婚外恋愛と不倫の違いと既婚男性&既婚女性がただの不倫ではなく婚外恋愛に求める事の違い

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

夫がいるけれど、他の人と恋愛していると言う既婚女性は、不倫と何か違いを見出だしているのでしょうか?

端からみると同じことのように思える不倫と婚外恋愛ですが、本人は違うものだと認識しています。

いったい婚外恋愛に何を求めているのか、不倫との違いを知ることで、そのルールや関係を続ける秘訣が見えてくるものです。

こちらの記事では、婚外恋愛と不倫の違い、また既婚男性と既婚女性がただの不倫ではなく婚外恋愛に求める事の違いを詳しくご紹介します。

あえて婚外恋愛だというカップルが、長続きする秘訣もたくさん伝授していますので、取り入れて幸せな恋愛をしてくださいね。

目次

婚外恋愛と不倫の違いとは?結局ただの不倫じゃないの?あえて婚外恋愛という心理とは?

一生一緒にいたいと思える

結婚を決意した相手が、本当は運命の人ではないと感じた、と答える人は実は少なくありません。

結婚適齢期にたまたまお付き合いをしていた、その時は運命の人だと信じて疑わなかった、若くて判断を誤った、結婚してみたら思っていた人と違った、など結婚生活を始めてから見えてくる一面から「この人じゃなかった」と感じてしまうものです。

また、結婚相手に不満はないけれど、情熱的に惹かれる人に出会ってしまった場合、二人の男性を天秤にかけてもどちらも同じくらい大切だと判断することもあります。

婚外恋愛だと言っている人は、夫との結婚生活を終わらせようと思っていないため、彼氏との関係も同じくらい大切にしようと決意しているのです。

一生を共にしようと思っているパートナーが二人、と決めているわけなのですが日本の法律上は婚姻関係を結べるのは一人と決められています。

そのため、もちろん婚外でパートナーと決めていたとしても、公にすることはできません。

一生一緒にいたいと思える相手だと、お互いの心の中で決意しています。

湧き上がる情熱で始まる不倫と彼氏が欲しくて恋愛する婚外恋愛

不倫と婚外恋愛では、始まるときの気持ちが違います。

全く恋愛なんてするつもりもなかったのに、湧き上がる情熱で好きになってしまい、理性を超える本能に突き動かされ始まる不倫と、結婚生活をキープしながらも恋愛による心の潤いのため彼氏が欲しくて恋愛する対象を探して、恋をする婚外恋愛では、自制心のコントロールのかけ方が違うのです。

不倫はいけない、許される恋ではない、と好きになってしまった気持ちを我慢しながら苦しい想いに耐え切れずに始まる関係は、どんな時でも好きな人に会いたくなってしまい、不倫関係が始まっても苦しい想いをすることがほとんどになります。

一方婚外恋愛は、自分の意志で恋愛をしようとしているので、デートをする頻度、恋愛中の二人のルールなどしっかりと話し合うことが出来、理性でコントロールできるものです。

ドキドキすることを楽しむ恋愛であって、不安な気持ちになることは滅多にない形といえます。

「私は不倫とは違って自分の意思で動いている」という気持ちが強いため、本能に任せて恋愛を始めた不倫関係と一緒にしたくないという気持ちを強く持っているのです。

そのため、自分がしている恋愛関係は、不倫ではなくあえて婚外恋愛と呼んでいます。

恋人のことも旦那のことも別の意味で大切

婚外恋愛をしている人は、結婚相手であるパートナーのこともとても大切に思っています。

夫として働いてくれることに感謝、父親として子供の世話をしてくれることがありがたい、感謝のきもちはないけれど長年連れ添ってきて情がある、など旦那との結婚生活を終わらせる気持ちはありません。

妻である自分自身のことを支えてくれたことも理解しており、家族の形としては成り立っている関係を心地良いと感じています。

また、恋愛関係にある彼氏の存在は、自分自身の自己価値を高めてくれる相手であり、女性としての魅力を再発見してくれる人であるため、彼がいるからこそ日常を頑張ることができると感じている人です。

夫も彼氏も、どちらがいいとも悪いともなく、恋人のことも旦那のことも別の意味で大切だと心から思っています。

そのため、恋愛をしているときには彼氏を一番愛しているし、家に帰れば夫を愛している状態に変化することが出来るのです。

女性は根っからの女優であり、たくさんのことを同時にこなす能力があります。

男の人、家族に対しても、その場その場で気持ちごと変化をすることが出来る大女優なのです。

恋愛をしているということで自分に自信を持ちたい

恋愛というのは実に不思議なもので、恋をするだけで自分のことを肯定することも否定することもできるものです。

不倫ではなく、婚外恋愛をしているという人は、この関係において自分自身を肯定することができ自信を持ちたいと思っている人だといえます。

「愛される資格がある」「誰かの癒しになることができる」「私はまだまだ人生楽しんでもいい」と自分自身に言い聞かせるかのように、肯定することをたくさん考えているのです。

人を好きになるという行為は、自信がないと続きません。

彼氏のことを好きになった自分のことを相手も受け入れてくれる、という相互関係が自信を持たせてくれるものなのです。

夫は結婚してから年月が経つにつれて愛を囁かなくなり、感謝がなくなり、「家政婦じゃない」と叫びたくなることも多々あります。

しかし、夫は夫婦として存在していて欲しい、という気持ちもあるため、離婚ということは考えていません。

女性であることを受け入れ愛してくれる人と一緒にいる時間を過ごすことで、自分に自信を取り戻すのです。

完全に割り切った関係でいることを相手と話し合っている

不倫関係では、どちらかが本気になったりお互いに気持ちが抑えられずに、衝動的な行動を起こしてしまったり、とトラブルになる要因がたくさんあります。

しかし、婚外恋愛は始まった当初からお互いに完全に割り切った関係でいることを相手と話し合っているのです。

恋愛という一つのジャンルを共有する同士として考えている人もいます。

そのため、お互いに干渉しすぎない、デートをする日をあらかじめ決めている、など恋人との恋愛ルールを話し合いで決めているカップルも少なくありません。

トラブルになる要因は、ほとんどありませんが「バレてはいけない」という点では不倫と共通点があると言えます。

不倫とは別物だという考えのもと、恋愛をしているので、ドロドロした関係には絶対にならないという自信を持っているはずです。

そもそも夫と彼氏を比べるということをしていないので、デート中は彼氏のことだけ見ているだけで幸せな気分になれます。

恋愛をしていることで、家族に対して優しくなれるなら、その方がいいと考えているので、悪いことをしていると思っていないのです。

割り切った関係だからこそ、より恋愛に対して積極的に楽しむことができるといえます。

既婚男性が婚外恋愛に求める事。ただの性欲じゃない…ただの不倫ではなく婚外恋愛に男が求める事とは?

彼女が妻にはない癒し方を持っている

婚外恋愛を望む既婚男性は、妻と彼女のどちらが優れているという見方をすることはありません。

むしろ、妻のいいところ、彼女のいいところを見つけ出すことができており、どちらの女性に対しても優しく接することができるものなのです。

彼女が妻にはない癒し方を持っている場合、既婚者の男性としては家でも外でも癒されて、幸せを2倍感じることができます。

そのため、より仕事に励むことができ、疲れ方で妻と彼女のどちらに癒してもらうほうが、効率よく癒されるかジャッジしているのです。

例えば、妻が母のような癒しで彼女が少女のような癒しだとすると、仕事がうまく行かず落ち込み、これからの仕事にモチベーションを上げたい時には、妻によって癒されることを選びます。

落ち込む気持ちを大きく受け入れてくれ、ありのままの姿を支え、必要があれば叱咤激励をしてくれるはずです。

また、仕事がハードで息つく暇もないほど続いて心も体もヘトヘトになってしまった時には、彼女によって癒されます。

何も言わず笑顔で横にいてくれる、面白い話をしてくれる、情熱的に求めてきてくれることで生命力が上がる、など疲れきっていた状態を癒し気力を回復してくれるに違いありません。

婚外恋愛をしている彼女の存在は、妻以外にも自分にとって必要だと感じているのです。

放っておけない、一生面倒を見てあげたい

男の人にとって、どうしても放っておけないタイプの人というのは、一定数現れるものです。

好みとは関係なく、今までの経験、生き方、環境などから相手のことが非常に良くわかる、どうにかしてあげたい、誰かが支えてあげないといけない、と本能的に感じてしまいます。

過去のトラウマ的な感情を巻き込んでいる場合、一生面倒を見てあげないといけないという気持ちにすらなるものなのです。

この時には、「誰かが彼女を幸せにするはず」「自分でどうにかするしか抜け出す方法はない」という考えは一切思いつきません。

男の人がいないと生きていけないタイプの人、自分で自分のことをどうにも管理できない人、世の中を全く知らずに損ばかりしている人、不幸ばかりが続いている人、など責任感が強い男の人ほど見過ごすことはできない人ばかりです。

しかし、女性側にその自覚はなく、計算して男の人に頼ろうという人はいないことが特徴といえます。

だからこそ余計に気になって仕方がないので、世話をしてあげようと恋愛関係になるのです。

体を重ねなくてもいいと思える安心感がある

婚外恋愛の特徴としては、プラトニックな関係を望んでいるという人が多くいるという点です。

不倫関係は体の関係がある前提でお付き合いが進みますが、婚外恋愛では彼氏彼女という相手がいることにより、日常を頑張ることができたり、心にゆとりができたりと精神面でのプラスが目立ちます。

時には体を重ねなくてもいいと思える安心感があるものなのです。

隣に座って話をする、手をつないで温もりを感じる、といった高校生のような恋愛が心の隙間を埋めてくれる場合も多々あります。

大人になると、体を求めることが当たり前になってしまいますが、恋愛というのは体の関係だけではないはずです。

話をして楽しかったことを共有する、悲しみを半減する、頑張ろうと思える、幸せだと思える、など相手の存在が自分の心を強くしてくれます。

婚外恋愛を希望する人は、そんな学生のような恋愛を求めているものなのです。

疲れている時には、体を重ねなくてもいい、そんな自然体でいられる恋愛が、疲れた現代人の社会人にはほっとします。

自分のことを異性として愛してくれていると実感出来る人と過ごしたい

結婚してからパートナーからの愛情を感じにくくなったと思うのは、何も奥さんばかりではありません。

「ゴミ出ししといて」「邪魔」「仕事に行っといて」「ゴロゴロしないで欲しい」こんなふうに奥さんから邪険に扱われる旦那も、とても多く存在するものです。

特に子供が生まれてから母親となった妻は、いつもイライラして怒っていて、バタバタとしているため、目を合わせて会話をすることも減ってしまった、と感じている夫も多いといいます。

家事や育児を手伝おうと思っても、圧倒的に妻がやったほうが早いと感じるので「自分がしても邪魔になるだけだ」「余計なことをしないほうがいい」と判断して、何も手を出せずにいる旦那が圧倒的です。

しかし、言葉で気持ちを伝えることが下手な男の人であるため、そんな夫の気持ちも知らず妻は常に夫に対して不満を言っています。

彼女といると小言を言われることもなく、自分のことを異性として愛してくれていることを実感できるため、一緒にいたいと思うのも当然なのです。

人は誰だって怒られたくないもの。

愛されたいと願うからこそ、自分のことを愛してくれている人を見つけようとするのです。

既婚女性が婚外恋愛に求める事。日々に不安があるわけじゃない…ただの不倫ではなく婚外恋愛に女が求める事とは?

恋愛のドキドキがあることで同じ毎日でも色鮮やかになる

女の人は恋愛が大好きです。

もちろん人によって温度に差はありますが、心のどこかで少女漫画のような恋愛を夢見ています。

夫に対して不満はなくても、恋愛のドキドキは慣れとともに薄くなってしまうものです。

しかし、夫以外との恋愛のドキドキがあることで、同じ毎日でも色鮮やかになることをしっています。

朝起きると家族の朝食の準備に掃除、洗濯、仕事へ行って買い物をして帰る。

家に帰るとすぐ晩ご飯の準備をして子供達の世話に、アイロンがけや片付け、次の日の準備、主婦は休む暇がありません。

しかし、その忙しい中でも恋愛相手がいるだけで、例えしょっちゅう会えなくても笑顔で家事をこなすことができるものです。

恋愛は心の栄養剤となります。

何も変わらない日常も、軽々とこなすことができ、好きな人がいるというだけで気持ちがウキウキするのです。

この状態は家庭内でいい循環を引き起こし、母である自分がウキウキしていることで、子供たちもたくさん笑うようになり、夫も家事を手伝うようになってくれます。

そんなささやかな幸せが増えることが、また嬉しいと感じているものなのです。

女として見られたい

既婚女性にとって婚外恋愛の一番の醍醐味は、なんといっても女として見られたいという願望を叶えてくれる点です。

愛されているという実感、女性として持って生まれた体を楽しんでくれることの喜び、女性だからこそ得ることができる快感、など恋愛をすることで女の人が求めるすべての究極の幸せを感じることができます。

長い間、忘れてしまいそうなくらい放置されていた女としての自分自身を、見つけてもらったような気持ちでとても気分が高まるものなのです。

結婚してから、たくさんの役割を全うしていくうちにどんどん逞しくなっていく自分自身に「一人でも生きていけるのではないか」「男よりも男らしい」と感じるようになっていきます。

挙句の果てにどうして結婚したのか、よく分からなくなってしまう既婚女性もいるほどです。

夫はいつも仕事で家にいない状態が続くと、一人で家事と育児をこなし、ワンオペ育児をしているようで、無性に悲しくなります。

求められることのない女の性が、疼いても解消する術がないと、余計に虚しさを感じるものです。

女として愛されたい、婚外恋愛の根底には、こんな気持ちが隠れています。

旦那の愚痴を言ってストレス発散したい

恋人に旦那の愚痴を言ってストレス発散したいと思うのは、不倫では出てこない感情です。

妻になり既婚者の女性には、たくさんの役割と責任と重圧がやってくるようになりました。

しかし、旦那はいつも仕事で、家の中のことになると全く当てにならないこともしばしば。

女友達で旦那の愚痴を話すことはあっても、実はスッキリしていないことがほとんどといいます。

これは、女性同士の会話では共感を目的とした喋り合いであり、ストレス解消にはなりえないということが理由です。

「困っている」「悩んでいる」という気持ちを共有することで、一見スッキリしたかのように思えますが、根本的問題解決にはならず、また女子同士だと「我先に」とみんなが自分のことをしゃべるので、余計にストレスを感じることがあります。

しかし、彼氏に話を聞いてもらうことで、男性の意見を教えてもらえる、じっくり話を聞いてもらえる、しゃべっている間に安心感を抱くことができる、などストレス発散できる要素がたくさんあるものなのです。

不倫関係だと、嫉妬心が生まれてしまうため恋人に旦那の話をすることはタブーとされていますが、お互いに必要以上に踏み込まないつもりでお付き合いをしている関係だからこそできることになります。

私という存在を認めてくれる人がいることがうれしい

家庭を持つと女性は妻として、また母として見られることによりアイデンティティをなくしてしまうことがあります。

○○さんの奥さん、○○さんのところのお嫁さん、○○ちゃんのお母さん、など名前で呼ばれることがなくなってしまい、「私はいったい誰?」と虚しくなってしまうものです。

夫からも「ママ」「お母さん」と子供目線で呼ばれるようになり、付き合っていた頃のように名前を呼んでもらったり、あだ名で呼んでくれたりすることがなくなります。

夫からも名前で呼んでもらえなくなると、自分が自分でなくなってしまったかのような気分になるものなのです。

しかし、恋愛をしていると彼氏は名前を呼んでくれます。

甘い声で呼び捨てにされるだけで、ゾクゾクしてくるはずです。

「そう、私の名前は○○なの」と嬉しさで、彼氏に対しての愛しさも増してきます。

自分自身のアイデンティティは、誰しもが持っているはずの名前から感じることがあり、存在を認めてくれる人がいることが嬉しいと思う事で、大きな心の支えとなるものなのです。

本気で婚外恋愛をするなら守るべきルール

家庭の予定を優先する

本気で婚外恋愛をするなら、家庭の予定を優先するというルールを守るべきです。

家庭を壊すつもりがないからこそ、婚外恋愛だというのであれば、徹底して優先順位は家の都合を第一にしておかなければいけません。

「今日はいつもよりゆっくりデートしたいな」「少々家族が犠牲になってもいいか」という気持ちが出てしまうと、じわじわと家庭への負担が大きくなってきます。

壊れてしまってから気づくものが多いものですが、家族は壊れてしまうと修復することは困難です。

夫にバレて修羅場になると、彼氏とも家族とも関係を元通りにすることはできなくなってしまいます。

婚外恋愛は、心の安定が目的であり、家族に迷惑をかけることで自分の気持ちが不安定になってしまうようでは、本末転倒です。

家族を大事にしながら、自分のことも大切に扱ってあげたいと願っているからこそ、婚外恋愛をすることにつながります。

家庭の予定を優先することで、ひいては自分のことも大切にすることができるのです。

心の束縛をしない

婚外恋愛では、パートナーがいながら恋愛を楽しむ関係をいいますが、そのためには心の束縛をしないことがルールとなります。

束縛をしてしまうと、どうしても「もっと会いたい」「どうして自由に連絡が取れないの?」と苦しい気持ちでいっぱいになってしまうからです。

婚外恋愛は、心が楽しくなければいけません。

そのためにオススメなのは、既婚者同士での恋愛、または既婚者と結婚願望のない人など恋人同士の間に将来がなくても大丈夫という大前提が必要なのです。

通常は恋愛をしていると、もっと一緒にいたい、もっと心を寄り添わせていたいと束縛したい気持ちが湧き上がってきます。

しかし、それは不倫という関係であって、婚外恋愛を求める恋人同士の関係ではありません。

婚外恋愛は、お互いに迷惑をかけることなく、楽しいことだけで繋がっている状態が理想なのです。

既婚者同士であれば、お互いのパートナーにバレてしまうリスクを冒すようなことは避けるようになるのは当然であり、結婚願望がない人も同じで、好きすぎて離婚してまで結婚したいと言われることは迷惑なことになります。

連絡の頻度、デートの回数、lineの返信の催促、など束縛をすることで婚外恋愛は一気に面倒くさい関係になってしまうのです。

楽しい恋愛を続けるためには、デートの時に集中して愛し合うようにしましょう。

lineや電話が出来なくても文句を言わない

通常の恋人同士であれば、会っていない時間は何をしているのか気になり、声が聞きたくなれば電話をして、離れていても繋がっている感覚を持ちたいと考えます。

しかし、婚外恋愛は既婚者との恋愛です。

会っていない時間は、家族といる時間となります。

家族といる時間に、恋人からのlineで「急いで返信ちょうだい」「なんで電話に出てくれないの?」と責め立てるのはナンセンスです。

Lineや電話が出来なくても、文句を言わないということをルールにしましょう。

婚外恋愛では、会っている時間が全てであり、どれだけデートの時間を充実させるかが、恋愛の楽しみ方に関わってきます。

別々にいる時に繋がりを求めて文句を言ってしまうと、それだけで義務感が出てきてしまうのです。

「電話に出なければいけない」「会える時間を見つけて極力会えるように調節しなければいけない」これらは婚外恋愛の楽しみ方とは違います。

相手に負担をかけることなく、ドキドキやワクワク、そして必要とされることを感じて気持ちにゆとりを回復させることができる関係を、自分のエゴで壊してしまうことはやめましょう。

無理をしない

日本人は特に頑張りすぎてしまう傾向があります。

特に、人とのコミュニケーションでは、顔色を見たりご機嫌をとったりと、自分の気持ちをないがしろにしてしまう人が非常に多いものです。

しかし、楽しいことを求めている関係において、頑張りすぎて自分の心が磨り減ってしまうようではせっかくの関係も台無しになってしまいます。

無理をしないということが、本気で婚外恋愛をするためのルールなのです。

特に女性は、尽くすことが好きだと自分自身でも思い込んでいる人が多く、恋人が喜んでくれることをすることが自分の喜びだと言い聞かせている人が少なくありません。

しかし、本来は自分の存在を喜ばす為の恋愛であり、人を喜ばすことが自分の喜びだと思うことはただの勘違いだというケースがあるのです。

彼の笑顔を見るのが好き、あの人が喜ぶだろうと思ってする、などの行為は全て「自分がそうしたいからしているだけ」だといえます。

その状態が続くと、必ず無理がたたって、ミスが出てきてしまうのです。

恋人との関係がバレてしまったり、見返りを求めてトラブルになってしまったりと、楽しい恋愛は終焉を迎えてしまいます。

本気で婚外恋愛を続けたいのであれば、一番大切なのは自分の気持ちに耳をかたむけることなのです。

離婚しない

婚外恋愛が単独恋愛になってしまうことは、実は楽しみ半減してしまうもったいないことです。

婚外恋愛は、家庭の幸せがあるからこそ「自分自身も輝いていたい」と思う事で相乗効果が生まれ、幸せが何倍にもなります。

本気で婚外恋愛をすることと、本気になったからパートナーと離婚するというのでは、全く話が違うのです。

もちろん、恋人も割り切った関係だと思っているからこそ堂々と愛を囁くことができるし、短いデートの時間に思う存分情熱を捧げることができます。

離婚してしまうと聞いた時点で、ドン引きしてしまうことは必須なのです。

家族を失い、恋人を失い、何もかもなくなってしまいます。

婚外恋愛を楽しいまま長続きさせるためには、婚外恋愛という枠からはみ出てはいけないのです。

結婚していることが大前提の恋愛は、その枠をはみ出てしまうとすぐに色あせてしまうことをしっかり覚えておきましょう。

本気でずっと一緒に居たい人向け。婚外恋愛の長続きの秘訣

相手の全てを自分のものにしようとしない

恋人と長続きするためには、相手の全てを自分のものにしようとしないことが秘訣です。

婚外恋愛を一緒に楽しんでくれる恋人というのは、束縛されないことに慣れてしまっています。

相手の全てが自分の思い通りになると勘違いしてしまうと、言葉のチョイスも変わってしまうものです。

相手への見返りを求めてしまうことも増え、恋人の自由を奪ってしまいます。

しかし、恋人が欲しいと思ったきっかけは、誰かを自分のものにしようと思ったからではないはずです。

好きな人の時間、好きな人の行動、言葉、会話の中身、全てを自分のものになると勘違いしてしまうと、恋人はすぐに離れていってしまいます。

本気でずっと一緒にいるためには、相手のすべてを尊重する関係でなければいけないのです。

信頼関係で結ばれ、自由を尊重し、お互いを想い合える二人であれば、ずっと一緒にいても心地よい関係性を保つことができ、長続きします。

本気の恋愛だからこそ、心で繋がり合う関係を築き上げていくことが幸せを掴める二人になるものなのです。

本気で家族を大切にする

人は何かに夢中になると、その他のことがおろそかになってしまいがちです。

しかし、本気で一緒にいたい相手だからこそ、本気で家族を大切にする必要があります。

家族の幸せを大事にできない人に、婚外恋愛はできるはずがありません。

家族には家族の幸せがあり、婚外恋愛はあなた自身のプラスアルファの幸せなのです。

恋人がいるからこそ、あなた自身が何倍も幸せになれるのが、この恋愛のシステムとなります。

家族を大切にすることで、あなたの幸せは何倍にも膨れ上がるはずです。

夫や子供はもちろん、義両親や実家の家族、夫の友人関係まで、きちんとあなたは妻であり母であるべきであり、本来ならその姿が求められている姿となっています。

求められている姿がある限り、それを全うするのが結婚した人の役目であり、宿命です。

この役割をきちんとこなすことができるからこそ、婚外恋愛が長続きすることができます。

きちんと妻をして、ちゃんと母親をやって、その上で一人の人間として明るく過ごすために必要な人が恋人です。

家族を大事にするからこそ、不倫ではなく婚外恋愛だということができます。

幸せをずっと感じていられるように、やるべきことをやりましょう。

既婚者同士で婚外恋愛をする

本気で一緒にいたい人と長続きさせるための秘訣は、ずばり既婚者同士で婚外恋愛をすることです。

既婚者同士での恋愛は、お互いに必要以上に距離を近づけすぎることもなく、束縛をすることもありません。

お互いの家庭を大事にすることができる上、家族の都合でデートがキャンセルとなってもすんなり受け入れることができます。

既婚者ならではの恋愛の中での御法度も、お互い様であるからこそ失敗することはないはずです。

抱き合った痕跡をわざと残したり、家族といる時間に連絡を取り合ったり、泊りデートをしつこく強要したりといったこともありません。

相手が困ることは、同じく自分が困ることだからです。

お互いの都合のいい時に、お互いを求め合うというスタイルは一番関係が長続きします。

一緒にいる時間が長いほうがいいわけではないことを理解しているし、上辺だけの言葉が重要ではないこともわかっているのです。

だからこそ、心で繋がり合うことができ、ずっと関係を続けることに適しています。

既婚者同士ならではの、パートナーの相談ということもでき、大好きな人であり親友であり、よき相談相手となるため、お互いの人生に必要不可欠な人となっていくのです。

彼氏の一番の理解者であるよう努める

結婚している人が恋愛をしている時に、自分のことばかりを押し付けるようでは、恋愛は長続きしません。

彼氏の一番の理解者であるように努めることが必要なのです。

彼が喜びを伝えたい時には、一緒になって喜び、自分の話はぐっと我慢して相手の喜びに乗っかるだけに徹します。

恋人がひどく落ち込んでいる時には、無理に慰めようとはせず黙って手を握ってあげましょう。

男性は女性と違って、話をすることで頭を整理するわけではありません。

自分ひとりで問題解決へ向かいたいという気持ちを持っていても、悲しみという感情を処理できずにいるだけなのです。

男性の心理をしっかりと汲んだうえで、求められていないことはしないようにします。

そして、愚痴を言いたい時には言わせてあげましょう。

「私なんかもっとひどいことあったよ」と愚痴自慢は絶対にいけません。

男の人は、女の人の愚痴が苦手です。

自分がイライラしているのに、もともと苦手なことをさせられると、気分は最悪になってしまいます。

好きな人が今何を求めて隣にいるのか、心に寄り添ったお付き合いをすることができれば、自然と長続きするはずです。

会う頻度を少なめにする

婚外恋愛は、恋愛の楽しさから燃え上がるほどについ会う回数を増やそうとしてしまいます。

しかし、長続きさせたいのであれば、会う回数を少なめにすることが秘訣です。

しょっちゅう会っていると、新鮮さがなくなり、恋愛の楽しさが半減してしまいます。

恋愛といえば「会いたいのに会えない!今すぐ会いたい!会った時がとびきり嬉しい」という「我慢」と「解放」の落差が大きいほど喜びが増していくものです。

不倫関係であれば1週間に1回デートしているようなところを、婚外恋愛は恋愛を楽しむという醍醐味のために1ヶ月に1回のデートでもいいくらいだといえます。

お互いに束縛しないという習慣も付けることができ、程よい距離感が恋愛のウキウキを持続させてくれるのです。

会う回数を減らすことで、会った時の会話の中身も充実するだけでなく、相手に依存して頼ってしまうということを避けることができます。

恋愛をしているとどうしても、相手に頼りたくなってしまったり、手助けをしたくなってしまったりと距離感が近づきやすくなるものです。

しかし、たまにしか会えないとなると、出来ることも限られてくるため、よほどのことでなければお願いするようなこともありません。

そうすることで、パートナーに恋人の存在がバレてしまうことも防ぐことができます。

長続きさせるためには、適度な距離感が必要なのです。

婚外恋愛を長続きさせたいのであればルールを守って恋愛をしよう

不倫と婚外恋愛は違うと敢えて言っている人は、恋愛という感情と自分自身をとても大切にしています。

長続きすることで、自分の幸せも何倍にも増やすことができるものです。

婚外恋愛を長続きさせたいのであれば、きちんと婚外恋愛ならではのルールを守って恋愛することで、楽しい関係を続けることができます。

恋人ときちんと話し合って、どんな関係でいたいのか明確にしておきましょう。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「二人の不倫の結末が怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、【スピリチュアルチャンネル】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルチャンネル】を初回無料でプレゼントします!

不倫相手との不倫成就の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。
最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG