不倫が長続きする会う頻度や連絡の極意!既婚男性に飽きられない女になる方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

不倫相手とずっと一緒にいたいと思うのに、相手の気持ちが分からず別れが身近にあるような気がして、不安になっている女性も少なくなくはありません。

「彼からもっと会いたいって言われたい!」と願っても、あの人から会いたいと言われる回数が減ったり、lineが減ったりするのは、不倫が長続きするための会う頻度や連絡の極意を知ることで状況は一変していくはずです。

大好きな既婚男性に飽きられない女になる方法を会う頻度や会ってる時間や注意点、さらにLINE&メールテクニックを含めて詳しくご紹介します。

彼に飽きられない、愛され女子になって、ラブラブな不倫を長続きさせましょう。

目次

不倫で彼が会いたいと言う回数やlineが減ったのは何故?既婚男性の不倫中の男性心理

危険な恋愛という不倫そのものに慣れてしまった男性心理

既婚男性が不倫を始める時には、「妻以外の女性と危険な恋愛をしてみるとどれだけ刺激的だろうか」という好奇心があることも珍しくありません。

あなたと不倫を始めて、最初はドキドキとスリルを味わっていた彼も、デートのパターンが決まってハイリスクの恋愛に慣れてくると、不倫そのものを知った気になり飽き始めてしまいます。

そのため、刺激がなくなったと感じあなたに連絡をする回数が減ってくることになるものなのです。

危険な恋愛といえば、周囲に知られないように用心深く会う約束をし、人目に付かないようにデートをし、次はいつ会えるか分からないという不安定な状態を想像しハラハラすることを予想しています。

確かに不倫はきめ細やかな配慮が必要ですが、実際にやってみると連絡はlineで出来るし、会う場所さえ気をつけていれば、そうそう危険な目には合っていないという気分になってしまうものです。

不倫をしていること自体がハイリスクなのですが、会っている間は普通の恋愛と変わらないように感じるため、危険な恋愛の刺激を求めていた既婚者の男性としては当て外れのようなガッカリ感になってしまいます。

結婚生活を送っている彼だからこその、願望と妄想が生み出した恋愛だったと言えるのです。

奥さんに不倫がバレてしまいそうな男性心理

夫婦生活の中で隠し事をするということは、とても気を遣う作業です。

特に嘘が苦手な妻帯者には、奥さんを見るたびに「バレてしまうんじゃないか」とヒヤヒヤしてしまい、ことさら行動がおかしくなってしまいます。

毎日生活を一緒にしている妻としても、夫のウソにはすぐに勘が働くものです。

特に女性関係は、どれだけ亭主が平静を装っていても「なにかがおかしい、女の気配がする」と感じます。

妻に不倫を見破られそうになっている旦那は、おちおち不倫相手に連絡をしていられるはずがないのです。

会えるかどうかも怪しい時に、既婚者の男性の方から「会いたいよ」と適当な事を言うことは次のトラブルを生み出してしまいます。

Lineを送ると証拠が残ることも心配しているはずです。

急に不倫のあの人から「会いたい」と言われることが減ってきたりlineが減ってきたりするのは、奥さんに不倫がバレてしまいそうになっていることで、事実上不倫を継続できない状態にあるといえます。

こんな既婚男性には、無理に会うことも連絡を取り合うことも強要することはできません。

彼の状況が少し落ち着くまで待ってあげることが、浮気相手の優しさとなります。

あなたの他に気になる人が出来た男性心理

不倫をする既婚者である男性は、浮気相手の女性と燃え上がるような恋愛をして奥さん以外の女性との情事に背徳感を覚えます。

「妻と一生を共にすると決めたのに、他の女性と関係を持ってしまった」と罪悪感を持ちますが、一度恋愛に火がつけばなかなか止めることはできないものです。

しかし、しばらく不倫の付き合いを進めていくうちに奥さんに対する申し訳ない気持ちが薄れ始めます。

その現象は家庭は家庭、恋愛は恋愛、と“婚姻関係を結ぶ人”と“心を結ぶ人”と分けて考えることができるようになることです。

不倫関係にあるということに罪悪感を持ちにくくなった既婚者である男性は、あなたとの関係にも背徳感が薄れ「一緒にいて当たり前」のような気持ちになってきます。

そうなることで、いつしか心はあなたとは他の女性に目が行くようになり、気になる女性が出来てしまうのです。

あなたと不倫関係にあるにも関わらず、奥さんに申し訳ないと思わなくなってしまった妻帯者の男性は、新たな恋愛を見つけたことで奥さんとあなたを頭の片隅に移動させることになります。

会いたいと言わなくなったり、lineが減ったりするのはあなたの他に気になる人ができたからだと言えるのです。

仕事が忙しくなり不倫をする時間がない男性心理

社会で戦う男性には、仕事を全力でやらなければならない時というものがあるものです。

そして、皮肉にも人生の中でなにか変化が起きる前には予兆とも言われる変化が起きているものでもあります。

あなたと不倫が始まったのは、彼の人生の中での変化が起きる前触れとして「刺激が欲しい」「アクションを起こしたい」という内側から湧き上がるエネルギーに突き動かされていたからだとも言えるのです。

気になる女性であるあなたに対して、好意を持っていたけれども「結婚しているから」と言い聞かせていた彼は、我慢しきれなくなりあなたとの恋愛関係を持ちました。

しかし、転換期を迎えたあの人は仕事がどんどん忙しくなり「やらなければいけない時」に突入したのです。

我慢を解放してあなたとの不倫関係を始めましたが、仕事が忙しくなり不倫をする時間がなくなってしまいます。

あなたに会いたい気持ちがあっても、仕事が忙しすぎては恋愛をしている暇もなくなってしまったはずです。

「連絡が出来なくて申し訳ない」「さみしいと思っているだろうな」と思ってみても、時間が足りません。

ここが踏ん張り時という仕事の時期には、不倫する時間がなくなってしまっても責めることはできないと言えます。

不倫(浮気)が長続きしないカップルの特徴って?女性がやりがちなNG行動

既婚男性の都合を考えずに会いたいとワガママを言う行動

既婚者と付き合っていく上で、不倫のルールを守れずに恋愛をしてしまう人がいます。

不倫をしている彼には、奥さんと子供がいて、帰る家がある、社会的な立場も守らなければいけない、など気にかけることがたくさんあるはずです。

しかし、妻帯者であっても一人の男性と見る方が強くなってしまっている浮気相手の女性であれば、相手の都合を考えずに会いたいとワガママを言ってしまいます。

デートをしても「帰りたくない」、連絡は時間も場所も構わず入れてくる、外で会った時も誰もが怪しむような素振りで一緒にいようとする、など不倫のマナーが守られないと妻がいる身としては非常に困るのです。

そういったタイプの女性には、いくら彼氏が説明しようともなかなか変化することがなく、付き合いきれないと別れに至ります。

彼女が甘えてくることは男性にとっては嬉しい行為です。

しかし、不倫という恋愛では非常に繊細な配慮が必要だということを、理解して交際をしないと長続きすることは難しくなります。

二人でいる時だけ思いきり甘えるようにして、外では全くの他人を装わなければ既婚者である彼を困らせてしまうだけになってしまうことを十分に注意しましょう。

人目が付くところでも不倫を隠そうとしない行動

不倫を長続きさせるには、バレてはいけないという大前提があります。

ところが、世の中には不倫をしている事実を、周囲にあまり隠そうとしない人がいることも事実です。

不倫をしていることがバレれば、まず交際を続けることはできません。

そして、社内不倫であれば不倫関係にある二人共会社にいられなくなる可能性が高くなり、裁判になれば彼が奥さんに対してだけでなく、あなたからも既婚男性の家族へ金銭の支払いが命じられます。

友達からは信用を失い、親とも縁を切られてしまうこともあるものです。

それだけのリスクがある交際の形ですが、実は実際のリスクのことを、不倫をしているその時には自覚しにくいといわれています。

バレないと思っていても、意外なところで不倫というものは知られてしまうものです。

人目が付くところで手をつないだり腕を組んだりしていると、ありえないと思われるようなところで、知り合いにバッタリ遭遇してしまったりということもあります。

不倫関係にあるどちらか一方でも、人目が付くところでも不倫を隠そうとしない行動に危機感を持っていれば危険は回避されますが、あまりにも相手が隠そうとしないことが続くと不安が大きくなり、結局は長続きせず別れることになるのです。

「結婚して欲しい」と迫る行動

不倫恋愛では、女性が恋愛の終着点として見ている“結婚”というゴールがない状態の恋愛です。

奥さんがいる身と分かっていながら好きになってしまったことは、あなた自身の「ずっと一緒にいたい」という気持ちを抑えて付き合いを続けることになります。

しかし、不倫をして一緒に過ごす時間を積み重ねる程にあの人への想いは募っていくものです。

妻が待つ家に帰っていく姿を見ることが辛くなります。

「もっと一緒にいたい」「奥さんと別れてほしい」という想いが強くなればなるほどに、「彼と結婚したい」と願いを持つようになるのです。

気持ちを我慢している間は一切言葉にしなかった「結婚」というワードも、一度キッカケがあれば、堰(せき)を切ったかのように溢れ出てきます。

顔を合わせる度に「結婚して欲しい」「奥さんと別れてほしい」と迫るようになってしまえば、恋人の既婚者としては距離を取ろうと考えるものです。

奥さんとの婚姻関係を解消するつもりがない男性であれば、あなたが結婚を迫ることが「このままでは妻にバレてしまう」「めんどくさい」と思ってしまいます。

そのため、別れを選び次の約束をしなくなったり、連絡をしなくなったりと徐々に距離をとってタイミングを見て関係を終わらすのです。

既婚男性の子供に近づく行動

不倫関係を続ける二人は、高まる愛情を他言しないという状況が続くことにより少し想いが強くなりすぎてしまうことがあります。

妻がいる相手だとわかってはいても「彼の全てを手に入れたい」と思ってくるようになるものです。

独占欲が強くなってくると、不倫相手の彼の生活そのものを手に入れたいと考え始めます。

そして、既婚者男性の生活を垣間見ているうちに彼の子供と仲良くなろうと笑顔で話しかけるのです。

子供と仲良くなれば、一緒に暮らすことになっても生活がスムーズに行くと考え、ご飯を食べたり遊びに行ったりすることを提案します。

デートに子供を連れてくるようお願いすることが増える度に、浮気の女性としては彼の生活を見られたような気分で心地よくなるものです。

しかし、子供が仲良くなるということは二人の不倫関係もバレてしまう危険性が高くなります。

既婚者である男性にとっては、子供に近づきすぎる浮気相手のことを警戒していくことになるはずです。

家族は家族、と一線を引いている既婚の男性にとっては、浮気相手の女性と子供が仲良くなるのは家庭と不倫のボーダーラインがなくなってしまうようで不安になります。

彼から会いたいと言うことは減ってしまい、破局へと向かってしまうのです。

本当は本気で愛してほしいのに浮気相手から割り切った関係にしようとする行動

不倫関係には、本気で相手を愛していて略奪婚を求めている交際と、既婚男性の家庭も大事にしながら割り切った関係を続けようとする交際のパターンがあります。

既婚者男性によく思われようとするあまり、本当は本気で愛して欲しいのに浮気相手の女性自ら「割り切った関係にした方がいい」と提案する行動を起こす女性がいることも事実です。

既婚者の男性も不倫関係を続けるうちに、浮気相手の女性に本気になってきているのに、いざ略奪婚に向かうとなれば、奥さんから夫である彼を奪い取る勇気がなくなってしまっても仕方がありません。

「奥さんと子供に申し訳ないよ」「本当に家庭を捨ててまで私と一緒にいたいと思っているの?」と不安から出てくる気持ちを謙遜するという形で言葉にしてしまいます。

その言葉を聞いた妻帯者の男性は「そんなに乗り気じゃないなら、このまま割り切った関係を続けよう」と思うものです。

割り切った関係を望んでいるふりをしていても、浮気相手の女性の心の中は「本当は私だけを見て欲しい」「奥さんが待つ家に帰る姿を見るなんて本当は嫌」と叫んでいます。

一度言葉に出してしまった言葉にあなた自身が苦しめられることになり、割り切った関係が続くことに耐え切れなくなってしまうのです。

心が疲れ果ててしまうと、不倫関係を長続きさせることは出来なくなってしまいます。

会いすぎても会わなすぎてもダメ!不倫(浮気)が長続きする会う頻度や会ってる時間や注意点

【頻度や時間】週に一度会うくらいがちょうど楽しい

不倫恋愛は通常の恋愛とは交際の仕方が違います。

普通の恋愛ではデートは毎日でもしたいものですが、不倫恋愛は会いすぎても会わなすぎてもダメなのです。

会いすぎてしまうとどうしても既婚者に無理をさせてしまうことになり、恋愛を続ける気力がなくなってしまいます。

逆に会わなすぎるとキープ感が強くなってしまい、都合のいいときだけ会えればいいという遊びの関係になり、男性の気の赴くままに振り回されてしまうことになるのです。

既婚者である彼にストレスがかからなくて、遊びの恋愛にならないためには、週に一度会うくらいがちょうど楽しいペースになっています。

仕事の休みも1週間の骨休みと楽しみを兼ねているように、頑張っている男性にご褒美として恋愛をしてもらうことが愛される秘訣です。

不倫が長続きするためには、結婚している彼氏が楽しい恋愛をするということが非常に大事な要素になっています。

惰性で関係を続けるのではなく、「会いたい」と思ってくれるペースで会える頻度が自然にあると、あなたに飽きることもなくデートの日を目標に一週間頑張れるのです。

不倫関係が長続きしている多くのカップルは、デートで会う曜日と時間が決まっています。

【頻度や時間】毎日会う、1ヶ月に一度しか会わないのは恋愛の気持ちが冷める

不倫関係で毎日会うことになると、男性の気持ちはどうなるでしょうか?

既婚している男性は、毎日仕事に出かけて一日頑張った後、不倫相手とデートをし、その後家族が待つ家に帰宅する生活を送ることになります。

これは、二重生活とも言える状況です。

毎日、浮気の彼女と会うことになれば話す内容も決まってくるし、この流れ自体が生活の一部になってしまいます。

そうなると次第にトキメキはなくなり、女性の使い分けをしているという感じがして仕方がないものです。

とは言っても、そんな二重生活のような不倫関係を続けているカップルも実際には多くいます。

愛人と呼ばれ、結婚している男性とでも長く交際を続けることは可能です。

しかし恋愛という感じは薄れ、奥さんから奪いたいという欲望も一番に愛されたいという願望も自然になくなってしまいます。

ただ、一緒に過ごす時間があればいいという完全に割り切っているカップルに多く見られる状況です。

逆に一ヶ月に一回しか会わない不倫関係をしていても恋愛の気持ちは冷めてしまいます。

時々、あって近況を話す友達のような感覚に体の関係がプラスされているような感じです。

何を求めるかは人それぞれですが、不倫をすることで恋愛のドキドキを求めているのであれば恋愛の気持ちが冷める間隔で会うことは避けましょう。

【頻度や時間】2,3時間のデートで名残惜しいくらいの気持ちのまま帰る

不倫デートで、次のデートに繋げるために大切なのは“余韻”です。

帰り際に「まだ一緒にいたいな」「家に帰りたくないな」と、奥さんの元に帰らなければいけないことを悔やむような気持ちになってもらえると、次のデートも確実に約束できます。

そのためには、2,3時間のデートで名残惜しい気持ちを持った状態で帰宅してもらうのです。

彼を待っている側の女性とすれば「やっと会えたのに2時間で帰るなんてできない!」と思うでしょうが、結婚している彼に飽きられない女になるためには、あの人からあなたに対して愛情を求めてくる必要があります。

会える日自体が少ない不倫という恋愛で2、3時間というデート時間は、確かに短い時間ではありますが、あなたの寂しい気持ちをぐっと我慢して彼の気持ちをしっかり掴むのです。

「本当はもっと一緒にいたい」という気持ちも一緒に伝えることで、気持ちを我慢していることを伝えます。

「僕の家庭のために我慢をしてくれているんだな」と悟ることで、放っておけない気持ちと、愛しい気持ちが沸き上がってくるはずです。

時間制限が最大の悲劇だというように、別れを惜しむことであの人はまたあなたに会いたくなります。

【注意点】会わなかった時間のことをあれこれ聞き出す行動はダメ

不倫関係の恋愛で重要なことは、詮索をしないということです。

奥さんがいて、子供がいて、彼にはあなたの知らない時間があって当然だということを十分に理解しておく必要があります。

とはいえ、頭では分かってはいてもなかなか会えない日々が続くと「会えなかった時間は何をしていたの?」「家族とはお出かけした?」「私のことどれくらい思い出してくれていた?」とつい色々と聞き出す行動をしてしまうものです。

しかし、この行動は男性からすればNGアクション。

元々男性は、説明をすることもプライベートなことを話すことも苦手です。

根掘り葉掘り、自分のことを聞かれているという状況にまずウンザリしてしまいます。

簡単な答えだったとしても「うん、色々」と答えをはぐらかして、答えたくない素振りをするものです。

そして、その素振りに「話したくないってこと!?」と興奮気味のあなたと口論になってしまいます。

あなたが色々と聞き出すことをしなければ、彼も少しずつ会わなかった時間のことを喋っていたかもしれないのです。

とにかく、女性が聞き出す行動をするということはやめたほうがいいことになります。

【注意点】不倫がバレないか不安を口に出しすぎるとダメ

不倫は不安が募りやすい恋愛です。

その反面、既婚している多くの男性は明るくポジティブな女性を好みます。

もちろん誰にだって不安を口にすることはありますが、不倫がバレないかという不安を口に出しすぎることはあなたを選んだ男性としてはガッカリしてしまうものです。

「俺だって不安だよ、だけど一緒にいたいって思うんだから仕方ない」という考えをあなたに伝えたいと思っています。

あなたに「不安に思う時間があるくらいなら、俺を見て欲しい」と願っているのです。

あなたが「不倫が誰かにバレるかも知れない」と心配したところで、二人が別れなければ状況は何も変わりません。

せっかくデートをしているのであれば、彼が横にいることを幸せに感じる時間を増やしましょう。

不安ばかり口に出していれば、そんなネガティブな姿を見ている恋人は悲しい気持ちになってしまうはずです。

明るくポジティブな話題を提供し、不安があっても「今この時間が幸せ」と感じられるようなデートを繰り返し過ごしましょう。

そんなデートであれば、結婚している彼もあなたとのデートが毎回楽しみになっていくのです。

lineやメールで駆け引きは必要!不倫(浮気)が長続きするline&メールテクニック

二週間以上会えないときは「私に会えなくて寂しい?」と聞くべし

不倫関係の二人は、予定が混み合っていてなかなかデートができないという状況も珍しくはありません。

しかし、そのまま放置していたのではあなたの愛人というポジションも危うくなってしまいます。

二週間以上会えない時はlineやメールで「私に会えなくて寂しい?」と聞いてみましょう。

このメッセージは、あなたは会えなくて寂しいことは当たり前という大前提の元、送る必要があります。

会えないということが二人にとって、異常な事態だということを既婚男性に認識させることが出来るものです。

毎週決まった時間にデートをしていたのであれば、その時間にLINEを送るとより効果的になります。

いつもなら会っているはずの時間に、恋人と別々の場所にいることを思い知れば、急に会いたくなる心理が働くのです。

会いたいけれども会えないという状況が、一番恋愛を盛り上げてくれます。

自然に気持ちが盛り上がることを待つだけでなく、時には会えない時間を使ってあなたから恋愛の情熱を点火してあげることも大切です。

デート後には毎回同じ時間に返信不要な「デート楽しかったよ」と一言lineを送るべし

不倫関係が長続きするためには、既婚者の彼が家庭にいる時間に、浮気相手であるあなたがどれだけ配慮できるかということが重要になってきます。

デートをした直後でとても気持ちが高揚している二人、本当なら帰ってからも電話をしていたいはずです。

しかし、一旦自宅に帰ってしまったら彼のそばには奥さんがいます。

余韻を伝えながらも彼に配慮をするためには、返信不要メッセージを送ることです。

デートが終わって帰宅後、必ず毎回同じ時間に「デート楽しかったよ」と返信不要な一言lineを送りましょう。

毎回デート後にlineがくることで、彼もlineがくることを待つようになります。

不倫相手はそのlineが来ることで、あなたがデートに満足したかどうかを確認するようになるのです。

LINEが返信不要だというところも重要なポイントで、家庭への配慮が伝わることで秘密の恋愛を大切にしていることがわかります。

あなたの小さな心遣いが、彼は嬉しいと感じあなたとの不倫を長く続けたいと思うようになるはずです。

ご飯デートのお誘いは「やったー!私も行きたかった」と共感で喜びを表現するべし

結婚している彼からいつものデートのお誘い。

今回はご飯デートのお誘いがやってきました。

Lineで伝えられた内容が、いつものデートだからと「わかった」「了解」などと返信していると、その淡白な返信メッセージを受け取った相手は誘った甲斐がないと感じてしまうのです。

それではせっかくのデートも楽しみではなくなってしまい、義務感が出てきてしまいます。

彼からご飯デートのお誘いがあった時には「やったー!私もあなたとご飯に行きたかった!」と共感で喜びを表現しましょう。

例え、毎回ご飯デートだったとしても好きな人と一緒に食事をすることはとても嬉しいことであるはずです。

毎回共感で喜んでも一向に構いません。

男性は自分が提案したことに、共感で喜んでくれる女性のことが大好きです。

特にご飯を喜んでくれたり、美味しそうに食べたりする姿は好感度が高いといえます。

妻がいる彼からデートに誘われたこと自体が、あなたのために作ってくれた貴重な時間です。

しっかり喜びを伝え、愛情を深めましょう。

お決まりの「お仕事頑張ってね」メールは仕事の昼休みに狙いを定めるべし

不倫恋愛を長く続けるためには、定例メールも必要です。

しかし、気配りが出来るあなたはあの人が家にいる時間にメッセージをすることはナンセンス。

お決まりの「お仕事頑張ってね」というメールは、彼が仕事に出ている昼休みに狙いを定めて送りましょう。

どう考えてもバリバリ仕事をしている時間に、浮気相手からメールが届くと彼もため息が出てしまいます。

しかし、一日何もしないのも恋人としては寂しいものです。

せめて、「お仕事頑張ってね」という応援、「体無理しないでね」という労わりは伝えたいメッセージと言えます。

それらは、少し気持ち的にもゆったりしているお昼休みに送ると効果抜群です。

午前中の仕事を終えてホッとして昼食をとっているときには、スマホを確認しながら休んでいる男性が多くいます。

その中に恋人からの応援や労わりがあれば、緊張もほぐれ「午後も頑張ろう」と気持ちを切り替えるきっかけとなるのです。

上手くメッセージを活用して、既婚している恋人との愛情を深めていきましょう。

既婚男性に飽きられない女になる方法!この考え方や行動が出来れば愛され女子に!

デート中は奥さんや子供よりも私が一番愛されていると考える方法

不倫の恋愛をしているということは、既婚男性が奥さんと子供がいてもあなたのことを好きになったという事実があります。

どれだけ不安になっても、会えない日々が続いても、デート中は「奥さんや子供よりも私が一番愛されている」と考えましょう。

彼の気持ちを全面的に信じることで、心に余裕が生まれます。

心に余裕が出来ると、不安になりすぎることも会えないことを嘆き続けることもなくなるはずです。

デートが出来るということは、あなたはその時間、彼から大切にされています。

今という刹那的な現実を、「愛されている」という実感で満たされることはとても幸せなことです。

せっかくのデート中に既婚者である彼を責めたり、不安を伝えたりしていても状況は変わらないどころか、彼の気持ちが冷めてしまうという最悪の事態を招くことになります。

女は度胸とはよくいったもので「愛されている」という自信が、一層女性を美しくするものなのです。

家に帰ってからの見えない時間を不安に思うよりも、今目の前にいる彼をめいっぱい愛することに全力を注ぎましょう。

既婚男性がつい「可愛い!」と言いたくなる、感情をしぐさで表現する行動

男性は物事を理路整然と言葉で説明することが得意です。

だからこそ、全く反対の感情表現という場面では「女性らしさ」が問われます。

嬉しい、悲しい、楽しみ、寂しい、という恋愛ならではの感情を、しぐさで表現することは、とても女性らしい表現といえるものです。

あまりに嘘っぽい表現は彼氏もひいてしまいますが、既婚男性がつい「可愛い!」と言いたくなるしぐさは、ボディタッチをバランスよく含めると上手に表現することができます。

言葉だけではなく、彼に寄り添う、彼氏の頬を触る、胸に飛び込む、など話し合いだけではない表現の仕方に男性はドキッとするものです。

思いがけないボディタッチに思わず「可愛い!」と声を上げそうになります。

ドキドキする場面と、抱きしめたくなる感情が湧き上がる瞬間が織り込まれたデートの時間は、とても充実している時間だと感じるため不倫が長続きするようになるのです。

感情をしぐさで表すとどんな表現が出来るか、鏡を見ながら研究してみましょう。

あなた自身も自分が思っているセルフイメージとは違った一面が発見出来、魅力の表現の幅をずいぶんと広げることができます。

既婚男性の行動全てに感謝をする行動

既婚男性は不倫恋愛をすることで、時間のやりくりや家庭とのバランスを見ながらとても繊細にあなたと会うための都合をつけてくれています。

その一つ一つの地道な作業、全てに感謝をすることが大切です。

恋愛は思いやりの産物といわれます。

不倫はあなたも十分リスクが高い状況ではありますが、それ以上に既婚者である男性が、かなり気を使わなければいけない恋愛です。

デートが出来る時間を作ってくれていること、どこかに連れて行ってくれること、奥さんや子供との時間を削ってくれたこと、愛してくれていること、既婚者男性の行動全てに感謝をすることでさらに愛情を深めることができます。

男女ともによくあるのが、「感謝はしている」と胸の中で思っていることです。

感謝は言葉に出さなければ意味がありません。

伝えるために言葉があるのです。

今日も愛してくれる彼に「愛してくれてありがとう」と伝えましょう。

ありがとうは言えば言うほどに、心が満たされます。

二人は愛情だけでなく、人としての尊厳も高め合うことができるようになるはずです。

話を一生懸命に聞く素直さを持つ行動

不倫という不安や悲しみが増えてしまいがちな恋愛をしていると、素直さがなくなってしまうことが少なくありません。

しかし、素直な女性はなんとも可愛らしいものです。

どんな話でも一生懸命に聞く素直さを持つということは、一緒にいる彼も話していて心地がいいと感じます。

男性は、自分のことばかり話す女性よりも、しっかり笑顔で話を受け止めてくれる人の方が一緒にいて安心感を持つに違いありません。。

大事な部分はしっかり自分の意見を話すけれど、既婚者の男性の目線で感じたこと思ったことを話している時に、反発意見で邪魔されたくないはずです。

自分の話を一生懸命に聞いてくれる人のことを、大事にしたくなります。

意見にいちいち反発するのではなく、人の意見にも耳を貸す素直さを持ち合わせている女性のことを「いい子だな、そばにいたいな」と感じるのです。

不倫を長く続けるためには、人の話を素直に聞ける女性になったほうが絶対に既婚男性に飽きられない女として、愛され女子になります。

不倫では連絡や会う頻度の極意を身につけて飽きられない女になりましょう

不倫関係で大切なのは、会えない時間にどれだけ会おうとするかではありません。

会う頻度や連絡の極意に従って行動することで、不倫を長続きすることが出来るのです。

ただ愛情が深く、あなたから一方的に会いたいと告げるだけでは、既婚男性の彼はあなたに会いたいとは思わなくなってしまいます。

飽きられない女になる方法を実践し、不倫関係をしていく中でも彼を人として尊重することであなたも大切にされる人になっていくはずです。

女性としての魅力は内面だけでなく、仕草や言葉に注意を払うだけでもずいぶんと既婚男性からの印象が変わります。

不倫恋愛で彼から愛されることプラス、あなた自身も可愛らしい女性としての魅力を身につけて飽きられない女になりましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG