社内(職場)で既婚男性が好意のある女性に見せる態度や行動

あなたは「もしかして、社内(職場)で既婚男性から好意を持たれてるんじゃ…?」と気になってはいませんか?

社内(職場)で既婚男性に好意を持たれると、どう対処していいか悩むもの。

今回は、既婚男性が奥さん以外に好意を持つ理由や好意を持たれやすい女性の特徴、そして好意を持たれた時の対処法まで詳しくご紹介しています。

そして好意があっても体目的、遊びの女性にとる態度と、本気になりかけている真面目な好意がある女性に取る態度の違いについても書いていますので、社内(職場)の既婚男性はどんなタイプの好意を持ってくれているのかがこれでわかりますよ。

既婚男性からの好意の種類と対処法を参考にあなたの社内(職場)でのワークライフが快適になるように対応しましょう。

目次

社内(職場)で既婚男性が奥さん以外に好意をもつ理由って?

自分の仕事スタイルを認めてくれる存在だと思っているから

既婚男性は、社内(職場)の女性が自分の仕事スタイルを認めてくれる存在だと思っています。

そもそも男性は仕事に対して自分の評価をして欲しいものです。

既婚男性が評価をされることで、自分に自信を持つモノの一つとして仕事がありますが、結婚相手はパートナーの仕事をしている姿を目にしていないことがほとんど。

つまり、家に帰れば仕事のことで評価をされることはないということになります。

社内(職場)の女性は共に仕事をする仲間として、自分の仕事スタイルを近くで見てくれている存在です。

社内(職場)が一緒で既婚男性の仕事を見ていると、仲間であれば仕事でどんなことに力を入れていて、どんなことに配慮をしているかとても細かいところまで気がつくことができます。

自分の仕事スタイルを認めてくれる存在は、既婚男性にとって仕事の評価をしてくれる一人としてとても重要な存在なのです。

阿吽の呼吸で仕事ができる女性とは、仕事もはかどりコミュニケーションも増えていきます。

そのスピード感もとても心地がよく感じるのです。

心地よいやりとりがあるコミュニケーションが増えていくと、自然と社内(職場)にいるあなたに心を許すことが増え、次第に好意に変わっていきます。

家庭から離れた一人の男として見てくれるから

仕事をしている中で既婚男性は、社内(職場)の女性から“家庭から離れた一人の男”として見てくれることを知っています。

社内(職場)にいるときの既婚男性は、結婚していることも、家族がいることも一旦置いておいて、一人の男として仕事に取り組んでいるものです。

家庭から離れてしまえば、家とは全く違う姿の男性も少なくありません。

家でダラダラしていても、仕事場では皆が憧れるカッコイイ男性に変身することもあります。

仕事の中では、妻や子供がいることは関係なく実力と効率が結果を生んでいくものです。

既婚男性が男として、社会の中で自分の力を試されている、まさにその時の姿を見てくれている職場の女性は、自分の存在そのものを見てくれているという実感を持ちます。

男性にとって妻帯者というベールを取った姿を見てもらえることは、とても重要なことです。

人は誰だって「本当の自分を見て欲しい」と願っています。

男性は仕事に情熱を傾け、仕事をしている姿を「本当の自分」だと思っている人も珍しくはありません。

家庭から離れた一人の男として、見てくれる社内の女性は本当の自分を見てくれていると感じるため喜びが募り、好意を持つようになるものなのです。

仕事を通して心の繋がりが深いと思っているから

仕事というものはとても不思議なもので、大きな同じ目標に向かって会社全体が動いているもので、そこに携わる人間関係は自然に繋がりが深いものへと変わっていきます。

仕事のことしか話をしていなくても、職場にいる人の性格が理解できたり、受け入れたりできることは、社内あるあるです。

仕事を通じて、人間味を感じることも魅力の一つといえます。

特に仕事で関わる人間関係は特定の人物が数人と決まってくることが多く、そのメンバーとは重要な案件をやりとりすることも多いため信頼度が格段に上がってくるものです。

社内で信頼できる人には、プライベートなことを話すことも増え、自分の全てを晒していくようになります。

その結果、仕事を通して人間関係が芽生えた人は心の繋がりが深いと思っているのです。

相手が女性であれば、心の繋がりが好意に変わっていっても何も不思議なことではないと言えます。

いつの時代も男女の恋愛の根底は「相手を信頼していること」なので、職場では好意が芽生えやすい環境なのです。

一度好意を感じた既婚男性は、信頼、コミュニケーション、好意と揃っているのでお相手の女性から目が離せなくなります。

どんどんと好意は加速していくことになるものです。

不倫関係になれば刺激を受けられるとドキドキするから

男性の頭の中に恋愛の刺激は切っても切り離せないものです。

既婚男性においても、実行に移すかどうかは別としても頭の中で「不倫関係になれば刺激を受けられる」と社内の女性に対してドキドキすることがあります。

この場合の男性目線では、性格が気に入った、信頼できる、女性として尊敬する、など内面的な好意から不倫を想像することもあるものです。

一方、見た目が好み、体つきがエロい、喋り方からフェロモンを感じる、など異性としての性欲を刺激される好意もあります。

どちらにしても、既婚男性は仕事仲間に対しても“異性”と意識してみていることも多く、きっかけさえあれば不倫ができないかと考えているものなのです。

毎日の仕事生活の中に、不倫関係という刺激が加われば一層充実した仕事時間を送ることができます。

そんな想像をすることだけでもドキドキしてしまうものです。

既婚男性は家庭を持ったことで、恋愛感情が安定してしまい、心のどこかで刺激を求め始めています。

社内にはたくさんの女性社員がおり、刺激を満たしてくれる女性はどこだろうかと知らず知らずに探しているのです。

ドキドキしたいという欲求自体が、不倫関係になりやすい既婚男性の特徴ともいえます。

二人だけの時間を過ごすなどして恋愛感情を持ちやすくなるから

職場で関わる人と、仕事の用事で出かけたり、準備をしたりと二人だけの時間を過ごすことは多いものです。

会議前の準備、現場に行く際の車の移動、プロジェクト打ち合わせ中の買い出しなど全て仕事で必要なこととはいえ、ちょっとしたプライベートタイムにも似たものがあります。

少しの時間でも積み重なれば、二人だけの時間はかなり多くなるもので、その間に男女の距離が近くなることはよくあることです。

車の移動では密室で、二人の距離は近く、恋愛感情を思っていなくてもドキドキするもの。

買い出しで重たいものを引き受けてくれる既婚男性の姿、頑張って持とうとする健気な女性社員の姿にそれぞれドキッとすることも多いはずです。

既婚男性も最初は気がつかないふりをしていても、ドキッとすることが積み重なっていけば「彼女のこと、好きかも」と好意に気がつくことになっていきます。

隙間時間こそ究極の恋愛タイムとなっていくのです。

社内の人間関係では、隙間時間の恋愛タイムが多くあり、既婚男性が気づいたときにはずいぶん恋愛感情が育っています。

社内(職場)で既婚男性に好意を持たれやすい女性の特徴

褒める行為が得意な女性

女性の中には、全く計算せず男性に好かれる特徴を持つ人がたくさんいます。

その一つが褒める行為が得意な女性です。

人は誰でも褒められるととても嬉しい気持ちになります。

それは褒めるという行為が、相手そのものを認め受け入れ賞賛している行為だからです。

男性は特に褒める行為をする女性に好意を持ちやすいといえます。

既婚男性は自分のことを褒めて欲しいと思っているものなのです。

褒める行為が得意な女性は、誰から見てもとても柔らかい印象を持たれ、周りに人が集まってくる人となります。

彼女と話していると、自分のことを褒めてくれるということを知っているのです。

褒める行為が得意な女性は、自然とモテるようになります。

本人が知らないところでも「あの子は人気者だ」「あの女性はとても人のことをよく見ている」と高評価を得ているものです。

既婚男性がそんな女性に褒められると、褒める行為が得意だと知っていたとしても「あれ、自分に好意があるのかな?」と思うことも少なくありません。

「自分のことをこんなに見てくれる人がいるなんて、ありがたい!」と感謝を持つ人もいます。

たくさん人を褒めている女性はいつも笑顔で、愛想もいいものです。

ニコニコしている女性から「いつも素敵ですね」と言われれば、意識しなくても男性は好意をもっていきます。

男性と同じように責任を持って仕事に取り組む女性

仕事に対して真面目な既婚男性は、周りの人に対しても同じように仕事に対する責任感を持って欲しいと願っています。

特に女性社員はやる気のある、ないがわかりやすいものです。

女性社員の中で、男性と同じように責任をもって仕事に取り組む女性がいれば、それだけで仕事に対して真面目な既婚男性の好感度は高くなります。

仕事というものは、やはりタフでないと出来ないことも多く、仕事に対して前向きで一生懸命な姿は男性の応援したい心を刺激するものなのです。

仕事の依頼をした時に「はい!すぐやります」「必ず仕上げます」など責任ある発言に併せて行動が伴えば、既婚男性からの評価はとても高いものになります。

「これなら安心して任せることができる」と女性の仕事に対して安心感を持つことは、女性自身に対しての信頼も高くなり、いざという時は助けてあげたいと思うようになるのです。

好意を持つ女性が「困っていると感じる時には、すぐに助けたい」と思うことが異性としての守りたいという願望に変わっていき、恋愛感情の好意へと成長していきます。

仕事の中でも全面的にバックアップをしてくれているはずなので、既婚男性との信頼関係もしっかり結ばれているはずです。

人との差別化をする女性

社内の中で、人との差別化をする女性というのはとても目を引く存在となります。

それは女性としてのファッションや、魅力、マナーや気配りといった女性らしさの面で表されることもあるものです。

女性としての魅力を人と同じでは満足することなく、差別化をする意識がとても向上心があることの現れであり、やはり一味違った魅力を持った人となります。

目を引く存在である女性は、既婚男性からの好意も受けやすく、マドンナ的存在と言われることになるものです。

人との差別化をする意識が、周囲にいい影響を与えることもたくさんあります。

職場の雰囲気が明るくなったり、周りの女性社員の意識が向上したりするだけでなく、男性社員の仕事のクオリティも高くなるものです。

また、仕事の面で差別化をする女性も“出来る女性”として、社内ではいい評価を得ることになります。

書類の処理だけでなく、ちょっとした間違いを丁寧に指摘してあったり、プラスアルファの文書をつけてサポートしてくれていたりと、一見気がつかないことに目を向け素早く処理する能力のある女性社員は、とても仕事がしやすくなるものです。

仕事の効率アップをさりげなく提案し、実行できる女性社員は既婚男性からの好意を持たれやすい女性の特徴といえます。

機密情報や会社の内部について他言しない女性

女性は噂話が大好きです。

しかし、会社には機密情報や会社の内部について、他に漏れてはいけない情報がたくさんあります。

機密情報や会社の内部事情を他言しないということを守ることが出来る女性というのは好意を持たれやすい女性の特徴です。

会社の中の非常に重要な案件について、噂話でも他の人に話すようなことがあれば、どこからどう外部に漏れてしまうかわかりません。

女性の噂話は実は仕事をしている男性にとっては、とても危険視されているのです。

社内の重要な情報を他言しないということは、仕事をする上でも信用度が大きく関係してきます。

「この社員は絶対に安心出来る」という信頼を持たれる女性社員は、既婚男性からも大きく信用され、何でも任せても大丈夫という絶大な信頼へと変わるのです。

信頼している女性であれば「もし不倫関係になったとしても他言しないだろう」という安心感に繋がり、恋愛感情へと発展していきます。

不倫関係は社内の極秘プロジェクトとなるものです。

好意を持った既婚男性にとって、仕事で他言しない女性は、不倫という極秘プロジェクトも完遂してくれるという期待を込められています。

機密情報、社内の内部のことを他言しない女性は、既婚男性の恋愛の対象となりやすくなるのです。

清潔感があり常に女性らしく振る舞っている女性

女性らしさの代表「清潔感があり常に女性らしく振舞っている女性」はどの時代でも男性から好意を持たれる対象となります。

男性は女性らしい女性というのが本当に大好き。

清潔感がある、おしとやか、華奢、小柄、可愛らしい、色白、ストレートのロングヘア、着物が似合う、気遣いができる、マナーがある、笑顔が素敵、などなど理想を並べたような女性が大好きなのです。

既婚男性は結婚をしたことにより、理想と現実の違いをしっかり理解しています。

だからこそ、社内に女性らしい女性がいることで、すぐに心奪われることになるのです。

特に会社内では、気遣いができる女性が際立って素敵に見えます。

来客があるとすぐに席を立ちお茶を入れに行ったり、笑顔で声をかけに行ったり、電話でも丁寧に説明する姿は既婚男性の心をくすぐることになるものです。

きちんと整えられた身なりは、心の表れとも言われます。

健全な心で、明るくポジティブな性格が想像出来るものです。

清潔感があり明るくポジティブで女性らしい柔らかさを併せ持つ女性は、好意を持たれる特徴を持っているといえます。

女性らしい振る舞いをすることで、男性にはない“場の空気を和らげる力”を発揮し、“人に優しくしようという気持ち”を高める効果が期待できるのです。

そんな女性の存在が既婚男性の心の安らぎとなっていきます。

社内(職場)で既婚男性が好意があるけど体目的、遊びの女性にとる態度や行動

休日には絶対に連絡しない・デートをしない

既婚男性にとって、休日は家族と過ごす大切な日。

職場の中に好意を持つ女性がいたとしても、本気で好きなわけではなく体目的、遊びの女性だとすれば家族と過ごす大切な休日に連絡やデートを絶対にしません。

家族といる時間に、体目的の女性に連絡をとっていてもし奥さんにバレることがあれば、既婚男性にとっては痛い思いしか残らないものです。

体目的、遊びの女性には既婚男性の気が向いた時に連絡することがほとんどとなっています。

その場が楽しければいい、少しの非日常が味わえればいいというのが体目的の女性に対する認識となっているのです。

既婚男性には体目的であっても、好意を持っていることは変わりないので、ふとした時に連絡が入ってくることがあり、女性はその度に「彼は気にしてくれている」と感じます。

遊びの女性に対して、紳士的な態度をする既婚男性は多く、その姿だけで判断すれば「私だけに向けられている愛情」と感じることも多くあることも確かです。

しかし、既婚男性の休日に連絡があるかどうかが、遊びかどうか見極めるポイントといえます。

彼の好意だけに着目すると、悲しい思いをしてしまうので要注意です。

仕事中に連絡をしてくる

既婚男性にとって仕事の時間は、家庭と離れている唯一の時間です。

奥さんから「今何をしているの?」と詮索されることもなく、家に帰らなければいけない心配もないフリータイムといえます。

仕事中は仕事に没頭しておいてほしいものですが、好意がある女性がいるとこのフリータイムの仕事中に連絡をしてくるものです。

連絡が入ってくると、女性としては好意を感じ嬉しくもなります。

「お仕事頑張って!」「おう!応援してくれるから頑張れるよ!」と楽しいやりとりも続けることができるものなのです。

しかし、家に帰ると途端に連絡ができなくなる彼。

それもそのはず、家に帰ると奥さんや子供達という家族が一番の存在なのです。

家族を目の前にして、連絡をしたい気持ちがなくなるということは好意があっても遊びの女性ということになります。

彼の中で、あなたの存在は家族を超えることがないということです。

「既婚者の彼の好意は、どのくらいなの?」と疑問に思ったら、連絡が入ってくる時間が仕事中かどうかを確認してみましょう。

仕事中に連絡をしてくるだけで終わっているのであれば、既婚者の好意は恋愛のフリータイムである仕事中のみあなたに向けられているということなのです。

好意が分かりにくい態度は決して取らない

既婚男性は遊びの女性に対しては好意が分かりにくい態度は決して取らないのです。

既婚者の彼の気持ちが、遊びであるがゆえに女性と過ごす時間を楽しいものにしようと考えています。

そのため、好意がハッキリとわかるように「好きだよ」と言葉にだしたり、不意打ちキスをしてきたりとすぐに恋愛を楽しもうとするものなのです。

体目的、遊びであるため拒否されたり断られたりすることを怖いと思っていません。

女性が断るのであれば、好意を持っている違う女性にアタックするのみ。

遊びで関係を結びたいと相手の女性に伝わっていたほうが、既婚男性としても今後の付き合いがしやすいのです。

好意が分かりにくい態度をとってしまうと、相手の女性は深読みをしてしまい本気の恋愛感情を持ってしまうことがあります。

体目的の女性に本気で好かれることは既婚男性にとって避けたいことです。

分かりやすく好意を出すことで、あっけらかん割り切ったと恋愛を楽しみたいということをあなたに伝えています。

もし、あからさまに好意を伝えてくる既婚男性に対してあなたが割り切った関係を望まないのであればきっぱりとお断りをしましょう。

「せっかく好意を持ってくれている既婚男性を傷つけるかも」という優しさは不要です。

既婚者であることを社内で公言し続ける

既婚者が好意を持っている相手にアプローチしていても、彼自身が既婚者だということを社内で公言し続けることをしていれば、あなたに対しては遊びの気持ちといえます。

本気で好きな人の前では、みんなが知っていることであっても好きな人に既婚者だと思わせる瞬間があることに罪悪感をもってしまうものです。

「大好きな彼女を傷つけたくない」と思えば、自然と自分が既婚者であることを周囲にわざわざ公言することはありません。

社内で公言し続ける態度の裏には、あなたに対して「本気にならないでね」というメッセージが込められています。

好意はあるけれど、体目的や遊びである相手に本気にならないで欲しいと伝える行動は、彼の中での正義感の表れとも言えるものです。

「あなたのこと好きだよ、でも家庭を壊すつもりはないよ」と丁寧に教えてくれています。

あなたに対して直接伝えることは、傷つけることだとわかっているからこそ、あえて社内に既婚者だと公言することで、周囲からも彼女にブレーキをかけられるように布石をおいているのです。

不器用と感じるかもしれませんが既婚者の彼のささやかな優しさと捉えて、彼の遊びの好意に対しての返答を考えてあげましょう。

社内(職場)で既婚男性が真面目な好意がある女性にとる態度や行動

仕事とプライベートをしっかりと分ける

既婚男性が社内で真面目な好意がある女性にとる態度として見られる行動は、仕事とプライベートをしっかりと分けるということをちゃんとしています。

好意を持っているからこそ、仕事は仕事としてしっかり頑張る姿を見せたいものなのです。

そして、真剣な気持ちをきちんと自分の余暇時間で伝えることで真剣さを強調しています。

プライベートな時間でデートに誘うということは、社内で見る姿とは別のプライベートのあなたの姿を見たいと願っていることなのです。

職場で会っている時間は、あくまでも仕事の仲間としての時間として過ごしています。

好意を真面目に持っている女性とは、社内で会う時間はカウントされずもっとたくさん話をしたいと考えているのです。

あなたに対しての好意が真面目であることを証明するかのように、仕事中は一切あなたに対する好意を見せません。

そのギャップに女性は惹かれていく人もおおいのですが、既婚男性は計算しているわけではなくただ心に素直に従っているだけです。

好意を真面目に持っている女性に対して、既婚者であってもプライベートな時間を割いても構わないと思っていることが態度でわかります。

仕事とプライベートで態度が全く違うということは、真面目に好意がある女性に対してはよくあることです。

あなたの仕事での悩みや相談を聞きだそうと奮闘する

既婚男性が真面目に好意を持つ女性と仲良くなるためには「悩みや相談を引き受けることが一番」と考えています。

そのため、既婚男性の態度はあなたの仕事での悩みがないか、困ったことで相談するようなことがないか、聞き出すために奮闘するものです。

何か一つでも役に立ちたいと一生懸命に女性から話を聞く姿はとても可愛く映ります。

ちょっと母性本能をくすぐられる姿と言えるものです。

好きな女性に対して既婚者の自分ができることは「仕事でフォローする、役に立つ」ことだと気がついた彼は、仕事での関わりを増やそうと努力します。

既婚者だと理解しているからこその態度で、とても誠実な男性だということがわかる行動です。

下心で何かをしようとしているのであれば、プライベートなことでもどんどん介入して付け入る隙を探しているような行動になります。

仕事のことで一生懸命に悩みを聞き出そうとしている行動であれば、あなたの役に立ちたい一心だといえるので、あなたに対して真面目な好意だと言えるのです。

彼と少し距離を縮めようと思うのであれば、簡単に解決できる悩みをいくつか話すとぐっと距離を縮めることができます。

あなたの言動の一つ一つに、敏感に反応して見せてくれるはずです。

二人で会う約束をした場合、生活圏内から出てデートをする

既婚男性があなたと二人で会う約束をした場合、生活圏内から出てデートをするといった行動が見られた場合は、あなたに対して真面目な好意があるといえます。

既婚男性にとって生活圏内には奥さんの面影や、社内の誰かに出くわす可能性があり、本当に好意を持っている女性とデートをするには気が散って仕方がない場所だといえるところです。

あなたと過ごす時間を存分に楽しみたいと思うからこそ、生活圏内から出て家庭も会社も忘れて、一人の男としてデートをしたいと考えています。

この時のデートでは既婚者であることも忘れたいものなのです。

生活圏内から出るというデートは、既婚男性にとっては非日常となり、あなたのことだけに集中出来る貴重な時間となります。

社内で見るあなたの姿ではなく、一人の女性としての雰囲気やプライベート時間をしっかり心に刻み込むためには、男性自身が集中できる環境でのデートが必要なのです。

遊びや体目的の好意であれば、場所はどこでもいいため特にデートプランを考えることもありません。

真面目な好意だからこそ、せっかくのデートを大切に、プランを練って最高の時間を過ごしたいと考えています。

簡単にホテルには誘わない

既婚男性の誠意の見せ所が、体の関係を結ぶタイミングといえます。

真面目な好意を持つ女性に対して、既婚者の男性からは簡単にホテルには誘わないのが誠実さの証拠。

見てください、と言わんばかりの主張です。

そもそも男性は本当に好きな女性に対しては、とても真摯な人が多く「大好きだから大切にしたい」というのが男性の心理になっています。

あなたを簡単にホテルに誘わないのは、あなたのことをとても大切な存在だと感じているからなのです。

自分が既婚者であることを理解し、既婚者と体の関係を結ぶことがあなたにとってデメリットが大きいことをよく知っています。

あなたのことを傷つけたくないのです。

好きだという気持ちがあるからこそ、あなたの気持ちを尊重し同意があった上で体の関係を結びたいと願っています。

好意があることが分かった上で、ホテルに誘わないのは真面目な好意の表現そのものです。

あなたも、既婚男性のことをしっかりと考えてから応えてあげましょう。

社内(職場)で既婚男性に好意を持たれた時の対処法

二人の中で不倫ルールをしっかりと決めよう

社内で既婚男性に好意を持たれた時に、あなたもその好意に応えたいと思った場合は不倫関係が始まることになります。

しかし、社内不倫はとてもバレやすく危険が多いもの。

二人の中で不倫ルールをしっかりと決めて恋愛を楽しむことにしましょう。

ありがちなのは、両思いになれたことが嬉しくて仕事との境界線がなくなってしまうことです。

あからさまなアイコンタクト、人目に触れるラブラブ付箋メモ、周囲に聞こえる「次のデートいつにする?」という会話。

仕事中であっても、ラブラブモード全開で仕事をしていたのでは周囲に不倫関係だとバレバレになってしまいます。

そうなると二人共職場にはいられなくなることも考えられることです。

いくら仕事が出来る人であっても信用はガタ落ちで、居場所がなくなってしまうリスクも抱えています。

サラリーマンであれば仕事の結果にも影響してくるはずです。

社内不倫が知れ渡ると奥さんにバレることも時間の問題となります。

じきに二人の恋愛も破局を迎えてしまうことになってしまうのです。

せっかく両思いになれたのであれば、二人でしっかりと不倫ルールを決め仕事も家庭も失わないように社内恋愛をしていきましょう。

あなたに好意がなければ、きっぱりと断ることがトラブル防止に

既婚男性から好意があることが分かった時点で、あなたの気持ちは半分決まっているはずです。

少しいいな、と思っている男性からであれば不倫に進むかどうか悩んでいるでしょうし、興味がない男性であれば「ない、ない」とあなたの心の中では最初から相手にしていません。

しかし、既婚男性からの好意が続くようであなたに好意がなければ、きっぱりと断ることです。

いつまでも好意を感じるまま放置しておくことは、後々のトラブルにつながってしまいます。

既婚男性にとっても実らない恋愛であれば、早々に気持ちにケリをつけたいはずです。

相手に対してあなたに好意がなければ、トラブル防止のためにも「ごめんなさい」と伝えましょう。

相手がハッキリと好意を伝えてきていなかったとしても、好意を持ってくれていると感じることがあれば「私、既婚者と恋愛は無理なんです」とさりげなく会話の中で相手に釘を刺しておきます。

それでも気がつかないようであれば「勘違いだったらごめんなさい」と前置きをしてから「もし好意を持ってくれているようであれば、ありがたいのですがお気持ちだけ受け取ります、恋愛はできません」と交際の意思はないことを伝えましょう。

厳しい口調で振ってしまうと、今後の仕事がやりづらくなるといけないので、きっぱりだけど丁寧にお断りすることがベストです。

メリハリのある生活、仕事に不倫恋愛を持ち込まない

既婚男性からの好意を受け取り不倫関係をするのであれば、相手が社内の人のためきっちりメリハリのある生活を心がけましょう。

仕事に不倫恋愛を持ち込まない大前提で、二人のデートは完全に仕事がない時間に限って恋愛を楽しむことです。

仕事に不倫恋愛を持ち込まないと決めてしまうことで、社内ではきちんと今までどおりの関係を保つことができるようになります。

社内不倫がバレてしまう一番の要素は不倫恋愛を仕事に持ち込んでいることです。

既婚男性とは、全く違う空間で恋愛をしているという意識を持つことで仕事とプライベートの切り替えをすることができます。

そうすることで、実はお互いに仕事もはかどり以前よりもイキイキと仕事をこなせるようになるものです。

仕事場でハツラツとしている姿を胸にぐっとしまって、二人きりの時にカッコイイ姿を思い出して思い切り甘えることにします。

そうすることで、普段我慢している感情もデート中に発散されるためより濃密な愛の時間を過ごすことができるはずです。

二人の幸せは仕事以外の場所にあることを、しっかりと心に刻んでおきましょう。

悩む時には急いで答えを出さずに交際のデメリットについても考える

職場の既婚男性に好意を持たれても、答えに悩んでしまうことももちろんあります。

なぜなら彼は既婚者だから。

あなたも彼に対して好意を持っていたとしても、不倫をするのはかなり勇気がいることです。

怖いと思う気持ちを振り切って不倫を始めたとしても、想定外のことが起きてしまうことは多々あります。

不倫というとてもデリケートな交際の形を実際に行うのは無理だという女性も、実際には多く存在するものです。

悩む時には急いで答えを出さなくても大丈夫。

しっかり交際のデメリットについても考えてから、あなたが求めるベストな答えを探しましょう。

不倫恋愛は当然ですが、彼には奥さんがいてあなたとデートをする時間は限られてきます。

そして、誰にも話すことができません。

バレてしまえば仕事を失ってしまう可能性もあるし、最悪の場合、訴えられることもあるのです。

好きだという気持ち自体を抱えることは悪いことではないのですが、このデメリットと一度きちんと向き合ったかどうかというのは、不倫をしていく上でもとても大切なプロセスといえます。

しっかりと気持ちに向き合って、あなたが幸せになれる選択をしていくことが需要です。

社内(職場)不倫に繋がる時には、あの人は態度で示してきますよ

職場で既婚男性が好意を持った時には、本気か遊びか分かりやすく見分けることができます。

社内で好意を持っていても、遊びでちょっかいをかけてくる既婚者はたくさんいるものです。

しかし、社内(職場)不倫になるかどうかはまた別の話。

職場で不倫に繋がる時には、あの人は態度で示してきますので、しっかりとあなた自身の心でベストな答えを出してから対処していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

最強の不倫ポータルサイト「不倫love」

不倫loveは心理学を学んだ不倫恋愛のプロ集団が運営、企画する不倫ポータルサイトです。不倫している相手の気持ちがわからない…相手は本気なのか?遊びなのか?、奥さんと離婚はしてくれるのか?このまま不倫を続けて良いのか?やめるべきなのか?などの不倫の悩みを100%解決します!

CTR IMG