【既婚男性のline完全版】毎日lineする内容や返信の頻度で解かる心理と本音

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

既婚男性から毎日lineが入ってくれば、それがどういう意味を持つのか気になるものです。

家族がいる人なのに、好意を持ってくれているのか、また好意がない場合の人はどんな返信をするのか、心理を知っていくことでわかってくることがあります。

ここでは【既婚男性のline完全版】として、毎日lineする内容や返信の頻度で解かる心理と本音を解説しましょう。

既婚男性がどのような気持ちでlineというコミュ二ケーションツールを活用しているのかわかった上で、あなたが既婚男性をlineで夢中にさせる極意と、既婚男性のlineでのアプローチをやんわり避ける方法、もご紹介しているので、ぜひ参考にあなたの気持ちとむきあってくださいね。

目次

既婚男性が毎日lineをしてくる時の内容別の心理や本音

興味を持って欲しいから何も用事がないのにlineをしてくる

恋愛の始まりとは、誰しもがウキウキするものです。

結婚している人であっても、気になる人が現れれば自分に興味を持って欲しいと思います。

自然に連絡が増えていくのは、興味を持って欲しいからなのです。

何も用事がないのにlineをしてくるのは、会話の内容に意味があるわけではありません。

頭の中では、常にあなたの存在がチラついているため、無意識のうちにLINEを送ろうとメッセージを作成しているものです。

本人の中では、毎日メッセージを送っているという自覚もなく、返信が来れば嬉しいな、くらいの軽い感覚となっています。

「ちょっとでも興味を持ってくれないかな」「何か彼女が気になることでも見つからないかな」と手探りの状態です。

そのため、相手がどう受け取っているかなどの気持ち面は全く考えていないと言えます。

趣味が合うものがないか、自分のことを魅力的だと感じてもらえる部分はないか、楽しく話ができる話題がないか、少しでも多くの情報を引き出せればラッキーと思っているはずです。

自分に興味を持ってもらうことで、仲良くなるきっかけを探しています。

恋愛感情の一歩手前の状態だと言えるものです。

そのため、この時点で「どう思っているの?」と聞いたところで明確な返事はありません。

「いい子だとは思うよ」という曖昧な答えとなってしまうため、聞くだけモヤモヤが膨らんでしまいます。

会った時の緊張をなくすために話題をつくる

極端に異性と一緒にいること、会話をすることを避けようとする人は男女ともにいるものです。

毎日連絡をしてくる既婚者の彼は、女性に免疫がない人だと考えることができます。

初めての彼女とそのまま結婚し、他の女性と交流することがなかった男性は、結婚したあとであっても異性と会話をすることに対して、極端に緊張するため嫌がるものです。

特に、男子校出身、工場勤務経験の人、建築関係の人、職人系の人、などはこの傾向が強いといえます。

現代では、lineというコミュ二ケーションツールが発達しているため、直接会話をしなくても会話のやりとりが可能です。

会った時の緊張をなくすために、事前に話題を作ることができます。

line上で、休みの日に何をしたという会話がされていれば、会った時に「こないだの休み○○したって言っていたけど、楽しかった?」などスムーズに会話に入ることができるものです。

恥ずかしがりの既婚者にとっては、とても便利なツールとなっており、異性と話をしなければいけない環境において緊張を取り除くためには欠かせないものになっています。

言わなくても伝わってしまう「好き」のアピール

毎日連絡をするということは、すなわち言わなくても伝わってしまう「好き」のアピールとなっています。

携帯電話が普及する前から、好きな人には毎日電話をしたり、手紙を書いたりと連絡の頻度が増えるということは、古くから好意の表れとして見られたものです。

Lineというとても気軽なツールがあることで、現代のこのような行為では、一層連絡の頻度が多くなっています。

「結婚している自分から好きだとは言えない、けれどもこの想いは止められない。」

というように、頭の中はあなたでいっぱいです。

少しでもあなたと会話をしたい、デートをしたい、会いたいという思いが強くなり、毎日ラインを入れるようになっています。

彼自身、自分の気持ちをコントロールできない状態にあるため、連絡をしないことは胸が苦しくて仕方がない状態にまで募っているはずです。

ラインをしている間は、あなたと繋がっている気持ちになり、安心します。

そのため、あなたが迷惑であってもあまりに酷い拒否の仕方をすると、逆上する可能性もあるため、上手に伝える方法を考えましょう。

とにかく知りたい君のこと

既婚者のあの人は、あなたに興味津々です。

初めて会ったタイプの人なのか、好意があるのか、はたまた今まで避けてきた苦手なタイプだけどなぜか意見を受け入れることができる不思議な魅力があるのか、とにかくあなたに対しての興味から、「君のこと知りたい」と強く思っています。

人は、同じようなタイプの人間とばかり付き合いをしていく傾向があり、周りの人の言動も自分の想像の範囲を超えることはあまりありません。

それは、自分が人間関係を持つ人たちを選んでいるからなのです。

しかし、時に思い切り予定外だと思えるような人に出会います。

彼にとっては、それがあなただったのです。

自分の中の常識を覆す出来事の数々、想像しても超えてくる発想、出来事に対しての視点の違い、そのどれもが彼の頭の中では繰り広げられることのない世界となっています。

既婚者であるからこそ、異性に対しての世界観は普段広がることはありません。

しかし、あなたに対しての興味は人として大きく惹かれるものがあり、あなたは彼にないものをたくさん持っているはずなのです。

人生の成長期、人としての器を広げる時期として、あなたから多くのことを学ぼうとしています。

奥さん以外の女性と連絡を取り合うことが嬉しくなっている

結婚してしまうと、人は異性との交流が無くなる人がほとんどです。

独身時代にどれほどモテモテであっても、結婚すれば「妻がいる人」というレッテルが貼られ、恋愛対象から外れます。

そのため新しく出会う人も、連絡先を交換することなく仕事上の付き合い、ある集まり飲みの付き合い、と割り切って接することになるものです。

それでも、結婚しても男は男。

異性からはモテたいと思うし、たくさんの女性と話をして楽しみたいという願望を持っています。

あなたに対して毎日lineをしてくるのは、奥さん以外の女性と連絡を取り合うことが嬉しくなっているからです。

用事があるにしても、ないにしても、奥さん以外の女性とLINEをする機会というものはそれほど多くはありません。

あなたと連絡先交換をして、lineのやりとりが出来ること自体を単純に楽しんでいます。

女の人としての興味というよりも「モテたい」という男性の本能を刺激されている状態だといえるものです。

そのため、あなたが優しくしたり好意的な態度をとったりすると、彼はすぐに勘違いをしていまいます。

あなたが既婚男性と恋愛関係になるつもりがなければ、早い段階で気が付いてもらうように工夫しましょう。

既婚男性のlineで相手に好意がある時の返信頻度や返信の仕方やタイミング

あなたからのlineを待ちわびていたからすぐ返信する

既婚男性が相手に好意を持っている時には、いつでもあなたからのlineを待ちわびています。

スマホを片手に「彼女だったらいいな」という気持ちを常に持っているものです。

そのため、LINEを入れたらすぐ返信するということは当然の速度だと言えます。

彼は、LINEの着信音がなると期待とともに、すぐに送信相手の確認をしているのです。

好きな人がいるというのは、心に潤いが生まれ、連絡が来るか来ないかとドキドキすることも含めて恋愛の醍醐味といえます。

好きな人にLINEを自然に入れてしまうこと、スマホが鳴るたびにあなたからだと思ってしまうことは、まるで高校生の恋愛のように胸が高鳴るものなのです。

Lineをする相手に好意がある状態は、返信があることだけで空をも飛べそうなほどに幸せな気持ちになり、自分もすぐに返信をしないと申し訳ないと思っています。

「返事をくれたことに感謝」「メッセージを読んでくれたことに感謝」とあなたの行動全てに感謝をしているため、すぐに返事を送ることが今の彼の精一杯の誠意です。

結婚している彼は、奥さんにバレるかどうかということまでは考えていません。

それどころか、こんなにウキウキメッセージを即レスしていても、奥さんにはバレるはずがないと考えています。

周りに誰もいない時を狙ってこっそり返信する

奥さんがいる立場で恋をしてしまった男性は、心の中は危険な恋をしているということで周囲に対する警戒心がMAXです。

誰にも知られてはいけないことをしている、というスリルを楽しんでいます。

好意を持っている相手からlineが入ってくると、すぐさま周囲を確認するはずです。

そして、周りに誰もいない時を狙って、こっそり返信することをミッションだと感じています。

好きな人から連絡が入ってくるということは、胸がドキドキして、とても平気な顔でいられません。

ついニヤニヤしてしまったり、独り言を言ってしまったりと、かなり不自然な言動をしてしまうものです。

間違えても奥さんの前でそんな態度を出してしまうと、すぐにおかしいと疑われてしまいます。

妻に疑われてしまうと、不倫が始まっているわけでもないのに、この恋が実ることはなくなってしまうのです。

結婚しているからこそ、一つの恋を大切にしたいという気持ちがあり、誰にもバレないように、好意をもっている相手からのlineを宝物のように扱います。

恋をして少年の心を取り戻した彼は、宝物を大切に誰にも見られないようにしてから、ゆっくりと楽しむものなのです。

すぐに返信が来ないのは、一人になれるタイミングを図っているからだと言えます。

家族が寝静まってから気持ちが落ち着く夜中

Lineをしている相手に好意を持っている場合は、心の中を平穏にして自分の素直な心の状態で返信をしたいと思っています。

家族がある男の人にとっては、仕事が終わっても自分一人の時間とは言えません。

家族との会話、コミュ二ケーションも一家の主として「やるべきこと」だと捉えています。

そのため、家族が寝静まってから気持ちが落ち着く夜中になってから、Lineの返信をするのです。

静かな夜中というのは、自分の気持ちと向き合うことができ、非常にリラックスした状態になります。

日中、緊張状態にあるときは、理性が優位になっていて、目の前の出来事を次々とこなす処理能力が長けているものです。

逆に夜中の時間帯には、あらゆる創作活動や感情のままに動くことができる時間となり、自分の気持ちの昂ぶりを感じることができます。

そのため、ラブレターなどもこの時間帯に書かれるものが多く、明け方読み返すととても恥ずかしい内容であるという経験をすることが誰しもあるものです。

自分の感情を感じることができる状態で、好きな人からのメッセージを繰り返し読み、返信を返したいと無意識のうちに思っています。

感情を伝えたいから絵文字を使う

好きな人には感情を伝えることができてこそ、メッセージのやりとりの意味を持つというものです。

少しでも自分の感情を伝えたいからこそ、ラインメッセージの中には絵文字を使うことを意識しています。

絵文字を使うことによって、自分の感情にぴったりの表現をすることができ、誤解を避けることができるのです。

絵文字を使い始めると、絵文字を使わない文章がとてもそっけないものに感じ、「いやいや俺の気持ちはこんなに冷たいものじゃない」とスタンプも併用するようになります。

男の人は、絵文字を使うことに抵抗を持っている人もいますが、好きな人が相手ともなると自然に表現に幅を持たせたくなるものなのです。

笑顔や焦り、強い意志など表情をつけるだけで文章のレパートリーが増えることになります。

女性は絵文字が好き、と思っている人も多いため、積極的に絵文字を使うことで距離感が近づくと考えている人もいるはずです。

トンチンカンな絵文字を使っているのであれば、よほどあなたのために普段使わない絵文字を頑張っていると考えることもできます。

彼の努力が見えるメッセージツールです。

毎回返信したいから出来なかったときは謝る

「好きな人にはすぐ返事を返したい」これは男女ともに共通の認識と言えます。

しかし、結婚している男の人はあまり自由な時間がありません。

落ち着いてゆっくり返信をしたいと思ううちに、いくつかメッセージの返信ができないことも出てきます。

好意を持っている相手に対して返信ができなかったという事実は、心の中で小さな刺となり引っかかってしまうものです。

申し訳ないという気持ちが大きくなり、返事を毎回したいからこそできなかった時には、返事を返すことのできるタイミングで「すぐに返事できなくてごめん」と謝ります。

相手の女性からすれば、恋人でもない人なので返事は出来る時に返してくれればいいと思ってはいるはずですが、彼にしてみれば「せっかく連絡をくれているのに返せないなんて、もったいない」くらいに考えているものです。

また、責任感が強いタイプも同じように、返事ができなかった時には謝ります。

いづれにしても、好意を持っている相手に対して男性は、些細なことでもしてくれることに意味があり、ありがたいことだと感じているものなのです。

既婚男性のlineで相手に好意がない時の返信頻度や返信の仕方やタイミング

必要最低限のことのみ返信する

既婚男性のlineで相手に好意がないときの返信に関しては、とても簡潔です。

必要最低限のことのみ返信するということは、既婚者男性あるあるといえます。

そもそも男の人は、興味のない女の人と関わることをあまり好まないものです。

「女って面倒だ」「女って泣けばいいと思っている」など、過去の苦い経験からこんな厳しい評価を持っている人も一定数います。

男の人が甘いのは、好意を持っている女の人のみなのです。

既婚男性は、奥さんがいるという基本条件があるため、妻以外の女の人と仲良くする必要がありません。

業務連絡の一貫として、ラインを返すことは「相手に失礼がないように」という最低限の配慮だと言えます。

彼にとっての第一優先は、妻を傷つけないことです。

好意を持っていない相手であれ、妻以外の女性と長くラインのやりとりをすることは、奥さんを傷つけてしまう可能性があります。

不用意な行動はしない、不必要な発言はしない、それが彼の奥さんへの愛情なのです。

興味ない人に対して優しく出来る人もいますが、バッサリと切り捨てるような態度をとる人もいます。

好意がない人と、lineのやりとりを続けることに意味を感じていないため、必要な事以外のメッセージを送る無意味なことはしたくないのです。

朝の業務連絡チェックと共に返信する

既婚男性のlineで好意がない相手に対しては、一律仕事として判断している人もいるものです。

プライベートと仕事ときっちり分けてしまうタイプの男性は、仕事モードに入った時にはガラリと気持ちを切り替えます。

好意がない人に対してのlineの返信は、仕事の一貫となっているため、朝の業務連絡チェックと共に返信するものです。

会社でパソコンから、という返信の可能性も高いといえます。

そのため、周囲から見られて困るようなメッセージを送っていると、LINEを送った女性側が困ることになるので、注意しましょう。

こっそりLINEを送ったつもりでも、同じ社内の人で男性側が興味を持っていなければ、周囲に人がいても平気で「昨日のLINEの件なんだけど…」と話しかけてくることにもなります。

業務連絡のつもりなので、lineを読んであまりプライベートな内容だと判断すれば返信しないということもあるはずです。

返信の中の会話の中にも、「この件に関しては、○○さんと一緒に業務をしてください」など他の女性の名前が入っていたり、「賑やかに飲み会をしましょう」など大勢で行動することを示していたりします。

「了解です」など簡潔な言葉のみ使用する

既婚男性は興味のない女の人とのlineをすることは、自分にとってメリットのないリスクを背負うことになります。

結婚しているという事実がある以上、奥さん以外の女性と長々とLINEをすること自体が罪だと考えているものです。

そのため、返信は「了解です」など簡潔な言葉のみ使用することに決めています。

既婚者である男の人が、LINEのやりとりを長く続けないために使う会話文として「了解です」の他に「ありがとうございます」「では…」「失礼します」など、ビジネスとしての会話がメインとなるはずです。

もしくは、ビジネス用のスタンプを一つ返してくるだけ、ということもあります。

最近では便利なもので、ビジネス用敬語スタンプもたくさん出ているため、スタンプだけで簡単な会話も成立するものなのです。

よく使う言葉をピックアップしておけば、わざわざ文字を打つことなく返信することができます。

さらに、簡単な返事というのはスマホを触る時間が少なくて済むこともメリットです。

家族がいる彼にとって、家にいる時間は家族とのふれあい時間となっています。

そんな時に興味のない相手と、LINEをいつまでもやっている場合ではありません。

サクッと返信して、スマホを置いておきたいと思っています。

家に帰って家族と過ごしている時間でも返信がある

既婚者である男の人は、家族をとても大切にしている人が多くいます。

興味のない女性からLINEが入ってきても、心に何も響かないものです。

むしろ、返信すること自体、または返信した後などは、そのメッセージについてあまり深く考えていません。

無意識に返せる程度の返信内容しかないはずです。

そのバロメーターとしては、家に帰って家族と過ごしている時間でも返信があるという状況になります。

家族がすぐそばにいる状況でも、返事が打てるという状況は、何も考えていないからこそ出来ることです。

入ってきたLINEに関して、「奥さんにバレたらまずい」「隠れて返信しなければ」「ひとりの時にゆっくり返事を書きたい」などの感情が一切生まれていないということになります。

彼にとって届いたメッセージは、ただの文字の羅列となっているものです。

これほどまでに興味がない状態であれば、奥さんに対しても届いたラインを伝えている可能性もあります。

「最近、よくわからないけどこの子からよくLINE入っているよ」と何気なく話した夫の言葉であっても、妻はピンとくるものです。

「それって、彼女はあなたのこと好きなんじゃない?」という会話がされていたとすれば、不倫どころか、彼から避けられてしまい、片思いを続けることすら難しくなります。

既婚男性をlineで夢中にさせる極意【既婚者を落としたい女性向け】

lineが来ることが嬉しいと頻繁に伝える

既婚男性をlineで夢中にさせるためには、彼からlineが来ることが嬉しいと頻繁に伝えることが極意です。

男の人からすれば、女の子がどんなことで喜ぶのか、よくわかっていないことも珍しくありません。

既婚者である彼が、lineをしてくれるということが、どれだけ嬉しいということなのかしっかり伝えてあげましょう。

奥さんがいる人が構ってくれる、返事を打つ時間を作ってくれている、あなたのことを考える時間があった、それだけでも十分幸せなことです。

その気持ちを伝えることで、彼は「自分がしたことで一人の女の子が喜んでくれた」と気持ちが高ぶります。

男の人からすれば、自分がしたことが人の気持ちを動かした、役に立った、救うことができた、喜んでくれた、ということはとても誇りに思うことです。

逆に、言葉にしなければ男の人というのは、あなたがどれほど嬉しいと思っているのか、どれほど彼のこと好きだと思っているのか伝わらないといえます。

目に見えることが全ての男の人の脳にとって、言葉で示すということはとても重要な手段なのです。

「少しは私に興味を持ってくれました?」で気になるスイッチオン

家族がいる人にとって、好意を持ってもらうということはとても大変なアプローチです。

まずは、あなた自身に興味を持ってもらわなければいけません。

LINEをすることで「少しは私に興味を持ってくれました?」と質問をしてみましょう。

重要なのは、この時の返事ではなくその後の気持ちの変化です。

あなたが好意を示したことにより、今まで気がつかなかったアプローチに次々と気が付いていくことになります。

そうすることで、既婚者である彼の気になるスイッチをオンすることができるはずです。

「俺のこと好きなの?」「興味を持って欲しいってこと?」と考えれば考えるほどに、あなたのことで頭がいっぱいになっていきます。

ジワジワと思考回路を埋め尽くすうちに、「あれ、いつの間にか好きになっているぞ」という気持ちを引き出すのです。

あなたの一言は、ゼロから一を生み出す作業と言えます。

気になってもらう、興味を持ってもらう、少しでも考える時間を作ってもらう、これこそが奥さんがいる相手を夢中にさせる極意なのです。

いきなり両思いなんてことは、ドラマでもない限り起こりません。

はじめの一歩、きっかけを作るという作業がとても重要なのです。

きっかけを待つばかりでは、家族を持つ人の気持ちを動かすことは難しいと言えます。

時には大胆に、きっかけ作りをしていきましょう。

プライベート時間にlineをすることで仕事ではないことをアピール

仕事とプライベートをきっちり区切っている男性にとって、プライベートな時間は特別な時間です。

人それぞれが大切な人と過ごしたり、自分のために有意義に使ったりしていることを理解しています。

そんな彼には「お仕事お疲れ様です。私も家に帰ってゆっくりしています。しっかり疲れを癒してまた素敵な笑顔を見せてくださいね。」と送ってみましょう。

プライベート時間にlineをすることで、あなたが送るメッセージが仕事ではないことをアピールします。

そして、彼に興味を持っていること、魅力を感じていること、をほのかに散りばめておけば、あなたからの気持ちに気がつくはずです。

女の子がプライベートで自分にメッセージを送ってきた、と想像した瞬間に胸がドキッとします。

大切な自分の時間に、妻がいて子供がいる自分に対して好意を伝えてきてくれている、という事実が、とても真剣な気持ちだと感じるものです。

女性の真剣な気持ちを感じ取ると、男性は無下にはできなくなります。

どう気持ちに応えよう、と考えているうちに意識は好意を持つように動いていくのです。

既婚男性の趣味を「やりたいから教えて欲しい」とお願い

男の人というのは、趣味に関しては本当に夢中になります。

何よりも好きなことをしている時間が幸せであり、同じ趣味を持つ人を同士だと思う傾向があるものです。

そんな既婚男性には、彼が好んでやっている趣味を「やりたいから教えて欲しい」とお願いしてみましょう。

自分の趣味のことを、他人が知っているだけでも嬉しいことです。

それを認めて、受け入れ、さらに教えを乞う人が表れるなんて、幸せすぎることだと感じています。

“頼る”という男性本能をくすぐる行為をすることで、あなたのことを弟子くらいに感じ、愛情を注ぎたくなるものです。

頭の中では、色々と教えている姿を想像し嬉しくてたまりません。

実際に趣味を教えてもらうとなると、用品の準備のために買い物デートへ誘うこともできます。

そして、教えてもらうということで距離感がぐっと近くなるはずです。

趣味にまつわる場所にも誘ってもらえるようになり、次第に連絡の頻度も増え、彼からlineが入ってくることも出てきます。

趣味という武器を使って、既婚者である彼を夢中にさせることができるのが、LINEで立てる作戦の一つだといえるのです。

既婚男性のlineでのアプローチをやんわり避ける方法【不倫はちょっと断り…な女性向け】

終止敬語を徹底して距離を作る

女性は、既婚男性のlineでのアプローチに気づいたとしてもなかなかハッキリとは断ることができないものです。

不倫関係に進むことをしなくていいように、やんわり避ける方法があります。

それは、会話文に関して終始敬語を徹底して、彼との距離を作ること。

LINEはとても気軽なコミュ二ケーションツールだからこそ、フラットな関係だと勘違いしやすいものでもあるのです。

しかし、彼は既婚者であり、ラインの相手と仲良くなってしまうということは不倫が始まってしまう恐れがあります。

不倫というものは、合意がなければ始まるものではありません。

しっかり敬語を使うことで「あなたとは完全に打ち解けていませんよ」というアピールをしておきます。

敬語を使うことで、距離感をある程度保つことができるし、あなたの中での線引きもブレることがないため、非常に有効な手段です。

敬語というのは、そもそも相手を敬う言葉となっています。

相手に対して一定の敬いを持つことで、極度に慣れ親しむことがなくなるはずです。

人は距離感を保つことで、過ちに進むことなく冷静な判断をすることができます。

いつでも冷静な判断ができるよう、気をつけて返信をしましょう。

「今度、皆さんと一緒に話しましょう」と個別のやり取りをやんわり断る

結婚しているのにlineをしてくる男性に対しては、「私はその気がないですよ」「一対一で会うつもりはありませんよ」というアピールをする必要があります。

返事をする時には「その件に関して何かありましたら、今度、皆さんと一緒に話しましょう」と返しましょう。

LINE上のトークは、非常に閉鎖的な空間です。

プライベートな内容まで話が及んでも、周囲のだれも知ることがありません。

だからこそトラブルが頻発するツールでもあるのです。

男女間の気持ちのすれ違い、勘違い、などのトラブルも起きやすくなっています。

そのため、LINEのトークルームでのやりとりを極力さけることが賢明なのです。

大勢での会話を促すことには、二人きりで飲みに行ったり食事に行ったりというデートに繋がる行為も防ぐことができます。

相談という体のデートから不倫が始まってしまうケースは多々あるものです。

あなたが不倫をするつもりが一ミリもないのであれば、元となるきっかけをとことん断ち切りましょう。

Lineを送るたびに「みんなで話しましょう」と返信があれば、二人だけでの会話を拒否していることに気がついてくれるはずです。

これでやんわりと断ることができます。

「仕事のことですか?」とプライベートで関わらないことをアピール

結婚している人と関わることは、すなわちあなたに対しての不倫疑惑が浮かぶということにもつながります。

あなたにはその気がなくても、あの人がlineを入れてくるおかげで、LINE上のやりとりをしているという事実が生まれるのです。

そんなトラブルの根源は、無くしてしまうことに越したことはありません。

メッセージが入ってきたら「これは、仕事のことですか?」と返信しましょう。

仕事とプライベートをきっちり分ける女の子に、なりきることで家族がいる身の人とのやりとりを防ぐことができます。

プライベートで関わらないということをアピールすることで、相手の男性も今後メッセージを送りづらくなるはずです。

送りやすいと思われては迷惑なのであれば、あなたの中できっちりその気持ちを固めてしまうことが大切になります。

相手に流されて、返信しているうちにだんだんと気持ちが揺らいでしまうこともあるのです。

仕事とプライベートはきっちり分けている、プライベートでは自分の選んだ人のみとしか関わらない、というスタンスをしっかり持つことで、周囲からもそのように見てもらえるようになります。

相手の既婚者の人も、あなたがそういうタイプの人であるとわかれば、不用意にlineを送ることができなくなるものなのです。

デートに誘われたら嘘でも「彼に悪いので二人で出かけることはちょっと…」と伝える

昔から目には目を、という言葉があります。

家族がいる人からメッセージが来ても、あなたに彼氏がいると思ってもらえばいいのです。

真実がどうであれ、関係ありません。

アプローチしてくる相手に、「好きな女性には彼氏がいる」と思ってもらうだけでも十分効果があります。

デートに誘われたら嘘でも「彼に悪いので二人で出かけることはちょっと…」と伝えることで、もう相手の男性はあなたを誘うことができなくなるはずです。

よほど好かれていれば、あの手この手でアプローチしてくるでしょうが、一貫して同じ理由で断って大丈夫となります。

嘘をつくことに引け目を感じる必要はありません。

後から、あなたに彼氏がいるということが嘘だと分かっても、既婚男性からの誘いを断るための嘘だと気がついてくれるのです。

ハッキリと「嫌だ」「やめてください」と言わなくても、自然にアプローチを避けることができ、諦めてくれる方法と言えます。

嘘も方便、不倫をしたくないあなたにとっては、自分の身を守る嘘なので、臆することなく使ってしまいましょう。

既婚男性から毎日連絡が来るのは気がある証拠!あなたの意思をはっきり持って

既婚男性から毎日連絡が来るのは、少なからずあなたに対して気がある証拠です。

あなたが彼のことをどう思っているのか、どう感じたのか、今一度よく自分の胸の内と相談してみてください。

好意がある彼からのlineを、好意を持って返信すればいつかは不倫関係に発展します。

不倫に進みたいのか、それとも不倫はちょっとお断りなのか、あなたの意志をはっきり持って対応しましょう。

人を好きになること自体は素晴らしい気持ちです。

毎日に潤いが出てきて、満たされた気持ちになるものですが、不倫という特別な恋愛をするには覚悟が必要になります。

覚悟を持って彼を愛することができるのか、よく考えてから行動して、あなたが笑顔で毎日過ごせるようにしてくださいね。

【期間限定・9月23日(月曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「二人の不倫の結末が怖いけど知りたい…!」

こんな感じならば、【スピリチュアルチャンネル】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【スピリチュアルチャンネル】を初回無料でプレゼントします!

不倫相手との不倫成就の可能性も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG