不倫の後悔先に立たず!既婚男性&既婚女性が不倫をして死ぬほど後悔した出来事

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

不倫恋愛をしていると「この先後悔するかもしれないな」と分かっていながらも、不倫を終わらせることができない、ということに悩みを抱えている人も多くいます。

後悔というものは予想できていたとしても不倫をしてしまい、気づいた時には手遅れになって死ぬほど後悔したという経験を持っている人もいるものなのです。

そんな不倫をして死ぬほど後悔した出来事と、後悔すると分かっていても不倫してしまう既婚男性と既婚女性の出来事を赤裸々にご紹介します。

どうして不倫を思いとどまることができないのか、心理とともに読み解くことで、不倫を思いとどまるきっかけにしてしまいましょう。

目次

不倫の後悔は先に立たず。後悔するかもと予想できるのに不倫をしてしまう人の心理とは?

久しぶりに人を好きになれたことが嬉しい

不倫というのは、誰もが“足を踏み込んだら後悔する”と分かっているものです。

しかし、実際に予想できているのに不倫をしてしまう人というのは、理性ではなく本能に突き動かされています。

結婚してから恋愛というものから縁がなくなり日々を暮らしていく中で、久しぶりに人を好きになれたということ自体が嬉しいと感じているのです。

目が合うだけでドキドキする胸の鼓動、話せた時のキュンとする感じ、会う約束があるだけでその日まで頑張ることができる精神力、どれをとっても恋するパワーに理性は負けてしまいます。

結婚してしまうと、どれだけ愛し合って一緒になっても日々夫婦としての別の愛情が芽生えてくるものです。

そのため、独身の頃に分かち合っていた恋愛感情は、いつの間にかなくなっていってしまいます。

男性は生活を共にしているからこそ、色気がなくなっていく妻にガッカリし、女性は出産を経験しどんどん母になっていく自分自身に戸惑うのです。

久しぶりに訪れた恋愛感情は、胸の内が高鳴るとても嬉しい感情といえます。

「会いたい」「触れたい」と恋愛の欲望が次々と浮かび上がってくることで、もっともっと、と相手を求めるようになるのです。

バレずに上手く出来るのではないかと過信する

後悔するとわかっていても不倫を始める人の心理は、どうにかバレずに上手く出来るのではないかと過信するようになっていくのです。

結婚している人が、奥さん以外の人に興味を持ったとき、最初は「いやいや、自分は既婚しているのにそれはいけないことだ」と自分を制御し始めます。

しかし、徐々に好意が大きくなっていくに連れて、どうにか自分の中だけで収めておこうと考えるようになるのです。

不思議なことに、そんな時こそ不倫の歯車が回り始めてしまいます。

後戻りできないほど近い距離感になってしまっている時には、気持ちを制御することから目を背け始めるものなのです。

「バレなければいい」「不倫している人なんて自分たちだけではないはず」と自分は上手く立ち回れるタイプだと、過信することでどうにか関係を続けようと考えてしまいます。

最初に自分自身で制御していたはずの気持ちは、付き合い始めてしまったら後悔することが起こるはず、とわかっていたのにも関わらず、止めることができないのは言い訳を見つけようとする心の弱さなのです。

好きな気持ちが止まらなくて思考よりも先に行動してしまう

誰がどう考えても後悔する不倫を始めてしまう原因は、好きな気持ちが止まらなくて、思考よりも先に行動してしまうことにあります。

始まる時には、後悔するかもということを忘れてしまうものなのです。

それは、恋愛感情のカラクリにあります。

人を好きになるということは、とても尊いものですが、一度好きというスイッチが入ると「恋は盲目」というように、何も目に入らなくなってしまうものです。

冷静なつもりでも、どうしても自分の気持ちを優先してしまい、大切な家族やパートナーのことを後ろ回しにしてしまうことにあります。

頭では「不倫はしないようにしよう」「これ以上仲良くなってはいけない」と思っていても、いざ目の前に好きになった人が現れると、無意識のうちに声をかけたり仲良くなろうと近づいたりしているものなのです。

仲良くなるにつれ「しまった」と思ってはいても、仲良くなろうとする行動を止めることができません。

なぜならば、頭で考える前に行動に出てしまうからです。

話をしなければ仲良くなりませんし、親切にしなければ感謝をされることもありません。

しかし、好きになってしまっている人に対しては、いつの間にかアクションを起こしてしまうものなのです。

割り切った関係はあまり後悔しない気がする

不倫を始める時に、お互い自分の生活を大切にしている割り切った関係である場合、には事態を軽く考えていることが多いものです。

割り切った関係であれば、思い入れが強いわけでもなく相手を束縛したいわけでもないので、「あまり後悔しない気がする」という考えになってしまいます。

しかし、不倫というのは遊びの関係、割り切った関係でお互い了承していても、デートを重ね、体を重ねているうちに、徐々に気持ちが変化してくるものなのです。

気がつけばどちらか一方の愛情が強くなっており、嫉妬や妬み、束縛などが始まってしまいます。

最初の気持ちのまま割り切った不倫関係を続けることは難しく、自分だけの気持ちが大きくなっていることに苦しみが芽生えてくるのです。

愛されない苦しみ、自分のものにならない悲しみ、一緒にいる時間が虚しく思えてしまい、「こんなことなら最初から何も始まらなければ良かった」という公開に変わります。

最初はゲーム感覚で「どっちか本気になったら負けだよ」なんて笑い合っていた二人も、片方の愛情が大きくなってしまえば後悔ばかりの関係になってしまうものです。

今が良ければいいと思えてしまう

不倫恋愛をする人というのは、時間が経過してしまえば「若気の至り」として話をする人も珍しくありません。

つまり、不倫を始めるその時には、未来のことを深く考えることができず、今が良ければいいと思えてしまうものなのです。

一緒にいると楽しい、日常のことを忘れることができる、この人さえいれば何もいらないと思える、など恋に恋している状態とも言えます。

将来のことを考えたり、リスクのことを考えたりすれば不倫関係になるという選択肢を最後まで選ぶことはないはずです。

恋をしたその時、一緒にいることが何よりの幸せであり、既婚者のパートナーの気持ち、その後に起こるかも知れない修羅場、自分が追いやられるかもしれない窮地のことは想像することができません。

人は恋をすると誰でも好きな人が一番になり、夢中になればなるほどほかのことを考えることができなくなるものです。

既婚者であるということから一瞬「後悔するかもしれない」と危険予知が働いていても、会いたい気持ちを優先してしまうことから、「その時考えればいいか」という考えになってしまいます。

既婚男性が独身女性と不倫をして死ぬほど後悔した出来事

自分は離婚をする気持ちがないのに結婚を迫られた

既婚男性が独身女性と不倫をして死ぬほど後悔した出来事で、圧倒的に多いものが結婚問題です。

男性は自分が結婚していることが前提で付き合う彼女であれば、当然結婚を迫られることはないだろうと考えます。

結婚と恋愛は違うものだと考えている男性にとって、彼女と一緒にいる時間は居心地がよく表面上は「ずっと一緒にいたい」と伝えることもあるものです。

付き合っている女性も、最初は一緒にいられるだけで嬉しいと思って付き合っていても、だんだんと二番手でいることが苦しくなったり、愛情を独り占めにしたくなったりと気持ちが変化していきます。

奥さんがいるからこそ危ない恋愛となっている状況に、酔いしれていたにも関わらず、独占欲が強くなるにつれ結婚願望が出てくるのです。

「こんなに愛し合っているのに結婚しないのはおかしい」「いつ奥さんと離婚してくれるの?」「私と結婚してほしい」と迫るようになると、男性としては非常に困っていきます。

結婚するつもりがない状態で結婚を迫られると、不倫関係になったことを死ぬほど後悔するものなのです。

不倫相手の独身女性が妊娠した

既婚男性にとって、不倫は家庭をベースとした休憩所となっている場合がほとんどです。

不倫相手の独身女性が妊娠したとなれば、既婚者の男性は死ぬほど後悔することになります。

どれだけ気をつけていても、100%妊娠を防ぐことはできないと言われているものです。

しかも、男性は女性の体の仕組みを理解していない人がほとんどなので、彼女が「今日は妊娠しない安全日だよ」と言われれば、その言葉を鵜呑みにして避妊しないこともしばしばあります。

しかし、本気で略奪愛を狙おうとする独身女性はどんな手を使ってでも、彼を奪おうとしてくるものです。

彼を騙すことで、排卵日のエッチで避妊しないように仕向けることもあります。

妊娠することで、不倫関係を証明することになり父親という認知をもらえるだけでなく、子供を理由に略奪婚する可能性も高くなるのです。

彼女が妊娠すると、不倫関係を隠しながら家庭を二つ持つということは男性にとってかなり負担が大きいものでもあり、隠し通すことも難しくもあります。

既婚男性にとって、いよいよ不倫関係の最終章という段階でもあり、後伸ばしにしてきた決断を迫られる瞬間でもあるのです。

彼女が家庭に介入してきた

不倫関係は家庭環境に口を出さないことが、暗黙のルールでもあります。

しかし、彼女が家庭に介入してきたとなると、急激に男性の愛情は冷めてしまい、死ぬほど後悔することになるのです。

例えば、デートをしている時に「奥さんと一緒に寝ているの?」という何気ない質問の連発から、「家ではどんなお父さんなの?」など家庭の立場ややりとりを聞き出されることで、いやでも家庭のことを思い出さなければいけなくなり、せっかく恋愛をしているのに家族への罪悪感を積み重ねてしまいます。

これはまだ軽いほうで、嫉妬深い彼女になると知らない間に妻と仲良くなり、分かっていながら友達になって家族を崩壊に向かわせようとするなど、家庭への介入がハードな人もいるものです。

家に帰って、嫁から浮気相手の彼女の名前を聞かされるなど、不倫をしている男性にとって心臓が止まりそうな出来事となります。

その時初めて「彼女はヤバイ」と死ぬほど後悔することになるのです。

不倫は後悔することになるとわかっていても、このタイプの後悔は非常に恐ろしいものを感じます。

バレて離婚となり仕事も家庭もお金も失った

不倫は後悔すると分かっていても、詳細に未来を予想することができないからこそ、踏みとどまることができずに走り続けてしまいます。

気をつけていても夢中になっているからこそ、些細なところからほころびが出てしまい、仕事や家庭にも歪ができてしまうのが不倫なのです。

誰かにデートの現場を見られる、間違えて浮気相手の女性へのメールを奥さんに送ってしまった、帰るのが遅い日が続いたことで奥さんに怪しまれた、など不倫がバレてしまう要因はたくさんあります。

奥さんにバレて離婚となり、仕事も家庭もお金も失ったとき、初めて自分がしたことの大きさに気づき死ぬほど後悔することになるのです。

不倫がバレるということは、妻を失うだけでは済みません。

家庭を失うということは、自分の居場所を失うことでもあり、子供のとの絆も失い、家を失うこともあります。

職場に知られることで会社からの信用もなくなり、最悪やめなければいけない事態になることもあるはずです。

何もかも失ったにも関わらず、慰謝料や養育費など支払わなければいけないお金もたくさん必要になり、未来が見えなくなってしまいます。

こんな状況になって初めて、「不倫を始めたことがすべての間違いだった」と気づくのです。

妻に疑われて罪悪感が一気に押し寄せた

不倫をしていると、妻に疑われる時がやってくることもあります。

「あなた、浮気しているんじゃない?」と聞かれた時の気まずさと、嫁への罪悪感が一気に押し寄せた時の心のザワつきは、何もかも投げ出して逃げ出したいという気持ちにすらなってしまうものです。

夫婦仲が悪くて不倫を始める人も多いものですが、中には夫婦関係とは全く別のところで不倫を始めることもあります。

奥さんのことを嫌いなわけでもなく、むしろ夫婦仲がいい状態での不倫は、疑われた時の罪悪感が特別に大きなものとなるのです。

結婚を決めた時の純粋な愛情を思い出し、裏切っているという感覚が胸を突き刺します。

一緒に生きていくと決めた人を裏切って、他の女性と一緒に過ごし、パートナーを傷つけてしまったという事実が、してしまったことの大きさを物語るものなのです。

人は大切な人を傷つけたとき、その事実の大きさに気づき、反省をします。

不倫というものは、奥さんを裏切っている行為だとわかってはいても、本当に目の前で自分への信用がなくなっていく目を見ることで実感するものです。

既婚男性が既婚女性とダブル不倫をして死ぬほど後悔した出来事

既婚女性の夫に嫉妬が止まらない

既婚男性と既婚女性のダブル不倫は、最初から割り切った関係だとお互い認識した状態での恋愛をしていることが多いものです。

仕事と家庭の両立、家事と育児の両立、お互い日常に疲れてしまい、自分が安らげる場所を求めて不倫相手と一緒に時間を過ごします。

しかし、そのつかの間の幸せがずっと続けばいいのに、と求め始めてしまうのです。

割り切った関係出会ったはずなのに、自分以外の男と一緒にいる姿を想像するだけで苦しくなってしまいます。

既婚女性の夫に嫉妬が止まらないくらい彼女のことで頭がいっぱいになると、家庭と恋愛のバランスが取れなくなってしまい、どんどんと苦しくなっていくものです。

愛する人が誰かの元に帰ってしまうという事実が、嫉妬と妬みを生み出しどんどんと本気度が上がって行きます。

「こんなに愛することになるなんて、想像もしていなかった」と自分の苦しい気持ちを整理できずに後悔するのです。

恋愛に夢中になり、彼女の旦那に嫉妬するうちに自分の立ち位置がわからなくなってしまいます。

自分の家庭よりも浮気相手の女性のことが大事になることで、メンタルにこれほどまで影響を与える恋愛だったのかと気づくことになるものです。

日常に身が入らなくなった

ダブル不倫で本気になることは、いつもの平穏な日常を脅かす脅威になることがあります。

既婚女性に本気で好きになることで、日常に身が入らなくなったとき、死ぬほど後悔することになるのです。

本気で愛している人がいるのに、自分は家族の元へと帰らないといけない事実、相手には家で待っている人がいるということ、自分が守りたい彼女の人生を他の人と歩んでいるという状況に心が擦り切れてしまいます。

「今彼女は何をしているのだろう」「今度はいつ会えるのだろう」と仕事中にも考えてしまうものです。

家では父親をしなくてはいけないのに、頭の中は彼女のことばかりで家庭での役割にも身が入りません。

不倫をするまでは妻と体を重ねていたのに、彼女に夢中になってからは妻との夫婦生活も変わってしまい、昔のようにやり直すことはできなくなってしまいます。

既婚者の女性とはデートをする機会も少なく、会えない時間が余計に相手を求めてしまう時間となるため、自分が自分でなくなったような感覚になってしまうものなのです。

相手の夫から自分の妻へ不倫が伝えられそれぞれの家庭が修羅場となった

不倫というものは、時にとんでもない修羅場を迎えることがあります。

自分がどれだけバレないように気をつけていても、ダブル不倫であれば相手の家庭でバレてしまうことがあるのです。

彼女の夫に不倫を知られてしまった場合は、一足先に相手方の家庭で修羅場を迎えています。

大抵はそこだけで終わるはずがないものです。

相手の夫から自分の妻へ不倫が伝えられそれぞれの家庭が修羅場となります。

時には、お互いの夫婦全員揃っての話し合いとなることもあるはずです。

家庭がある人同士の恋愛は自分たちだけの問題ではなく、それぞれのパートナーを巻き込んでいるということを、その時初めて痛感します。

相手の夫婦で修羅場を迎えた後、自分の妻へ伝えられる時には、既婚女性の夫はかなりの怒りを抱えている状態です。

法的手段を切り出してくる可能性も十分にあります。

不倫の二人はどれだけ愛し合っていたとしても、強制的に離れさせられますが、別れたとしても今まで通りの家庭を遅れるわけではありません。

家には居場所がなくなり、職場にも知られてしまい、肩身の狭い思いをしながらこれから生活をしなければいけないのです。

こんなことになるくらいなら、しなければよかった、と死ぬほど後悔しても手遅れだと気がつきます。

本気の恋愛だと思って自分だけ離婚して相手は離婚しなかった

ダブル不倫をしていると、同じ条件で恋愛をしているので気持ちの度合いも自分と同じだと思ってしまいがちです。

しかし、既婚男性が本気の恋愛となり、お互い本気だと思って離婚をしても、相手は離婚をしなかった場合、自分だけが全てを失うことになります。

そもそもW不倫は同じように既婚者だからこそ、共感できる部分がとても多く、お互いになくてはならない存在になりやすい恋愛です。

家庭の都合を付けて限り有る時間でデートをするには、あまりにも短いデート時間にやきもきしてしまいます。

もっと一緒にいたい、と既婚者の男性が勇気をだして離婚を進め、成立した時に彼女が離婚しないとわかった時の絶望感は例えようがありません。

彼女が本気かどうかは別として、女性が離婚を切り出すということは、あまりには勇気がいるものです。

経済的問題が一番大きく、住宅などの財産が夫のものであれば離婚後は何もないところからのスタートとなってしまいます。

子供がいれば、今後の生活費もとても心配になる要因です。

経済的自立ができる男性と違い、既婚者の女性が離婚を切り出すということはとても難しいことだといえます。

そのことは、不倫相手の男性は気が付きにくい問題でもあり、後悔したところでもはやどうにも動かせない現実となるのです。

妻とのエッチが楽しくなくなった

不倫相手との相性というのは、ハマってしまうと抜け出せないことがあります。

ダブル不倫にハマった結果、妻とのエッチが楽しくなくなり、今までのように妻のことを大切にすることができなくなってしまうことがあるものです。

既婚者の女性ならではのテクニックと、男が喜ぶ仕草など、ダブル不倫をしている女性のエッチは最高だと噂する人も少なくありません。

同じ“既婚女性”である妻と違うところは、相手が恋人であるということです。

彼女も家で夫に対しては、いち妻として普通のエッチをしていることも考えられます。

しかし、恋人だからこそより大胆に、セクシーにエッチを楽しむことができるのです。

妻という立場ではない女性の、体の遊び方はハマること間違いなしだと言わざるを得ません。

彼女とのセックスにハマるあまり、妻とのエッチが全く面白みのないものに感じてしまい、不倫相手なしでは楽しくないと感じるようになるのです。

既婚女性が独身男性と不倫をして死ぬほど後悔した出来事

貢いで家計が崩壊した

既婚女性が独身男性と不倫をして後悔することは、家計問題です。

既婚者の女性は、あまり自分が自由に使えるお金はないことが多いもの。

共働きしていれば、旦那の給料だけでやりくりしているわけではないので、多少ゆとりがあるにしても、自分自身が働いている理由もあるはずです。

自由にお金を使い込んでしまうと、家計が崩壊してしまうことにつながります。

独身男性と不倫をして、彼のために何かをしたい、と貢ぐばかりしていると最初は自分の予算から使っていたとしても、いつの間にか家族のために使う予定のお金まで使ってしまうものです。

「使ったお金は後で戻そう」「どうにかなるはず」と思って使っていても、お金というものは自分のエゴのために使った分は、都合よく簡単に入ってくるものではありません。

彼氏がしっかりしている人であれば、金銭的問題が出てくることはほとんどありませんが、夢を追いかけるばかりで収入が安定しない、今まで働かなくてもどうにかなってきた、お金を用意してくれる人が周りにいる、というような男性は不倫関係になると彼女に面倒を見てもらおうとしてきます。

ダメな男だと分かっていながら、放っておけない彼氏こそ後々死ぬほど後悔することになるのです。

本気で好きになったけれど遊びの関係だった

結婚していると「もう恋愛はできない」と思うことから、心が余計に恋愛を求めてしまうことがあります。

夫とは同じ毎日の繰り返し、愛されている実感もない、ただご飯を作って掃除をして「私は何のために結婚したんだろう」と思っている時に、ふと気になる人が現れたら、一気に恋愛へと発展するものです。

彼のことを本気で好きになったけれど、彼にとっては遊びの関係だったとわかった時には後悔ばかりの毎日が訪れます。

本気で愛されていると感じたかった、だからこそ求めた関係なのに結局結婚している人は本気にされないことがどれだけ辛いことか、最初の頃には想像できません。

既婚者の女性が拒否しなければ、独身男性は不倫をすることに抵抗がないという人もいます。

独身男性からすれば、恋愛をすることはいいけれども本気になられると面倒だと考えているのです。

そんな彼は、彼女が本気だとわかるとあっさり身を引いて連絡が取れなくなってしまいます。

相手の時間を奪っていると考えてしまいいつも涙が出る

既婚女性が独身男性と不倫をする場合、その女性はとても気がいい人が多く、母性が働くことで愛情に目覚めることが珍しくありません。

放っておけない、助けてあげたい、何かできることはないか気にしてしまう、など世話焼きの女性が多いものです。

そのため、心の中も彼のことばかり心配してします。

結婚している自分と恋愛関係になったことで、彼の未来ある時間を奪っているのではないか、と考えてしまいいつも涙が出てしまうのです。

独身である彼にとって、今の時間というのは結婚相手を探す絶好の時期でもあり、仕事も頑張り時の大切な時期だともいえます。

その時期をこの先どれだけ一緒にいられるかわからない自分と一緒に過ごすことに、何のメリットがあるのだろうかと一人思い悩んでしまうものなのです。

気がつけば、ネガティブな感情でいっぱいになり、つい涙が溢れてきます。

彼には幸せになって欲しいと願っているのに、その幸せから遠ざけているのは自分ではないか、という気持ちと一緒にいたいという気持ちが常に葛藤を繰り返し、後悔となるのです。

気のいい既婚者の女性はそれでも自分から別れを告げることができず、常に悶々とした気持ちで過ごすことになります。

旦那のことが受け入れられなくなった

既婚女性が不倫を始めるきっかけとなるのが、旦那との不仲です。

一緒にいても魅力を感じない、愛されている感じがしない、旦那が浮気をしている、などそもそも夫との夫婦生活でモヤモヤした気持ちを持っていて、刺激のない毎日に飽き飽きしている頃に不倫への一歩を踏み出します。

独身男性の自由さや刺激のあるやりとり、気遣いのできる優しさに夢中になってしまうのです。

そして、不倫関係になり甘い言葉を囁いてくれる彼氏との時間を、家で思い出しては現実にため息が出てきてしまいます。

彼と夫とを比べてしまい、旦那のことを受け入れられなくなってしまうのです。

「触らないで欲しい」「話しかけないで欲しい」「休みの日はどこかに行って欲しい」など気持ちの変化が明らかになってしまい、夫婦関係がどんどん悪化してしまいます。

夫との不仲は分かっていても、離婚をするつもりがなかった妻としては自分の気持ちの変貌ぶりに戸惑い始めるものです。

「一緒にいることが苦痛だけど、離婚はしたくない」という、相反する気持ちが生まれ、旦那とどう接していいのかわからなくなってしまいます。

既婚女性が既婚男性とダブル不倫をして死ぬほど後悔した出来事

不倫から抜け出せなくなった

お互いに割り切った関係として始まったダブル不倫にも関わらず、不倫から抜け出せなくなってしまったとき、既婚女性は不倫をしてしまったことを死ぬほど後悔することになります。

相手には奥さんがいると分かっていたのに、嫉妬してしまったり、自分の夫に平気で嘘をつくようになったりと変化していく気持ちを、コントロールすることができなくなってしまうのです。

不倫をすることでオシャレにも気を使うようにもなり、毎日に刺激が加わり、家庭でも明るくなることで、不倫という恋愛自体が必要不可欠になっていきます。

さらに、相手の男性を本気で好きになることで、いくら離れようとしても何度も関係を繰り返すようになってしまうものなのです。

不倫というのは、抜け出せなくなる特徴があり、いくら頭で「もう終わらせよう」と思っていても、なかなか終わらせることが難しい恋愛となります。

自分の子供の受験や思春期といった、重要な時期でさえ恋愛を優先してしまう中毒性があり、はじめの一歩 Risingを踏み出してしまったことを後悔しても止めることができません。

子供に知られてしまった

不倫の一番の絶望感を感じる瞬間は子供に知られてしまった時です。

結婚と恋愛は別、と思っていても子供のことを大切に思わない母親はいません。

子供のことを傷つけたくないと思うのは、どんな母親でも共通の気持ちです。

しかし、不倫というものはリスクがあるものであり、その一つに子供に知られるというリスクが含まれています。

冷たい眼差しで子供から「パパのこと嫌いなの?」「どうして他の人と一緒にいるの?」と聞かれた時の罪悪感と虚しさは、言葉が出てきません。

思春期の子供に知られてしまった時には、信用を一気に失ってしまうことになります。

今後夫と離婚することとなっても、一緒に生活してくれることを選ぶ可能性は低くなるはずです。

しかも、ダブル不倫というのは子供のつながりで知り合う人が多いということもあり、子供が相手の男性のことを知っていることもあります。

子供関連の人と不倫をしていれば、子供同士、親同士、地域にまで知られてしまう可能性もあり、住んでいる地域を出て行かなければいけないことに発展することもあるのです。

子供に知られるということは、自分自身の心の傷が大きいだけでなく、ダブル不倫の相手次第では全てを失う可能性が非常に大きいことだといえます。

浮気相手としているエッチを旦那にしてしまって「いつもと違う」とギスギスした

浮気相手とのエッチは、楽しむことを重要視するため普段しないようなプレイをして快感を追求することも多々あります。

しかし、浮気相手としている大胆で濃厚なエッチを、つい旦那にしてしまうことで「なんかいつもと違うけどどうしたの?」と疑問を投げかけられたり、「そういうのは好きじゃない」と拒絶されたりすることでギスギスしてしまうことになるのです。

男性が女性の名前を間違えてしまうのと同じように、つい高揚した気持ちのまま旦那とエッチをすると、そんな失敗をしてしまうことがあります。

不倫相手とは性癖をさらけ出してエッチをしているのに対して、旦那には気まずくなることを恐れて夫が望むように身をゆだねていると、そこにギャップが生まれてしまうものです。

本当はもっと情熱的に愛されたい、気持ちいいところはそこじゃない、と夫に言いたくても言えない妻の本音が出てしまいます。

いつも以上に官能的な妻に乗って、欲情してくれればいい結果に転がりますが、淡白な旦那であれば拒否した挙句、「そんな女じゃないだろ」と思い込みを押し付けられてしまうのです。

不倫さえしなければ、本当の自分の欲情に気がつくこともなかった、と後悔します。

夫の名前を間違えてしまった

つい、うっかり、夫の名前を間違えてしまったとき、現実が凍りついてしまい、死ぬほど後悔する出来事になります。

それは突然起こるのです。

家族の団欒の時、朝の支度をしているとき、何気ない話をしているとき、旦那とベッドに入っているとき、どのタイミングであっても、名前を間違えていい雰囲気になるはずがありません。

旦那の凍りつく表情を見て、とんでもないことをしてしまった、と激しい後悔が襲います。

男性が女性の名前を間違えることは、よく聞く話ですが、女の人はとても慎重に行動するので滅多に間違えるということは起こりません。

しかし、その可能性はゼロではないのです。

どれだけ平静を装っていても、本当に無意識に名前を間違えてしまうことはあります。

母親が子供の名前を間違えることがあるくらいなので、当然といえば当然なのです。

しかし、事態は深刻であり、「今の誰の名前?」と旦那に質問され、急激に家庭不和へと一直線となります。

死ぬほど後悔することが分かっているなら体験談を見て不倫を思いとどまろう

既婚者と独身、既婚者同士とどちらのタイプの不倫関係でも、死ぬほど後悔するような出来事は起こりやすいものです。

不倫は後悔すると分かっていながらも止めることができない気持ちだからこそ厄介だといえます。

そんな時には、実際に死ぬほど後悔した体験談を見て、不倫を思いとどまりましょう。

「そんなことにはならないはず」という思い込みは捨て、様々な可能性を考えておくことが不倫を思いとどまるために必要になります。

全て自分の身に起きたらどうなるか、想像することであなたの大切な人生を守りましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG