復縁したい既婚者男性サインと心理とは?本気で復縁したい男の行動を確実に見極める極意

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

「不倫相手と別れたけど、彼の行動や態度にどんな意味があるのか気になる」

別れた既婚男性が、気になる態度や行動をしているとき、彼はどんな気持ちなのか知りたくありませんか?

実は、過去に不倫関係を終わらせた人であっても、相手の女性と復縁を望んでいる既婚者もいるのです。

ここでは、復縁したい既婚男性にどんな心理が働いており、どんなサインを出しているのか、本気で復縁したい男の行動を確実に見極める極意と共に詳しくご紹介します。

秘密の恋愛だからこそ、本音で求め合える関係にもなれるものです。

繰り返しの毎日からオアシスを求めて、再びあなたのことを求めてくれている彼の気持ちを知って、二人の今後を一緒に決めていくために、ぜひ参考にしてください。

目次

自分から振っても別れた後、復縁したいと既婚者男性は思うもの?それは何故?

セックスの感覚が忘れられない

不倫をする既婚者は、交際中にバレないようかなり気を使うものです。

連絡一つするためにも、すぐにメッセージを消さないと証拠を残してしまうことになり、緊張感を緩めることができません。

「もう不倫を続けることは無理だ」と自分から振って別れたとしても、浮気相手とのセックスの感覚が忘れられないということから、頻繁に思い出してしまうこともあります。

結婚したことで、既婚者は通常パートナーとのみ体を重ねることになるものです。

しかし不倫恋愛をすることで、奥さん以外と体の関係をもち、背徳感や慣れ親しんだセックスではないことから刺激を受け、快楽を強く感じます。

不倫という緊張感を持ち続けることに疲れて別れてしまったとしても、セックスの感覚が忘れられずもう一度関係を持ちたいと思うようになるのです。

特に結婚生活でセックスレスとなっている夫婦であれば、浮気相手との大人の性行為はとてもテクニックが満載で一度快感を覚えると、抜け出すことが難しくなります。

妻とはセックスできない状況を考えると、不倫をしない限りは一生セックスができなくなるのではないか、という不安もよぎってくるものなのです。

愛人がいることで、その不安が解消されると同時に、男性としての魅力を受け入れてもらえているという自信にもつながります。

理性で別れたけど本能は求めているから

不倫をしている男性は、自分自身が既婚者であると言うことを悩んでいるものです。

「もっと早く出会っていれば彼女を苦しませずにすんだのに」「結婚していなければ、もっと自由に愛し合うことができたはず」と、自分が結婚しているという状況にもどかしさを感じてたまりません。

彼女を苦しめないために、今では愛情がなくなってしまったけれど、妻である女性を悲しませないために、と理性で自分の気持ちを抑え込んで別れを選ぶのです。

しかし、そのようにして交際を終えた場合、心の中で大きくなった感情が上手に整理できず、本能が求めている状態になってしまいます。

「こんなに求めているのに、一緒になることができないなんて、神様はなんて皮肉なんだ」と天を呪うこともあるものです。

恋愛をしている人というのは、会えない状況、声を聞くことができない時、付き合うこと自体がタブーとされているものほど、気持ちを抑えることができなくなってしまいます。

胸が苦しくて仕方がなくなり、自分ではコントロールできないようになったとき、本気で復縁をしたいと考えるようになるのです。

彼女だけは特別な人だ、という気持ちが大きくなっているため、「運命の人だ」「パートナーと離婚しても一緒になるべきだ」と恋愛感情が暴走してしまいます。

本能が求め始めると、どんな理由で別れたとしても自分でも心の整理を付けることは難しくなるものなのです。

日常に飽きてくる

不倫をしていた既婚男性が、自分から別れたにも関わらず復縁したいと考えるようになるのは、日常に飽きてくるからだといえます。

既婚者の男性が不倫をはじめるきっかけというのは、たくさんあり、心に隙間があれば簡単に不倫関係というタブーな恋愛が始まってしまうものです。

しかし、別れも突然訪れるもの。

自分の都合、相手の都合、どちらにしても長続きさせるよりは別れた方が相手の女性と幸せだろうと話し合い、別れることを選択します。

最初は、穏やかで安定したいつもの日常が戻ってきたことにホッとするのですが、すぐに刺激的な毎日が頭のなかにちらつき始めるのです。

不倫をしている時というのは、限られた時間の中でデートをするため、仕事やプライベートの時間をやりくりしたり、妻にバレやしないかとハラハラしたりと、心の中は世話しない状態が続きます。

その状態が刺激となり、毎日の繰り返しの効率が上がったり、楽しみのために頑張れたりするものなのです。

不倫相手を失うと言うことは、生き甲斐をなくすことと同じだという人もいるくらい、平穏な日常にちょうどいいスパイスを足してくれます。

朝には家族の誰よりも早く起きて、一人でしたくをして仕事に出掛け、誰も誉めてくれることのない仕事を頑張り、家に帰れば妻の不満を聞かされ、お金が必要だとお財布代わりに呼び出される毎日を送るのです。

毎日一緒にいる妻からの愛情を感じることはないので、「何のために一緒にいるのだろう?」疑問を解消できないまま日々を過ごします。

日常に飽きてしまい、また愛されたいと願うと同時に、居場所を求めて復縁をしたいと考えるものなのです。

恋愛した日々の楽しかった時間を思い出す

結婚してしまうと、独身の頃楽しんでいた恋愛とは全く違う形で夫婦関係を育てることになります。

しかし、その事実は結婚をして生活を始めるまでわかることはありません。

大好きな恋人と結婚をしてこれからずっとラブラブな生活を送ることができると思っていたのに、実際に始まるのはお互いを尊重し合うことを求められる生活そのものです。

不倫恋愛を経験したことにより、その期間に恋愛した日々の楽しかった時間が心に刻まれます。

浮気相手との楽しかった時間を思い出すことで、どうしてもまた異性と笑い合えることを求めてしまうのです。

不倫相手と過ごす時間は、独身時代の恋愛よりも刺激が加わる分感情が大きく動きます。

一緒にご飯を食べるだけでも特別な時間だと思うことができ、過ぎ去る一瞬の時間を大切に過ごすことができるものなのです。

恋愛を楽しみたい、と思う男性が、不倫相手の彼女と過ごす時間を特別だと感じるほどに、別れてからも思い出す頻度は多くなります。

「彼女だったら笑いながらこんな話をするんだろうな」「あの子が好きなスイーツだから教えてあげたいな」と思い出す度に、「楽しかったな」と恋愛を思い出すことになるのです。

楽しかったことを懐かしむ時、完全に過去のことだと割りきることができていない状態であれば、再びその状態に戻りたいという心理が働きます。

別れたあと後悔している

不倫関係を清算することは、パートナーのためでもあり、彼女本人のためでもあります。

しかし、妻がいても大事な人ができてしまったと思ってしまった男性にとっては、とても苦しい決断なのです。

別れを決意して離れたにも関わらず、後悔している気持ちを持っているのであれば、復縁を望み始めてしまいます。

男の人にとって、不倫関係になる女性にはたくさんの気持ちを持つようになっているものです。

男としての自信、それは社会生活においてもプライドを持ち続けるために必要であり、自分の信念を貫くためにも大切なことになります。

一人の女性が支えてくれることで、どんどん次のステップに挑戦する気持ちも芽生え、やりがいや生き甲斐を感じるようになるのです。

また、不倫相手という存在がいることで、男性としての魅力があると自信を持つことにも繋がります。

男としての魅力があるという自信を持った男性はとても強く、積極性が上がり、集中力も高くなるものです。

自信を持つことで、姿勢や雰囲気も一層魅力的になります。

自分に自信を持つことができたのも、浮気相手の女性が愛してくれたお陰だと思うことができる人は、別れて手放してしまったことを後悔するのです。

復縁したい既婚者の男性心理

自分勝手なことは言えない

不倫相手と復縁したいと考えている人でも「自分勝手なことは言えない」という男性心理が働いています。

既婚者である自分が交際をする相手は、将来一緒になる可能性が極めて低いにも関わらず、ともに過ごす時間を確保してくれていることになるのです。

不倫関係がバレてしまうと、自分が厳しい立場になることはもちろんですが、相手の女性のことも傷つけてしまうことになります。

相手を巻き込んでまで自分の気持ちを優先するということは、自分のワガママだと感じるため、自分勝手なことを言って、好きになった彼女のことを苦しめるわけにはいかないと思うのです。

相手の未来を奪いたくない

不倫をするということは、相手が独身であれば、自由に恋愛ができる時間を奪っていることになります。

既婚者の男性としては、復縁したいと思っていても、相手の未来を奪いたくないという心理が働くものです。

結婚している自分と一緒にいる時間、相手の女性は趣味をすることや友達と遊ぶこと、新しい彼氏候補を見つけることもできないことになります。

結婚して、自由がなくなっている自分自身の日常を知っているからこそ、独身時代の自由な時間がどれほど貴重なのかということを考えてしまうものなのです。

また、不倫関係というリスクが高い恋愛だからこそ、最悪の状況になってしまえば最愛の人の未来を奪ってしまうことになります。

友達、職場、親、世間体、など全て失ってしまうリスクを、相手に背負わせることができるのかという不安が復縁したい気持ちにストップをかけているのです。

復縁したいと思えるほど魅力的な女性だからこそ、いつまでも輝いていて欲しいと願うことは、男性であれば誰しもが願うことであり、自分のせいで彼女の笑顔を曇らせたくないと考えます。

できればずっと愛人としていてほしい

不倫関係は、日常から外れたオアシスとして結婚生活に落胆している男の人からすれば必要なものとなっていきます。

結婚生活は、周囲に祝福され、親に受け入れられ、子供が生まれ、世間体と責任が増えていくことで、愛情だけでは夫婦の形を決めることができなくなっていくものです。

妻とは同居人というような形になっていても、子供をともに育てなければいけない責務は変わらず、いくら愛情がない夫婦であっても、子供とともに過ごす生活を快適にして維持してもらう代わりにお金を渡すという契約のようなスタイルとして続いていかざるを得ません。

離婚をすることはできなくても、息が詰まりそうで何の楽しみもない日常から、少しでも離れられる場所として不倫相手と過ごす時間を大切に思う既婚男性は多いのです。

どれだけ必要としていても、不倫関係がバレてしまってはいけない、という条件は変わらないため妻にバレそうになることで別れは訪れます。

しかし、彼女と過ごす時間が自分にとって必要だと感じている男性にとっては、ほとぼりがさめた頃、また愛人として過ごす時間を確保して欲しいと願うものなのです。

ずっと愛人でいて欲しいと願う気持ちが、復縁を強く望む気持ちにつながります。

相手から連絡が来ないかと待っている

結婚している男性にとって、好意を持っている女性に自分から連絡をするということは、やはりためらいがあります。

そのため、別れてしまった不倫相手から連絡が来ないかと待っているものです。

自分から連絡をしないことで、自分の意思ではないと言い訳をすることができます。

復縁したいと願いながらも、そのきっかけを相手任せにしたいと考えているのです。

こう考えている男性は、不倫関係は自分から始めていなければ責任が小さくなると考えています。

自分から復縁の連絡をしてしまうと、妻を裏切っていることになり、いけないことをしている、という認識が強くなるものです。

しかし、相手から連絡が来て、その返事をすることで結果的に不倫関係になるのであれば、流れで仕方なく不倫関係になった、という気分で自分自身を納得させることができます。

彼女と一緒に過ごす時間を設けたいと考えていながらも、自分の意思で行動することだけはタブーだと考えているため、実際に復縁したとしても優柔不断で言い訳ばかりになってしまうはずです。

今すぐ抱きしめたい

復縁したいと思っている既婚男性は、別れた彼女のことで胸がいっぱいになっています。

今すぐ抱きしめたい、という衝動を抑えるために必死です。

浮気相手の彼女と過ごす時間がとても必要で、愛しい相手だと感じています。

離れてしまったからこそ、愛しさが一層大きくなり、結婚していることを悔やんでいるのです。

不倫というのは、付き合う時も別れる時も、そのほとんどが既婚者側の都合で決められます。

泣く泣く別れた場合であっても、結局は結婚している人がバレないようにという決断で下しているものです。

自分から振っておいて、彼女に申し訳ないことをしたという気持ちと、好きな気持ちを抑えられないという気持ちが会えないという環境で大きくなり続けます。

また、交際中に二人で行ったことがある場所、お店、風景などに出くわすと、彼女との楽しかった思い出が蘇り、なぜ今隣にいないのかと考えてしまうものなのです。

求めても会えないもどかしさが、愛情と未練を育て、愛しくてたまらない存在になっていき、復縁したいと願います。

もう一度会えたら、どんな風に言葉をかけようか、どこへ行こうか、抱きしめて自分の都合で別れてしまったことを謝りたい、と頭の中は彼女でいっぱいです。

復縁したい既婚者男性サイン【line・メール編】

「幸せになっているかな?」

復縁したい既婚者男性は、LINEを送ってくるときに相手の状況をまず知りたいと思うものです。

自分と別れてからどんな生活を送っていたのか、新しい彼氏は出来たのか、新しい彼氏ができたのであれば幸せになっているのかどうか、という部分が一番聞きたいことだといえます。

不倫関係は彼女と結婚することはできません。

だからこそ、彼女が新しい彼氏と幸せになっているのであれば、身をひこうという決意は常に胸の中にあるものです。

しかし、新しい彼氏ができていたとしても、その男が彼女のことを利用していたり、優しさがない人であったりするのであれば、例えその彼氏が独身であっても彼女と別れて欲しいと願ってしまいます。

「幸せになっているかな?」というLINEを送ることで、彼女が今満たされた生活を送っているのか愛情をかけてくれる人がいるのかどうかという探りをしているのです。

この時「そんなに幸せじゃないよ」という返信がくれば、悩み相談を受けるといって、一気に距離を縮めていきます。

しかし、「ものすごく幸せだよ」という返事が返ってくれば、「よかったね」と身を引くつもりの意思が込められたメッセージです。

「飲みにでも行こうよ」

相手の気持ちは後から付いてくるという行動派タイプの既婚者男性は、「飲みにでも行こうよ」とメールをしてきます。

とにかく会ってみないと相手の気持ちはわかるはずがない、という考えであり、話を聞きながら、復縁したいと伝えるつもりです。

例え、新しい彼氏がいても「自分も結婚しているから一緒だね」など不倫関係を続ける選択を提案してきます。

割り切った関係で不倫関係を続けたいと願っているタイプに多い文言です。

お酒の席では、心を開きやすいので、別れて離れていた時間も一気に縮めることができます。

その間、どうしていたかという会話も少し程度で、今楽しいことが一番重要だと考えているのです。

二人で過ごす時間が時々取れるのであれば、それだけで日常のスパイスとなるため、既婚者の男性はウキウキすることができます。

例え体の関係がなくても、妻以外の女性とデートをする時間があるだけで、毎日に潤いが出てくることが不倫の喜びと捉えているのです。

友達以上妻以下の存在が不倫相手であり、特にお酒を飲みに行くときには彼女と一緒がいいと思っています。

一緒にお酒を飲むことは、それだけでデートが成立し、彼女のことを愛おしいと見つめる時間ができるからです。

「困っていることがあれば相談に乗るよ」

復縁を望む既婚者男性は、「困っていることがあれば相談に乗るよ」とLINEやメールを送ってきます。

独身女性にとって、困っていることというのはたくさん思い浮かぶもの。

恋愛だけでなく、仕事や友人関係、将来への不安、親との関係、やりたいことと現状のギャップ、など悩みで頭がいっぱいです。

既婚者の男性であれば、全く違う視点から物事を見ることができるし、男性は女性とは全く悩みの種類が違います。

そのため、男の人から見れば、女性の悩みは共感できるというよりも、サクッと解決してしまえるものが多いと考えているのです。

大事な人だからこそ、明るく過ごして欲しいという願いと、悩みに寄り添いながら彼女の不安を一つでも自分が取り除いてあげたいという願望がいり混ざっています。

復縁を望む男の人は、彼女との距離を縮めたいと同時に彼女を自分の手で幸せにしたいと願うものです。

困っていることを手助けすることによって、彼女の役に立ちたい、そしてもう一度好きになってもらいたいという願いを込めてメールを送信しています。

男の人は手柄を立てることで、自分を受け入れてもらえると考えているものです。

困っていることを一緒に解決して、自分のことを認めてもらいたいという結果主義の思考がよく表れています。

「こっちは退屈な毎日だよ」

復縁したい既婚者の男性は、自分が暇だということをアピールしてきます。

「こっちは退屈な毎日だよ、そっちはどう?」というメールを送ってきますが、正直相手が暇かどうかは気にしていません。

自分の暇な時間を埋めて欲しいという願いを込めて送っている言葉なので、「じゃあ一緒にどこか行こう」という言葉を待っています。

結婚生活も問題がなければ同じことの繰り返しで、気分的には暇だと感じるものです。

また、本当はそんなに時間にゆとりがなくても、彼女と過ごす時間がないだけで気分的に暇だと感じています。

暇だということを相手の女性にアピールすることで、遠まわしに「時間を埋めて欲しい」と伝えてきているものなのです。

前の交際の時には、周囲の状況などを考えて決意をして別れたとしても、離れてからしばらくすると一人になってしまったという気分が大きくなっていきます。

妻との毎日もいつも以上に平凡に思えてしまい、孤独と寂しさがとても大きくなってしまっているのです。

別れてしまったことで、余計に大きくなってしまった孤独感をどうにか伝えたいという気持ちから暇アピールになっています。

もう一度誘ってもいいのかどうか、相手の反応を見ながら考えようと探っている状態です。

復縁したい既婚者男性サイン【行動・態度編】

日常に不満を持っていることをこぼす

復縁を望む既婚者男性は、日常に不満を持っていることをこぼすようになります。

「うちの嫁が何もしなくてさ」「家に帰っても面白くないんだよな」「楽しいことないかな」と毎日がいかに退屈かということをアピールしているのです。

日常に不満を持っているから、解消したい、という心理を伝えることで、秘密に関係を持っていた二人だけがわかる楽しかったことを連想させるようにします。

日常に不満を持っているということは、少なくとも男性自身は奥さんに対して愛情が薄れているということをアピールすることにもつながるものです。

奥さんとはもう夫婦関係は終わっているということをアピールすることで、相手の女性にかまって欲しい、楽しいことを一緒にしたいと伝えています。

「ちょっと聞いてよ」と不満を言い出した時には、その内容が重要なのではなく、あなたと会話がしたい、という心理が大きく働いているのです。

あなたと会話をしたい、奥さんとはうまくいっていない、楽しい時間を過ごしたいと考えている、と続けて伝えることで復縁できないかと考えています。

復縁したいと考えている男の人は、つい何気ない行動でアピールを重ねてしまうものなのです。

時間の都合をいつでもつけることができるアピールをする

復縁を望む既婚者の男性は、何気ない会話の中でも「俺はいつでも都合つけられるよ」「どうにでも動くよ」と自分のフットワークが軽いことをアピールします。

結婚している男性は、奥さんの同意を得なければ自由に飲みに行くこともできなかったり、休日は家族の予定が入っているため勝手に予定を入れることができなかったりと自由が利きません。

しかし、復縁を望む男の人が「時間の都合がつかない」と言ってしまえば、復縁デートどころか、家族の仲良しアピールになってしまうことで相手の女性に距離を取られてしまうことにつながります。

そのため、既婚者であっても時間の都合をいつでもつけることができることを、アピールすることで相手の女性に「どうにでも動けるよ」と伝えることができるのです。

自由に動くことができることを伝えることで、デートに誘いやすくなり、妻の意見を伺わなくても大丈夫だということを伝えることもできます。

復縁したいのであれば、夫婦であっても自分は妻とは別の意思で動くことが可能だ、と知ってもらうことが必要なのです。

妻との夫婦関係が破綻していることを伝える

不倫を望む男性にとって、「彼女が一番気にしていることは夫婦関係のことに違いない」と考えています。

そのため、復縁するためには妻との夫婦関係が破綻していることを伝える必要があるのです。

復縁をしたいと伝えるよりも先に、相手の女性には「妻とはもう夫婦関係が破綻している」「離婚を考えている」「家庭内別居をしている」「セックスレスだ」と夫婦としての現状を伝えます。

彼女がその言葉を聞いて、どう応えるかということを観察しているものなのです。

特に前と別れた理由が交際相手の女性による奥さんへの嫉妬だった場合、この行動はかなり効果が見られます。

結婚している不倫相手に妻がいるというのは、大前提の問題です。

ところが、一緒に過ごすうちに奥さんに対して嫉妬をしてしまうということも起きてきます。

妻との夫婦関係が破綻していることを伝えることで、嫉妬深い彼女の好意を再び得ることができると思えば、最有力な方法として彼女にその事実を伝えるのです。

不倫をしていると、浮気相手の女性は感情をぶつける先がなくなり、苦しくなってしまいがち。

しかし、その苦しみを受け止める覚悟があるということを先に提示しておけば、再び恋愛関係になることも可能なのです。

居場所がないとつぶやく

元不倫相手と復縁をしたいと考えている時、男性は相手の人に「俺には居場所がないんだ」とつぶやく態度をとります。

恋愛関係にあった彼女であれば、そのつぶやきは見逃すことは出来ないはずです。

「どういうこと?」「私と別れて家族仲良しになっているんじゃないの?」と質問をしはじめます。

不倫関係を終わらせる時には、お互いの幸せを願って離れるものです。

そのため、別れを決意した彼女も「きっと彼は家族仲良く、奥さんとも笑顔で過ごしているはず」と願って過ごしています。

不倫関係にあった女性は、既婚男性の幸せを願うことが唯一自分の気持ちに整理をつける方法となるものなのです。

それなのに、その彼に居場所がないと聞いてしまうことで、いてもたってもいられない状態になってしまいます。

家族から疎まれ、文句を言われ、居場所がない既婚男性は家に帰っても息が詰まる思いをしているものです。

そのことを伝えるだけでも、十分復縁したいと願う気持ちは伝わります。

癒しが必要だと感じていること、居場所が欲しいと願っていること、存在否定される毎日から抜け出したいと願っていることが伝わることで、復縁が可能になるのです。

彼の心の叫びが彼女に伝われば、相手の女性もほうっておくことはできません。

本気で復縁したい男の行動を確実に見極める極意

秘密の関係にあったことを本人にしかわからないようにして言葉に出してくるのは当時のことを思い出して欲しいと願っている

本気で復縁したい男の行動は、非常にわかりやすいと言えます。

別れてしまって距離を置いてしまったにも関わらず、過去の交際中の出来事は鮮明に思い出せるものです。

例えば、大勢で話をしているときに、二人が秘密の関係にあったことを、女性本人にしかわからないようにして言葉に出してくることがあります。

それは、彼女に当時のことを思い出して欲しいと願っている証拠です。

「○○方面に行ったら○○っていう場所があって、すごくいいところだよ」と、みんなに伝えているようで実は彼女とデートで行ったことがある場所を言葉にします。

周囲の人は「行ってみたい」などの反応をする中、彼女だけは心の中で「あの場所だ」と思い出していることになるのです。

このように思い出してもらえるような場所や言葉を繰り返し会話の中に盛り込むことで、彼があなたとの交際をもう一度思い出して欲しい、もう一度いろんな場所へ一緒に行きたいと願っていることがわかります。

彼の中ではあなたと行った場所がとても特別なものとして思い出に残っており、記憶から消えないということをアピールしていることになる行動です。

彼はその言葉を話している最中も、あなたとの記憶を思い出しながら会話をしています。

雑談の時にも目を見つめてくるのは好意を表現している

不倫関係を終わらせてしまえば、一人の友人として関わる人も少なくありません。

しかし、雑談の時にも目を見つめてくるという態度をすることは、あなたへの好意を表現している証拠です。

一人の友人として関係を持っているのであれば、周囲の人と同様の対応をするはずであり、むしろ気持ちが完全に終わったものだと割り切っているのであれば、会話中に目が合うことはあっても見つめることはありません。

見つめるという行動には、伝えたいことがあるという意思の表れであり、抑えきれない気持ちを抱えていることになります。

何でもない会話をしているはずなのに、彼女の目を見つめているのは、「自分を見て欲しい」「気付いて欲しい」「二人だけで話をしたいけどできないもどかしさがある」という気持ちを抱えているはずです。

彼の気持ちが自分に向けられている態度を見ることができれば、一度彼の本音を聞きだすために会ってから今後のことを決めることも可能になります。

雑談の中で目を見つめてくるという行動をするくらいなので、無理やり交際に持ち込むということはせず、あなたの意向をきちんと組み込みたいという考えを持っているものなのです。

「あの時はごめん」と謝ってくるともう一度交際を提案してくる

不倫交際が終わっても、同じ職場やまだ会う機会があれば二人きりになることもたまにはあるものです。

二人きりになった時に「あの時はごめん」と謝ってくるということは、別れたあと一人後悔を強く感じたということになります。

不倫中の行動や態度、別れた理由、別れてから過ごした時間、全てを思い浮かべながら反省をしているのです。

誤ると同時にもう一度交際を提案してきたときには、本気で復縁を望んでいるといっても間違いありません。

冗談で復縁を持ち出してくるときには、謝るという行動はなく、強い意志は感じられないものです。

しかし、過去のことを振り返り、思い返して相手の女性のことを考えたからこそ、謝罪の言葉が口から出てきています。

あなたを傷つけてしまった、自分の身勝手で行動してしまった、と反省し、あなたを少しでも幸せにしたいと付き合い方を改めようと決意したのです。

相手の家庭状況が変化した時にも、この方法をとることがあります。

既に離婚の話をしている、妻は不倫を黙認するような関係になった、など本気で付き合いたいと考えている時にも、きちんと謝罪するものです。

彼女との関係性が重要であると考えている本気の復縁告白といえます。

仕事以外の関わりを増やしたいと思っている男はプライベートなLINEを入れてくる

不倫関係が終わっても、仕事で関わりがある場合には職場で顔を合わせたり、電話やメールで仕事のやりとりを続けたりしているものです。

完全に終わった関係であれば、仕事のやりとりから逸脱することはまずありません。

しかし、復縁したいと願っている男の人にとっては、仕事のやり取りをしている最中も、ずっとモヤモヤしている気持ちを抱えた状態だといえます。

別れてからずっと「もう二人で会うことはできないのか」「もう楽しい時間を過ごすことはできないのか」と思いながら、自分の気持ちを押し殺してきました。

しかし、本気で復縁したいと決意が固まってしまうと、急に行動的になっていくものです。

復縁するよりも先に、相手の女性と仕事以外の関わりを増やそうと考えます。

仕事の用事と併せて徐々にプライベートなLINEを送ってくるようになるのです。

「この資料次の会議までによろしく。会議ばかりで嫌になるね」など最初は用事と一緒に一言心境を付け加えるところから、「○日会議です。その後時間あるから食事行かない?」と誘いに変わります。

仕事だけのやりとりから、プライベートな内容が盛り込まれるようになると、復縁したい気持ちも比例して大きくなっていると判断できるものなのです。

復縁したい既婚者男性は覚悟が決まれば行動的になります

別れた不倫相手の行動や態度が気になる人は、どんなことをメッセージとして送ってきているかを見ていきましょう。

一度不倫関係を解消したことで、彼も奥さんとの夫婦関係、あなたとの交際のこと等考えていたはずです。

男性側が自分から振って別れた場合は特に、彼女の気持ちを確認したいと思っていることが多く、あなたの反応次第で復縁出来るか見極めたいと考えています。

行動や態度が気になるな、と感じたら、まずあなた自身の気持ちをきちんと固めましょう。

彼と復縁して不倫関係になることが、あなたの幸せなのだと感じるのであれば、彼からのサインを見逃さず幸せになるチャンスを手にしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG