職場で既婚男性が一生忘れられない天性の魔性の女の特徴とは?天然の魔性の女だからこその弱点なども完全紹介

この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫は必ず誰かが不幸になります。

「あなた」「彼」「彼の奥さん」「子供」…この中の最低でも1人…もしくは全員が不幸になる可能性もあります。

不倫ははじめてしまったら最後、誰かが不幸になる事が決まってしまうのです…。

でも大丈夫。たった一つだけ誰も不幸にならない方法があります。そのたった一つの方法をあなたの引いたタロットカードをもとにお伝えいたしますね

あなたは魔性の女に出会ったことはありますか?

男性を操っているような、天然のような、男女ともに周囲の人は皆、目が離せない存在です。

不思議な魅力があり、人々を夢中にさせる「魔性の女」は、男性の目線ばかりを意識して動いているわけではありません。

本人はほとんど無意識で行っている、魔性の女の特徴を知り、少しでも近づけることで、あなたも気になる既婚男性と不倫関係になる可能性を高めることができるはずです。

魔性の女の意味やそんな女性の魅力の虜になりやすい既婚男性の特徴を完全紹介します。

既婚男性が一生忘れない魔性の女の特徴と同時に、弱点も知っておくことで、好きになった既婚者の彼の心を、掴んで離さない「魔性の女」になりましょう。

目次

魔性の女の意味って?どんな女性の事なの?

女性から好意があるように感じる程人懐っこい

そもそも魔性の女とは、どんな人なのかというと、周囲の男性はその女性から好意があるように感じることがほとんどです。

とても人懐っこく、笑顔で明るく接している時には、「絶対この子俺のこと好きだわ」と誰もが思ってしまいます。

興味を持ったらすぐに話しかけてくるため、いつも近くにいるような感じがするものです。

気分屋のため、安定の人懐っこさというわけではなく、話をしている時にはご機嫌な子犬のように嬉しそうに話をします。

次々と質問をしてくるため、どんどんと話が止まらなくなるのです。

しかし、次の日にはクールに過ぎ去ってしまうような態度を取られることがあるため、彼女の興味を引きたくなってしまいます。

絶対自分に好意があると思えるのに、クールに振舞うこともある様子をみると、彼女の本音はどうなのかが気になり、ますます目が離せなくなってしまうものなのです。

話をしている時もじっと目を見つめたり、距離感が近かったりと男の人からすれば、好意があるとしか思えません。

魔性の女は、人からの好意は素直に受け取るため、プレゼントなども「ありがとう!」と喜んでくれます。

そのため、喜ぶ姿もかわいいし、純粋に受け取るので女性も素直に喜んでいると思うのです。

何でもやってあげたくなる

男性は、魔性の女が願うことはなんでもやってあげたくなるものです。

それは、彼女自身がお願い事をすることがなく、彼と一緒に何かをするというビジョンを持たせることが上手だからだといえます。

「こんな寒い時には鍋とか美味しいよね」と言えば、それを聞いた男性は美味しい鍋料理屋さんを探して連れていってあげたいと思うようになるはずです。

「私急いで○○をしなくちゃ職場の飲み会に行けないの」と聞くだけで、仕事を手伝ってあげようと動き始めます。

男性がつい「やってあげたい」と思うような話し方が出来るため、常に誰かが助けてくれるようになるのです。

また、したいことや欲しいものに関しては「あなただけに特別に話をする」というニュアンスが出るので、相手の男性は特別扱いをされるようで、とても気分が良くなります。

「強がっていますけど、実はちょっと寒いです」と内緒話をしながら微笑むと、すかさずジャケットを貸してあげたくなるものなのです。

誰もが見返りを求めずに、なんでもやってあげたいという気分になります。

雰囲気が近づきやすく距離感が近い

魔性の女は、その人自身の雰囲気がとても近づきやすいのが特徴です。

ニコニコしている、サバサバしている、明るい話題が好き、好奇心旺盛などの、明るい印象を持ちます。

メイクもナチュラルであったり好感が持てるものであったりするため、余計な印象を加えなくて済むのです。

人は第一印象で多くの情報を得ることができます。

メイクや雰囲気でその人の印象を決めるのです。

柔らかく明るい雰囲気であることで、話しやすそう、なんでも面白がって笑ってくれそう、素直そう、など好印象を持ちます。

実際に話しかけると、会話は楽しく、相手に対して関心を持つことも上手なので、距離感がとても近くなるものです。

パーソナルスペースをサクッと超えることに抵抗がないため、実際に体の距離が近くてもずっと側にいることができます。

コミュニケーションでも距離感の近さは発揮され、知らないグループであっても興味があることであれば抵抗なく入ることができるため、すぐに仲良くなるのです。

一方で同じ人と群れることはせず、女性特有のグループ意識がなく、執着しないので、誰とも距離感を近く仲良くなることができます。

自由奔放で楽しむことが上手

魔性の女は自由奔放で楽しむことが上手です。

周囲を巻き込んで自分の楽しいことをしていきます。

遊びに行くときも、全力で遊ぶため、見ている方も楽しくなってくるのです。

話を聞くことが上手で、今この場にいるみんなが楽しむことができる提案ができ、気を使うことができる魔性の女は、それらのことを無意識にできてしまうので、誰といても自分の好きなように自由に振舞うことができます。

彼女の振る舞い全ては、見返りを求めていないため、最後まで周囲の顔色を伺う必要もありません。

思いついたことをするだけで、勝手に自分が一番楽しいと思うことになってしまうのです。

自分が好きなことを普段から言葉にして出しているため、自然と周囲の人間も彼女が好きなことを知っている状態となり、合わせてくれるようになります。

常にポジティブで、クルクルと表情が変わる彼女のことは、自由奔放だと誰もが理解しており、それこそが彼女だと認めているものです。

そのため、行動などに彼女らしくないことを求める人もいなくなり、常に女性がベストな状態を保つことができるようになります。

本音がわからない不思議な感覚がある

魔性の女には、周囲から見ると本音がわからない不思議な感覚があるものです。

昨日まではものすごく親しい間柄になっていたと思っていたのに、今日はなぜかクールに過ぎ去っていく、ということが多々あります。

自分の好きなものややりたいことがハッキリしているけれども、周囲に合わせることも上手です。

周囲と一緒に笑っていたかと思うと、突然自分の気に入らないことがあると自己主張を始めます。

「あなたがやろうって言ったからやっているのに・・・」と周囲は困惑しますが、天性のカリスマ性があるので、そんな理不尽だと感じることも周囲は自然と受け入れるのです。

本人は芯があってブレていないのですが、振り回される側は彼女自身の信念にたどり着くまでは何を考えているのか掴めません。

しっかりと自己主張はするけれど、実は裏の裏まで考えていることもあり、結果周囲の人が助かったり、フォローされたりと、先のことまで読んでいる姿に感謝をします。

謎があり、全てをさらけ出していない感覚が、「もっと知りたい」という意欲を駆り立て、夢中になっていくものなのです。

主張しつつも自分のことを語らないその姿は、寄せては返す波のように掴み所がなく、男性は必死で捕まえようとし始めます。

職場で魔性の女の魅力の虜になりやすい既婚男性の特徴

気遣い上手でつい人の手伝いをやってあげたくなる

結婚した男性にも様々なタイプがいますが、気遣い上手でつい人の手伝いをやってあげたくなる人は、職場でも魔性の女の魅力の虜になりやすいと言えます。

職場における魔性の女は、仕事中でも甘えるのが上手です。

ただ、本人から誰かに頼みごとをする“自己中女“や”ワガママ女“と違うので、一人でどうにかしようと頑張る姿勢が見られます。

気遣い上手な男性は、常に周囲の状況や職場の仲間の仕事ぶりをよく見ているので、困っている様子や一人で仕事を抱え込んでいる人を見つけやすいのです。

「何か困っていることがあるなら手伝うよ」と声をかける既婚男性に対し、魔性の女は遠慮をしないので、大喜びで手伝いを受け入れます。

「いいんですか!こんな私のこと見てくれていて嬉しいです」と大きなリアクションと共に喜ぶ姿に、「声をかけて良かった」という気持ちになるものなのです。

人に喜ばれることをしたという認識が、既婚男性を再び「また手伝ってあげよう」という気持ちを引き出し、いつの間にか彼女の事ばかりを心配するようになります。

奥さんが厳しいため女性と話すことを我慢している

結婚してしまうと、男性は奥さん以外の女性と繋がりがなくなってしまいます。

職場には多くの女性もいますが、奥さんが嫉妬深い、束縛が強いなど厳しい夫婦のため、女性と話すことを我慢している男性も多くいるのです。

結婚のきっかけもそれぞれですが、特に独身時代から彼女の束縛が強くてそのまま結婚したパターンの夫婦であれば、夫は常に不満を抱えている可能性があります。

仕事で妻の目がないときくらいは、女性と話したいと思っている既婚者男性にとって、魔性の女はとても話しやすく、罪悪感なく親しむことができるのです。

自分は恋愛感情を持っていなくても、相手が勝手に好きになってくれているような気持ちになり、魔性の女と話をしていると、既婚者の男性はモテているような気持ちになります。

「もっと話したい」「好意を感じたい」と思っているうちに、既婚者自身が彼女にハマっていってしまうものなのです。

距離感が近く、ボディタッチを自然にしてくる魔性の女は、妻以外の女性と話をしたいと思っている男性の心を刺激します。

「彼女と話すとどれだけ自分が妻に縛られているのかがよくわかる」と感じるため、自分の世界を広げたくなり魔性の女との接触を増やしていくことになるのです。

自分に自信があり人からの好意を感じたい

誰にでも明るく接することができる女性は、周囲の人に好意があると思われがちです。

自分に自信があって人からの好意を感じたいと願っている既婚者の男性にとって、そんな魔性の女から感じる好意的な態度が心地よく感じます。

認められたい、褒められたい、受け入れられたい、という承認欲求が強い既婚者男性にとって、全てを満たしてくれる女性には、常に近くにいて欲しいと願い始めるのです。

魔性の女と一緒にいると「○○さんにしかできないことですね」「さすがです」「みんなが憧れる気持ちが分かります」など心地のいい言葉をたくさん投げかけてくれます。

そのため、自分に自信がある男性は褒められて当然だという考えから、彼女の言葉そのものが周囲の人の気持ちを代表する言葉のように感じるものなのです。

彼女は自分に好意がある、つまり周囲の人間はみんな自分に好意がある、という気持ちに繋がり、職場内でも積極的に行動できるようになります。

既婚者の男性にとって、魔性の女が発する言葉が自分の自信をさらに高めてくれることを知っているので、いなくてはいけない存在へと変化するのです。

独身時代に付き合った人数が少ない

結婚している男性は、誰しもがモテた経験があって結婚しているわけではありません。

独身時代に付き合った人数が少ない男性、お見合い結婚で初めての彼女が奥さんであるというケースもあるものです。

モテ期を経験したことがない既婚者男性にとって、職場の魔性の女は眩しく映ります。

女性と会話をすることも苦手だと感じている、他の女性はあまり接してくれない、という状況の中でも、丁寧に対応してくれて笑顔を向けてくれる魔性の女は、心のオアシスとなるのです。

「彼女はみんなのアイドルだ」と言い聞かせながらも、「もしかしたら自分に好意があるのかもしれない」という希望を捨てきれずにいます。

そのため、接する機会があればドキドキし、男性の中の彼女がますます神聖化していくことになるものなのです。

特に理系の男性は女性との接点が少なかった経験から、人とのコミュニケーションや距離感を図ることが苦手な傾向にあります。

モテる女性と職場で接点を持てたことで、自分がどう接していいのかよく分からず、一人で考えているうちに頭の中が魔性の女のことでいっぱいになってしまうのです。

職場で既婚男性が魔性の女と関係をもってしまうきっかけや原因

度重なるボディタッチでその気になってしまう

職場で既婚男性が魔性の女と関係を持ってしまう原因としては、女性からの度重なるボディタッチにあります。

男性はボディタッチをされることで、相手の女性は自分に好意があると考えるものです。

好意だけでなく「彼女は自分とエッチしたいかもしれない」という考えになります。

そのため、職場内で会話をしている時にさりげなくボディタッチをしてくる間も「こんなみんなの前で好きだと表現しなくてもいいのに」と照れてしまうものなのです。

会議後の片付けや残業、また給湯室などで二人きりになった時にもボディタッチをされてしまうと、既婚男性の理性は止められなくなります。

思わずその手を取り、キスをしてしまうはずです。

そうして、ふたりの関係が始まります。

例え、キスされたときに「そんなつもりじゃなかった」と女性が言ったとしても、既に既婚男性は好きな気持ちが大きくなっている上、「相手が自分とエッチしたいと思っている」という思考は急に変えることができないため、「そんなはずがない」「そんなつもりがなかったとしても、まあいいか」と勢いのまま好意をぶつけるのです。

自分だけに見せる笑顔だと感じて抱きしめる

職場という狭い空間の中で、頻繁に笑顔を向けられると、誰でも特別な感情を抱くものです。

魔性の女の笑顔は、人の心にひときわ強く印象付きます。

彼女の笑顔は、自分だけに見せる笑顔だと感じて、既婚者の男性は思わず抱き締めたいという衝動に駆られるものなのです。

男性は自分だけに向けられる笑顔にとても弱いもの。

相手が微笑む度に、自分と相手の女性との間にしかわからない意思疏通が働いていると思います。

女性からすれば、偶然目が合って微笑んでいるだけであっても、その視線と微笑みがとんでもない魅力を秘めているのです。

自分だけに向けられた笑顔だと思うことで、自然に彼女の姿を目で追ってしまうようになります。

結果、目が合う頻度も笑顔を向けられる頻度も高くなり、しょっちゅう見つめあっているような気持ちになるものなのです。

残業の時に甘えられて好きになってしまう

魔性の女は甘え上手です。

残業で二人きりの時に甘えられてしまっては、好きになってしまうのも当然といえます。

「疲れましたね、一緒に休憩しましょうよ」「ちょっとお腹すきましたね」と笑顔で言われると、軽い食事に誘って欲しいと言われているようなものです。

既婚者であっても、残業中の軽食や休憩は仕事の一貫として罪悪感を持ちにくく、他愛もない話をしながら共に時間を過ごします。

ちょっぴり甘えたあとは、思いきり感謝の言葉を伝えるのが魔性の女のセオリーです。

「本当にありがとうございます!元気チャージ出来ました」と満面の笑みを向けられると、既婚者の男性はもう一度この楽しい時間を過ごしたいと思います。

繰り返し残業で二人の時間が続くことで、すっかり好きになってしまい、既婚者の男性は気持ちが押さえきれなくなってしまうものなのです。

「もっと一緒に過ごして欲しい」とアプローチすることで二人の不倫関係が始まります。

誰しも虜にしてしまう女性と、残業時間を共にするということは、ある意味自らハマっていくことを覚悟していなければ、いけない行為となるのです。

掴みどころがないから自分のモノにしたくなる

魔性の女はどうにも掴みどころがないため、自分のモノにしたくなる衝動に襲われます。

ミステリアスな部分があるため、彼女の全貌を知ることが難しく、「普段は何をしているのだろう」などとあれこれ想像させてしまうものです。

そもそも男性は、女性を自分のモノにしたと感じると興味を失ってしまいます。

しかし、何を仕掛けてもイマイチ反応がわからないクールな面と、何を考えているのか手の内を明かさない感じが、既婚男性のハンター魂に火をつけてしまうものなのです。

どことなく既婚男性に好意があるように感じるのに、男性が好意を見せても乗ってこない、など男の人から見ると、落とせそうで落とせないもどかしさがあります。

簡単に手に入ってしまうものほど飽きてしまいますが、その点魔性の女はいつまでたってもミステリアスで気持ちが理解できないところがあるため、夢中になってアピールをしてしまうのです。

男の人は彼女にいつも振り回されているような感覚になり、悔しさが生まれるため、躍起になってしまうことで一層親切にしたり、必要以上に話しかけたりと、コミュニケーションを図ります。

また、魔性の女は特定の誰かと仲良くするということがなく、たくさんの男性から親しげに話しかけられても、笑顔で対応しているはずです。

その姿を見て、自分への好意は本当にあるのか確かめたくなるという気持ちも生まれます。

既に後へは引けなくなっているアピールは、彼女本人は全く気にしていなくても、既婚者男性は落とせるまで続けることになるものなのです。

気まぐれで目を見つめてくるから職場の飲み会帰りにそのままホテルへ行く

魔性の女は気まぐれで目を見つめてくることがあります。

彼女からすれば、本当に意味のない行為です。

時に人間観察をしたくなり、じっと見つめて観察していたり、「今あの人は何を考えているのだろうか」と妄想してみたりと、周囲の人の思いもよらないことが理由だったりします。

職場では、仲間たちとお酒を飲みに行く機会も多々あるものです。

職場の飲み会でも、気まぐれに目を見つめてくる行為をしていると、目が合っている既婚者の男性は彼女がエッチしたいのかと思ってしまいます。

その気になった既婚者の男性は、彼女を飲み会帰りにそのままホテルへ行く流れに持込み、不倫関係へと踏み出すのです。

恋愛に関して執着がない魔性の女としては、消して軽いわけではないのですが、好意的な男性に誘われれば、流れでエッチをすることで面倒くさいことが起きるかも知れない、という予測をしないため、その時納得していれば流れでエッチをすることもあります。

目力がある魔性の女ほど、見つめることから不倫に発展するケースは少なくありません。

職場で既婚男性が一生忘れられない天性の魔性の女の特徴

褒め上手で「○○さん尊敬します」など言ってくれるため自信がつく

職場で既婚男性が一生忘れられない天性の魔性の女は、とても褒め上手です。

既婚者の男性が普通に仕事をしていると思っていても、「○○さん尊敬します」など、ほかの誰にもできない仕事をしているかのように言ってくれるため、自信がつくようになります。

「分からないところを教えて欲しい、あなたの教え方が上手」という言われ方をすることで、頼られているという喜びと、特別感を得ることができるものです。

なにか困っていることがあれば進んで手伝ってあげようという気持ちを呼び起こし、いつでも気にかけるようになります。

男性は一日仕事をしていても、特別誰かに褒められるということがなく、いつも物足りなさを感じているものなのです。

大きな契約が取れた、クライアントが喜ぶ仕事が出来た、など目に見える結果がとして成果が出た時には周囲に褒められることもありますが、それ以外のことに目を向けてくれる人はいません。

そのため、当たり前に行っている業務を教えたり、少し手伝ったりすることで褒められるという経験は、自分の存在価値を見出すことにもなり、職場に行くことが楽しくなります。

職場にいる魔性の女のおかげで、毎日仕事に行くことが楽しくなるという実感を持つことができるため、一生忘れられない人となるのです。

ポジティブで周囲を元気にさせる

職場にいる女性が一人でも常にポジティブな発言をしていると、職場全体の雰囲気が良くなります。

女性は、特有の集団意識を持つことが多く、人数が集まれば噂話や悪口を言ってしまう人がおおくいるものです。

集団意識が働くと、一人違う意見をいうと仲間はずれになってしまうという恐怖心が育つため、特別意見がなくても周囲の噂話に話を合わせることになってしまうということも、珍しくありません。

しかし、魔性の女は常にマイペースで周囲の目を気にして動いていないので、自分が楽しいと思える雰囲気作りにすることが得意なのです。

集団意識の噂話に入ることなく、「人それぞれ違っていいじゃない」「あの人頑張っているよね」「○○さんのあの部分が素晴らしいから私も見習いたい」など、臆することなく人を褒めることができます。

既婚者の男性は女性特有の噂話や集団意識が苦手だと思っているので、周囲に惑わされることなくポジティブな意見を出すことができる姿がとても印象に残るものです。

「彼女がいるから救われる」「あの子が雰囲気をよくしてくれているからありがたい」と思うことで、常に感謝の気持ちを持つようになります。

男の人を立てることが上手なので社外の人から既婚男性の評判がよくなる

男の人を立てることが上手な人というのは、案外少ないものです。

魔性の女はさらっと男の人を立てることができるため、社外の人から既婚男性の評判がよくなるという現象が多々起きます。

社内の話だけにとどまらず、社外の人と話をしている時にも「○○さんって本当にすごいんです」「○○さんがいてくださるおかげで、たくさんの社員がやる気になるんです」など、社内で既婚男性が重要な人物だという褒め方をすることができるのです。

本人に褒めるだけではなく、周囲の人間に対しても同じように既婚男性のことを褒めるという姿勢を崩さないため、男の人からすると彼女と一緒にいることで自分の価値が上がるような気持ちになります。

評価は人からされるものであるため、男の人が自慢話をするよりも隣にいる女性が男性の自慢話をする方がよほど相手に対しての印象が良くなるものなのです。

例えば、接待のゴルフでも男の人が自分で「僕ゴルフうまいですよ」というよりも、隣にいる女性が「○○さんはとてもゴルフが上手なので、私も教えてもらいたいって思っているんです」と一言伝えるだけで、相手の印象は大きく変わります。

魔性の女は常に男性を立てることが上手なので、社外の人に会わせても恥ずかしくない人であると同時に、常に一緒にいてほしいと思える人なのです。

こっそり間違いを指摘してくれるため自然と至近距離になる

既婚者の男性はプライドが高いものです。

特に仕事に関して、人前で間違いを指摘されるというのは非常に恥ずかしいことだと言えます。

しかし、魔性の女はこっそり間違いを指摘してくれるため、男性自身は素直にありがたいと思うことができるのです。

しかも、周囲に悟られないように指摘をしようと思えば、自然と顔が近くなり至近距離になり小声でそっと喋るので、男性はドキドキします。

その指摘が間違いでなければ、二人の関係は更に親密になるはずです。

「○○さん、ここはこうではないですか?」とそっと顔を近づけて指摘してくれる彼女に、「いや、こういう理由でそうなっているんだよ」と間違いではないことを伝えると、「そうだったんですか?ごめんなさい」と笑顔で微笑み合うという構図が出来上がります。

周囲に内緒のやり取りをしているようで、急激に親密度があがるのです。

特別仲がいいという感覚になると、一生忘れることのできない職場の女の子という存在になります。

天然の魔性の女だからこその弱点

八方美人と言われる

天然の魔性の女であれば、周囲に差をつけることなく明るく親近感を持って接しているため、八方美人と言われることもあります。

誰にでも明るく接することができるというのは、人間関係を円滑に進めるためにとても重要なスキルではありますが、人間とは不思議なもので同じ考えの人ばかりの集まりではありません。

誰とでも仲良く接することができることをよくないと考えている人もおり、また異性からも人気があるということで八方美人と言うことで、自分が同じことをできないことを正当化するものなのです。

男性からすれば職場の女性はいつも笑顔でいる女性の方が、周囲が明るくなり雰囲気も良くなると考える人が多くいますが、女性同士の目線では、仕事場に笑顔は必要ないと考えている人もいます。

自然にボディタッチをしてしまうことも、計算だと言われることがあるため、魔性の女自身記憶にないことで悪口を言われるのです。

しかし、魔性の女と呼ばれるほどの女性なので、そんな噂話は気にしていないことがほとんどといえます。

嫉妬の対象になる

男性に人気が出てしまうことから、嫉妬の対象になることがとても多くあります。

社内の憧れである既婚男性と仲良くしている姿や、上司、社外の人など、社内の女性が仲良くなりたいと思う男性ほど心を掴むことが上手なので、周囲の女性から嫉妬されるのです。

女性は自分が出来ないことを行動にできる人のことに対して、単純に尊敬だけでは追われない人が多くいます。

「私だったら絶対に無理」「なんで誰とでも笑えるの」など、円滑に人間関係を築いていく姿や、ボディタッチをしても不自然と感じない姿に嫉妬するものなのです。

また、彼女に好意を持っている既婚男性自身が嫉妬することもあります。

「自分に好意を持っていると思っていたのに、他の男とも仲良くするのは何故」「自分はなんでもしてあげたいと思っているのに、他の男も彼女のために動くことが嫌だ」など、魔性の女の自由奔放具合にまさに翻弄されているのです。

本人は興味があること以外は、全てフラットな目線で見ているので、特別な感情がなくても無意識に優しくしたり楽しく話をしたりすることが出来ます。

周囲の嫉妬があっても、彼女らしさは変わらないので、男性からは安定の人気があるものです。

注目度が高いため不倫がバレるリスクが高い

魔性の女は、存在そのものがとても目立ちます。

見た目は素朴でも華やかな雰囲気を纏っているので、職場に入ってきた瞬間にみんなの心が和むのです。

ただ、注目度が高いため、既婚男性は彼女と不倫に発展するとバレるリスクが非常に高いといえます。

何もしていなくても、誰かが彼女のことを見ているため、既婚男性と頻繁に目を合わせていたり、コソコソ話がよく見られたりすることで、不倫関係を疑われるものなのです。

彼女のことを見ている人自体が多いので、既婚男性がどれだけ隠そうとしても難しいものがあります。

また、魔性の女と不倫をすると既婚男性は彼女に対しての独占欲が強くなるので、仕事中職場にいるときにも彼女の天真爛漫な姿を規制しようとしてしまうものです。

誰かと話をしていると割って入ったり、自ら進んで手伝いをすることで周囲の助けを防いだりと行動を起こすことで、不倫関係がバレてしまいます。

魔性の女と不倫関係になると、自然と彼女のそばにいる周囲にいる人も注目を浴びることになるので、注意が必要なのです。

他の男性からも言い寄られる

誰とでも話を合わせることができ、ポジティブな発言をし、気遣いをすることができる女性のことを、誰もが好きになることは当然です。

例え、彼女と恋愛関係になったとしても、他の男性からも言い寄られるということは珍しいことではありません。

常にモテる存在なので、彼氏がいるからと諦める男性ばかりではないのです。

例えばその恋愛が不倫関係で、周囲に秘密にしている関係であれば、他の男性は彼女が誰とも付き合っていないと判断して、次々に告白をしてくることもあります。

交際を断っても、相手が傷つくような言い方はせず「ごめんなさい、お友達の方がいい関係でいられると思います」など、今までと同じように接したいという言葉を使うので、その後も関わりがなくなるようなことはありません。

独占欲が強い男性からすれば、「他の男に隙を見せるからだ」と怒ることもありますが、魔性の女は自覚がないことが一番の特徴なので、性格は変えることができないことです。

誰かと恋愛関係にあっても、執着心がないので、他の男性とも仲良く話をすることができます。

彼は彼、職場の人は職場の人、と分けて考えているので、避ける理由がないのです。

天然の魔性の女と付き合っても自分のモノになった気がしない

彼女と付き合うことになっても、相手の女性は分け隔てなく親しくすることができるため、交際相手の男性は自分のモノになった気がしないことが弱点です。

尽くしてくれるけれども、それも彼氏に対してだけではありません。

本音は何を考えているのかイマイチ掴むことができないので、いつも不安に駆られてしまうものです。

手を離せばいなくなってしまいそうな、儚さを携えています。

一途に愛することができる女性ですが、普段から気分屋なところや周囲から人気があるところを見ていると、付き合っていても他の誰かに心を奪われそうな気持ちになってしまうものなのです。

「俺のこと好きなんだろうな」と思うことはできますが、付き合う前から好意を感じる言動が多かったため、本当に好きなのかどうか分からなくなってしまいます。

誰もが助けてあげたくなる存在だからこそ、彼氏は自分ではなくてもいいのではないか、と自信を失ってしまうのです。

魔性の女の虜になった男性は、束縛したいと思ってしまうため、掴みどころがない彼女を束縛しきれず苦しくなってしまうことがあります。

魔性の女を目指すときには既婚男性の気持ちも考えて動こう

職場に好きな既婚男性がいれば、難しいと思いながらもどうにかして振り向かせたいと思うものです。

魔性の女を目指して彼のハートを射止める方法を使うのであれば、既婚男性だけに見せる姿や特別感を持ってもらえるような方法を選びましょう。

天然の魔性の女は、周囲の人を虜にしますが、特定の人からすれば誰にでも見せる姿だとガッカリされることもあるのです。

既婚男性にだけ見せる甘えた姿や秘密の共有などピンポイントで特徴を取り入れて、彼の気持ちを振り向かせる行動をしてください。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG