既婚者同士の心の繋がり方と恋愛がはじまるきっかけと両想いの好意のサイン

既婚者同士で恋愛するなんていけないこと!とは思っているのに好意のサインを見ると両思いかと期待してしまう。

恋心というものは一度気づいたら止まらなくなるものです。

男女というのは、いくら既婚者同士でも両思いになることはありえます。

結婚していても日常の中には恋愛が始まるきっかけは様々なところで見られ、実は好意のサインもよく目にするものです。

既婚者同士の心の繋がり方はどんな形があるのか、恋愛がはじまるきっかけと両思い好意のサインはどんなものがあるのかを知っておくと、既婚者同士でも恋愛を楽しむためのきっかけをつかむことができます。

既婚者同士の恋愛で心の繋がり方を知った後は、既婚者同士の恋愛の気をつける点も十分意識することで素敵なダブル不倫を楽しみましょう。

目次

既婚者同士の心の繋がり方。既婚男性と既婚女性の心が惹かれ合うきっかけ

ものすごく素敵になっていた!地元の同級生との再会

大人になっても学生時代の思い出は美しい記憶として残っているものです。

30歳や40歳などの節目の年などには地元の同級生との同窓会なども開催されることが多くあります。

参加する同級生はみんな既婚者同士になっていても、再開した時には日常を忘れて昔に戻った気になるはずです。

そこで再会した同級生、片思いだった男性、元彼などに胸がときめくことも珍しくはありません。

大人になった今でこそ「かっこよくなったね」とサラリと言ってしまえる既婚女性になりましたが、心の中では「優しいところは昔のままね」「みんなに人気があって人が集まる彼はやっぱり今でも素敵」といいところばかりが目に入ってきます。

恋愛に対してピュアだった昔、人目を気にして恥ずかしくなっていた女性も今では結婚もして人生経験を積んでいるため昔よりは大胆に話しかけたり行動したりできるものです。

それぞれが既婚男性と既婚女性になっていても、自然に二人で場所を変えて昔の話をするうちに心が惹かれあうことで恋愛に発展していきます。

会わなくなってから日常の中にいなくなってしまった人だからこそ、地元の同級生との再会はよく知っている人ながらも非日常を味わう機会となっているのです。

あの頃は手も繋げなかった二人も既婚者同士となったことで異性に対して恥ずかしさもなくなり好意を示すことができるところが結婚している者同士の心の繋がり方となっています。

仕事のプロジェクトで協力体制バッチリ

既婚者同士の心の繋がり方として最も多いのが職場の人です。

職場の人は、毎日顔を合わせるだけでなく仕事を進める上で会話をする機会も多くあり、一つのプロジェクトで同じチームで動くことになれば協力体制をとっていく過程で心の繋がり方が大きく影響してきます。

大きな目標に向かうとき、人は手と手を取り合って協力していくことで心の繋がり方が強くなり仲間意識とともに絆も育てられていくものです。

強い絆は信頼と信用を満たしているため、そこには既婚者同士という事実は関係なくお互いが尊敬する存在へとなっていきます。

尊敬できる男女の関係は仕事の枠を超えて、恋愛に移行することもおかしくはありません。

プロジェクトの中で経験した失敗や成功、地道な準備も全て二人にとっては恋愛の基盤となるものなのです。

例えば、学生時代の部活動でも同じことが起きていました。

同じ部活で同じ目標に向かって頑張っている姿は、応援したくなるものであり支えてあげようと思えるものです。

男性はサポートしてくれる女性のことを可愛らしいと思い、女性は自らサポートしたいと思い動くことでいつからか二人は恋愛関係になります。

同じ出来事を共有するということは、この部活動から発展した恋愛と同じで懸命に頑張る姿を身近に見るという環境、サポートし合えるという状況で恋愛がはじまるきっかけとなるのです。

仕事でも同じ場面で協力体制がある場面が多いほど既婚者同士でも心が惹かれあいます。

助け合いは心の繋がり方を深くする!地域や子供の学校を通して同じ役割になる

既婚者になると子供の成長につれて大人社会の人間関係の中での心の繋がり方が大切になります。

子供が近い年齢の人たちとは悩みを共有して支え合ったり、少し子供の年齢が上がると小さな子供がいる既婚者に経験談を語ったりできるようになるものです。

子供が生まれることによって地域の活動にも参加する機会が増え、その度にそこでも既婚者同士の繋がりができます。

特に子育ての先輩や地域の先輩にアドバイスをもらえる環境というのは子育て世代にはとても重要なものになるはずです。

保護者会、地域交流会、小学校PTA活動など子供を通しての行事や役割をすることで既婚男性と既婚女性の心の繋がり方が変わってきます。

子供を通して出会うまで全く知らなかった他人が、とても助けてくれる人に変わるのです。

最初はぎこちない間柄でも行事や役割を通して会う回数が増えるごとに、親睦は深まり心が惹かれあうきっかけとなります。

初めてだらけのことに戸惑っていても親身になって寄り添ってくれる既婚者男性の存在は、既婚女性にとっては悩みを打ち明けやすく心を開きやすい異性になるものです。

異性として意識し始めたらもう気持ちはどんどん恋愛に向かって進んでいきます。

既婚者同士でも悩みを打ち明けられる人はとても恋愛に発展しやすいと言えるのです。

インターネットで気が合う人が現れた

最近ではインターネットの普及で誰でも気軽にコミュニケーションを取ることができるようになりました。

SNSも基本はもともと知っている友達と繋がるものですが、友達の友達までネット上の友達として繋がることが出来るためインターネットでやりとりをするようになった人とは実際に会ったことがなくてもずいぶん知っているような気になるものです。

特に共通の趣味や興味のある勉強会、講習会などの参加者を知ることも出来るため当日のイベントに出向くまでに他の参加予定の知らない人と仲良くなる場合もあります。

直接メッセージを送ることもできるインターネットの世界では、共通の話題を探すことも難しくはありません。

ネット上の人間関係のコミュニケーションは時間を気にすることもなく、好きなことだけに集中して会話をすることも珍しいことではないため、心の距離感を近づけやすいものです。

インターネット上で仲良くなった人とは実際に約束をして会うこともできます。

事前に写真などをやりとりしていたり、プロフィール写真、投稿の中に自撮りがあったりすれば顔が確認出来るため初めて会った時でも違和感なくずっと以前からの友人のような感覚で話をすることもできるものです。

好きな話題でコミュニケーションが盛り上がっているうちに恋愛感情が沸くことも珍しくなく、直接会ったその日から既婚者同士であっても交際がスタートするほど惹かれあう心の繋がり方になっています。

既婚者同士の恋愛がはじまるのはどんな時?既婚者同士の本気の恋はこう始まります

「思ってたのと違うんだよね」夫婦の不満から知る結婚に対する価値観の一致

既婚者同士で話をすると夫婦の価値観の話になることが少なくありません。

大好きで仕方ない、ずっと一緒にいたいと結婚したパートナーでも毎日一緒に生活をしていると恋愛をしていた時には見られなかった姿もたくさん目にすることになります。

既婚男性も既婚女性も結婚相手との生活の中で「ちょっとこの部分、思ってたのと違うんだよね」と感じている部分があるはずです。

価値観の小さなズレは、日々を見重ねると大きな感覚のズレのような気がしてきます。

「好きだけじゃ一緒にいられないんだな」とジワジワと実感することになるのです。

旦那以外の異性と夫婦の価値観の不一致についての話題になり、その価値観が話している既婚男性と一致した時には不思議なことにとても会話は盛り上がります。

「そうそう!アレ何でなんだろうね?」と自分と同じ感覚でいる相手に対して運命的なものすら感じるものなのです。

夫婦生活は毎日積み重ねるものだからこそ、小さなズレを感じた時に大きなストレスになってしまい、夫婦の価値観が一致する既婚男性に対して二人で一緒にいる生活をイメージしてしまいます。

既婚者同士でも価値観が一致するという出来事が起こると、互いに惹かれあい本気の恋愛が始まるきっかけとなるのです。

ふとした時にプライベートな話題へ…趣味が同じ

既婚者同士が会話をする機会は日常の中でも少なくありません。

結婚してしまえば、周りはいつからか既婚者同士になっていることに気がつくはずです。

不思議なことに私たちは自分の人生のステップにおいて、自分と同じような境遇の人が集まる環境に身を置くことになっています。

既婚者同士で会話をしている時にふとしたきっかけから趣味の話になることも決して珍しいことではありません。

「私、○○が好きで趣味としてやっているんだ」と話をした時に「本当!?僕も好きで○○を趣味でやっているんだよ」と共通の趣味だと発見した時の盛り上がりは自分自身でも驚く程気持ちが高ぶることを感じるはずです。

ずっと好きな趣味でも最近始めたばかりの趣味でも、共通の趣味で話が出来る人と出会うということは、とても素晴らしくて嬉しいこと。

趣味についてもっと具体的な話をしたくなり、ついつい長話になってしまいます。

趣味に没頭している熱がお互いに高ければ高いほど、既婚者同士の心の繋がり方も強くなり自然に恋愛が始まるきっかけとなるのです。

恋愛がはじまるきっかけとなると同時に共通の趣味を持つ二人の話題は尽きないため、既婚者のふたりは本気の恋にのめりこんでいきます。

気持ちが抑えられなくてつい…キスしてしまったら恋愛はもう止まらない

既婚者同士というのは恋愛というジャンルに対しては“結婚”という大きな経験を踏んでいるため、きっかけさえあれば恋愛が始まってしまうことは少なくないことなのです。

気になる既婚女性との心の繋がり方を考える前に、お酒を飲んだ勢いで気持ちが抑えられなくてついキスしてしまったという既婚男性も多くいます。

普段気になっている女性であれば、お酒の力で本能が優位に立った時に自分でも制御できない行動をしてしまうことがあるものです。

お酒を飲むことで既婚男性の目には気になる女性だった人がとても可愛く映り気持ちが抑えきれなくなってしまいます。

お酒を飲んでいたとはいえ、ついキスをしてしまったことによって気になる既婚女性はあっという間に好きな人に変わってしまうのです。

キスされた方の既婚女性もそのときはただビックリ!

ビックリのあとに出てくる感情は「なんだか気になってきてしまった」という気持ちです。

思いがけないキスからお互いに好意が高まった二人は恋愛がはじまるきっかけをつかみ本気の恋に突入していきます。

既婚者同士の恋愛は気持ちを確認するよりも先に、キスやハグからはじまる恋愛も多いといえるのです。

お酒を飲む席では、既婚女性も一人の女性として魅力が高まっているという自覚を持っておきましょう。

お酒を飲んだら本能が出ちゃった、体の関係を結んだ

先ほどはお酒の勢いでキスをしてはじまる恋愛でしたが、お酒の力を借りて一気に体の関係を結んだ男女も珍しくはありません。

それまでは、決して好きと公言していなかったとしてもお酒が入ると本能が抑えられなくなることは当然です。

特に夫婦間でセックスレスになっていた場合は、お酒を飲むことで性欲が高まってくることもありそれも決して恥ずかしいことではありません。

男性ばかりが性欲があるように世の中では言われがちですが、既婚女性にも本能として性欲がありお酒を飲むことで普段は奥ゆかしく隠していた妖艶な色気も女性としての魅力も、本能のままに発揮されることになります。

目の前で色気のある体の熟した既婚女性がいれば、既婚者同士とは言え男性も我慢することは難しいものです。

みんなでお酒を飲んでいても二人で抜け出してホテルへ向かいます。

本能のままに体を重ねると普段パートナーとエッチしているときよりも大胆になり、激しいセックスになるのです。

お互いを貪り尽くす野獣のような激しいエッチをきっかけに既婚女性のことを忘れられなくなり、本気の恋愛がはじまることになります。

女性の性欲は我慢しない方が既婚男性にとっては魅力的で手に入れたいほど惹かれる女性に映るものなのです。

既婚者同士の両想いの好意のサイン。お互いに好意がある既婚者の行動や態度

アイコンタクトは心の繋がりのサイン


内緒のサインは昔からアイコンタクトが常識。

好意がある既婚者同士では、言葉にして伝えることは難しいもの。

けれどもどうしても高ぶる恋心を抑えきれない、という時には意図しなくても態度に出てしまいます。

最初は片思いだから目で追いかけていただけの場合も、両想いになれば目が合うことも増えるはずです。

目は口ほどに物を言うと昔から言いますが、何も喋らなくても目の奥深くから放たれる気持ちは本音を語っています。

例えば心の奥底では興味のない相手が一生懸命場を盛り上げようとしていた時、優しい人であれば合せて笑うことも多いものですが、目が笑っていないという場面はよく耳にする話です。

その逆もまた然りで、どんなに他愛のない話でも相手のことを心の奥から信頼していたり愛情を持っていたりする場合にはとても優しい眼差しになっていきます。

既婚している男性と既婚している女性は周りに言えない恋心だからこそ、目で会話をするものなのです。

そのため「私の片思いなんじゃないかな」と不安に思う相手であっても、結婚している彼とよく目が合うようであれば、既婚男性もあなたに好意を持っていて両想いになっていると判断することができます。

両想いとわかれば、ただ目が合うだけの現象は二人のアイコンタクトとなり恋愛を盛り上げてくれるものになるはずです。

距離感がもどかしい…手を繋ぐ

既婚者同士であっても、両想いかどうかはっきり分かるまでは好きな人の前では恥ずかしさが大きくなるものです。

そばにいるだけでもドキドキして「こんな気持ちいつぶりだろう?」と旦那にときめいていた頃を思い出します。

結婚してから恋愛から遠ざかっていた既婚女性にとって、久しぶりの恋は心への刺激が激しいものになっているのです。

二人きりで部屋にいる状況になるだけで、体が熱くなるほど緊張します。

好きになった既婚男性ともっと話していたい、もっと近づきたい、と少しずつ距離を詰めるけれどもわずかな隙間がもどかしいものになっているに違いありません。

ドキドキが止まらない、ふたりの距離はわずか。

そっと相手の既婚男性と手が触れたとき、そのまま手を握ってくれば両想いのサインです。

まず、両想いでなければそこまで距離が近づくこともありません。

手が触れるほどの距離まで近づいていること自体が相手に好意があるサインといえます。

手を繋ぐという行為は既婚者同士であればなおさら、好意がある人にすることです。

既婚者の彼もドキドキしながらそっと距離を詰めていた証拠になります。

いきなり手を繋いでくるのとは違い、距離を詰める時間があるというのは好奇心や遊び心ではなく本気の恋愛のきっかけとなる既婚者同士の心の繋がり方といえるのです。

ちょっとしたことで連絡を頻繁にする

気になる人の声を聞きたい!

これはどの年代でも、どんな人でも共通の恋心です。

既婚者同士だから、と気遣いはしても「これは仕事だから」「確認しないといけないことだから」と何かと理由をつけてちょっとしたことでも連絡を頻繁にするようになります。

思い返せば「この内容、今度会った時でもいいんじゃない?」と思える内容がたくさんあるはずです。

会ったときでいい、急ぎでない、確認が必要でない、という内容で連絡が頻繁になるようであれば、それは既婚者の男性があなたの声を聞きたいという単純な理由で連絡をしています。

その電話が鳴るたびにウキウキとしてしまうあなたもまた、彼の声を聞けることに喜びを感じているに違いありません。

何でもないことで連絡を取り合う二人は、既に両想いになっています。

この時点で片思いかも知れないと不安に思うことはないのです。

彼も連絡を入れてくるたびに好意のサインを送ってきています。

さらっと「私の声が聞きたいの?」と聞いてみることです。

結婚している彼も「そうだけど」と笑顔でこたえてくれるはずですので快く受け入れ、ことで本気の恋愛がはじまるきっかけとしましょう。

このパターンでは、両想いの確認をしなくてもそのままデートの約束となる場合も多いといえます。

気にかけてくれる事が嬉しい、お土産をくれたり体調不良など気にしたりしてくれる

人は誰しも気になる人には気遣いが自然に増えてくるものです。

職場や近所でも嫌いな人には見向きもしませんが、感じのいい人・話していて楽しい人・人として魅力を感じる人に対しては普段から興味を持ち「あんな話をしていたけどその後どうなったのかな?」と気にかけています。

仕事関係の既婚者の中に好意を持っている人がいた場合には、既婚男性が旅行に行った時に職場の皆へのお土産とは別にこっそり既婚女性へ個人的にもお土産があったり風邪をひいて欠勤した時に「体調はどう?ゆっくり休んでね」と連絡があったりする場合には、それは好意のサインです。

最近少し仲がいいから気にかけてくれるだけではないか、と思って足踏みしている既婚女性もいますが仲良くなっても好意がなければ職場の既婚者の女性には個別にお土産を買ったりわざわざ連絡をしたりしません。

周囲と同じように振舞っているようでも、好意のある女性に対してだけは少しプラスした優しさが行動として現れるものです。

優しい既婚男性であれば、見つけにくいかもしれませんがあなた個人に対して向けられる優しさは好意のサインと受け取りましょう。

好意のサインを正面から向き合って受け取ったとき、はじめて両想いになったと実感するはずです。

職場などで両思いかもと思う瞬間。既婚者同士で両想いだと確信する時

仕事の内容ではなく既婚者同士の相手の内面を褒める時

毎日頑張っている仕事に対して職場の好意を寄せる異性から褒められることは認められたと実感出来るとても嬉しい出来事です。

しかし、褒められている内容をよく気をつけて聞いてみると仕事の内容や結果だけでなく、仕事に対する姿勢や過程、そして仕事の結果を残す要因ともなった既婚者女性の性格にまで掘り下げて褒めているのであればそれは両想いのサイン。

既婚者男性はあなたの一生懸命な姿をしっかり見てくれていたということがわかります。

仕事に対しての賞賛では、努力姿勢までは視野に入れているものであっても細かな気遣いが出来ている点や優しさが仕事に反映されている部分までは言葉に出してまで褒めることはありません。

「こんなにわかりやすい書類を作れるのは、人の気持ちが分かるあなただからこそ出来る仕事だね」

「いつも丁寧な仕事をありがとう。いつもどおり細かな気遣いが見られるセンスある仕事のおかげで僕も仕事がやりやすくて一緒に仕事をすることが嬉しい」

など、普段の既婚者女性の行動や魅力をよく見て知っているからこそ出てくる言葉の数々には「普段から見ているよ」という気持ちが込められています。

いいなと思っている既婚の男性が、普段あなたのことを見ているということがわかれば両思いになったと確信できるはずです。

一緒に話していると周りの人との態度が違う時

職場での会話は誰にでも平等なようで、実は話したい人に偏っていくものです。

仕事の内容に関してはもちろん同じ仕事に携わる人がメインになりますが、世間話や仕事の悩みに関して話をする場合には、相手を選びます。

既婚者同士であればなおさら、最初から異性として意識していることは少ないため人によって話題を変えていることも珍しくはありません。

勝手にしゃべってくれるようなタイプの人と話す時には日常の何気ないことを話し、子育て世代真最中の人には子供のことを一緒に話して悩みの共有やアドバイスをもらいます。

そして共通しているのは場所を問わず会話しているという点です。

好意のある既婚女性と話をするときには、理想の男性像の話や女性が魅力的に見える時の話など性別を意識した会話の内容になっています。

この時には二人になりたがる傾向にあり、声も二人にしか聞こえない程度の大きさで話すものです。

これは会話の内容を他の人に聞かれたくないという気持ちと、会話を聞き取るために距離が自然に近づくことを知っているからといえますしその距離感を許すのはあなた自身も彼に好意がある証拠。

二人でコソコソと「困ったときには俺を頼ってよ」と伝えてくる男性とは両想いなのです。

ずっと話していたい、会話が終わらない時

好きな人と話す時間はあっという間に過ぎていくもの。

時間は非情にも過ぎて行き、もっと話していたいと思う気持ちは募るばかりです。

こんなに会話が楽しいと思っているのは私だけ?と思っている既婚女性の方、それは単なる不安に過ぎません。

会話というのは、気持ちが一方通行の状態ではそんなに続くものではなく、話している間にも好意を持っている既婚者男性の表情をしっかり確認しながら話をしています。

その時にもし面白くなさそう、早く帰りたそう、と感じればすぐに彼の気持ちを優先して会話をやめていたはずです。

会話が続くということは、話を聞いている既婚者の男性も笑顔で頷きながら時に返事をして優しくあなたの話を聞いていてくれた証拠だといえます。

相手に合わせて顔色を伺う女性同士の会話と違い、男性は興味のない会話をとても嫌うものです。

好意のない女性と話をしていても、用事が済めばすぐにその場を立ち去ります。

ずっと親身に会話に付き合ってくれていたこと自体が、既婚男性の気持ちに好意があるサインと受け取ることができ既婚者同士であっても心の繋がり方が同じで両想いと確信できるのです。

既婚者の彼もあなたと同じようにずっと話していたい、会話が終わらないで欲しいと願っています。

ぜったい好きだよね、デートに誘われた時

両思いの確信度ナンバーワンはデートに誘われた時です。

食事、映画、お酒を飲みに行く、という鉄板デートも既婚者同士のため気のないフリをして誘われることが多いため単なる仕事の付き合い、と自分を言い聞かせてしまうこともあります。

「仕事終わりにいっぱいどう?」「この仕事落ち着いたからお疲れ会しよう」といった付き合いともデートともどちらとも取れないような内容の誘いであっても二人だけで出かけようとするのであればそれはデートです。

会社の人としての付き合いであれば、多い方が仕事の話もできるし腹を割った付き合いをするためにも他の人も数人誘います。

二人きりで出かけるところを会社の人に見られることはリスクでしかないのです。

しかし好きな人となるとそんなリスクよりも二人で出かけたいという気持ちが先行して、仕事を理由に口実を作りデートに誘えます。

食事やお酒というわかりやすいデートだけでなくても、職場で必要な物の買い出しに二人きりで行こうとするなどデートとは言えないような場面でもとにかく二人きりになろうとするものです。

二人になりたいという態度は好意の表れであり気になる既婚の彼との両想いになれていることを意味します。

既婚者同士の恋愛を始めるなら気を付けるべき注意点やダブル不倫のルール

旦那と絶対出会わない場所でデートする

既婚者同士で両想いを確認するともう恋愛がはじまることは止められません。

両想いになったことが既に不倫恋愛がはじまるきっかけとなったのです。

既婚男性と恋愛を始めるなら気をつけるべき注意点を守る必要があります。

ダブル不倫のルールを考えずに既婚者同士の恋愛を始めてしまえば、やがてお互いの家庭を壊してしまうことになるからです。

独身の不倫とは違いダブル不倫はリスクが2倍になります。

恋愛と結婚は得られる感情も環境もまるで違うものです。

既婚者の男性と恋愛がはじまるきっかけがあった時点から、既婚女性の結婚生活をいきなり変化させて破綻する人はいません。

旦那には決して知られてはいけない恋愛だということを心に強く刻みましょう。

デートをする時には旦那とは絶対に出会わない場所を選び、主人の仕事や生活の圏内を避けて会うことにします。

パートナーとの思い出の地も避けておくべきです。

結婚相手に知られてしまった時点でたくさんのものを失ってしまうことになります。

結婚生活だけでなく、子供、仕事、家、友人など失うものは数多くあるはずです。

旦那にダブル不倫をしていることを知られず素敵な恋愛をするためには少しでもリスクが少ないデートをすることに注意しておきます。

家族の話は恋愛にはいらない、2人で居るときには既婚者だと忘れる

気になる彼と恋愛がはじまるきっかけを掴み両想いになったなら、ふたりの間に家族の話題は必要ありません。

確かに共通する話題としては身近な家族の話がしやすいのですが、デート中のあなたはあくまでも異性として見られているのです。

時には相談相手にもなってくれますが、あなたが愛したのは彼自身のはず。

既婚男性も同じようにあなた自身に魅力を感じ愛してくれています。

家族の話題は置いておいて、2人で居るときには自分が既婚者だということは一度忘れてしまいましょう。

既婚者同士だということを忘れてしまえば、勝手に女性の魅力が今以上に出てきます。

ダブル不倫をするメリットは自分自身が女性であることを最大限に喜びに感じることにあるものです。

母でもあり妻でもある家庭の中の既婚女性の姿は、両想いで恋愛をする男性にとって望んでいる姿ではありません。

恋愛がスタートしてしまってからは、しっかり愛情を表現する女性として一緒に過ごしましょう。

せっかくの両思い、長続きさせるためには無理をしない

両思いになって既婚者同士の心の繋がり方が分かれば、せっかくの恋愛の時間を長続きさせたいと願うはずです。

ダブル不倫のルールの大前提はパートナーにバレないこと。

夫にバレてしまえば、家庭も含めて何もかも失ってしまうかもしれません。

そしてなにより、既婚者同士の恋愛が確実に終わってしまうことを意味します。

好意のサインを拾ってからたくさんドキドキさせてもらった素敵な時間を思い出にしてしまわないためには、ダブル不倫を長続きさせて人生を豊かにしていきたいものです。

ダブル不倫を長続きさせるためには、デートの約束をするにも連絡を取り合うことにも無理をしないことが大切になります。

家庭をないがしろにしてまで恋愛を優先してしまうと、必ずいつか終わりが訪れることになるのです。

家庭を大切にすることを頭にしっかりと入れて、スケジュールも無理に入れ込むことなく会いたい気持ちと折り合いをつけながら恋愛と家庭のバランスを取れるように調整しましょう。

慣れないうちは会えない辛さに胸が苦しくなりますが、それも全て既婚者同士の恋愛なら仕方がないことだと割り切って長続きするための方法を優先させることがこの先のダブル不倫の時間を幸せに過ごせるものなのです。

家庭を大切にしたいなら意識して家族の時間を作る

恋愛が始まるきっかけがあり、両想いになった既婚者同士は気持ちがとても盛り上がっているためどうしても恋愛重視の思考回路になってしまいます。

「好きな人と少しでも一緒にいたい」「一秒でも長く一緒にいたい」そう思うことは当然です。

しかし2人は既婚者同士。

どれだけ相手のことを好き同士でもずっと一緒にいるわけには行きません。

既婚男性には奥さんと、既婚女性には旦那さんと家庭という社会を築いています。

ダブル不倫が始まって間もない頃に、この先2人でどんな困難も乗り越えて結婚するという決意はまだできていないはずです。

家庭を大切にしながらダブル不倫の恋愛をするということが二人にとって刺激となり毎日がより鮮やかになっていきます。

既婚者の彼と恋愛をしていても、夫や子供も大切な絆で結ばれていることがよく分かっているのであれば意識して家族で過ごす時間を作るべきです。

意識して家族の時間を作り一緒に過ごすことで、恋愛と家庭のバランスを取りやすくなります。

特に最初の盛り上がる時期には家庭で過ごす時間に自分自身がどんな言動をしているのか、家族をないがしろにしていないか、笑顔は出ているか、など変化を客観的に観察することで恋愛がどんな影響を与えてくれているかわかってくるものです。

ダブル不倫を長続きしていくために、しっかり意識して家族と共に時間を過ごしましょう。

言葉でなく行動や態度で好意のサインを出すのが既婚者同士の心の繋がり方

職場や子供の関係からでも既婚者同士の恋愛がはじまるきっかけは日常の中に隠れています。

結婚しているのに恋愛なんてしてはいけないんじゃないか、と不安になる気持ちも当然ですが両思いになるという奇跡はとても尊いものです。

好意を持っている相手の気持ちに確信が持つことができない段階で、好意を言葉にすることはとても難しいことだといえます。

だからこそ既婚者同士は言葉ではなく行動や態度で好意のサインを出し両思いになっていくことで恋愛が始まるものなのです。

既婚者同士の恋愛は言葉がいらない心の繋がり方をしていきます。

せっかく既婚男性と両想いになったのであれば、既婚者同士の恋愛の注意点やダブル不倫のルールを守って長続きさせて愛を育んでいきましょう。

既婚者同士の心の繋がり方を知ったとき、あなたは心から愛される幸せを感じることができます。

家庭も大事にしながら、ゆっくりとダブル不倫で愛される実感を噛み締めて女性の喜びを存分に感じることを楽しんでいくことであなたはもっと美しく輝けますよ。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG