奥さんにバレた…連絡がなく音信不通になったその後、彼の未練や冷却期間を活用し復縁する方法

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

「彼と連絡が取れなくなってしまった」「不倫がバレて今どんな状況になっているんだろう」と、既婚男性との不倫が奥さんにバレてしまって、その後彼からの連絡がなくなってしまい困ってはいませんか?

普段は笑顔で過ごしていても、実は不倫相手と音信不通となってしまったことを人知れず悩んでいる人もいるものです。

不倫関係だからこそ、悩みを口にすることができずに苦しい思いをしていますよね。

通常、不倫が奥さんにバレてしまえば、不倫関係は終わりです。

しかし、奥さんにバレて音信不通になった時の既婚男性の心理を知れば、冷却期間をどう過ごせばいいのか、復縁するにはどうすればいいのかを知ることができます。

彼の心の中にある不倫への未練を引き出し、復縁することで再び秘密の恋愛で満たされていきましょう。

目次

不倫が奥さんにバレた…不倫が奥バレした時の男性心理。今の彼は何を思ってるの?

奥さんの怒りが収まるまで不倫相手と連絡はやめておこう

不倫がバレてしまった時に、既婚男性が思うことが「奥さんの怒りが収まるまで不倫相手と連絡はやめておこう」という気持ちです。

とにかく奥さんの怒りが激しく、ほとんどの夫婦間で起こる現象として、妻の監視状態が厳しくなります。

嫁によって、全ての連絡先を削除されてしまうこともあるものです。

仕事の行き帰りに、連絡を義務化とし、お昼代のみお金を渡す、帰ってきたら匂いチェック、などまるで軟禁生活のようになってしまいます。

このような状態では、浮気相手に連絡をしようと思ってもいつ妻に見つかるかわからないので、連絡のしようがないのです。

自分が蒔いた種だとはいえ、奥さんに対して申し訳なさはあるものの、厳しく監視されることに苦痛を感じており、ほとぼりが冷めた頃にまた浮気相手に連絡をしたいと思っています。

そのため、「早く落ち着いてくれないかな」「早く会って謝りたい」と考えていることも多く、連絡ができないことは妻のせいだと考えているものなのです。

元々夫婦関係がそれほどよくないと感じていた夫ほど、不倫がバレた時の妻の怒りは、余計に夫婦間の気持ちが冷めてしまう原因となります。

浮気相手に合わす顔がない

突然訪れたXデー。

妻に不倫の証拠を突きつけられ、強制的に連絡ができなくなってしまい、音信不通になってしまったことを、非常に申し訳ないと思っています。

そのため、時間が経つほどに、浮気相手に対して合わす顔がないと感じてくるのです。

「急に連絡が取れなくなって心配しているだろうな」「怒ってしまってもう他の男といるかもしれない」など、不安ばかりが大きくなります。

しかし、妻にバレてしまっている状態であれば、不用意に連絡することはできません。

会えない時間が「彼女が幸せになってくれていたらいいな」「俺にはもうそんな資格が無い」と自分を責めてしまうことになってしまうものなのです。

彼女のことを大事に思っているからこそ、妻に不倫がバレてしまったこと、連絡が取れなくなってしまったこと、不安にさせてしまっていること、もう会えないだろうということ、全て含めてあなたに対して申し訳ないと思っています。

妻とは別れるということにはならず、不倫相手に自分からきちんと話をすることも今後ないはずです。

浮気相手のことは確かに好きだったけれど、あくまで不倫関係だったからこその感情だと言えます。

もう不倫をするのはコリゴリ

不倫恋愛というのは、精神的にかなり疲労してしまうものです。

日常から解放されて癒される、妻ではない女性と共に過ごすことができる、体を重ねることができる、など不倫をしていて楽しいことや嬉しいこともたくさんありますが、全てリスクを背負った上での喜びといえます。

奥さんにバレないように、周囲にバレないように、証拠を消したり、時間調整をしたりと、一度デートするためにも相当な思考力を使うものなのです。

特に不倫相手の女性が、感情を表に出しやすいタイプであったり、ダメだと言っていても頻繁に連絡してくるタイプだったりすると、毎度そのフォローをするために根気と気遣いが必要になります。

奥さんにバレたキッカケも、そんな疲れからニアミスが起きたとも言わざるを得ません。

「妻以外と恋愛をすることは、ドキドキして楽しいけれど、やっぱりもう不倫はコリゴリだ」と思ってしまいます。

また、バレ方によっても「二度と不倫なんてしない」と固く誓うものもあるのです。

例えば浮気相手の妊娠をきっかけで修羅場となったり、奥さんが怪しいと思い始めてから探偵を雇って徹底的に証拠を掴まれたりと、既婚男性が身動きとれなくなるほどの出来事が起きてしまえば、不倫に対しての思い出は一気に悪いものに変わります。

嫌な思い出はトラウマとなり、心に深く刻み込まれるものなのです。

浮気相手が何をしだすか心配

既婚男性の奥さんに不倫がバレてしまえば、とりあえずであっても連絡を絶つ以外に方法は見つかりません。

しかし、相手の女性の恋愛感情が大きすぎると感じている場合の既婚男性は、「浮気相手が何をしだすか心配」という心理になっているはずです。

女性は恋愛に対して、感情の比率を大きく持っている場合が多く、関係が上手くいかないときや自分の気持ちが一方通行だと感じた時に、極端に気持ちが不安定になってしまうことがあります。

「好きだからこそ、すべてを自分の物にしたい」という感情は、不倫においては行き場をなくしてしまうため暴走してしまうのです。

特に、元々メンタルが弱く「支えてあげたいな」と感じていた女性や、既婚男性に依存していると感じられる人、恋愛以外に意識を向けるものを持っていない彼女などは、男の人から見るととても不安定で心配になるタイプだといえます。

「音信不通になって、今頃発狂していないだろうか」「連絡取れないことに怒って、家に乗り込んできやしないだろうか」など、予測できない行動をしそうでハラハラしているものなのです。

やっと秘密の関係から解放される

不倫が妻にバレて相当な窮地であるはずなのに、なぜかホッとした表情を見せる既婚男性もいます。

それは「不倫恋愛という秘密の関係からやっと解放される」という気持ちになっているからです。

不倫恋愛は、奥さんにバレないように恋愛をしているからこそ、証拠を消すために様々な苦労をしています。

不倫相手とデートと言っても、仕事が終わる時間が平均して同じである場合、家に帰るまでの時間何をしていたのかと妻に聞かれる可能性も高く、どうにかして用事を作っておく必要があるものです。

彼女と旅行に行ったとしても、出張と言って出かけた場合のアリバイ作りや証拠隠し、など陰ながら努力をしています。

クレジットカードを使うことは何に支払ったのか奥さんにバレることがあるため、現金でうごかなければいけないため、お小遣い制の既婚男性にとっては結構懐が痛い出費となっていたはずです。

飲み会の流れで不倫が始まってしまった場合や、相手の女性からのアプローチが凄すぎて流されてしまった場合、不倫をする覚悟もできないまま関係を持つとその後の交際でかなり大変だということに気がついていきます。

そんな苦労をもうしなくても済むのか、と思うと修羅場を迎えているにも関わらず安堵してしまうのです。

奥バレして連絡がなくなり音信不通になった時、連絡を再開したいなら絶対にやってはいけない事

「会いたい」としつこくLINEする

奥バレして連絡がなくなるということは、家庭の中ではまだ修羅場状態が続いているということです。

この時に絶対してはいけないことが、「会いたい」としつこくLINEするということであり、もしかしたらそのメッセージは全て奥さんに見られている可能性があります。

家の中では「またあの女から“会いたい”だって、行くの?行けばいいじゃない」と正座をした夫の前で仁王立ちの妻がいるという光景になっていることも考えられるのです。

あなたが自分の感情を優先して送ってしまうLINEが原因で、奥バレした可能性もあるため、これ以上状況が悪化してしまうことになれば、不倫相手であった彼から嫌われてしまうこともあります。

「よくこの状況でまだ“会いたい”とか言えるよな!?頭おかしいんじゃないか?」とキレてしまうという事例もたくさんあるものなのです。

連絡を再開したいと考えているのであれば、最低限彼に嫌われてしまう行動は慎みましょう。

会いたいと思っている気持ちは、彼も一緒だと信じて、今は彼の気持ちを優先できるように思いやることが、大切な時期だと言えます。

何度も電話をかける

奥バレしたときには、妻は夫である男性のスマホが鳴ることに非常に敏感になっています。

例え仕事であっても、聞き耳を立てて、誰からの電話でどんな内容か想像しながら監視を続けている状態です。

そのため、スピーカーで仕事の用件を話すように言われている男性もおり、会話の内容は筒抜けとなります。

音信不通になってしまった不倫相手と、連絡をしたいばかりに「電話だったら誰と話しているかも会話の内容もわからないはず」と思いがちですが、意外に奥さんにバレているということも知っておきましょう。

相手の男性が、浮気相手の女性の電話番号を削除していたとしても、何度も同じ登録していない番号がなっていると、奥さんも番号を覚えてしまうことがあります。

「名前でないけど、これ浮気相手だよね?」「連絡先消したと思って安心させといて、また不倫しているんでしょ?」とさらに修羅場を生み出すキッカケになることもあるのです。

番号を覚えられてしまったり、浮気相手からの電話だと特定されたりしてしまえば、奥さんから直接あなたに電話がかかってくるリスクも高まります。

そうなってしまうと、再び不倫関係になることも、連絡を再開することも二度とできなくなってしまうので気をつけましょう。

人目がつくところで待ち伏せする

不倫相手と連絡が取れなくなってしまったからといって、行動に移してしまう女性がいます。

現代では、どこでも誰とでも連絡手段はスマホであり、メールや電話はタップ一つでつながることができる時代です。

だからこそ、不倫が奥バレしてしまってスマホから連絡先が消されてしまえば、相手とつながる手段がなくなってしまいます。

急激に不安な気持ちは大きくなり、一生会うことができないのではないかという焦りから、自分でも行動をコントロールできなくなってしまうことがあるのです。

「連絡が取れないのであれば、毎日通う会社の前で待ち伏せをしよう」など、人目がつくところで待ち伏せをすることになれば、相手に対して迷惑がかかるばかりか、周囲の人にも迷惑がかかってしまうことがあります。

妻にバレてしまっただけでも相当なダメージを受けている男の人にとっては、周囲にも不倫をしていたことがバレる大きな要因ともなり、そのことが会社や部署の信用を損なうことにもつながりかねません。

社会人男性にとって、仕事仲間に迷惑をかけることは本当に屈辱的なことであり、そうなってしまえば、二度とあなたの顔も見たくないという状況にまでなってしまう可能性もあるのです。

悲しみを綴ったメールを長々と送る

不倫関係がバレて音信不通となっている相手に対して、悲しみを綴ったメールを長々と送ってしまう人がいます。

しかし、その行為は全くの逆効果だと知っておきましょう。

浮気相手の女性は、結婚している彼と連絡が取れなくなってしまうことで、感情の発散をする場所がなくなってしまい、気持ちが高ぶってしまうものです。

気持ちが高ぶりすぎて、ポエムのように言葉を紡ぐことで感情整理をしようとします。

どうしても相手に伝えたくて「読んでくれるだけでいいから」「返信はいらないから」と前置きをしておきながら、永遠と続くようなメールを送るのです。

しかし、ここで問題なのは受け取る側の気持ちだといえます。

男性は長い文章を読むことがそもそも苦手であり、理論的で結論やシステムの話ならまだしも、出口のない感情論を読み解くということ自体がとても苦痛なのです。

ズラッと並んだ文字を見ただけで、気持ちが冷めてしまうということも十分にありえます。

「読んだけど、だからどうしろっていうの?」と思ってしまうのです。

感情に共感してもらいたい、分かってもらうだけで十分と思っている女性心理に対して、今後どうするべきかという結果を求める男性心理は相反するものであり、修羅場を迎えている時にこそこのギャップが悪い方へ向かってしまいます。

職場に連絡する

不倫が奥バレして、音信不通になってしまったら、いてもたってもいられなくなってしまいます。

「今どんな状況か聞きたい」「もう別れなければいけないのか確認したい」「会えない時間が長くて苦しい」とただでさえ連絡があまりできない不倫関係に、追い打ちをかけるように連絡が出来なくなるという状況は苦痛以外の何者でもありません。

会えない時間が続くほどに、声が聞きたい、姿が見たい、という切ない気持ちが湧き上がり、つい確実に連絡を取れる場所を探してしまうものです。

既婚者の男性が確実に連絡を取れる場所というのは、職場になります。

知らない人を装って職場に連絡することで、彼のスマホに履歴も残らないし、奥さんに聞かれることもないと考えるのです。

しかし、今一度落ち着いて相手の立場になってみましょう。

会社で仕事をしている時に、ただでさえゴタゴタしている不倫関係のことを、全く関係のない職場のデスクで話さないといけない彼の身になれば、それがどんなに過酷な状況を生み出すのかがわかるはずです。

周囲の社員は不審がり、社内でも不倫をしていることがバレてしまうだけでなく、「どうやら修羅場らしい」という噂までたってしまいかねません。

プライベートなことで会社の回線を使ってしまうこともNGですが、会社での立場がなくなることを案じれば、職場に連絡することは絶対にやめておきましょう。

奥バレして連絡がなく音信不通になったその後に出来る復縁への伏線

「落ち着いたら連絡ください」とメッセージを残す

連絡がなくなった人に矢継ぎ早にメッセージを送ったり、何度も連絡をしたりすることはタブーです。

奥さんからさらに追求を受けることになるなど、夫である彼の居場所はなくなる一方となってしまいます。

そんな時には、ひたすら待つ姿勢を貫きましょう。

「落ち着いたら連絡ください」とメッセージを一つ残すだけで、十分です。

「読んだらこれを消してください」と付け加えると、尚相手のことを思いやっていることを伝えることができます。

この短文にはとても深いメッセージ性が込められているものです。

「あなたの状況が落ち着くまで私は待つことができます」という気持ち、そして「あなたが連絡をしてくれたらまた不倫関係になりたいと思っています」という意味合いを含みます。

このメッセージを読んだ彼は、夫婦での話し合いが落ち着くまで待ってくれることを表明してくれたことに対して、安心感を持つと同時に浮気相手の女性に対して、愛おしい気持ちが生まれてくるものなのです。

恋愛以外の手段で繋がっておく

不倫相手と音信不通になっても、社内不倫という状況や共通の通う施設があれば、繋がり続けることは可能です。

恋人として連絡を取り合うことは、もちろんリスクが大きすぎることもあり、二人で会うなんてことは確実にバレてしまう期間だということは肝に銘じておきましょう。

しかし、同じ社内で顔を合わせる、また共通のジムに通っている、など会う機会があれば、不安ばかりで引きこもってしまうよりも、そのチャンスで彼とつながることを優先します。

もちろん特別な会話はしてはいけません。

同じ場に居合わせる者同士として接することで、プラトニックで純粋な恋心を育てることができます。

片思いのような時期を楽しむつもりで、苦しみを乗り越えるのです。

顔を合わせることで、彼の中であなたの存在が消えることはなく、相手の男性もまた気持ちを募らせていくことにつながります。

不倫行為という怪しいこともないし、特別な会話もないけれど、二人は両思いと考えるだけでも、実はロマンティックな状況なのです。

彼の表情を見ながら、家庭での状況も少し観察することもできます。

適度な距離にいるという状態は、落ち着いた頃に、彼から連絡をしやすい関係づくりとなっているのです。

奥さんが夫への監視を弱めるまでじっと身を潜めておく

音信不通になってしまったからには、とにかく奥さんの気持ちが収まるまでは何もできることはありません。

復縁したいと思っていても、すぐに連絡をしてしまうことは、永遠の別れへの一歩となってしまう可能性もあるのです。

奥バレしてしばらくは、妻は夫の行動をよく観察しています。

不倫相手の女性は、奥さんが夫への監視を弱めるまでじっと身を潜めておくことです。

不倫恋愛というのは、きっかけさえあれば元に戻りやすい関係といえます。

奥バレというかなりの修羅場があった場合、彼の気持ちは今奥さんをなだめることで必死になっているはずです。

しかし、落ち着いてくれば、またキッカケ次第で復縁可能だといえる状況にまでもっていくことができます。

辛い時期に一人で待ち続けるなんて、かなり過酷なことですが、バレた直後に動き出すよりもよほど未来に希望を持つことができる方法です。

彼と連絡再開できることを祈りながら、今の修羅場という状況よりも少しでもリスクが小さくなる時期を待ちましょう。

奥バレした原因が何だったのか状況を確認する

連絡再開したいがために、ひたすらに連絡をしてしまうことはタブーです。

それよりも、奥バレしてしまった今だからこそ見えてくることに着目しましょう。

不倫関係をしていて、いつから奥さんが怪しいと思っていたのか、交際の中で怪しまれるようなことはなかったのか、振り返って見ることができる期間になります。

音信不通だからこそ、自分たちの不倫関係は確実にバレない工夫ができていたのか見直すきっかけをもらったと考えてみましょう。

会う時間に規則性が出ていなかったか、服に残りやすい香水を付けていなかったか、車の助手席の位置を変えていなかったか、レシートを処分していたか、クレジットカードを使っていなかったか、などなど見直せば不倫がわかるポイントは山ほどあるものです。

一つ一つに対策を持って、彼と連絡が取れるようになった時には完璧にバレないようにしておく自信をつけることも大切になります。

久しぶりに会ったとき、「絶対にバレない方法を見つけた」と言えば彼も喜んで復縁してくれるはずです。

彼がうっかり屋さんであれば、浮気相手であるあなたができる限りの工夫が可能なデートをしていく必要があります。

不倫は準備が全てなのです。

彼ともう一度関係を持ちたいのであれば、万全を尽くすべきだといえます。

奥バレの後に冷却期間の正しい取り方。彼の未練を育て復縁に繋げよう!

最低でも半年は冷却期間をおいて様子を見る

不倫の奥バレは、そう簡単に復縁できるとは考えないようにしましょう。

元々既婚者と付き合っている時点で、難しい恋愛をしているので、復縁するということは、今までよりもさらにリスクが高まることを意味します。

最低でも半年は冷却期間をおいて、既婚者の男性と妻との関係はどうなっているのか、静かに様子を見るようにするのです。

奥バレして一か月は、奥さんは夫と話もしたくないという状態にあり、家庭内別居となっていることが考えられます。

だからといって監視の目がなくなるわけではなく、些細なことにも敏感に反応するので、精神的に参っている状態です。

一か月から三ヶ月は、奥さんは離婚を考え切り出すか、夫ともう一度やり直すために約束事を取り付けるなどして、不倫を二度としないという話し合いをしています。

そのため、この時期も特別監視が厳しく、夫のことを信用していない状態なので、旦那としては身動きがとれない状況になっているものです。

三ヶ月をすぎると、監視を続ける妻の方が疲れてくるか、夫に対して愛情がなくなってくるなどで夫婦関係に変化が訪れます。

六ヶ月も経てば、その変化は定着したものとなり、夫への愛情がすっかりなくなる、もう一度やり直そうとギクシャクしながらも奮闘する、など夫婦の形が出来ているものです。

最低でもそのくらいにまでは状況が回復していなければ、連絡することはできません。

逆に状況が変化していれば、新しい手段で連絡をしてもバレにくくはなっているといえます。

SNSで寂しいことをアピール

音信不通の不倫相手の感情を動かすためには、彼があなたのことを見てくれているツールを活用します。

SNSで寂しいことをアピールすることで、会えなくても彼の感情をかき乱すことができるはずです。

写真つきで、広い海や草原など郊外に出かけているアップをし「誰かと一緒に来たかったな」と一言添えておくだけで、彼の胸は締め付けられます。

「一緒に行けなくてごめんね」「俺が連れて行ってあげるはずだったのに」という感情を引き出すことができれば、復縁するための準備は着実に進んでいると言えるのです。

二人で行っていたお気に入りの場所、二人で行こうと約束していた場所、彼も知っている“私が寂しい時に行く場所”、などをアップして、一緒に過ごしていた楽しい時間を思い出してもらいましょう。

不倫相手の彼も、会いたくても会えないもどかしさが募り、復縁するために必要な彼の未練を育てることができます。

自分を磨いてセクシーになる

奥バレして音信不通。

普通であれば、この世の終わりと思うほどの修羅場であり、傷つきもう立ち直れないと思うほどのことです。

しかし、あなたが彼を愛する気持ちが本物であれば、連絡とれない時こそ自分を磨いてセクシーになる努力をするチャンスとすることができます。

不倫関係で女性に求められているのは、家事をすることでも子供の世話をすることでも毎日ご飯を作ることでもありません。

既婚者の彼が日常から離れて過ごす時間で、どれだけ心を癒し恋愛を楽しませるかということなのです。

今までの不倫関係は、奥さんにバレてしまったけれど、彼は結婚していることすら忘れて恋愛を楽しんでいました。

デートの予定があればウキウキして仕事も頑張れたはずです。

どうせなら再会した時に、以前にも増してドキドキしてもらいましょう。

ハッと目を引くような色気をまとって、会話をしなくても誘いたくなるような女性になるよう自分自身を磨いてセクシーになっておきます。

連絡を再開した時に、何か雰囲気が違うことを感じさせ、再び会いたいと思うような気分にさせ、会えた時には思わず熱い夜の営みを想像してしまうような魅力を蓄えておくのです。

奥バレから三ヶ月後飲み会を開催して呼び出すが何もしない

奥バレから三ヶ月後に、たくさんのメンバーを誘って行う飲み会を開催して彼を呼び出しましょう。

会社の飲み会、趣味の飲み会、友人同士の飲み会など繋がりはなんでもいいのです。

不倫がバレてしまって、三ヶ月は飲み会なども異性がいる場所は完全に禁止されているはず。

しかし、そろそろ息が詰まってちょっと家から抜け出したい、というタイミングが三ヶ月になります。

大勢で、しかも集まりの名目がハッキリしているのであれば、結婚している彼であっても奥さんに「飲み会に行ってきてもいいかな?」と切り出しやすくなるものです。

当然、この時期も奥さんの監視の目がまだまだ光っている時期だといえます。

このタイミングだからこそ、飲み会を開催して再会を果たすことができるにも関わらず、不倫がバレたことや二人の関係には一切触れないことが大切です。

あなたと何もなく解散して家に帰ることで、彼自身「修羅場になった後でも、意外に会えるものなんだな」と思い、元浮気相手と会うことに対してハードルが下がること、また「もう会えない」と思っていた人に再会したことによって、チラチラ目に入り、未練が育っていきます。

奥さんにとっても、「飲み会とはいえ怪しいぞ」と踏んでいたにも関わらず、早々に帰宅してくる夫の姿を見て、少し安心すると同時に「あれ?本当に反省しているのかもしれない」と怒っていた気持ちを落ち着かせることができるのです。

三ヶ月スパンで、これを繰り返すことで、相手の夫婦仲も徐々に落ち着いていき、二人も再会を繰り返しているので、タイミングのいい時に彼から連絡が入りやすくなります。

冷却期間後の連絡再開(関係再開)の方法。この方法でもう一度繋がれば既婚男性の彼とよりを戻せます!

LINE以外のSNSで既婚男性と繋がる

今やLINEといえば、日本国内では有名なSNSであり、連絡ツールの一つとなっています。

同時にLINEは最も浮気を疑われるツールでもあるのです。

近年の奥バレした証拠の中には、LINEのメッセージを読まれてしまった、LINEのポップアップを見られてしまった、という原因が多くなっています。

つまり既婚者にとってのLINEは、奥さんがチェックしていると思っておきましょう。

そこで活用できるのが、LINE以外のSNSです。

海外では、様々なSNSツールがラインよりもメジャーなものとして活用されています。

たくさん種類があるので、二人が使いやすいものを選んで、バレないように既婚男性と繋がりましょう。

また、メジャーなところでいくとFace bookやInstagramでもダイレクトメッセージができるので、つながることができます。

既婚男性と連絡が取れる方法はいくらでもあるのです。

彼と繋がることができれば、彼ともう一度ヨリを戻すことが可能になります。

固定電話で「用事がある」と呼び出す

私たちのスマホの中にある電話帳の中身ほとんどが、相手のスマホナンバーです。

企業相手であれば、固定電話が登録されていることもありますが、仕事上ですら担当者の電話番号が記録されています。

つまり固定電話は穴場なのです。

あなたの家に固定電話があれば、そこからかけることで不倫相手のスマホには知らない番号として発信通知がされます。

家に固定電話がなければ、少なくなってしまいましたが公衆電話を使うこともできるはずです。

公共施設には公衆電話が設置されている可能性が高いので、足を運んでみましょう。

相手のスマホに表示される番号が、固定電話であれば奥さんに見られても「仕事の電話だ」と思ってもらいやすくなります。

そして、「用事があるから少しだけでも会いたい」と呼び出すのです。

一度不倫関係になっている二人が、会うことになればもう気持ちは止められません。

奥バレしてしまっているので、すぐに不倫関係が再会するかどうかは二人の話し合い次第になりますが、どんな段取りで収拾させていくのか、今後どんな風に会うようになるのか、という形で話をするものです。

呼び出す時の用事は、「渡したいものがある」でも「忘れ物があった」でもなんでも構いません。

一度顔を合わせるということが、復縁に向けて動き出す重要な一歩なのです。

もう不倫相手のことを気にしていない素振りで彼から連絡が来る

社内不倫の場合、特に有効になる方法が、もう不倫相手のことを全く気にしていない素振りをして過ごすことです。

「こっちは奥バレして大変だっていうのに、もう吹っ切れたのか」と最初怒りが湧いてくることもありますが、そのことさえも既婚男性があなたのことを強く心に刻み込むことになります。

「俺との関係はその程度だったのか」という落胆、「もしかしてもう他に男ができたのか?」という焦り、全て含めて彼の心の中をかき乱すことになるのです。

普段は全く気にしない素振りをしているのに、ごくたまに視線を彼の方に向けてくる、などのテクニックを加えることで「あれ?本当は無理しているのか?」「寂しいと思っているのかもしれない」と思い始めることで、彼の方から連絡が来るようになります。

男の人は全く脈なしと思った相手から、ほんの少し好意が見えた瞬間に自分のモノにしたくなる、というハンターの本能が動き出すものなのです。

既婚男性がよく行く店に顔を出す

偶然が続くと、大抵の人間は運命を感じます。

既婚男性がよく行く店に、偶然を装って顔を出すのです。

男の人は、常連となっているところを滅多に変えようとはしません。

店の常連であれば、常連同士として話をすることも珍しくもないため、会話をするための第一歩が踏み出しやすくなります。

「嫁にバレた不倫相手と会ってはいけない」と強く思っているからこそ、「たまたま居合わせた」「二人で会っているわけではない」と彼自身の中での言い訳を作らせてあげるのです。

誰に言うわけでもない、彼自身の言い訳は、あなたとの距離を徐々に縮めてくれるようになります。

いけないとは思いつつも、繋がり続けることが可能になるものなのです。

何度か繰り返して彼の出没する場所で再会するうちに、我慢の限界を迎えて不倫関係が復縁するという日も訪れます。

男の人には、言い訳を作ってあげることで、決意を崩してしまうことができるものです。

「自分のテリトリーに入ってきたのは、相手の方だ」という理由が、結果的にあなたと繰り返し会う時間を作ることになります。

居酒屋などであれば、我慢の限界が超えた時にはお酒の力を借りてそのままホテルへ直行することもあるはずです。

奥バレして音信普通になっても冷却期間があれば復縁することも可能

不倫関係において奥さんにバレてしまうということが、一番やってはいけない失敗です。

しかし、その後音信普通になってしまうということは、離婚の話が進んでいたとしてもあなたに対して慰謝料請求など現段階ではされていないということになります。

それは、不幸中の幸いとなり、奥さんが許す方向で猶予を与えてくれているチャンスとも取れるのです。

復縁したいのであれば、しっかりと冷却期間を置いてから、絶対にバレない対策を持って再会することで、大好きな彼ともう一度関係をもつことができますよ。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG