年下独身男性と年上既婚女性の別れ…忘れられない時の復縁方法。別れたくない女性も必見!

「年上でも構わないって言ったのに」「結婚していても私のこと好きだって言ってくれたのに」と年下彼氏との別れに落ち込む気持ちを隠せないでいるあなた。

年下彼氏が別れを切り出したり、今にもフラれそうになったりしている状態は、あなたが年齢や結婚していることが原因とは限らないことがあります。

そんなあなたに、年下独身男性と年上既婚女性の別れ…忘れられない時の復縁方法をお伝えしましょう。

今まさにフラれそうになっていて、絶対に彼と別れたくない女性も必見の内容も盛りだくさんです。

もし、あなたが年下独身男性との恋を思い出にしようとするのであれば、どうしても忘れられない気持ちをどうすればいいのか対処法もご紹介しますね。

あなたが明るい明日を迎えられるよう、ぜひ参考にしてください。

目次

年下独身男性が年上既婚女性と別れを考え始めるきっかけとは?男性心理や本音も!

年上既婚女性の夫の存在がどうしても頭から離れなくて「人のもの」と感じてしまう

年下独身男性もあなたのことを本当に好きになったからこそ、不倫関係というものは始まったはずです。

しかし、付き合っている中でも年下君は男性としてのプライドが気持ちの邪魔をしてきます。

年上既婚女性の夫の存在がどうしても頭から離れないことで、一緒にいるあなたのことを「人のもの」と感じてしまうのです。

年下の男性は特に、好きな人に対しての所有意識が強く「俺が好きな女性は、誰にも触れさせたくない」と考えています。

男性の嫉妬心は、時に女性の嫉妬心よりも強くなるものです。

好きな人が他の男性のもとへ帰っていく姿を見ることが、辛くてたまりません。

年下の彼がどう頑張っても、交際スタートから夫がいる立場のあなたに対して、「好きになればなるほどに辛い」と感じるものなのです。

完全に手に入らないもどかしさに、とうとう諦めの心が出てきます。

「人のもの」という現実を、最初は「奪いたい」と熱を上げていきましたが、叶わないことを実感するたびに恋心も熱を下げていってしまったのです。

年上既婚女性の夫だけでなく子供を騙していると感じる

年上既婚女性に子供がいることで、年下の独身彼氏は彼女の夫だけでなく子供を騙していると感じてしまう男性心理が働きます。

大人の男性に対してはライバル心が働き、不倫も燃え上がりますが、子供を騙していると思ってしまえば罪悪感がたちまち大きくなってしまうはずです。

優しい彼氏であるほど、子供の存在をとても気にしています。

デートの帰り時間、休日の予定など、たくさんの場面で子供を気にする気持ちは、大好きな彼女だからこそ子供も大切にしたいからなのです。

年下の男性にとって、あなたのことは大好きだけど、子供の父親になる覚悟はまだ持てない、という場面では特に、母親である彼女の時間を子供から奪っていると思い、罪悪感が大きくなってしまいます。

純粋にあなたのことを愛しているほど、ひっそりと彼の心の中に芽生える感情です。

このパターンは、別れる間際にしか言葉に出して伝えてくれることがなく、何が原因で別れ話をしようとしているのか、わかりにくいという特徴があります。

母親みたいに接してくる年上既婚女性のことがウザイ

最初は何もかもリードしてくれる年上女性の頼りになる姿に、とても魅力を感じていた年下男性。

しかし、実際に恋愛に発展して恋人としてリードされ続けると、男性は「まるで母親みたい」と感じるようになってしまいます。

母親のように接してくる年上既婚女性のことが、正直なところウザイと感じてしまう男性心理が働き始めるものなのです。

彼も立派な大人であり、社会人となり毎日精一杯頑張っているのに、年上であり既婚者である彼女からはまだまだ未熟な男の子に見えてしまいます。

そのため、恋人として当然の心配事もなぜか母親のような態度になってしまうのです。

「ちゃんとご飯食べているの?」「仕事で疲れているんだから、早く寝るんだよ」など、年上彼女からすれば何も不自然な点がないと思われる彼氏への声かけも、ウザイと受け取られてしまいます。

包み込んでくれる懐の大きさを持つ、年上既婚者のあなたに癒されていた彼も、恋愛関係になると経験豊富な女性への憧れも冷めてしまいやすいものなのです。

片思いの時が一番恋愛は盛り上がるということを、実感してしまう男性心理といえます。

デートの時間を作ってくれないことが不満

年下の独身の彼にとって、既婚者であるあなたの日常を理解することはとても難しいことです。

結婚して、子供が生まれることで、どれだけ生活が変化をしていくのかを全く知りません。

そのため、仕事に家事に育児に義両親のご機嫌とりと、目が回るほどの忙しい毎日に恋愛が加わったことでさらに時間管理が必要になったことにも気がつくことができないのです。

「ごめんね、なかなか時間がとれなくて」「ちょっと忙しくてlineの返事も出来てないね」と、既婚者である彼女は謝っていることに対し、「連絡する時間くらい作れるはず」「会う時間がないっていうけど、本当は会いたくないんじゃないか」と疑いの気持ちが生まれます。

既婚者の女性の忙しさは経験しないとわかりません。

しかし、年下君の頭の中は「会えない」という寂しさでいっぱいになり不満に変わっていくものです。

彼は家に帰っても一人きりで、会えない時間ばかりが長く感じます。

一方既婚者の彼女はデートができなくても、家でやるべきことは山ほどあり、全てを終わらせてほっと一息ついた時にやっと「彼に会いたいな」と思う時間ができるため、独身彼氏と既婚者彼女の会えない時間に対しての温度差が生まれるのです。

この温度差が、余計に彼の気持ちを寂しくさせてしまいます。

旬の話題をしても話が合わなくて会話が続かないことが困る

時代の流れというものは、本当に凄まじい速さで変わっていきます。

年下彼と年上彼女の年齢が5歳違うだけでも、思い出の時代背景が大きく変わるものです。

年下の彼が学生時代から携帯電話を持っていたとしても、年上彼女はポケットベルを持っていたなど思い出に出てくる品物が違います。

そのため、大きく年齢差を感じてしまうことが起きてしまうのです。

独身男性と既婚女性でも、人生の思い出が大きく違います。

独身男性が旬だと感じている、お笑いの話や時事の話、遊びスポットや友人たちとの会話なども、既婚者の女性にとってはどうでもいいと感じることが多くあるものです。

結婚したことをキッカケにバラエティ番組を見なくなる人も多く、ニュースを見ても関心があるのは自分の子供と同じ年代が関わるような出来事ばかり。

遊びに行くのは家族のおでかけスポット、友人との会話は夫の愚痴や自分が老けたという話ばかり話してしまいます。

独身の男性が楽しそうに旬の話題をしても、話が合わなくて会話が続かないことが困ると感じ、長続きさせることに不安を抱くものなのです。

年下独身男性と年上既婚女性が別れる原因。まさかこんな事で年下君に振られる可能性があるの?!

我慢ができない年下独身男性、女友達と飲みに行くと去っていく

とにかく甘えん坊の年下独身男性。

「会える時だけでも会ってくれたら嬉しい」と交際当初は言っていた彼も、既婚者の都合に合わせることが苦痛になってしまいます。

「会おうと思えばいつでも会えるはず」と考えている年下君は、慌ただしくデートができない日々に不満を募らせていくものです。

構ってほしくてたまらなくなってしまいます。

そんな中、既婚者である彼女が「女友達と久しぶりに飲みに行くの」と話したことで、とても不機嫌になってしまうのです。

「そんな時間があるなら、デートしてくれればいいのに」と、まるで彼女が仕事にかまける男性に対する不満を募らせるような状態になります。

会える時間が少ないことは、最初からわかっていたはずですが、彼にとっては「そうは言っても会う時間を作るかどうかは気持ち次第」と考えているはずです。

本当に会えない時間が続くことに、年下の独身くんは我慢ができません。

些細なことで、あなたの元を去っていってしまいます。

構って欲しいという欲望がしっかり満たされていれば、会えない時間が続いても不満に思うことはないとも言えるのです。

思い当たる彼女は、しっかりと彼の心に満足感を与えてあげましょう。

うっかり家族の話をしてしまい、嫉妬で破局

既婚者である女性の日常は、家族との時間です。

恋人と過ごしている間は、せめて家族のことは忘れようと思う女性も少なくはありません。

しかし、日常というものはあなたの頭にしっかり根付いています。

恋人といる時にもうっかり家族の話をしてしまうことがあるものなのです。

完全にわざとではないにしても、独身の恋人にとっては衝撃的な話題となります。

「一番聞きたくない話をした」と大いにショックを受けてしまうはずです。

家族の話を聞いてしまった彼は、つい口走ってしまうほど当たり前にそばにいる家族の存在に激しく嫉妬します。

嫉妬という気持ちは、時間が経てば経つほど膨れ上がり「自分が一番でない悔しさ」「自分が手に入れることができない彼女の姿を知っている事実」にどうしてもいらだちを抑えられなくなってしまうのです。

嫉妬する男性は、感情が昂ぶることで冷静な判断ができなくなってしまいます。

普段冷静に物事を見ているだけに、自分自身が感情に支配されることに慣れていません。

そのため、コントロールを失った感情をぶつけてしまい、破局にいたります。

年上既婚女性からのline(ライン)の返信が遅いことにイライラする

既婚者にとって、スマホを確認する時間は家事の合間やひとりの時間にしか訪れません。

そのため、リアルタイムにバンバンやりとりを続けることができる独身の彼にとっては、レスポンスの遅さがイライラして仕方がないのです。

「line返すぐらいすぐできるはず」「line見るくらい1秒でできる」と不満が出てきます。

しかし実際には、見るだけは出来ても返す時間ができない、lineが入ってきているのはわかるけど、見ることができないと悩みを抱えている既婚者の女性も多いものです。

それもそのはず、彼女がいるのは家族がすぐそばにいる家の中。

浮気相手からのlineをゆっくり眺めながら返信をすることは、とてもリスクが高いことなのです。

スマホを手に取ってlineを開くだけでも、「彼からのメッセージが来て嬉しい」「次のデートワクワクする」などの感情を表に出すことができません。

Lineを確認して、返信するためには気持ちを作ってからでないと、メッセージ画面を開くことすら危険行為といえるものです。

彼には伝わらない地味なリスク、伝わらない結果が破局へと繋がってしまいます。

「もしかして夫にバレた?」と感じたとき

独身の年下彼氏は、既婚者の女性と付き合うことで彼女の夫への恐怖心を感じています。

相手がどんな夫かも知らない人で、怒らせたらどうなるか想像しきれないものです。

不倫関係になった既婚者の彼女は、二人でいるときにはいつも笑顔で楽しい時間を過ごさせてくれます。

ポジティブな言葉をかけてくれて、独身彼氏はいつも彼女に励まされてきたのです。

そんなお姉さん彼女の様子が、少しおかしいなと感じることがあれば、一番に考えることは「もしかして夫にバレた?」という心配。

一度不安に感じてしまうと、デート中の全てが旦那にバレそうな気がして、年下君もソワソワとぎこちなくなってしまいます。

本当に主人にバレそうになっているとき、バレているかもしれないと不安になっている時には二人でデートをすること自体が、とても怖いものになってしまうのです。

独身男性にとって、既婚者の夫と対峙する勇気が出ないと不安に押しつぶされてしまった結果、自ら別れの道を選びます。

子供の発熱でデートをドタキャンされた年下独身男性、自分を優先させて欲しい

「今日は待ちに待った年下ダーリンとのデートの日。少しの時間しか会えないけど、オシャレして出かけなくちゃ。」

ウキウキしながらデートの日を迎えた女性をよそに、熱にうなされる我が子の姿。

「もしかして熱?!」

子供がいる既婚者の女性にとって、子供の急な発熱や病気はどうしても付いて回るものです。

日々の中でトキメキを求めて恋愛をしていても、どんなにデートを楽しみにしていても、子供の急病の時に恋愛を優先させる親はいません。

本当に泣きたいくらいに辛いけど、デートはキャンセルです。

しかし、その話を聞いた年下の独身の彼は納得出来ずにモヤモヤが募ります。

「誰かに看病頼めないの?」「傍にいても熱が下がるわけじゃないのに」と自分を優先してもらえないことに苛立ちを覚えてしまうのです。

子育てを経験したことのない独身男性には、子供の発熱や急病でデートがキャンセルされることで、自分を後回しにされたようで非常に傷ついてしまいます。

いつも自分を優先して欲しい独身の男性に、デートのドタキャンは耐えきれないものなのです。

他の若い女性と仲良くなり、急に不倫相手の年齢を感じるようになった

独身である男性にとって、出会いはたくさん訪れるものです。

ふとした拍子に異性と仲良くなることは、珍しいことではありません。

年上の既婚女性と不倫関係にあっても、出会いの多さは同じです。

しかも不倫をしていることは、周囲の人は知らないため、フリーの男性だという認識になっています。

独身である男性に、好意を寄せる女性もいて当然です。

好意を持っていなくても、友人として仲良くなる女性のうち一人や二人は親密になる人が現れます。

不倫相手である既婚者の女性以外に、同世代の若い女性と仲良くなることで、彼女である年上女性の年齢を急に感じ始めることがあるのです。

「この話題は、あの人と話してもこんなに盛り上がらないな」「アクティブな遊びでも話題が噛み合うって新鮮だ」と年齢の違いにより会話の内容がずいぶんと変わることに気がつきます。

すると、安心感・居心地の良さに惚れていた年上女性よりも、刺激とフットワークの軽さを手に入れることができる若い女性の方がいいなと感じるようになってしまうものです。

他の女性と不倫相手を天秤に掛けてしまった時点で、年上女性への愛情は少なくなってしまったといえます。

年下独身男性と別れたくないなら年上既婚女性が注意すべき事、やってはいけない事

年齢を感じさせないよう「おばさんだから」と言わないように注意する

女性は自分の方が年上だと知ると、同性でも異性でも「私、おばさんだから」という言葉を使ってしまいがちです。

謙遜する気持ちから出てくる言葉ですが、実はこの「私、おばさんだから」という言葉は周りの人間からすればあまりいい印象を与えません。

自分自身のことを卑下する言葉は、あなた自身の価値を下げてしまうのです。

あなたは謙遜のつもりであまり深くは考えずに使っているとしても、あなた自身の価値を下げてしまうことは、恋人にとっても失礼な言葉となります。

「おばさんなんて言わないで欲しい」「そんなおばさんのこと好きな俺はおかしいのか」と、あなたのことを好きな事実を否定されている気分になるものです。

急に別れを切り出されそうだと感じているかもしれませんが、二人で過ごす中での日々の小さな謙遜から、彼の気持ちを遠ざけている言葉をあなた自身が続けてしまっています。

ケンカをして大きく価値観がズレてしまった、などというパターンと違いジワジワと積み重ねてきたガッカリとする気持ちは、取り返すためには苦労が必要です。

手遅れにならないためにも、「おばさんだから」という言葉を今すぐにやめましょう。

アドバイスをすることは相手を傷つけるのでやってはいけない

年上である女性からアドバイスをすることは、相手を傷つけるのでやってはいけない行為の一つとして挙げられます。

不倫関係になった男女は、年齢に関係なく対等な関係でありたいと望むものです。

特に年下の男性は、相手が年上であるということを自覚しているため、普段は年齢のことを気にしないでいても、問題が起きた時には「年が上だから」と理由として持ち出します。

男性は若ければ若い方がプライドも高く「自分はやればできる」と考えている人が少なくありません。

年上既婚である女性と不倫をしていても、アドバイスをされると自分が未熟者だと言われているような気持ちになってしまったり、アドバイスなしには解決できないと判断されているような気持ちになったりしてしまうのです。

女性は共感の生き物なので、アドバイスされることで悩みを聞いてくれていることを実感できたり、前に進む勇気が出てきたりします。

しかし、男性はプライドが高いということを忘れて女性と同じように接してしまうことで、彼の心は離れてしまうことを覚えておきましょう。

話を遮ってしまうことは不満が募るのでやってはいけない

不倫関係にある彼との会話は、どんな内容でどんな会話の展開をしているか思い浮かべることができますか?

もし、あなたが彼の話を遮ってしまうことが多くあるのであれば、それは彼の不満が募っている可能性が高いです。

男性の会話は、結論を伝えることで終着点を迎えます。

自分の頭の中で考えついた結論までの過程を整理して話をしているものです。

「○○だから○○の結論に至った」という話の終着点を迎えるまでの間に、あなたが「それって○○なんでしょ」「あ、分かった。こういう意味か」とあなたなりの結論にすり替えたり、彼の考えを否定したりするようなことで会話が終わるのであれば、年下彼氏も会話を続ける気持ちがなくなってしまいます。

男性は会話そのものに重点を置いているのではなく、会話の中で心のつながりを感じることで一緒にいる空間に満足しているものなのです。

しかし、会話自体が途中で強制的に終えられてしまうと、心のつながりどころか不完全燃焼でモヤモヤを感じるばかりになってしまいます。

もし、あなたが彼の言葉を遮っているのであれば、最後までゆっくり耳を傾ける努力をしましょう。

どの立場で言うの?既婚者女性からは絶対に束縛してはいけない

好きな彼氏は自由が利く独身男性。

不安になってしまう気持ちも十分わかります。

しかし、彼もあなたが既婚者だということでたくさんの我慢をしているはずです。

家庭での姿を想像しては、隣にいる夫や子供に羨ましいという気持ちを持つことはよくあります。

しかし、あなたが時間を自由に使える年下の魅力ある彼氏に不安を募らせることで束縛をしているのであれば、それは逆効果です。

彼からしてみれば、あなたも彼以外の男性と接していることに間違いはありません。

「飲み会って女の子がいるんでしょ?」「友達と遊んでいる時は、心配だから写真送ってね」など、年下男性の行動を制限してしまうことは、息苦しさを感じてしまっても仕方がないといえます。

既婚者である女性と付き合っている時点で、デートの回数は少なく、連絡も頻繁にできないという環境の中で我慢だけを強いられる年下である男性は、交際の期間が長くなると耐え切れなくなってしまうものなのです。

不倫関係にある男女で、一方だけが既婚者である場合には束縛することは厳禁であると知っておきましょう。

年下独身男性と別れた…年上既婚女性が振られて彼の事を忘れられない時の対処法

あなたの気が済むまで復縁を迫る

ついに訪れてしまった、年下独身男性との別れ。

振られてしまったことを機に彼のことを忘れてしまいたいけれど、なかなか忘れることができないという女性は苦しい毎日を過ごします。

時間が経てば忘れる、とはよく言いますが、それでも苦しい気持ちが永遠に続くような気がしてとても忘れられるとは思うことができません。

そんな時には、自分が納得するまでとことん復縁を迫りましょう。

「どうしてもあなたと一緒に過ごしたい」「別れるなんて苦しすぎて耐えられない」「もう一度考え直してほしい」と思いつくまま復縁をしたい気持ちを伝えるのです。

そうすれば、彼はきっと振り向くはず…

と淡い期待もありますが、正直復縁はそんなに簡単なことではありません。

既婚者であるあなたとの交際に、彼なりの結論が別れなのですから覆ることは難しいことだということは変わらない事実です。

「そんなに言ってくれるなら」と復縁できるかもしれませんが、復縁を迫りまくることで彼の気持ちがより離れていく可能性の方が高くなります。

復縁を迫りまくる目的は、あなたの気持ちの納得です。

とことん伝えることで、彼が離れていく姿、どうしても振り向いてもらえない姿を目の当たりにすることで、「やるだけのことはやった!」と感じることが大切になります。

結果を求めず、あなたが気持ちを伝えきることで気持ちにけじめをつけることができるのです。

家事をしながら泣くことで家族の存在を身近に感じる

失恋をした時には、とにかく泣いてしまうことが一番です。

涙は心のモヤモヤを全て洗い流してくれます。

年上で、既婚者で、たくさん強い女性を演じてきました。

しかし、あなたは一人の繊細な女性なのです。

強さを求められる女性は、普段から泣くことがなく「こんな時にさえ泣けない」という女性も多くいるはず。

そんな時には、恋愛映画に自分自身を重ねてみることで泣くことができます。

泣くことができるようになれば、家事をしながら泣きましょう。

家事は家族のためにしている家の環境を整える作業です。

家事をしながら涙を流すことで、家族のことをしながら恋愛のことに思いを馳せていることになります。

涙を流しながらきっとあなたは「家事しながら私は何をしているんだろう」と思うはずです。

家事をしなければいけない場所が、あなたにはあります。

あなたが整えてくれる環境で、安心して暮らしている家族がいるのです。

家事をしながら泣くことで、家族の存在を身近に感じることになり、気持ちの切り替えに役立ちます。

この方法のポイントは一人でいるときにすることです。

家族がいるときに涙を流すと、原因を聞かれても困ってしまいます。

家族を感じることが、今のあなたを癒す方法なのです。

夫に不倫をしていたことを告白、全てを失い罪深いことをしていたことを反省

不倫相手の彼氏にふられてしまい、それでも彼のことが忘れられない、追いかけたい、と本気で願うのであれば全てを失う覚悟を持ちましょう。

夫に不倫をしていたことを告白し、夫、家族、住む場所と全てを失うのです。

あなたが全てを失ったとしても、彼があなたの元へ帰ってくることはありません。

間違っても「あなたのために私は全てを投げ出してきたの」と、とストーカー行為をすることのないようにきちんと気持ちを整理することです。

あなたが彼と不倫関係になったきっかけ、彼のどんなところに惹かれたのか、不倫をしている間夫に対してどう思っていたのか、家族のことが頭に過ぎらなかったか、永遠の誓いをした夫婦として旦那を裏切った行為を自分の口から告げます。

頭の中では「主人に悪いことをしているな」と分かってはいても、旦那と向き合って実際に言葉にすることで、どれだけのことをしていたのかを実感することになるのです。

旦那は裏切られたことに対して、怒りを抑えることはできません。

しっかり、夫の怒りを受け取り、全てを失って一人になることで、不倫をしていた彼のことをあなたの中で精算していきましょう。

夫に不倫をしていたことを告白、受け入れてもらえたことに感謝して夫に尽くす

不倫関係を持っていた人を旦那に告げるという行為は、あなたの人生の中で最も恐怖と感じる出来事になるはずです。

夫を裏切り、他の男性と関係を持った、しかもそれが年下の若い男性とあれば旦那は呆れてものが言えません。

しかし、真剣な話し合いが続くはずです。

なぜそんなことになったのか、夫婦間で問題はなかったか、家族のことを今どう思っているのか、全てをさらけ出したからこそ言い合える本音の話し合いができるようになります。

不倫をしている妻は、夫に遠慮をしていることが多く、家庭内の不満を発散させるところがないため不倫という恋愛で気持ちのバランスをとっていることが少なくないのです。

夫がその事実を受け止めてくれたとき、夫婦の間には新たな絆が生まれます。

夫の口から「寂しい思いをさせて悪かった」「帰ってきてくれてありがとう」という言葉が出れば、あなたはまだ家族のもとにいることを許されたことになるのです。

受け入れてくれた夫に感謝をし、これからはこの寛大な夫と本音を話し合いしっかりと尽くしましょう。

そうすることで、自然に年下の彼のことは忘れることができるようになります。

一人で失恋旅行に行くことでしっかり浸ってスッキリ忘れる

失恋を忘れるためには、本気で好きになった彼のことをじっくり思い出す時間が必要です。

しかし、既婚者であるあなたにとって、一人で思いにふける時間を作ることはとても困難なことのように思えます。

悲しい気持ちを押し殺しながら、家族のために夕食を作って次の日の支度をして、笑顔で過ごさなければいけないのです。

でも本当の心は今にも張り裂けそうなほどに傷ついています。

そんなあなたにオススメなのは、どうにか理由をつけて一人で旅行に行くことです。

子供が小さいのであれば、連れて行くことで出かけやすくなります。

それだと一人の時間にならない、と感じる人もいますが子供と一緒だとあなたの心も安らぐ瞬間が生まれるため、あながちNGとも言い切れないものです。

子供が小さければお昼寝の時間や、夜早く寝てくれるため家にいるよりは一人の時間を感じることができます。

失恋旅行で不倫相手の彼を「好きだった」という気持ちにしっかり浸ってしまうことで、過去の出来事にすることができ、スッキリと前に進む準備が整うのです。

どうしても諦められない年下独身男性と年上既婚女性が復縁する方法

一度冷静になり、期間をあけてから相談相手になると提案

年下独身男性との恋愛が終わってしまって、どうしても諦められないあなたには、復縁するために行動するという選択肢があります。

しかし、一度恋愛が終わった直後に復縁を迫っても「終わったことだから」と追い払われてしまうものです。

今すぐにでも復縁したい気持ちで焦ることもわかりますが、一度冷静になりましょう。

そしてしっかりとお互いが落ち着くための期間をあけてからコンタクトを試みます。

相手は年下の独身男性、あなたは年上の既婚者である女性、彼の人生において役に立てる情報をたくさん持っているはずです。

相談相手になるよ、とお姉さんとしての存在で近くにいることを始めましょう。

不倫とはいえ、元カノに相談するということは、よく自分のことを知る人に話をするので相談しやすい相手と言えます。

年下の独身男性の信頼をしっかりと回復してから、タイミングを見て復縁したいことを伝えましょう。

失恋を気にしない素振りで魅力を思い出させる

年下君との別れであなたにできることは、再びあなたの魅力を感じてもらうことです。

胸が締め付けられそうな気持ちを隠し、大人の余裕を演じます。

笑顔で「おはよう」と声をかけるだけでも、相手はあなたのことを「あんまり落ち込んでない?」と意識するはずです。

失恋を全く気にしない素振りをするだけでも、年上の既婚者であるあなたにとっては魅力の一つとなります。

彼があなたのどんな部分に惹かれていたのか、不倫中の会話をよく思い出しましょう。

「○○なところが好き」「○○ってできるのってすごいな」と褒めてくれたところがあるはずです。

それだけでなく、あなたの仕草に微笑んでいた場面を思い出します。

彼があなたのことを好きだと思っていた行動やしぐさを、さりげなく出していくことで彼の心の変化となってしまった、マイナスな感情を減らしていくことができるのです。

「別れてしまって後悔している」「もったいない女性を手放してしまった」と思い始めて彼の態度が変わったことを感じ取ることができれば、復縁成功の可能性がかなり高い状態になっています。

他の年下独身男性との恋を探す

年下の彼との甘い不倫時間も終わりを告げ、また彩りのない日常に戻ってしまいました。

しかし、あなたは不倫をしたいと思われるほど魅力的な女性です。

結婚してから初めてのトキメキを感じたことで、恋のパワーの素晴らしさを感じることとなりました。

旦那への食事を作ることも苦痛ではなくなり、ロボットのように同じ毎日が変化していくことは、まさに不倫効果。

今は彼を失って、この世の終わりという気持ちになってしまっています。

しかし、プラスがゼロに戻っただけなのです。

あなたにはまだ恋をするバイタリティーもあるし、彩りを感じながら家族のために生き生きと過ごすことができます。

他の年下独身男性との恋を探すことで、再びあなたの生活は女性としての喜びを得ることができるものなのです。

飢えたハンターのようになってしまっては、ちょっと怖いですが、「ちょっとした火遊びの一つが終わっただけ」と思うことで、気持ちは楽になります。

次の恋愛が見つかれば、今悲しみの中心となっている元カレのことは忘れてしまうことができるのです。

年下独身男性と別れたくなければ既婚女性の特徴を隠しましょう

年下独身男性と年上既婚者女性には、ただ普通に恋愛していてもすれ違ってしまうことが起こります。

ましてや他の人には言うことができない不倫関係。

彼の中で何かがズレてしまったと感じた時から、徐々に心の壁は大きくなってしまいます。

あなたは経験豊富で、夫がいて、年齢を気にしやすい年上既婚女性なのです。

彼との違いを認識し、意識して既婚女性である特徴の行動や言葉を隠すようにしていきましょう。

あなたを一人の女性として愛してくれているという点のみを大事にして、彼と向き合うことで別れという事実は遠いものとなっていきます。

あなたの日常にトキメキと輝きが続くように、行動しましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG