既婚男性が恋に落ちる時(瞬間)。既婚者なのに恋をした男はどうなる?恋に落ちた既婚男性の態度って?

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

『不倫って夫婦仲が悪い人がするものでしょ?』『気になるあの人は、奥さんと仲が良さそうだから振り向いてもらえそうにないな』と、既婚男性を好きになってしまったけれど、恋愛からは程遠そうな相手を前にして、すでに諦めモードになってしまってはいませんか?

実は不倫関係になる既婚男性の全てにおいて、夫婦の愛情が冷めてしまっているわけではありません。

既婚者の男性が恋に落ちる瞬間を知ることで、気になる彼に告白されるチャンスを掴むことが出来るのです。

既婚男性が恋をする瞬間や恋煩いを起こしている時の症状、彼の心にそっと背中を押して告白してもらう方法など、好きになった彼をゲットするためのノウハウを全てご紹介します。

諦める前に、彼から興味もってもらうために色々チャレンジしてラブラブな恋愛関係になってくださいね。

目次

奥さんも家庭もある既婚男性が他の女性に恋する事なんてあるの?既婚男性が他の女性恋してしまう理由

女の人の優しさにキュンとした

女性もドラマを見ていて、主人公の俳優さんにキュンとするのと同じように、男性は現実社会で身近な女の人の優しさにキュンとしたことがきっかけで好きになってしまうことがあります。

男は疲れていても落ち込んでいても、それを態度に出すことはしないもの。

表では笑顔で何食わぬ顔をしていても、本当はとても劣等感や疲労を感じているのです。

そんなときに、さりげなく休みを調整して取れるようにしてくれたり、『いつも頑張っているのを知っていますよ、お疲れ様です』と一声かけてくれたりすることで、胸がキュンとして、こっそり涙が出そうな程嬉しくなることがあります。

誰にも言えない弱音を抱えているときこそ、見てくれている人がいるというのはとても心が救われるものです。

何も言わなくてもいいという安心感と、分かってくれていることへの喜びで、妻と比べたり、家庭のことを気にしたりすることがないまま、その子の事が大切な存在へとなっていきます。

『あの子は気が利く』『優しくて癒される』としみじみ感じることで、同じ空間にいる時には目で追いかけるようになるものなのです。

妻を愛しているから他人を見てはいけない、というルールはなく、夫婦仲に関係なく気持ちがふくらんでいきます。

清楚で純粋そうな女性を抱きしめたい衝動にかられた

男の人の理想というのは、不思議なもので大体に通っているものです。

清楚で純粋そうな女性が目の前に現れたとき、思わず抱きしめたいという衝動にかられた時に、恋をしてしまいます。

白いブラウスがとても良く似合う、黒髪のロングヘアという女性は昔から男性人気が断トツ高いイメージ女性です。

白というイメージ、黒髪、何でも疑わずに付いていってしまいそうな純粋さは、“処女”をイメージするものであり、支配欲の強い男性は“その子にとって最初の男”になりたがります。

世間の荒波を知らなさそうな彼女を見かける度に、守ってあげたくなる衝動で、抱きしめたいと思ってしまうのです。

実際に、そのようなイメージ戦略をしている女性もおり、アイドルでも“清楚路線”や“純情イメージ”をつけるために努力している芸能人も多いことがわかります。

「危ない男から守ってあげたい」「騙されないように教えてあげたい」とまるで騎士のような気持ちで正義感を募らせるものなのです。

男は皆、純情な少女が傷つくところを見たくないと思っています。

いつも困っている姿を見て助けたくなった

なんでもドジな女の子っているものです。

本人は「なんで私ってこうなんだろう?」と悩んだり、周囲の同性からはイラっとされたりと、あまりいい印象ではありません。

ところがしかし、男性からすれば、「いつも困っている姿を見て助けたくなった」という理由から恋愛が始まることがあるのです。

男の人はドジな女の子を見ても、イラっとくることがあまりなく、むしろ「カワイイ」と思って眺めています。

男にとって女は完璧を追い求める相手ではなく、隙を見せてくれるくらいの少し天然ちゃんの方が自分を優位に立たせることができるので、可愛く見えるものなのです。

いつも困っている女の子というのは、何でもないところでつまずく、会議の資料は真面目に作成して完璧なのに印刷を失敗する、弁当や財布を忘れてお昼ご飯に困っている、など日常の中で不思議なくらい「やってしまう」タイプの女性のことを指します。

直接的な仕事のミスが続けば、さすがにイライラしてしまいますが、天然ちゃんの素敵なところは、仕事は頑張っているし、ミスも少ないけれども日常生活でどこか抜けている、というところや、毎日違うことで困っている、というところが特徴です。

仕事のミスではなく、本人一人が困っている状況を見つけるたびに「また何かやっているよ」と思わず笑いながら手助けをしたくなります。

いつもクールな女性に興味を持った

女性というのは社会に出ても、グループになりたがり、いつも数名でワイワイとおしゃべりをしている姿が印象的です。

ところが、社内でもいつもクールでお弁当の時間も一人きり、誰かと群れる姿は滅多に見ることがなく、仕事以外の話題は基本的にあまりしゃべらないタイプのクールな女性に興味を持ったとき、男性が恋に落ちます。

女の人は、太古の昔からグループを組むことでコミュニケーション能力を高めて生きてきたものです。

情報交換をすることで、生存本能を駆り立て、生きていくために必要なことを得ていたのですが、現代においてもそのコミュニケーション能力は長けていて、流行や男性との恋愛経験、今後のキャリアと家庭においての情報を女性同士の会話から収集しようと必死になっています。

また、孤独になることを恐れている人が多いため、一人になることが怖いと感じているのです。

そんな時に、一人ポツンと自分の意思を貫いて、クールでかっこいい女性がいれば、気になって当然といえます。

ミステリアスに見え「話しかけてみたい」「どんな人なのか気になる」と観察しているうちに好きになってしまうものなのです。

例え夫婦円満だったとしても既婚男性が恋に落ちる時(瞬間)

会話が楽しくて大笑いしながら話をしている時にふと見つめ合った瞬間

例え夫婦円満だったとしても、全く関係ないところで恋に落ちることがあるものです。

職場や友達関係の中でも、時として気の合う異性というのは現れます。

会話が楽しくて大笑いしながら話をしている時に、ふと見つめ合った瞬間が訪れれば、その一瞬で恋に落ちてしまうのです。

それまで全く恋愛対象としてみていなかったにも関わらず、見つめ合うことで、急に異性として意識されます。

いつも通り楽しく会話をしてかなり面白い話題になった時、大きく口を開けながら、目を細めて手を叩いて笑っていると自然に体が前後左右に揺れることがあるものです。

ふと気がついたら相手も同じように笑っていて、一瞬時が止まることがあります。

目があった瞬間、「あ、目が離せない」という不思議な感覚に陥り、胸がドキッとするものなのです。

ティーンの恋愛で見られるような光景ですが、いい大人になってもこのシチュエーションはドキドキして照れてしまうもの。

ものすごく親しい友だちから、急に恋愛対象となるため、自分の中でも戸惑いを隠せません。

疲れている時にドンピシャなタイミングで栄養満点手料理を差し入れしてくれたとき

夫婦関係が円満だと、妻のすること全てを文句言わずに受け入れる夫となっているため、どれだけ疲れていても子供が食べたいものや、スーパーでセールをしていたものをメインにした料理が並ぶ食卓でも、何の不満も抱きません。

しかし、疲れている時にその体にドンピシャなタイミングで栄養満点手料理を差し入れしてくれたときには、「エスパーか!?」「体に染み渡る」と食べ物で、今までにないほどの感動を味わうことができます。

寒い日にココアを飲んで温まるように、疲れきった体に野菜タップリのお雑炊などは、口に入れても食べやすく、野菜の優しさがとても心温まるものです。

食べ物で感動するくらいの喜びを得ることができると、人の心は一気に動き始めます。

「こんなに気が利くのか」「あんなに料理が上手ならまた食べたいな」と料理を通してたくさんの感情が揺り動かされるので、恋の炎も燃え始めてしまうものなのです。

感情のギャップが大きいほど、恋は芽生えやすく、ただの同僚や後輩から、一気に恋人候補になっていきます。

奥さんと料理を比べているわけでもなく、不満に思っているわけでもないのに、胃袋を掴まれるとは、まさにこのことなのです。

「私できますよ」と積極的に仕事を請け負った頼もしい姿

男の人は積極的な女性を見るととても好感を持ちます。

特に結婚していると、生活の中で困ったことや前に進めない状況になることもあるため、常に前に向かって進もうとする姿勢を見ることで、元気をもらうことができるのです。

職場で「私できますよ」と積極的に仕事を請け負ったりすることができる姿は、女性の中ではなかなか勇気が必要なこととなります。

周囲が敬遠するような案件でも、自分から手を上げることができる頼もしい姿は、周囲の人もポジティブな思考になることができる上、「私にももっとできるかもしれない」という希望を見出すきっかけともなるものなのです。

前向きで積極的な姿を見ると、その女性は人生を楽しんでいる印象を受けます。

命燃える限り、一生懸命人生を楽しむことは、あらゆる場面で勇気を与えてくれるものです。

自分の限界にチャレンジし、困ることも明るく発想転換することで、なんでも幸せを感じることができます。

そんな人生を楽しんでいる女性と思うだけで、見ているとワクワクするのです。

一緒にワクワクを感じたい、素敵なものをたくさん見たい、と思った瞬間には既に恋に落ちていることになります。

ポジティブ発言で周囲に明るい影響を与えているのを見た瞬間

ポジティブ発言で周囲に明るい影響を与えているのを見た瞬間、男の人は恋に落ちてしまいます。

リーダーシップをとり、社交的で人間関係の潤滑油の役割となる女性は、どこにいてもマドンナ的存在となるものです。

人の良いところを見つける天才で、些細なことでも褒めることが上手な女性といえます。

「○○さんのここが素敵だからこのプロジェクトに参加するとメリットがたくさんありますよね」「みんなで力を合わせれば小さな困難もカバーし会えるからあっという間に終わりますね!」と周囲の人をやる気にさせることが可能な人は、上司からも部下からも慕われる人であるはずです。

夫婦仲が良くても、ポジティブ発言でやる気を出させてもらえたり、しょっちゅう自分自身も褒めてもらえたりしていると、「次はどんな言葉を語るのだろうか」と楽しみな気持ちが膨らみます。

彼女の言動が全て気になり、いつも存在を確認するようになるのです。

場の空気を明るくしてくれて、士気を高めてくれる女性から与えられた影響によって、周囲のみんなが明るくなっていく姿を見ることも、空気感を大切にする男性にとっては嬉しい気持ちで満たされていくことになります。

既婚男性が好きになる既婚女性って?惚れた時の好意のサインや好きになる瞬間を徹底分析!

既婚男性の恋の葛藤…。奥さんがいるのに他の女性を好きになり恋煩いしている時にでる症状

チラチラ好きになった女性の方を見ては考え込む

夫婦仲が悪くないのに恋をしてしまった既婚男性は、心に葛藤を覚えます。

チラチラ好きになった女性の方を見ては考え込む仕草をすることで、その心の状態をうかがい知ることができるはずです。

奥さんがいるのに他の女性を好きになってしまった自分を責めながら、日に日に自分の中で大きくなる気持ちをコントロールできずに悩みます。

人は悩みを抱えているとき、悩みの原因となるものを視覚で捉えようとするものです。

そのため、好きになった女性の方をチラチラ見てしまうのは、わざとではなく無意識の行動と言えます。

例えば何かを思い出そうとするときに、左上の方を見てしまうのは、今目の前にない過去の出来事を、脳の活用で映像として思い浮かべようとするからなのです。

現実にいる女性を視覚で捉えることは、自然な人間の行動であり、わざわざ見ようと思ってみているものではありません。

周囲の人間が「あの人絶対彼女のこと好きだよね」と気がつくのは、こういった行為からだといえます。

「奥さんがいるのに恋愛をすることはいけないことだ」「でも好きだという気持ちに気付いてしまった」と相反する感情を抱えて、葛藤している状態なのです。

接点となる仕事の用事を作る

既婚男性が人を好きになってしまうと、誰もがストップをかけるはずです。

しかし、「どうにかして近づきたい」「話をするチャンスを掴みたい」と思っていると、どうにかして接点となる仕事の用事を作ることで、その時間を作ることができます。

結婚しているからこそ、堂々と好きだと言うことはできないけれど、用事があれば好きな人と話をしたとしても誰にも咎められることがないため、何か関連する仕事を見つけては喜びを隠しきれなくなってしまうものです。

例えばコピー一つにしても、本当は自分でも出来るけれど「ちょっと手が離せないから、やってもらえると助かるんだけど」とお願いすることで、用事を作ることができます。

さらに、途中で「今どのくらい出来ているか教えてもらえる?」と質問をすることも可能になるのです。

用事がなければ話をすることが難しいと感じている既婚男性にとって、話をする機会を前・中・後と三回も作ることできる素晴らしいアイデアに、密かに喜んでいます。

夫婦仲が良いことで、不倫まで考えることができない男性にとって、好きな人と接点を持つことができることは、とても浮ついた状態になるものです。

嬉しい気持ちと奥さんに申し訳ない気持ちで、控えめながら接点を持とうとする恋煩いの症状と言えます。

周囲に評判を聞く

既婚者の男性が好きな人に対して沸き上がってくる感情は、「好きな人のことをもっと知りたい」というものです。

周囲に彼女の評判を聞くことで、間接的にものすごくよく知っている人のように感じます。

結婚しているからこそ、物理的に距離を縮めることは遠慮が出てくるので、どうにかして近づこうとした結果、心の中に好きな人をもう一人作ることにたどり着くのです。

心の中に彼女を一人創造するためには、その人物の外見だけでなく趣味や考え方、プライベートの過ごし方、見えない部分の身体的特徴、恋愛パターンなどをインプットすることで、擬似恋愛を楽しむことができます。

特に男にとって身体的特徴を知ることは、エッチな妄想も膨らむため、重要なポイントなのです。

「彼女の服の下ってどんな感じ?」と知人に聞くと、変態扱いされてしまうので情報収集は慎重に行う必要があります。

ひょんなことから、彼女の友人から「この子胸大きいんですよ」と話題にしたり、「お尻にほくろがあるんですよ」など秘密を暴露したりする話題で、密かにインプットしていくのです。

想像の中で、彼女のプライベートを詳細にしていくことで、想像デートをすることもできます。

「既婚者なのに好きになっちゃダメだよな」と落ち込む

結婚していて、奥さんとの仲も良いのに好きな人が出来てしまったという現実そのものを受け入れられないものです。

「既婚者なのに好きになっちゃダメだよな」と落ち込むと、自分で感情をコントロールして戻していくことができません。

周囲は状況がわからないので「なんか最近元気ないけどどうしたんだろう?」「何に悩んでいるのか聞いても、答えてくれないんだよね」と囁かれることになります。

既婚者男性の頭の中は「結婚していなかったらこんなに悩まなかったのに」「奥さんのことは嫌いじゃないのになんで他の人を好きになってしまったんだろう」と好きになった理由も分かっていないことがほとんどです。

誰かに救いを求めたくても、既婚者という肩書きがそれを許してくれないため、一人で悩みを抱えて出口のない思考に落ち込みっぱなしになってしまいます。

どうにかして気持ちをセーブしようという意思があり、彼女の悪いところを見つけようとしたり、奥さんと今まで以上に仲良くしようとしたりと努力をしていくタイプです。

そのため、周囲からは落ち込んだり急に元気になったりと、少し情緒不安定に映ります。

恋に落ちた時の既婚男性態度。好意のある女性への特別な接し方や行動

重たい荷物を持っていたらすかさず持ちに行く

「男たるもの、力仕事こそが役に立てることに違いない」と、好きになった女の人が重たい荷物を持っていたらすかさず持ちに行くことで、近づくことができ、さらに好印象を狙うことができます。

重たい荷物を持つという作業は、単純なようで、「やっぱり男の人の筋力には敵わないな」「素敵」と思ってもらえる大チャンスです。

ついでに、自慢の筋肉を見てもらうチャンスでもあります。

筋肉を鍛えることこそが、男の魅力と思っている人も多く、好きな人ができることでいつも以上に筋力トレーニングに精を出す人も多いものなのです。

また、好意ある女性が困っているときにすかさず助けに行くことができるよう、いつも横目で観察しています。

男の人は小さな頃からスーパーマンに憧れている気持ちを持ち続けているため、ピンチの時にはすぐ駆けつけることができる男こそモテる男だと信じ込んでいるのです。

スーパーマンになることで、好意ある女性からも自分のことを見てもらえるよう、たゆまぬ努力を惜しみません。

重たいものを持つ以外にも、高いところの物を取る、体が汚れる仕事をする、責任を持つ役目を引受ける、などが同じ種類のサポートとなります。

言葉が甘いトーンになる

男の人はいつも社会に出るために「強い男」という仮面をつけています。

そのため、好きな人を前にすると、“強い男”から“親しみやすい男”に変化するのです。

言葉が甘いトーンになるだけでなく、積極的にサポートしたり笑顔で話をゆったりと聞いたりと、いい人だと思われる要素を次々に出してきます。

眼差しは柔らかくなり、攻撃の姿勢は一切なく、「なんでも受け止めるよ」という体勢で接するようになるため、相手の女性はとても安心して話をすることができるものなのです。

好きな人といる空間は、「安心感に満たされ、穏やかな時間を過ごしたい」と思うことは、ごく自然な感情であり、その間に妻のことを思い出すようなことはありません。

奥さんのことを思い出すのは、相手の女性と楽しく穏やかな会話をして心が満たされた状態で、その場を離れたときに「やばい、本気で好きになっている」と自分の気持ちに気がつき、奥さんの笑顔が脳裏に浮かぶのです。

好きな人と過ごす時間は既婚者の男性にとっても癒しの時間となっているので、甘いトーンになっていても違和感を持ちません。

やたら敬語を使う

結婚しているのに女性を好きになってしまった時には、どうにかして気持ちを隠さなければいけないという焦りから、緊張感が生まれます。

そのため、相手の女性に対してやたら敬語を使うようになるのです。

今まで普通に出来ていた会話も難しくなり、「どうやって話をしていたかな?」と思い出そうとしても思い出すことができません。

行動や言葉が不自然になり、明らかに意識をしていることが隠しきれない状態になってしまうため、自分でもさらに焦りが募ってしまいます。

また、行動が不自然になるだけでなく、好きな人相手でも冷たい態度をとってしまう場合もあるのです。

これも同じように緊張からくるものもあるのですが、自分の気持ちを悟られてはいけないという心理が働いている場合もあります。

「嫁がいる自分が好きになったと気づかれたら彼女に迷惑がかかってしまう」「家庭がある人間に好かれても困らせてしまうだけ」と相手の女性に遠慮をすることで、距離を取ろうと敬語を使って親しくなりすぎないようにと調整をしているものなのです。

言葉を口に出すことで、自分の意識を自分自身の耳にも届けることができるので、必死で気持ちを隠そうとしている様子がわかります。

身なりを清潔にしてハイブランドの服を着る

男がモテるためには、外見を磨くことが必須です。

身なりを清潔にしてハイブランドの服を着ることで、簡単に好印象の男になることができます。

いつもボサボサだった髪の毛を散髪で整え、櫛を通すだけでもかなり印象が変わるものです。

プライドが高い男の人は、ハイブランドの服に身を包むことで、自分自身の価値も上げることができると信じています。

さらに小物をプラスすることで、オシャレさもアピールすることができるものなのです。

ネクタイピンをつけたり、カフスをつけたりすることで、女性にも話題にしてもらうことができ、会話のきっかけをつかむことができます。

特に中年になってくると、加齢臭や足の臭いを気にしている人も多く、家族からも「おじさん臭い」と言われてしまうことも珍しくありません。

そのため、好きな人に近づくためには、問題の“臭い”も対策をする必要があります。

オーデコロンを付けたり、消臭機能が付いている靴の中敷きを入れるなど、見えないところにも気を使うようになるものです。

外見の印象が変わってきたり、顔つきや香りが変わってきたりすることで、好きな人への接し方も積極的になっていきます。

お姫様扱いでエスコートする

好きな人には特別に優しくしたいと思うものです。

お姫様扱いでエスコートする行為は、既婚者だからこそ女性心理をよくわかっている応対だと言えます。

女の人はいつでも特別扱いされたいものなのです。

奥さんも、毎日ごはんを作ってくれますが、「今日のご飯は格別美味しい」「うちの食事が一番美味しい」と言うことで、とても嬉しそうにする姿をよく見ています。

職場の飲み会で、好きな人の場所を確保しておいたり、帰りに送ることを申し出たりすることで、「心配している」ということをアピールするのです。

本人はアピールしているつもりがなくても、好きな人相手だと、勝手に優しくしたい、優先的に何かをしてあげたいという気持ちになります。

段差があるとサッと手を差し出したり、歩いている時にさりげなく道路側を歩いたりと、女性を守るための行動が自然とできることで、相手の女の人も「大切にしてもらっている」という気持ちを抱きやすいものなのです。

奥さんがいたとしても、好きな人に優しくしたいという感情は抑えるものでもなく、自然に出てくる行動であり、優しくされた相手も彼のことを気になり始める行為でもあるため、恋愛に発展しやすいといえます。

社内(職場)で既婚男性が好意のある女性に見せる態度や行動

既婚者同士の心の繋がり方と恋愛がはじまるきっかけと両想いの好意のサイン

恋した既婚男性に告白させる方法。恋する気持ちの背中を押して告白してもらうには?

何か受け取るときには「ありがとうございます」と手に触れる

奥さんがいる既婚男性でも、あるきっかけで自分に好意を持ってくれていることが分かったとき、その相手のことを好きになっていたり気になる存在だったりする場合は、恋愛に繋げる方法があるものです。

しかしそのためには、あなたから告白するのではなく、既婚男性の恋する気持ちの背中を押して告白をしてもらうことで、恋愛に発展させることができます。

恋した既婚男性に告白させる方法は、「好き」という気持ちを抑えきれなくする方法が手っ取り早く進展することができるはずです。

仕事や荷物など何か受け取るときには、満面の笑みで「ありがとうございます」と言いながら彼の手に触れることで、さりげなくボディタッチをすることができます。

ボディタッチを繰り返すことで、心の中に芽生えた「好き」の気持ちを、急速に大きくすることができ、「もっと触れたい」「自分から堂々と手を握りたい」と思うことで、「片想いから両思いになりたい」と願うように誘導することができるのです。

片思いの状態では、あなたから告白したところで、既婚者であるという現状の方が大きく心を占めているので、YESを貰うことができません。

彼の気持ちを大きくすることが優先させるべきことなのです。

「いつでも連絡してきてくださっていいですよ」と連絡のハードルを下げる

恋する彼の背中を押すためには、「いつでも連絡してきてくださっていいですよ」と連絡のハードルを下げることで、関係を進展させることができます。

妻も子供もいる男にとって、家族以外の女性に連絡をするということ自体、ハードルが高い行為であり、遠慮があるものです。

「家庭がある男から連絡があっても困るだろう」「既婚者はむやみに女性と連絡をとるものではない」と相手の女性への配慮をすることで、自分の気持ちを抑えてしまいます。

当然、その心理は理性として正しいものだとも言えますが、恋愛において幸せをつかむためには、時に理性を壊してあげることで、本当の自分の気持ちを解放させてあげることができるのです。

男性自ら自分の気持ちを押し通すことを待つよりも、あなたから一歩踏み出して、簡単に乗り越えられるよう壁を低くしてあげることで、最初の勇気が出しやすくなります。

また、連絡をすることが手軽になるように、簡単な用事をあなたの方から連絡取ることを繰り返すことで、彼の方からも電話やLINEをくれやすくなるものです。

返事が必要な用事を申し付けることで、連絡せざるを得ない状況を作ってあげることも一つの方法といえます。

「好きになったら自分でも止まらないですよね」と気持ちのコントロールができなくなることを先に共感しておく

妻がいて子供がいて、家庭がある男の人にとって、恋愛をするということは不倫行為をするということ。

不倫は世間一般でもイメージが悪く、またリスクがある関係であるため、いくら本気で好きになったとしても、独断で進めることができるものではありません。

つまり、相手の既婚男性は好きになった相手が不倫という恋愛の形を受け入れてくれるかどうかという点を気にしているものです。

彼の好意に気がついたのであれば、「好きになったら自分でも止まらないですよね」と気持ちのコントロールができなくなることを先に共感しておくことで、不倫恋愛できるという意思表示をすることが可能になります。

自分の恋愛観として「どんな立場の人を好きになったとしても、遠慮ができない」「気持ちを止められることができない」ということを話の中で出しておくのです。

そして、「○○さんもそう思いませんか?」と共感を得ることで、お互いに「好き」という感情に素直な人同士という認識を持っておくことができます。

お互いに恋愛優先という認識を持つことで、男性の遠慮を取り除き、背中を押して告白をさせることができるようになるのです。

「好きになったら止まらないって言っていたよね。不倫関係でもいい?」という一言が言いやすくなります。

わざと残業で残って「送ってもらえたら嬉しいな」と甘える

不倫恋愛が始まるきっかけは、職場であれば残業で二人きりになったときが多いものです。

そのきっかけを掴むために、わざと残業で残って二人きりになるチャンスをうかがいます。

さらに「送ってもらえたら嬉しいな」と甘えることで、二人きりになっている状況が嫌ではないということを伝えることもできるし、帰宅までの時間二人きりの時間が続くという状況を作り出すことができるのです。

車通勤であれば、車中は密室となります。

密室に男女二人きりとなれば、気持ちは高ぶり思わず告白するに違いありません。

もし、公共機関で通勤だったり、全く別方向だったりしても「私のためにちょっと頑張って欲しいな」という無言のアピールとなり、男の人にとって可愛いと感じる甘え方をすることができるものです。

男性はワガママ放題の女性は嫌いですが、ちょっとしたワガママは可愛いと感じます。

二人きりの時間を引き伸ばそうとして言っていることが伝われば、思わず胸がキュンとして、すぐに気持ちを伝えたくなるものなのです。

告白するためのチャンスを与えるには、必要時間の確保と甘えのバランスが重要となります。

「美味しいお肉食べたい!」と食事に誘われるのを待っているアピール

家でご飯を作って待ってくれている人がいる人にとって、外食に出るというのはかなり厳しい条件になります。

好きになった人と食事に行きたくても、笑顔でご飯を作る奥さんの顔を思い出すことで、声をかけることができません。

そんな彼にこそ「美味しいお肉食べたい!」と食事に誘われるのを待っているアピールをすることで、「連れて行けってうるさいから仕方がない」という、もっともな理由を作ることができるのです。

夫婦仲が悪ければ、夫が何時に帰宅しようが、どこで何をしようが妻は興味がないものですが、夫婦関係がいいのであれば、外出するときにはお伺いを立てることがほとんどとなります。

外でデートをするために必要なのは、言い訳なのです。

彼が堂々と奥さんに“言い訳”を伝えることで、食事に誘うことができ、気兼ねすることなく食事デートを楽しむことができます。

ちょっとしたワガママを叶えてくれたときには、思い切り感謝の表現をすることで、食事中や終わってから告白される流れを作ることができるはずです。

最高の笑顔で、手を握りながら「こんな美味しいお肉に連れて行ってくれるなんて最高の気分です」と伝えることで、連れて行ってあげた事への満足感と、喜んでもらえたことの充足感で胸が満たされ、「この時間がもっと続けばいいのにな」という心理を引き起こすことができます。

そのため、告白しやすい心境を作ることができるのです。

夫婦仲が良くても既婚男性は恋に落ちます

いくら夫婦仲が良くても既婚男性は恋に落ちることがあるのです。

既婚者なのに恋をしたときには、奥さんの顔がちらついたり家庭を大事にする心が膨らんだりして、なかなか恋に集中できない一面があります。

彼からの好意に気がついたのであれば、告白されるために背中を押してあげる工夫をしてあげましょう。

そして、家庭も壊さないように幸せな恋愛を楽しむことで、お互いの心を満たすことです。

あなたの幸せを心から祈っています。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG