不倫相手(浮気相手)に会いたいと思わせる究極のテクニック

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

「いつも私ばかり会いたいって言っているけど、彼は会いたいって思わないの?」と不倫相手(浮気相手)になかなか会えないことが続くと、寂しくなってしまいますよね。

好きな人から言われる「会いたい」という言葉は、あなたの心を満たしてくれる魔法の言葉のはずです。

そこで今回は、不倫相手(浮気相手)に会いたいと思わせる究極のテクニックをLine・メール編、会う・デート編、エッチ・キス編とそれぞれシーン別に詳しくご紹介していきます。

小さなことからコツコツと、ご紹介したテクニックを実践することで不倫相手(浮気相手)から「会いたい!」と魔法の言葉を何度も言ってくれるようになるのです。

今以上に彼に求められる女性になって、二人の大切な時間を積み重ねていきましょう。

目次

不倫相手に会えなくて寂しい…こんなふうに感じやすい女性心理って?

不倫相手がいないと不安で依存している女性心理

不倫相手の男性に会いたくても会えない、と寂しい気持ちを感じやすい女性とは、不安感を持ちやすい女性といえます。

恋愛中は彼のことをずっと考えていて、空いた時間をどう使えばいいのかわからなくなってしまうのです。

恋愛に夢中になる女性がなりやすい心理状態ですが、それだけ相手の魅力が強いというこということにもなります。

しかし、不倫関係というものは四六時中一緒にいるわけにはいきません。

彼と離れている時間を自分自身の時間として有効活用できるようにならなければ、会えない時間が苦しくて仕方がないものとなるはずです。

彼がいることで安心し、あの人が言った言葉があなたの世界の全てになってしまう、恋人に決めてもらわなければ自分で決断できない、そんなことに心当たりがあるあなたは、不倫相手の彼に依存していると考えられます。

いつも会いたいというのはあなたの方ばかり、ということを気にして寂しくなっている間にも無情にも時間は過ぎていくものです。

あなたが依存しているあの人とは不倫関係であり、結婚している相手がいます。

恋人に会える日までの空白時間を、自分一人でも楽しめるようになった方が彼も安心することが出来るものです。

寂しいと感じても、気分転換が上手にできるようになりましょう。

友達がいなくて時間を埋めたい女性心理

女性の中には、恋愛が始まると恋愛のみの生活となり、友達との縁をスッパリ切ってしまうことがあります。

相手が独身の彼氏であれば、付き合い始めたその日から一緒に暮らし始めたり、どこに行くにも一緒に出かけたりという生活も可能ですが、不倫関係では彼には帰る家が有り、待っている家族がいるためずっと一緒には過ごせません。

しかし、ことあるごとに友達との縁を切ってきたあなたにとっては、心置きなく一緒に過ごせる女友達がいないことに気がつくものです。

女性は友達という存在を重要視していない人も多く、恋愛で心を満たし成長し、幸せになるという方法ももちろん大切と言えます。

問題は、恋愛を第一で過ごしてきたあなたが選んだ今の恋人には奥さんがいることです。

彼と一緒にいる時間以外に過ごすことができる友達がいないあなたは、時間を埋めたいと思うことで寂しいと感じやすくなります。

友達がいればどこかに出かけたり、おしゃべりをしたりしている間に時間はあっという間に過ぎていくものです。

世の中、恋人が全てではありませんから、何も気を使わなくてもいい友達の1人や2人はいたほうが、不倫相手と会えなくても寂しいと感じずにすみますね。

危険な恋愛を楽しみたい女性心理

不倫関係にある女性は、不倫という危険な恋愛を楽しみたいと思っています。

どうやって彼を本気にさせるか、奥さんにバレずにどこまで危ないデートができるか、ゲーム感覚で楽しんでいるのです。

そんな女性にとって結婚相手がいる男性に会えない時間は、暇で仕方がありません。

家族と仲良くしている彼には興味がないのです。

危険な恋愛をしたい女性は、彼とデートをしている時間が全てで、会わない時間は家族と楽しく過ごしている時間だと思うことに苛立ちすら覚えます。

「本当は私と不倫しているのに。本当は私に会いたいはずなのに」とコントロールできないことに焦りを感じているのです。

今までの人生で自分の思い通りになることが多かった女性に多く見られるコントロール願望。

「私ならうまくやれる」「私は本気にならないけれど既婚者の彼を恋に落とすことができる」という自信からきています。

彼に会えず寂しいと感じるのは、その腕試しでもあるコントロール願望が満たされないからです。

自分の都合で会えない不倫という恋愛スタイルにもどかしさを感じ、思い通りにならないという経験を積んでいる最中といえます。

運命の人だと感じている女性心理

「好きになった人には奥さんも子供もいるけれど、絶対に運命の人なの」と心の底から信じている女性は、不倫相手に会えなくて寂しいと感じます。

女性は、どこか夢見がちで「白馬に乗った王子様が現れる」と心のどこかで思っているものです。

やっと出会えた王子様がたまたま既に結婚していただけで、「彼はちょっと相手を早とちりして間違えちゃっただけなの」と信じている女性も珍しくはありません。

せっかく出会えた王子様が、間違えてしまった結婚相手との生活を送るために仕方なく家に帰っている、と考えている乙女にとって“会えない”という事実は単なる恋の試練でしかないのです。

会えなくて寂しいと感じているまさに同じ気持ちを、家にいるはずのあの人も感じているはずだと信じています。

不倫をしていても、相手は運命の人なのでどんなことでも乗り越える自信があるものです。

恋の障害があればあるほど、気持ちは燃え上がります。

会えない時間には、今後のプランとして奥さんにどうあなた自身の説明をしようか、気を揉んでいるのです。

会えなくて寂しい、という気持ちの裏には、会えないという障害を二人で乗り越えたいという希望をもっているといえます。

会えない時間は彼は何を考えてるの?会わなくても平気な男性心理

仕事が忙しくて恋愛は後回しにしている男性心理

男性はあれやこれやと同時に進めることができません。

ただでさえ、仕事と家庭というコミュニティで頑張っているだけでも精一杯です。

加えて不倫恋愛をしていることが、どれだけ既婚男性を忙しくさせているかということがわかります。

既婚男性は自分のライフワークの中で、ちょうどいいバランスを見つけて仕事と家庭と恋愛を進めているはずです。

その中の一つでも比重が大きくなると、途端に他のことには構っていられなくなってしまいます。

既婚者である男性の仕事が忙しくなると、恋愛を後回しにすることは当然の流れとなるのです。

一日の大半を埋めている仕事の割合が大きくなると、男性の心理状態はストレスを強く感じます。

イライラして、早く仕事を終わらせたい一心になってしまうはずです。

そんなときに恋愛相手から「会いたい」と言われても、ゆとりを持って返事をすることができません。

会う時間はもちろん、lineやメールの返事すら後回しになってしまいます。

男性は仕事をしている姿がやはりカッコイイもの。

いくら会いたくても、仕事を放り出してまで恋愛を優先する男性であればあなたも好きになっていなかったはずです。

彼氏が仕事のことで頭がいっぱいになってしまっているのであれば、少し落ち着くまではゆっくりと待ってあげましょう。

奥さんにバレるかもしれないという不安な男性心理

不倫をしている旦那を持つ妻というのは、不思議なことに夫の何気ない行動の変化にとても敏感です。

そして、奥さんの洞察力の鋭さに不倫をしている当の本人も「バレるかもしれない」という不安でいっぱいになります。

「夫に愛人がいるかもしれない」と疑う妻と、「嫁にバレるかもしれない」と息を潜める旦那の推理ゲームは、毎日の生活の中で繰り広げられるのです。

行動の一つ一つに注意を払っている奥さんの観察は毎日厳しいため、浮気相手に連絡をしている場合ではありません。

監視されている中、浮気相手の女性に「会いたいね」とニヤニヤできる状況ではないのです。

会えないことを寂しがるよりも、バレないために取り繕うことで毎日必死になります。

その期間は、恋愛をしている心の余裕もなくあなたに会いたいという気持ちも薄まってしまっていることは事実です。

しかし、不倫がバレてしまっては元も子もありません。

二人の恋愛が長続きするためにも、今はそっと待っていることがベストな状況です。

奥さんの疑惑が薄れ、行動を監視される日々が落ち着いた頃には、再び連絡が入ってきます。

それまでは、しばらく会いたい気持ちも我慢しましょう。

他に不倫できそうな女性がいないか探している男性心理

不倫恋愛に慣れてきた既婚男性は、どうやったらバレずに妻以外の女性と付き合うことができるのかコツを掴んでいます。

既婚者である男性が、恋愛の味を占めたのです。

ずっと真面目にやってきた男性ほど、一度タガが外れてしまうと修正が効かなくなってしまいます。

不倫を始めてすぐは「奥さんがいるのに恋愛するなんて、本当にごめんなさい!」と罪悪感を強く持っていた男性でも、自分の中で受け入れてしまった時点でダメだと思っていた境界線が変わり、見ている世界が広がっていくものなのです。

「自分は不倫をしてもいい」と受け入れてしまった男性は、あなたとの恋愛だけでなく他の女性とも関係を持てるのではないかと考えるようになってしまいます。

あなたのことを嫌いになったり飽きたりしたわけでもなく、他に不倫できそうな女性がいないか探してしまうのです。

いい人が見つかれば、二人、三人と不倫関係を持つことになったり、あなたと別れたあとの恋人候補として仲良くなったりと行動していきます。

あなたのことを愛していても、他の女性に興味を持てば彼の方から「会いたい」とは言わなくなり、しばらく会えなくても平気になってしまうものです。

都合のいい時だけ呼び出したい遊びの男性心理

最初から遊びのつもりで割り切った関係を望んでいる男性が、恋愛に本気になるには何か心境の変化があるものです。

不倫をする既婚者の男性は、割り切った関係を続けたいと望むことが少なくありません。

しばらく会えなくても、デートができていないことを悲しいとは思ったりしないのです。

「都合のいい時だけ呼び出したい」という割り切った遊びの心理が働き、不倫相手の心が疲れているとき、いつもと違う時間を過ごしたい時、奥さんとケンカした時、性欲が強くなったとき、など彼の気まぐれで連絡をしてくるようになります。

相手の女性が純粋であれば尚更、「妻とはうまくいく気がしない」「君といるときが一番落ち着く」と嘘でも本当でもどちらでもないことを言えば、一緒に過ごしてくれることを知っているものです。

不倫で完全に割り切った関係を望む既婚男性は、浮気相手からの気持ちが大きくならないようにセーブするために、会う頻度を減らすことがあります。

会いたいな、と思っても「この前会ったばかりだから、もう少し時間を空けよう」と連絡をしないように調整している可能性が高いのです。

会う頻度がどれくらいかというのは、彼の気持ちを知るヒントにもなります。

本気になったら後に引けなくなるかも知れないと恐れる男性心理

不倫関係が始まった既婚者の男性は「あまりに彼女を愛しすぎてしまう、自分の気持ちが抑えられなくて怖い」と不安に思う人も珍しくありません。

本気になったら後に引けなくなるかも知れないと恐れる心理は「彼女のことも好きだし、奥さんのことも大事にしたい」と思っているものです。

不倫をすることで、奥さんとの家庭が壊れることを心配になっているけれども、浮気相手のあなたのことも本当に好きになってしまっているため、どっちつかずの状態で判断ができなくなっています。

そのため、自分自身の中で気持ちが一旦整理出来るまでは、彼女と会う頻度を少なくしようと考えるはずです。

会わなければ本気にならない、という考えに至った男性はあなたと会うことを極端に避けるようになってしまいます。

しかし、それは嫌いになったこととは違い、むしろ好きすぎる裏返しの表現なのです。

もちろんあなたに会えない時間が平気なはずもなく、彼もまた「会いたい」と苦しんでいます。

そのため、会わなくなったからといって本気になることを避けられるというわけではないのです。

この時の既婚者の男性は、会う頻度を少なくしている分、デートのときに気持ちが抑えられなくなり余計あなたのことを本気で好きになっていきます。

不倫相手(浮気相手)会いたいと思わせる究極のテクニック【line・メール編】

デートの次の日「もう寂しくなっちゃった」と寂しさを伝える

不倫相手(浮気相手)に会いたいと思わせるためには、つい抱きしめたくなるような女性らしい可愛らしさを演出すると効果的です。

演出とは、何も会っている時だけのものではありません。

不倫している相手とはしょっちゅう会えるわけではないので、会えない時間にこそ演出が活かされてきます。

Lineやメールを受け取ったときにドキッとするような一文が目に入ると、既婚者の男性はまた近いうちに早く会いたいと思うものなのです。

デートが終わって一旦離れてしまうと、既婚者である彼はまた彼女と会えない日々が続くことを実感します。

寂しさを感じても次の日から続く日常の中で、会えないという時間が通常に戻っていくのです。

しかし、デートをした次の日に「もう寂しくなっちゃった」と彼女からlineが入ると、会えない時間がどれだけ彼女を孤独にしているのかを感じます。

浮気相手の孤独を感じると同時に、既婚者の男性自身の胸の中にも「またしばらく会えないと思うと寂しい」と共感を生み出すことが可能です。

毎日顔を合わせる奥さんとは違い、たまにしかデートができないという我慢をしてくれていることがあなたを健気で可愛らしい女性を演出します。

「あなたの好きな料理を作って待っているね」と献身的な面をアピール

不倫相手(浮気相手)と会えない時間に、二人が何もコミュニケーションを取らなければ不倫をしている男性にとっては仕事と家庭の往復という日常に戻ります。

浮気相手と会っていない間、何をしているのかを真剣に考える既婚男性はさほど多くはないのです。

しかし、「あなたの好きな料理を作って待っているね」とあなたからLINEが入ってくれば「今もオレのことを考えて待っていてくれる」と感じることができます。

料理を作っている姿や出来上がった写真を送ると、よりリアルにあなたの姿を思うかべることが出来、まるで一緒にいるかのようです。

リアル感を出すことで、今傍にいないことへの寂しさが募り不倫相手も「会いたい」と思うようになります。

昔から、男は胃袋をつかめとはよく言いましたが、食べ物に対する欲望を引き出すことで恋愛感情に繋げることが可能なのです。

彼のために料理の腕を磨き、「一緒にいることが出来れば、毎日美味しいものが食べられる」と生活をイメージさせることもできます。

不倫相手の彼に美味しいものを食べてもらいたい、と献身的な面を見せることで会っていない時間もあの人のために時間を使っていることをアピールすることが出来るのです。

大勢の友達との飲み会で「放っておいたら私、襲われちゃうぞ」と独占欲をあおる

不倫相手と会っていない間にも、お互いに他社との関わりがあります。

浮気相手も友達との飲み会に行くことだってもちろんあるのです。

大勢の友達との飲み会に行くときには、「放っておいたら私、襲われちゃうぞ」と飲み会の写真を送ってしまうこともテクニックの一つ。

不倫相手だけではなく、浮気相手の周りには他の男性も存在していることや、周囲には「彼氏がいる」とは伝えていないため恋人に関してフリーだと認識されている、という事実を伝えることです。

実際、浮気相手さえその気になれば他の男性と付き合うことは可能、ということを不倫相手の男性は気づいていないことが多くあります。

「私を縛っているものは何もない」ということをアピールすることで、不倫相手の「誰かに取られてしまうかも」という焦燥感と独占欲を駆り立てるのです。

飲み会で他の男性の存在をチラつかされた既婚男性は、すぐに電話をかけてきて迎えに来ると言い出すことも珍しいことではありません。

会いたいと思わせるためには、「放っておくと誰かに取られる」と思わせることも時には必要なのです。

しかし、あまりに頻繁に多用してしまうと彼との信頼関係がなくなってしまいますのでご注意ください。

残業続きの彼に「お仕事お疲れ様、体壊さないでね」と心配する

不倫相手が浮気相手の女性に求めることは、“奥さんより優しくされること”です。

奥さんは夫に対して、毎日健康管理や清潔を保つために掃除や洗濯、Yシャツにアイロンを当てたり靴を磨いたりと十分にしています。

しかし、それは共に生活をしているからこそ出来ることです。

一緒に生活していない浮気相手の女性に何ができるかというと、奥さんがだんだんとしなくなってくる「声かけ」をどれだけ有効に出来るかということになります。

声かけとは、残業続きの彼に「お仕事おつかれ様、体壊さないでね」や「いつも頑張っているの、私は知っているよ」というようなことです。

既婚男性自身を心配し、肯定することは、奥さんは心の中で思っていてもなかなか言葉に出していないことが多くあります。

日常の行動はしている方もされている方も、当たり前のこととなってしまい感謝が薄れてしまうのです。

しかし、声かけはわかりやすく心に響きます。

残業続きの彼には、わかりやすく言葉で心配を伝えることで「心配してくれているな」「ありがとう」と感謝の気持ちから、あなたのことを抱きしめたくなるはずです。

疲れがたまっている時はなおさら、会いたいと思ってくれるようになります。

「一緒に行きたい場所見つけたよ」とキレイな景色の写真を添付

妻子がいる人とのデートは、数多くできずデートの時間も多くは取れないことが普通です。

だからこそ「一緒に行きたい場所見つけたよ」とキレイな景色の写真を添付することで、行くことが可能かどうかは別にしても、「こんな場所で二人過ごせたら楽しいな」と想像することができます。

想像デートをいくつもしていると、デートの場所で二人が過ごす時間でどれだけ心が満たされるかを実感することができるはずです。

「浮気相手の彼女には、自分と一緒に行きたい場所がたくさんある」と感じ取ることで、愛されていると実感します。

男性は愛されていることを実感するほど、相手の女性のことを愛するようになるものです。

「愛している」と何度言葉にするよりも、彼自身が「愛されている」と実感するための行動をする方が何倍も効果的になります。

メールの写真添付で、彼の気持ちを動かしあなたに「会いたい」と思ってもらえるような素敵なデート場所を見つけていきましょう。

素敵な景色だけでなく、美味しい料理屋やおもしろいイベントなど人目につきそうな場所も想像デートなら可能です。

「こんな場所に一緒に行くことができたら楽しいね」と写真を送ることで、彼は「本当に一緒に行きたい」と思うようになります。

不倫相手(浮気相手)会いたいと思わせる究極のテクニック【会う・デート編】

海や山で非日常を一緒に感じることで心地よさがアップ

次に繋がるデートというのは、いかに居心地いい時間を過ごせたかということが非常に大事になります。

家族との時間を調整してまでデートをしてくれる妻帯者の彼に感謝をし、一緒にいる時間を次のデートに繋げられるよう過ごすようにしましょう。

海や山という自然が感じられる場所は、心が解放されリラックスできるものです。

非日常の場所でいつもと違う時間を一緒に感じることで心地よさがアップします。

普段はおしゃべりなあの人も、自然の広大な景色を前に言葉が出てこなくなるはずです。

何も喋らなくても何時間でも見ていられるのが自然の景色の魔法だといえます。

少し足を伸ばして滝を見に行けば、足場の悪い岩場を通ることもあるものです。

自然に手を繋いで、ともに目的地まで支え合うという状況が作られます。

たどり着いた時の達成感はとても爽快です。

いつでも行ける場所だけでなく、少し行きにくい場所にデートで出かけるという方法は心の距離を近づけるためには最適な場所となっています。

山の緑、鳥のさえずり、風の通り抜ける音、小動物の気配、青い海、波の音、遠くに浮かぶ船、一緒に眺めているだけでとても穏やかな気持ちになるものです。

非日常の心地よさを存分に感じることで、自然と「また一緒に来たい」という気持ちが浮かび、あなたに会いたいと思う頻度が上がります。

会って一番に思いきりハグで「やっと会えた」という気持ちを表現

触れ合いというものは、一番効果的な愛情表現です。

日本人は、奥ゆかしい文化が根付いているため手をつなぐことも恥ずかしいと思っている人も多くいます。

しかし諸外国では、ハグやキスをすることが挨拶です。

不倫相手に「会いたい」と思わせるためには、大胆な行動で気持ちを伝えることがテクニックになります。

既婚している彼に会って一番に思いきりハグしながら「やっと会えた」という気持ちを表現することです。

ハグをすることで、この日まで触れ合うことも我慢して会える日をずっと待っていた、ということが十分伝わります。

日本人は雰囲気がいい時やエッチの時を除いて、日常の中でハグをされることになれていません。

突然のハグに彼もドキッとするはずです。

そして、愛されていることを肌で感じます。

会って一番に、というところがポイントですが、日本人はこのタイミングでハグをすることがとても照れくさいと感じるものです。

逆も然り、会って一番にハグをされることはとても照れくさいと感じます。

だからこそ、不倫相手が浮気相手からハグをされることに喜びを感じ「やっと会えた」と表現されることで、その気持ちに応えたいと思うようになるのです。

またハグされたいと願うことが、また会いたいと思うことに繋がります。

恋人の聖地デートに行って二人が愛し合っていることを約束する

日本各地には、恋人の聖地と呼ばれるスポットがたくさんあります。

結婚することができない二人には、ゴールがないからこそ愛情の行方を決めきれないことがあるものです。

不倫相手とデートするときに、恋人の聖地に出向くことで二人にとっての幸せの形がどんなものかを話し合う機会が訪れます。

恋人の聖地では、南京錠をかけたり鐘を鳴らしたり、限定された場所でキスをしたりと、幸せなカップルになるための条件が提示されているものです。

幸せなカップルになるために、既婚者である彼と浮気相手であるあなたの幸せの形は何かを改めて話し合います。

そこには、結婚という形を最終的に求めるものかもしれないし、結婚ではない形で心の繋がりを約束するものかもしれません。

二人の愛情を確かめつつも、結婚という形にとらわれずに永遠の愛を誓うことができるのが恋人の聖地なのです。

結婚では、婚姻届や結婚指輪とわかりやすい繋がりがありますが、不倫カップルには二人が決めたルールそのものが、恋人同士として繋がっているという証となります。

愛し合っていることを約束することで、彼とあなたは幸せなカップルだと認識し、一緒にいることを今まで以上に求めるようになるはずです。

気づけば彼は「会いたい」と何度でも言ってくるようになってきます。

デート中はずっとボディタッチで「離れたくない」ことを主張

男性はとにかくボディタッチが好きです。

女性はエッチの時だけボディタッチがあると考えがちですが、男性はいつだって彼女に触れていたいと思っています。

手を繋いだり腕を組んだりはもちろん、会話をしている時に少しだけ手や足に触れていたり、不倫相手の彼のズボンのポケットに手を忍ばせたりと方法はたくさんあるものです。

男性にうまく甘えられる女性は、実はこの行動をしっかりしていることがわかります。

恥ずかしい、という気持ちよりも「離れたくない」「触れていたい」という気持ちを全面的に表現するだけで、男性のテンションもご機嫌もずいぶんいい方に変わるはずです。

ボディタッチが不自然になりそうであれば、あの人の服の裾をちょこんと握っているだけでも、彼の目にはとても可愛い女性として映ります。

少し慣れてきたら、お尻に触れたり胸板に触れたりすることで、男性はドキドキと胸が高鳴ることが見て取れるのです。

「離れたくない」ことを主張することで、愛おしい気持ちが強くなり、彼も離れたくないと思うようになります。

デート中はずっとボディタッチでコミュニケーションをとることが、会いたいと思われるテクニックなのです。

不倫相手(浮気相手)会いたいと思わせる究極のテクニック【エッチ・キス編】

帰り際サプライズでフレンチなキスをすると彼の胸にトキメキをプラス

既婚男性はとにかくサプライズでドキドキします。

理論的な男性の頭の中では、物事をきちんと整理・把握し、想像通りに状況を進めていくことが落ち着くことなのです。

しかし逆に女性は感情の生き物。

あなたの思うままに動くということは、男性的脳を持つ彼のことをドキドキハラハラさせることができます。

デートの帰り際にはサプライズでフレンチなキスをすることで、彼の胸にトキメキをプラスしてしまうのです。

あなたを見送り、デートが終わろうとしたまさにその時、急に振り返ってチュッとされたら彼はびっくりします。

しかし嫌なことをされたわけではないため、胸がキュンと高鳴るはずです。

女性のサプライズには、男性の恋心を急速に高める効果があります。

サプライズのキスを上手に活用して、トキメキがあるデートを楽しむことで、彼はまた逢いたくてすぐ連絡をしてくるのです。

楽しいデートとは、トキメキがあるデートのこと。

いつまでも楽しいデートを心がけて、仕掛けていきましょう。

不倫相手(浮気相手)の体の好きなパーツをなぞりながら「ここ好き」でフェロモン出しまくり

不倫相手(浮気相手)の好きな体のパーツはありますか?

よく男性が女性の「ここ好き」とフェチを発表したりしますが、実は女性こそ男性の体のパーツをよく見ているものです。

女性らしい線のやわらかさを好む男性の趣味と同じように、指、鎖骨、二の腕、血管、関節、など骨格や筋肉、体のラインが男性らしくて好きだという女性が少なくありません。

言葉に出さない人が多いですが、女性も性欲がちゃんとあることは当たり前で、彼氏の「ここ好き」ポイントを見てエッチな気分になることも恥ずかしいことではないのです。

エッチな気分になっている時の女性の仕草や視線、言葉のチョイス、喋り方、どれをとっても実はとってもフェロモンが出ていて、男性は本能を掻き立てられます。

浮気相手のフェロモンの攻撃力は半端ないものです。

不倫相手の体の好きなパーツを指でなぞりながら「ここ好き」と囁いてみましょう。

フェロモン出しまくりのあなたにゾクゾクした既婚男性は、何度でもあなたに会いたくなるはずです。

不倫相手が好きな体位でエッチすることを嬉しいと伝える

不倫関係においてエッチの時間はとても大切なコミュニケーションの時間です。

どうしてもデートの時間が短くなりがちなので、ホテルデートが多くなり「体だけの関係」だと悲しくなりやすいポイントでもあります。

しかし、異性が体を求めてくれるということは、それだけあなたが魅力的だということです。

体を重ねることで見えてくることも、たくさんあります。

ホテルデートが多くなっていても、悲しむよりはしっかり楽しんでしまいましょう。

エッチの中では、不倫相手の好きな体位があるはずです。

とても気持ちがいいと感じるポイントは人それぞれで、何に興奮するかも人によって全く違います。

あなたがその体位を好きじゃなかったとしても、よっぽど嫌なことでなければ演技をしてしまっても大丈夫です。

むしろエッチの中で演技をした経験がある女性はたくさんいます。

不倫相手が好きな体位でエッチをすることが嬉しいと伝えることで、彼の心の満足度が格段に上がるはずです。

あなたがもしその体位をあまり好きだと感じていなくても、無理に好きになる必要はなく、あくまでも「彼が気持ちいいと感じているエッチができていることが彼女として嬉しい」という考え方をします。

エッチで彼の心が満たされることで、あなたへの信頼も深くなり愛情も深くなっていくのです。

デートの度に違うキスでエッチをすることに遊び心を出す

体を重ねることを純粋に楽しむことで、二人のコミュニケーションも数倍楽しくなります。

エッチをすることが目的ではなく、お互いの体を隅々まで研究する楽しさを知ることです。

男女は根本的に体のつくりが違います。

肌の柔らかさ、温度、骨の太さ、動きの機敏さ、一つ一つ丁寧に遊び心を持って研究することが愛情を積み重ねることになることです。

デートの度に違うキスをし、エッチをすること自体に遊び心を出すことで、一緒にいる時間が楽しくて仕方がない時間になっていきます。

小鳥のようなキス、熱い情熱のキス、キスをしたままおしゃべりを楽しんだり、永遠に離れないような長いキスをしたりと色んな方法で楽しむべきです。

射精が目的のエッチはいつでもできますが、体で遊ぶセックスはお互いに余裕がないとできません。

スローセックスをしてみたり、敢えて挿入をせずに楽しんだりと様々なパターンを織り交ぜることで、次への楽しみも出てきます。

ラブラブカップルはキスとエッチに遊び心があるものなのです。

不倫相手(浮気相手)を喜ばせる究極のテクニックで会いたいと思わせましょう

不倫相手(浮気相手)に会いたいと思わせるためには、相手を喜ばせる究極のテクニックをあれこれ試してみることです。

不倫関係だからこそ、通常の恋愛では当たり前のことが特別なことになっていきます。

神聖な愛のコミュニケーションをlineやメール、会った時にも小出しにすることで、小悪魔的要素が出てきたり、男性から鉄板で好かれる女性になったりと色んなあなたを発見することにも繋がるのです。

デートの時間に限りがあるからこそ、次に繋がる究極のテクニックで何度でもあなたに会いたいと思わせましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG