディタッチOKだということをアピールすることができます。

誰でもいいわけではないので、それを聞いた周りの男性が「俺のマッサージをしてよ」と行って来ても「分かった、分かった」と軽く聞き流しておきましょう。

好意がある彼がマッサージをお願いに来た時にだけ、本当にしてあげるようにします。

ボディタッチは恋愛の有名なテクニックです。

ボディタッチしやすい状況にすることで、彼の心を掴んでいくことができます。

年下独身男性を落とすには好意のサインや本気の態度を見抜きましょう

年上既婚女性であるあなたが、年下独身男性を落とすためには、彼からの好意のサインや本気の態度を見抜き、あなたも好意があることをさりげなく伝えることで十分です。

年齢や経験の差を出さないように少し注意を払えば、既婚女性の変わらない日常にトキメキがプラスされ、楽しい毎日を送れるようになります。

女性は恋をしてさらに美しさに磨きがかかるものです。

年下君との恋愛をゲットして、輝きを手に入れましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG